藤井一彦 Works Vol.9 MUSIC JOURNEY 

THE GROOVERS 藤井一彦さんのWorksシリーズ第9回目。
MUSIC JOURNEY with JOHN.B’s TRAVELLIN’BAND

ライブ・イヴェント自体は、2009年7月にTOKYOで行われました。
私は、実際の会場に参加した訳ではなく、後にM-ON TV!にて放送されたものを観ての感想報告という
点をご了承くださいませ。
東京の会場・現場までは伺えずとも、M-ON TV!でのオンエアはありがたいものでした。

素敵な音旅だったので、「旅の手帖」に書き留めておきたくて。
それでは、旅のご案内をいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤井一彦さんの働き。
それはトラベリン・バンドにおいて、重要な鍵を握る「作用」。

ライブ内容の詳細 go!URL→→ http://www.m-on.jp/music_journey/

このイヴェントのために集結したメンバーとゲストのみなさん。素敵でしたね!
(敬称略)Dr.:上原ユカリ裕 Key:伊東ミキオ 
B:ジョン・B・チョッパー g:藤井一彦(THE GROOVERS)

一彦さんは、昔(下北同盟だった頃でしょうか?)ジョン・Bさんからお風呂を借りたことがある仲らしい。

トラベリン・バンドは、ステージ衣装・揃いのスーツがありました。
着るものはとても大切だと思ってるので、ゲストをお迎えするという形が、そうさせたのかも。

Jimi Hendrix 「Hey Joe」:トラベリン・バンドによるインスト・ナンバー

一彦さんがJimiを弾き、鳴らしたら一体どんな風だろう?という興味が大きかった。
ジャジーなアレンジのジミヘン。
ギター&コーラスのサポートと、グルーヴァーズでのバンドとしてギター&ヴォーカルをこなすことの
両方見ていたけれど、Jimiって、インストの、歌わないJimiを、どう奏でるんだろう?
オープニングを飾るこの曲が、控え目な感じがしたものの、序章だ。
そして、私はこの後、いつもの一彦さんと、いつもとはまた違う顔の、意外な一彦さんの面に触れる。

伊東ミキオさんのピアノがキラリとしていた。美味しいところはきちんと主張していた。
ホーンセクションの「間」のある音も重なって。
・・・・・・・・・・・・・・・・
伊藤ふみおさんの登場。
一彦さんが、スカを奏でるのも初めて聴いた。スカのリズムとカッティング。楽しそう。
想像にすぎないけれど、おそらくワンナイトの為に、たくさんの曲を憶えて奏でているはず。CPUフル回転。
初めて映像で観るジョン・Bさんは、動くタイプのベーシスト。
トライセラの林くんとタイプが似てる。気が合いそうだよね。

トラベリン・バンドでの演奏が続き、ミーターズの「Funky Miracle」が聴きたかったので、楽しんだ。

続いて、スチャダラパーをゲストに迎える。トークが面白い彼ら。うぷぷ。
現場は譜面があったりしたものの、リハ時間もそれほど多くはないはずだし、自己練習の世界。
こういうったスタイルもたまにはいいよね。まず、知っている曲があれば楽しい。
・・・・・・・・・・・・・・・
木村充揮さんを迎える。この時の、木村さんを迎える会場の拍手が温かくて好きだった。

木村さんはエナロック09で拝見した私。和むことと、パッと明るくなるのは木村さんのもつ雰囲気から。
マディの「Hoochie Coochie Man」「Mojo Workin’」
大好きなナンバーだし、木村さんにこの2曲を奏でてもらい、歌っていただけたことがもうHappyでしょう。
もう1曲もエルモア・ジェームスだったから、ブルーズ・ナンバーはお任せ。
ここでトータス松本さんがゲストで呼ばれ、ビザール?激しいスライドギターを披露。
トータスさんが、こんなに弾く人だったとは、初めて知る。良かったね、木村さんとのシーン。

ここで、一彦さんが前に出て来た。本領発揮だった。いちばん観たいところ、聴きどころだった。
この日のステージでは、ほぼFenderのストラトを使ってた一彦さん。
照明が「赤」になり、前に出た時に、ふわっと揺れる。
マディ・ウォーターズと一彦さん。
高校時代、学校をサボって(!?)隣街まで買いに行ったレコードが、マディ。
ちょっと背伸びして「血肉になるはず」と聴いたブルーズ・マンだそう。おそらく、ストーンズ経由かな。
時を経て、血肉になったのが証明された夜でもあった。

一彦さんもボトルネック、スライド弾きのシーンあり。初めて観たので、嬉しい。

ゲストとゲストの間に、トラベリン・バンドのアンサンブルを楽しむコーナーがあった。
ジョン・Bさん企画かな?これも良かったですね。
一彦さん:TVオンエア上では、1曲グレッチが登場した以外はストラト弾き。

奥田民生くんの登場。会場が沸いて賑やか。
奥田くん(1965)と藤井一彦さん(1967)は広島県出身。
街は違うけれど、呼人さんの「寺田」や、キヨシローさんの30thイヴェントなどの繋がりで
前から面識があったはず。
奥田くんから、カールコードもいただいたのだそう。同郷ということもあってか、嬉しそう。
そのカールコードをお互い、めいっぱい伸ばし切って、抜けそうな心意気で前に出た。ギターバトルは燃える。
奥田くんはロックンロールなステージにしたかったんだと思う。それでいて、笑わせる。茶目っ気も忘れずに。
奥田民生くんは、「藤井一彦!!」と叫び、紹介。会場も盛り上がった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トータス松本さんを迎える。

とてもツウな選曲。マニアックとも言う。
サム・クックや、マーヴィン・ゲイのナンバーを歌う。歌い手さん、シンガーなので、ここはトラベリン・バンド
の持ち味が光ってた。

ジョン・Bさんが最後にバンドメンバを紹介した。

転がり続けるピアノマン:伊藤ミキオ!

ドラマー。現役にして、伝説のドラマー。上原ユカリ!

ロックンロール・グルーヴァーズ。藤井一彦!


ホスト役とプレイヤーに徹しており、目立ち過ぎず、控え目。ジョン・Bさんは素敵だったなと思った。
「内心、どういう感じになるかと思ってました。楽しかったです。」という言葉が残る。
ミキオさんと上原さんとジョン・Bさんはよくライブでご一緒してる。
この日の為に、一彦さんは選ばれた。
基本、エフェクターをほとんど使わない。使ってもブースターを踏むくらいかな。
どの曲にも、どこへ行っても「藤井一彦の音」がある。
アンプ直結の一音色というか。ストレートで奥行きも幅もあるし、旨味成分もある。

ムードがあった。場所はZeppのスタンディング形式。
ゲストが華やか、曲もスタイルも違うけれど、音楽はひとつ。音楽好きで、集まって、音楽旅をする。

次がもしあるならば、どこへ連れて行ってくれるだろうか?それまで私たちも旅を続けよう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物