スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:一度きりのスリル

まずは1500拍手(!)おめでとうございます!
1500…簡単にこう書いてしまったけど、スゴイ数字だよね。
これまでスノちゃんの書いた記事に対しての、読者さんの思いがいっぱい詰まっているんだもの。
嬉しいし、励みになるね。
あらためて「拍手ポチ!」の意義を感じたよ。

さて、お題の「ライブCD」ですが。
実はオレ、吉川に限らず、ライブ音源ってスタジオ盤に比べて聴く頻度が低くて。
つい映像に走っちゃう(笑)

…なので、ジャケ写話からでもイイ?^^;
オレが好きなのは「GOLDEN YEARS Ⅲ」のジャケ!
片足を高々と上げた様がとにかくカッコイイ!
この絵面を見て平常心でいられる人が信じられない(笑)
それだけでもドキドキ・ワクワクな一枚、だなぁ。
シンバルキックも派手でいいけど、ただ足を上げただけでこんなに絵になる男って彼ぐらいじゃない?

そうは言っても曲の話も少し^^;
やっぱり「Ⅰ」と「Ⅱ」はシリーズの最初でもあったので印象が強いなぁ。
選曲を「現在(当時の)と過去」に分けたのも意味があるし、楽しめた。
「ZERO」は完成度が高いライブ音源ではあったけど、スリル感ではコチラかなぁ。
若さも含めて、適度な荒さ(粗さ)がROCKぽいな~と。
そのバランスが毎回同じではないところもライブ盤の醍醐味でもあるのかも。

曲で挙げると、バラード系で「Ⅲ」の「心に太陽」や「Ⅳ」の「太陽もひとりぼっち」(お日さまフェチ?)あたりが個人的にはツボだったりします^^

何かまとまりのないコメでゴメンね~。
これからも楽しみにしてますよん♪
  1. 2010/01/27(水) 09:26:43
  2. URL
  3. L-Lion #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

[title]:オメデトウゴザイマス!

吉川ファンブログも今では沢山ありますが
本当にクオリティーの高いブログだと思って
いつも拝見させて頂いています^^
文章ベタな私からするとうらやましくて

ライブCDですかぁ~
考えてると嬉しくなっちゃうんですけど(ぷ)
個人的にはGOLDEN YEARS VOL.IV ですね
Heroic Rendezvous のズシズシくる感じがたまらなく好きです。
けどこのCDを手に入れたのは最近でして
ちょうどこの頃はライブしか行ってなくて
CDもないものがあります(汗)
25年ファンなのですが・・・
LIVE=LIFEのおかげです






  1. 2010/01/27(水) 10:49:31
  2. URL
  3. おれんじ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:初めまして

私は、20周年時の
Thank you 三枚組の一枚のライブ盤かなぁ?
Glow in tha dark が大好き!
この曲はこのアルバムで初めて聞きました。25年間 晃司君を愛しているけど、ちょうど人生色々あって、辛かった時期でポッカリ吉川晃司が抜け落ちてた頃の曲…
当時、この曲に出逢ってたら…
こんな名曲を何年か知らなかったなんて!

あ…そして私もDVDボックスついこの間まで、あえて見ませんでした、が、 やっと、順番に三枚まで見ました!
一本につき10回位みてます。 夏までかけてたのしもうかな☆


  1. 2010/01/27(水) 22:59:00
  2. URL
  3. 晃司虫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:1500拍手おめで㌧♪

これからもコアにレアに晃司を語ってください^^

さてお題の話。
俺の場合は、LIVE音源として一番先に思い付いたのは、
シングル「The Gundogs」のカップリング。
2001年のX'mas Carol Driveの時のもので、
特に「アクセル」がサイコーに気持ちいいね~♪
まさに「キター!」って感じ。
小池氏のコーラスのおかげってのもデカイかも(笑)

あと寄せ集めだけど「Thank You」の3枚目もかなりイイ感じ。
「青より碧く」のあのタメは、何回聴いても鳥肌立ちます!
「すべてはこの夜に」も甘くてせくなくて・・・素敵です♪
そういやこの時の国際フォーラムも行ったなぁ~
やっぱ実際に行ったライブがこうして形になると嬉しいよね。

現場からは以上です(笑)
  1. 2010/01/28(木) 00:00:24
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:一夜限りの。So one night!

L-Lionさん

参加していただけて嬉しいわあ~!
ありがとうございます。
拍手ボタンは、応援とかリクエストのように、
ありがたく心の貯金に変換させてもらっております。
また書いて、もっと書いてということは、次への意欲に
火を灯してもらえるということでもあるのですが、
還るところは、晃司くんだったり、ミュージシャン
だったりプレイヤー、バンドマンへのありがとう♪
そして読んでいただいてる皆さんへ「感謝」と思って
います。

ライブ盤は少なくなってるよね。DVDの方が映像と
音像との両方追体験できるから、スッと入って来やすい
ものね。
ライブ盤だと「ながら聴き」も不可能では無いのだけど、
想像力がちょっと必要なので、集中して聴くものね。

ジャケ写話、大歓迎よ~~!
写真もCDの「作品」「顔」重要な要素だよね。
文字だけのシンプルさも悪くないけれど、晃司くんは
写真があった方が映えるものね。
照明は紫(ブルーと赤の組み合わせ)、グリーンの時も
あったね。

「III」のジャケット写真、カッコよろしいわよねぇ。
この時のものだったと思うけれど、販促ポスターが
ついて来たのよね。とっておいてあるはず。。。
チェックしておきますね。
晃司くんらしいんですもの!いいよね☆

「I」と「II」の分け方もナイスだったよね。
この頃の晃司くんって、アクションがすごく大きかった
と思い出しつつ想像。。。
ヴォーカルも、奥歯をグッと噛みしめそうなくらい

♪そそられるぜぇぇぇええええ~~
こんな感じで、大きくなってるような感じがするね。
この辺りがロックの粗っぽい感じが出てるかな。
晃司くんはずっと話してることで、
「俺はあまり「キレイ」に歌いたくないんだよね。」
ハイ、整えました~みたいなのが好きじゃないらしい。

太陽系(笑)がいいということで、聴き比べてみるね。
晃司くんは「夜」が多いよね。反対に太陽をたまに歌いたく
なるのかも。。。

一夜限りの一代限りな吉川晃司くん。
それでは、続きのライブは、「ようこそ武道館へ」で
堪能しましょ~うね!





  1. 2010/01/30(土) 00:19:39
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:これからもイッパイ嬉しくなってくださいませ~。

おれんじ さん

ありがとうございます!
晃司くんのことを書いていらっしゃるブログ、
増えましたよね。晃司くんラブというのが伝わって
来る方が多く、私はライブもあまり参加できている方では
ないですし、地方でコツコツ1ツアー1本のペースで25年
来たような、長く細い応援なのだと思います。
おれんじさんからのクオリティに関してのコメントを
いただいて、嬉しく、そしてありがたく、今後の励みと
なっています。

トータルで聴くと、私もおれんじさんと同じく、
「IV」が特にお気に入りです。
30代から声質、歌唱法・・・脂がのって、イイ感じに
なって来てるところに、うたの現実感、歌と曲の距離感が
縮まって来ていて、その意味でもレベルが上がってるところも
good!ですよね。

ライブ盤や、CD、DVD(その前はLDとビデオ)
たくさん出してもらえたこと、ファンにとっては嬉しい
ですよね。私も後から買い集めたものもありますよ。
メディアの変化により買い直したものも多いですが、
ライブ盤も嬉しいですよね。記録のレコーディング!
おれんじさんも25年来のファンの方ということで、
「継続は力なり」ですよね。この先もご一緒しましょう。

吉川晃司を巡る旅へ。




  1. 2010/01/30(土) 00:33:39
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:ようこそ!ありがとうございます。

晃司虫さん

ようこそ!ご訪問&コメントをありがとうございます。
ライブ盤のお気に入り企画に参加していただけて
嬉しいですよ。
この企画に「初めまして」も大歓迎です!

晃司くんの25年にはいろいろあったように、
ファンの方もそれぞれの25年がありますよね。
辛い時、晃司くんの歌や晃司くんの存在そのものが
励みになったり、力になってくれていたりしていたと
したら、必然で、必要な人ですよね。私は20thの
時がとても大変なこと(事件!)が起こりました。
その時、晃司くんの存在が強くしてくれたので、
そのお礼を込めてこのようなブログを約5年続けて
います。

いつもそこにいてくれた。
それが晃司虫さんにとっても、晃司くんだったのでしょうね。
抜け落ちたところは、気持ちひとつで取り戻せる気が
しています。

Glow・・・は、私が感じるのは拍が難しくなってる
ので、(曲の入りの部分)歌うには難易度の高い曲で
歌いこなせるのは晃司くんならではのオンリーワン!
スピード感もあって、カッコいいですものね。

DVDもぜひ!私もこれからじっくり映像に
向き合いたいと思います。
よかったら、また遊びにいらしてくださいね。
お待ちしております。
  1. 2010/01/30(土) 00:49:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:コアレア、あれこれ、こあにれあに!!!

かめちゃん

コアレア(笑)いつもありがト~ン。

クリキャロの「アクセル」とは、これまたツウだね。

みなさんの、それぞれの、気持ちよさを教えて。

そういう企画なのだよー。気持ちよさを追体験したり、
数あるライブ盤、ライブ曲の中から選ぶのは大変なのだけど、
気持ちよいのは共有したいな~って思い立ちましたの。(笑)

小池さんって凄いよね。
ベース弾きながらコーラス。うたうって凄いんだよ。
ジーノ(日野賢二くん)も平気でやっちゃうけど、
あれは凄いと思うね。そこんところ、よろしく~と
私も取り出しリピートしてみるね。

国際フォーラムで晃司くんを体験してるんだね。
いいね~!私も国際で一度は観たいなと思っています。
「青より碧く」はタイトルに入れるほど、好きな言葉。
タメ、フェイク、晃司くんの声・・・
これがたまらないんだよねっ。

現場からまた中継よろしくです。
かめちゃん特派員、次回は武道館や国際ホールも
再びいかがでしょうか。ぜひ~!
  1. 2010/01/30(土) 01:01:37
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:久し振りに見ました

 こんばんは~!
スノーさんの記事を読んで、私も久し振りに
GOLDEN YEARS vol.1を引っ張り出してみました^^
私は吉川氏のライブ版はこのvol.1、vol.2しか持ってないので
自ずとこの2枚のどちらかになってくるのですが、
その中でもvol.1の方がお気に入りです。

 サヨナラは八月のララバイ~She's gone~ポラロイドの夏が
3曲続けて入ってるのがミソですねぇ、個人的には^^
私が吉川氏のアルバムで最初に聴いたのが
「LA VIE EN ROSE」で、それがファンになるきっかけでした。
シングル以外の曲でShe's gone、ポラロイドの夏は、
当時特に好きな曲でした。
 この3曲、93年の10thアニバーサリーLIVEの時に
収録されたものですよね。
私も大阪で参加しましたが、これらの曲が生で聴けたときの
感動を思い出しました^^

 今週末の武道館で、どれか一曲でもこの中から聴けると
いいのですが、どうかな。。。
期待しながら武道館へ乗り込みま~す!

 もし聴けたら、、、四半世紀前へタイムスリップして
感涙モノかも知れません。

年ですかね、私も。。。^^;
  1. 2010/02/01(月) 20:59:52
  2. URL
  3. べた #lWbMXtBg
  4. [ 編集 ]

[title]:嬉しいです!また、動かされました。

べたさん

うわあ~!参加していただけて、とても嬉しいです。
ありがとうございます♪

「I」と「II」はシリーズでBOXに入っていて・・
というお話を、以前にべたさんと楽しくコメント欄でトークした
記憶も残っています。

改めて昨夜、私も聴いてました。
93年の2月1日、ライブ収録ですね。(この時は+1で計算?)
べたさん、大阪公演に参加してたんですものね!
いいなあ~あの頃は遠征とか無縁でした。1ツアー1公演のみ
だったので、1ツアーがとても貴重でした。
今も参加可能な本数は決して多くないので、
1本1本が貴重です。

ライブレコーディングの瞬間パッケージですが、
今聴いても、やはり「声」がいいなあって思いました。

べたさんは、2ndアルバムがいいなと思うきっかけの
アルバムになっていたのですね。
NOBODY、原田真二さん、大澤誉志幸さんからの
楽曲提供がよかったですよね。
この時代の3枚が好きでした、って方が多いんです。

四半世紀、武道館でたっぷり浴びて楽しんじゃいましょうね。
昨日、TVで晃司くんのデビューを振り返るコーナーが
あったのですが、もうそこで感涙してました。
ほろろんと、じわりと込み上げるんですよね。
何だろう・・・晃司くんの声とお顔から、
滲み出てたんですよね。そこにグッと来たみたいです。
べたさんも武道館でしまった!!というくらい気持ちが
揺れ動くかもしれませんね。

また何か感じることがあったら、私にもたくさん教えて
くださいね。待っていますよー。

  1. 2010/02/02(火) 14:24:56
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:それはやっぱり

文句なしに25th!!
「Crack」が収録されてるだけで無敵(笑)
アベのギターに吉川の歌。
もうそれだけで酒が呑めます(笑)

やっぱ吉川は相手がでかければでかいほど燃えるタイプだと思うし、
それだけにアベが隣りに立ってギター掻き鳴らしてるだけで
「こいつに負けるわけにゃいかん!」と絶対思ってた(いや、多分(笑))
それを感じさせる吉川のパワーーーーーーー!

超最新のヤバいライヴアルバムです(笑)
  1. 2010/02/02(火) 21:57:46
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:無敵だね!

まさるさん

まーくんが、「酒が呑めるほど、無敵だぜ~!」というところが
好きだわ。
無敵っていいよね。それさえあれば、敵いっこないさ。
その感じ、音楽には必要だね。最高!っていうのも良いし、
無敵!もいいものだね、とライブ盤を聴いて思ったよ。

相手がでかければでかいほど、うん、そうだよね。
切磋琢磨?あ、違うか。仲良しだけじゃ生まれないものって
あるものね。
もっとアベさんと一緒のところ、観たり聴いたりしたかったよね。

晃司くんが、アベさんについて語ってるインタビューがあって、
もしかしたら、まーくんも読んでるかもしれないけど、
いずれその内容は記事にして書くつもりです。

もう一人、広島出身の背の高いカッティング・ギタリストが
いるんだけどなあ~~。
大好きだよ、広島魂。・・・って土地も関係ある気がするのね。
最近は特に、ルースターズから影響を多少なりとも受けてる人
たちから得るものがあるということを。

まーくんの書いてくれたことで、気付いたことがあるよ。
ありがとう!また来てね~。
超最新!!(笑)ここ、重要だから!

  1. 2010/02/04(木) 09:54:33
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:♪Thanks×3

1500拍手は、スノちゃんと吉川さんにThanks×3だよー!
スノちゃんのこの企画のおかげで、久々にパッケージから歌詞カードを出して1枚1枚じっくりと聴いてみました。
あるがとうじゃなくって(笑)。ありがと、スノちゃん!

どれも良くって決め難いところもあるんだけど、只今GOLDEN YEARSも大詰めという事で、そのシリーズから選んでみました。
特に1・3・4かな~♪

ライブ盤でも吉川さんの魅力は、何と言っても声と歌い方!
吉川さんの唸る歌い方が好きなんだけど、熱のこもった感じ、力漲る感じ、低音から高音まで~♪
とにかく、熱い血がたぎる歌をその声で放つ感じが♪たまらん坂ですよ(笑)。
あとは、まだライブで耳にした事がない大好きな聴いてみたい曲達がいっぱい入っているから選んでみまひた。

ジャケットはね、1のSACRIFICEでギターを弾いてるのかな?(MUSICIANSのページ)と裏表紙が好き。
3は、表紙(折りたたみでミニポスターも、久々に開いたよ。)が好き。
吉川さんがモニカでデビューした頃は、ダンスブーム。
よく、脚上げ綺麗にできるように部屋で練習してました。
勢い余ってドスン!と、スッ転ぶコトも多々あり。
綺麗に・・・なんて、とてもとても真似できませんでした(笑)。
それでも体育授業課題でチームを組み、オリジナルダンスを発表の時には頑張ってみたな~。という懐かしいことを思い出しました。
4の最後のページのギター持ってる、お顔が下向きの吉川さんも好きだな。


  1. 2010/02/04(木) 10:31:07
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:こちらこそ、ありがとうを。そしてこれからも。

ムーミンさん

ムーちゃん、ありがとう!読んでもらい、応援、コメントを
いただいて嬉しいです。
これからも、晃司くんへ、そしてたくさんの音楽と
奏で、表現しているみなさんへ、ありがとうの気持ちを
伝えて行けたらいいなあ、と思っています。

今回この企画を上げてみて、みなさんからのコメントが
とても温かなものであることが嬉しかったです。
晃司くんが繋いでくれたものなんだな、って。
コメントしていただいたみなさんの想い、楽しさ、
期待感、愛情、好きだよーという気持ち。
たくさん感じることができました。

GOLDEN YEARSも大詰め!ホントそうだよね。
25th Yearに、ライブ盤をまた聴いてみようと
CD棚から出して、聴いてみて、実際にライブに行くと
いろいろな気付きがあったりするものね。

熱き思いよ、歌に乗せてどこまでも~♪
uh~~たまらん坂だねぇ。笑顔になっちゃいますがな!
音だけでなく、「1」のジャケット写真も取り出して
見てみよう~という心がいいですねぇ。
「3」は、私もミニポスターを保存してあるよ。
魅力の足上げ!しなやかな身体から、出てる感じが
たまらん坂、再び上る~~(笑)
ダンスの時間を思い出したムーちゃん。懐かしいところにも
触れて、そうだった、こんなことがあったなあ、って
思うのもいいよね。

「1~4」まで、手元に置いてあって、眺めながら
聴いた1週間でした。
ライブ盤は、ライブの写真も掲載されてるのがいいよね。
髪形や衣装も年代やその時のことが思い起こされたり
するもので。

では、続きは武道館にて~♪準備はOK?
ギター持って、歌う晃司くんも、また観たいなと思って
いるのでした。
これからも、どうぞよろしくね☆





  1. 2010/02/04(木) 13:01:15
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

GOLDEN YEARS Thanks!1500

ブログ拍手を設置して約2年。
みなさんから、コツコツと積み重ねるようにして拍手=応援とリクエストをいただき、
1500拍手数となりました。本当にありがとうございます。

いちばん多いリクエスト、応援数が「吉川晃司」くんの記事です。
そこで、1500を達成できたことを嬉しく、感謝しながら、みなさんに参加していただいたり、
改めて「聴く」ということをしたいなと思い立ちました。

映像は分かりやすいですが、私は目からの情報を今回は少しお休みして、「耳」と「ハート」を使って
晃司くんを聴いてみる、ということをしたいなと思います。
CIMG3714.jpg
昨年末にBOXが届いていますが、まだ1本も開封していません。25thファイナルに参加した後でじっくり
浸ろうかなと思っています。
CIMG3715.jpg
少しの間、お預け。待っててね、必ず観ますから。

       ☆*★☆*★ それでは、みなさんへのお題です! ★☆*★☆*

吉川晃司くんのライブ・アルバム(ライブ盤、シングルのライブ・ヴァージョンも含む)で、
お気に入りライブCDを聞かせてください。


*「聴く」というスタイルを思い立ったので、映像モノのDVDは、今回省かせていただきます。*

自由なスタイルで、曲について、写真について、
実際その会場にいました!などの思い出エピソードでもかまいません。
短くても長くても、一言でもお寄せください。

晃司くんとの25年を紡ぎます。或いは紐解きます。そして、これからを繋ぎます。

例えば、私は今<GOLDEN YEARS Vol.1>を聴きながらこの記事を書いていますが、
歌詞のブックレットを開いたページの写真がとても好きで、いろいろ思い出してしまいました。
かなり前のライブ盤を久しぶりに取り出して聴いたところ、ほろりん、とするところがあるのです。

みなさんが応援&リクエストの気持ちを「拍手ボタン」で送っていただいたことで、続く企画ですので、
お気軽にご参加くださいね。それでは、お待ちしております。
                         Thanks!  snowdrop
関連記事

コメント

[title]:一度きりのスリル

まずは1500拍手(!)おめでとうございます!
1500…簡単にこう書いてしまったけど、スゴイ数字だよね。
これまでスノちゃんの書いた記事に対しての、読者さんの思いがいっぱい詰まっているんだもの。
嬉しいし、励みになるね。
あらためて「拍手ポチ!」の意義を感じたよ。

さて、お題の「ライブCD」ですが。
実はオレ、吉川に限らず、ライブ音源ってスタジオ盤に比べて聴く頻度が低くて。
つい映像に走っちゃう(笑)

…なので、ジャケ写話からでもイイ?^^;
オレが好きなのは「GOLDEN YEARS Ⅲ」のジャケ!
片足を高々と上げた様がとにかくカッコイイ!
この絵面を見て平常心でいられる人が信じられない(笑)
それだけでもドキドキ・ワクワクな一枚、だなぁ。
シンバルキックも派手でいいけど、ただ足を上げただけでこんなに絵になる男って彼ぐらいじゃない?

そうは言っても曲の話も少し^^;
やっぱり「Ⅰ」と「Ⅱ」はシリーズの最初でもあったので印象が強いなぁ。
選曲を「現在(当時の)と過去」に分けたのも意味があるし、楽しめた。
「ZERO」は完成度が高いライブ音源ではあったけど、スリル感ではコチラかなぁ。
若さも含めて、適度な荒さ(粗さ)がROCKぽいな~と。
そのバランスが毎回同じではないところもライブ盤の醍醐味でもあるのかも。

曲で挙げると、バラード系で「Ⅲ」の「心に太陽」や「Ⅳ」の「太陽もひとりぼっち」(お日さまフェチ?)あたりが個人的にはツボだったりします^^

何かまとまりのないコメでゴメンね~。
これからも楽しみにしてますよん♪
  1. 2010/01/27(水) 09:26:43
  2. URL
  3. L-Lion #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

[title]:オメデトウゴザイマス!

吉川ファンブログも今では沢山ありますが
本当にクオリティーの高いブログだと思って
いつも拝見させて頂いています^^
文章ベタな私からするとうらやましくて

ライブCDですかぁ~
考えてると嬉しくなっちゃうんですけど(ぷ)
個人的にはGOLDEN YEARS VOL.IV ですね
Heroic Rendezvous のズシズシくる感じがたまらなく好きです。
けどこのCDを手に入れたのは最近でして
ちょうどこの頃はライブしか行ってなくて
CDもないものがあります(汗)
25年ファンなのですが・・・
LIVE=LIFEのおかげです






  1. 2010/01/27(水) 10:49:31
  2. URL
  3. おれんじ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:初めまして

私は、20周年時の
Thank you 三枚組の一枚のライブ盤かなぁ?
Glow in tha dark が大好き!
この曲はこのアルバムで初めて聞きました。25年間 晃司君を愛しているけど、ちょうど人生色々あって、辛かった時期でポッカリ吉川晃司が抜け落ちてた頃の曲…
当時、この曲に出逢ってたら…
こんな名曲を何年か知らなかったなんて!

あ…そして私もDVDボックスついこの間まで、あえて見ませんでした、が、 やっと、順番に三枚まで見ました!
一本につき10回位みてます。 夏までかけてたのしもうかな☆


  1. 2010/01/27(水) 22:59:00
  2. URL
  3. 晃司虫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:1500拍手おめで㌧♪

これからもコアにレアに晃司を語ってください^^

さてお題の話。
俺の場合は、LIVE音源として一番先に思い付いたのは、
シングル「The Gundogs」のカップリング。
2001年のX'mas Carol Driveの時のもので、
特に「アクセル」がサイコーに気持ちいいね~♪
まさに「キター!」って感じ。
小池氏のコーラスのおかげってのもデカイかも(笑)

あと寄せ集めだけど「Thank You」の3枚目もかなりイイ感じ。
「青より碧く」のあのタメは、何回聴いても鳥肌立ちます!
「すべてはこの夜に」も甘くてせくなくて・・・素敵です♪
そういやこの時の国際フォーラムも行ったなぁ~
やっぱ実際に行ったライブがこうして形になると嬉しいよね。

現場からは以上です(笑)
  1. 2010/01/28(木) 00:00:24
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:一夜限りの。So one night!

L-Lionさん

参加していただけて嬉しいわあ~!
ありがとうございます。
拍手ボタンは、応援とかリクエストのように、
ありがたく心の貯金に変換させてもらっております。
また書いて、もっと書いてということは、次への意欲に
火を灯してもらえるということでもあるのですが、
還るところは、晃司くんだったり、ミュージシャン
だったりプレイヤー、バンドマンへのありがとう♪
そして読んでいただいてる皆さんへ「感謝」と思って
います。

ライブ盤は少なくなってるよね。DVDの方が映像と
音像との両方追体験できるから、スッと入って来やすい
ものね。
ライブ盤だと「ながら聴き」も不可能では無いのだけど、
想像力がちょっと必要なので、集中して聴くものね。

ジャケ写話、大歓迎よ~~!
写真もCDの「作品」「顔」重要な要素だよね。
文字だけのシンプルさも悪くないけれど、晃司くんは
写真があった方が映えるものね。
照明は紫(ブルーと赤の組み合わせ)、グリーンの時も
あったね。

「III」のジャケット写真、カッコよろしいわよねぇ。
この時のものだったと思うけれど、販促ポスターが
ついて来たのよね。とっておいてあるはず。。。
チェックしておきますね。
晃司くんらしいんですもの!いいよね☆

「I」と「II」の分け方もナイスだったよね。
この頃の晃司くんって、アクションがすごく大きかった
と思い出しつつ想像。。。
ヴォーカルも、奥歯をグッと噛みしめそうなくらい

♪そそられるぜぇぇぇええええ~~
こんな感じで、大きくなってるような感じがするね。
この辺りがロックの粗っぽい感じが出てるかな。
晃司くんはずっと話してることで、
「俺はあまり「キレイ」に歌いたくないんだよね。」
ハイ、整えました~みたいなのが好きじゃないらしい。

太陽系(笑)がいいということで、聴き比べてみるね。
晃司くんは「夜」が多いよね。反対に太陽をたまに歌いたく
なるのかも。。。

一夜限りの一代限りな吉川晃司くん。
それでは、続きのライブは、「ようこそ武道館へ」で
堪能しましょ~うね!





  1. 2010/01/30(土) 00:19:39
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:これからもイッパイ嬉しくなってくださいませ~。

おれんじ さん

ありがとうございます!
晃司くんのことを書いていらっしゃるブログ、
増えましたよね。晃司くんラブというのが伝わって
来る方が多く、私はライブもあまり参加できている方では
ないですし、地方でコツコツ1ツアー1本のペースで25年
来たような、長く細い応援なのだと思います。
おれんじさんからのクオリティに関してのコメントを
いただいて、嬉しく、そしてありがたく、今後の励みと
なっています。

トータルで聴くと、私もおれんじさんと同じく、
「IV」が特にお気に入りです。
30代から声質、歌唱法・・・脂がのって、イイ感じに
なって来てるところに、うたの現実感、歌と曲の距離感が
縮まって来ていて、その意味でもレベルが上がってるところも
good!ですよね。

ライブ盤や、CD、DVD(その前はLDとビデオ)
たくさん出してもらえたこと、ファンにとっては嬉しい
ですよね。私も後から買い集めたものもありますよ。
メディアの変化により買い直したものも多いですが、
ライブ盤も嬉しいですよね。記録のレコーディング!
おれんじさんも25年来のファンの方ということで、
「継続は力なり」ですよね。この先もご一緒しましょう。

吉川晃司を巡る旅へ。




  1. 2010/01/30(土) 00:33:39
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:ようこそ!ありがとうございます。

晃司虫さん

ようこそ!ご訪問&コメントをありがとうございます。
ライブ盤のお気に入り企画に参加していただけて
嬉しいですよ。
この企画に「初めまして」も大歓迎です!

晃司くんの25年にはいろいろあったように、
ファンの方もそれぞれの25年がありますよね。
辛い時、晃司くんの歌や晃司くんの存在そのものが
励みになったり、力になってくれていたりしていたと
したら、必然で、必要な人ですよね。私は20thの
時がとても大変なこと(事件!)が起こりました。
その時、晃司くんの存在が強くしてくれたので、
そのお礼を込めてこのようなブログを約5年続けて
います。

いつもそこにいてくれた。
それが晃司虫さんにとっても、晃司くんだったのでしょうね。
抜け落ちたところは、気持ちひとつで取り戻せる気が
しています。

Glow・・・は、私が感じるのは拍が難しくなってる
ので、(曲の入りの部分)歌うには難易度の高い曲で
歌いこなせるのは晃司くんならではのオンリーワン!
スピード感もあって、カッコいいですものね。

DVDもぜひ!私もこれからじっくり映像に
向き合いたいと思います。
よかったら、また遊びにいらしてくださいね。
お待ちしております。
  1. 2010/01/30(土) 00:49:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:コアレア、あれこれ、こあにれあに!!!

かめちゃん

コアレア(笑)いつもありがト~ン。

クリキャロの「アクセル」とは、これまたツウだね。

みなさんの、それぞれの、気持ちよさを教えて。

そういう企画なのだよー。気持ちよさを追体験したり、
数あるライブ盤、ライブ曲の中から選ぶのは大変なのだけど、
気持ちよいのは共有したいな~って思い立ちましたの。(笑)

小池さんって凄いよね。
ベース弾きながらコーラス。うたうって凄いんだよ。
ジーノ(日野賢二くん)も平気でやっちゃうけど、
あれは凄いと思うね。そこんところ、よろしく~と
私も取り出しリピートしてみるね。

国際フォーラムで晃司くんを体験してるんだね。
いいね~!私も国際で一度は観たいなと思っています。
「青より碧く」はタイトルに入れるほど、好きな言葉。
タメ、フェイク、晃司くんの声・・・
これがたまらないんだよねっ。

現場からまた中継よろしくです。
かめちゃん特派員、次回は武道館や国際ホールも
再びいかがでしょうか。ぜひ~!
  1. 2010/01/30(土) 01:01:37
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:久し振りに見ました

 こんばんは~!
スノーさんの記事を読んで、私も久し振りに
GOLDEN YEARS vol.1を引っ張り出してみました^^
私は吉川氏のライブ版はこのvol.1、vol.2しか持ってないので
自ずとこの2枚のどちらかになってくるのですが、
その中でもvol.1の方がお気に入りです。

 サヨナラは八月のララバイ~She's gone~ポラロイドの夏が
3曲続けて入ってるのがミソですねぇ、個人的には^^
私が吉川氏のアルバムで最初に聴いたのが
「LA VIE EN ROSE」で、それがファンになるきっかけでした。
シングル以外の曲でShe's gone、ポラロイドの夏は、
当時特に好きな曲でした。
 この3曲、93年の10thアニバーサリーLIVEの時に
収録されたものですよね。
私も大阪で参加しましたが、これらの曲が生で聴けたときの
感動を思い出しました^^

 今週末の武道館で、どれか一曲でもこの中から聴けると
いいのですが、どうかな。。。
期待しながら武道館へ乗り込みま~す!

 もし聴けたら、、、四半世紀前へタイムスリップして
感涙モノかも知れません。

年ですかね、私も。。。^^;
  1. 2010/02/01(月) 20:59:52
  2. URL
  3. べた #lWbMXtBg
  4. [ 編集 ]

[title]:嬉しいです!また、動かされました。

べたさん

うわあ~!参加していただけて、とても嬉しいです。
ありがとうございます♪

「I」と「II」はシリーズでBOXに入っていて・・
というお話を、以前にべたさんと楽しくコメント欄でトークした
記憶も残っています。

改めて昨夜、私も聴いてました。
93年の2月1日、ライブ収録ですね。(この時は+1で計算?)
べたさん、大阪公演に参加してたんですものね!
いいなあ~あの頃は遠征とか無縁でした。1ツアー1公演のみ
だったので、1ツアーがとても貴重でした。
今も参加可能な本数は決して多くないので、
1本1本が貴重です。

ライブレコーディングの瞬間パッケージですが、
今聴いても、やはり「声」がいいなあって思いました。

べたさんは、2ndアルバムがいいなと思うきっかけの
アルバムになっていたのですね。
NOBODY、原田真二さん、大澤誉志幸さんからの
楽曲提供がよかったですよね。
この時代の3枚が好きでした、って方が多いんです。

四半世紀、武道館でたっぷり浴びて楽しんじゃいましょうね。
昨日、TVで晃司くんのデビューを振り返るコーナーが
あったのですが、もうそこで感涙してました。
ほろろんと、じわりと込み上げるんですよね。
何だろう・・・晃司くんの声とお顔から、
滲み出てたんですよね。そこにグッと来たみたいです。
べたさんも武道館でしまった!!というくらい気持ちが
揺れ動くかもしれませんね。

また何か感じることがあったら、私にもたくさん教えて
くださいね。待っていますよー。

  1. 2010/02/02(火) 14:24:56
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:それはやっぱり

文句なしに25th!!
「Crack」が収録されてるだけで無敵(笑)
アベのギターに吉川の歌。
もうそれだけで酒が呑めます(笑)

やっぱ吉川は相手がでかければでかいほど燃えるタイプだと思うし、
それだけにアベが隣りに立ってギター掻き鳴らしてるだけで
「こいつに負けるわけにゃいかん!」と絶対思ってた(いや、多分(笑))
それを感じさせる吉川のパワーーーーーーー!

超最新のヤバいライヴアルバムです(笑)
  1. 2010/02/02(火) 21:57:46
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:無敵だね!

まさるさん

まーくんが、「酒が呑めるほど、無敵だぜ~!」というところが
好きだわ。
無敵っていいよね。それさえあれば、敵いっこないさ。
その感じ、音楽には必要だね。最高!っていうのも良いし、
無敵!もいいものだね、とライブ盤を聴いて思ったよ。

相手がでかければでかいほど、うん、そうだよね。
切磋琢磨?あ、違うか。仲良しだけじゃ生まれないものって
あるものね。
もっとアベさんと一緒のところ、観たり聴いたりしたかったよね。

晃司くんが、アベさんについて語ってるインタビューがあって、
もしかしたら、まーくんも読んでるかもしれないけど、
いずれその内容は記事にして書くつもりです。

もう一人、広島出身の背の高いカッティング・ギタリストが
いるんだけどなあ~~。
大好きだよ、広島魂。・・・って土地も関係ある気がするのね。
最近は特に、ルースターズから影響を多少なりとも受けてる人
たちから得るものがあるということを。

まーくんの書いてくれたことで、気付いたことがあるよ。
ありがとう!また来てね~。
超最新!!(笑)ここ、重要だから!

  1. 2010/02/04(木) 09:54:33
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:♪Thanks×3

1500拍手は、スノちゃんと吉川さんにThanks×3だよー!
スノちゃんのこの企画のおかげで、久々にパッケージから歌詞カードを出して1枚1枚じっくりと聴いてみました。
あるがとうじゃなくって(笑)。ありがと、スノちゃん!

どれも良くって決め難いところもあるんだけど、只今GOLDEN YEARSも大詰めという事で、そのシリーズから選んでみました。
特に1・3・4かな~♪

ライブ盤でも吉川さんの魅力は、何と言っても声と歌い方!
吉川さんの唸る歌い方が好きなんだけど、熱のこもった感じ、力漲る感じ、低音から高音まで~♪
とにかく、熱い血がたぎる歌をその声で放つ感じが♪たまらん坂ですよ(笑)。
あとは、まだライブで耳にした事がない大好きな聴いてみたい曲達がいっぱい入っているから選んでみまひた。

ジャケットはね、1のSACRIFICEでギターを弾いてるのかな?(MUSICIANSのページ)と裏表紙が好き。
3は、表紙(折りたたみでミニポスターも、久々に開いたよ。)が好き。
吉川さんがモニカでデビューした頃は、ダンスブーム。
よく、脚上げ綺麗にできるように部屋で練習してました。
勢い余ってドスン!と、スッ転ぶコトも多々あり。
綺麗に・・・なんて、とてもとても真似できませんでした(笑)。
それでも体育授業課題でチームを組み、オリジナルダンスを発表の時には頑張ってみたな~。という懐かしいことを思い出しました。
4の最後のページのギター持ってる、お顔が下向きの吉川さんも好きだな。


  1. 2010/02/04(木) 10:31:07
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:こちらこそ、ありがとうを。そしてこれからも。

ムーミンさん

ムーちゃん、ありがとう!読んでもらい、応援、コメントを
いただいて嬉しいです。
これからも、晃司くんへ、そしてたくさんの音楽と
奏で、表現しているみなさんへ、ありがとうの気持ちを
伝えて行けたらいいなあ、と思っています。

今回この企画を上げてみて、みなさんからのコメントが
とても温かなものであることが嬉しかったです。
晃司くんが繋いでくれたものなんだな、って。
コメントしていただいたみなさんの想い、楽しさ、
期待感、愛情、好きだよーという気持ち。
たくさん感じることができました。

GOLDEN YEARSも大詰め!ホントそうだよね。
25th Yearに、ライブ盤をまた聴いてみようと
CD棚から出して、聴いてみて、実際にライブに行くと
いろいろな気付きがあったりするものね。

熱き思いよ、歌に乗せてどこまでも~♪
uh~~たまらん坂だねぇ。笑顔になっちゃいますがな!
音だけでなく、「1」のジャケット写真も取り出して
見てみよう~という心がいいですねぇ。
「3」は、私もミニポスターを保存してあるよ。
魅力の足上げ!しなやかな身体から、出てる感じが
たまらん坂、再び上る~~(笑)
ダンスの時間を思い出したムーちゃん。懐かしいところにも
触れて、そうだった、こんなことがあったなあ、って
思うのもいいよね。

「1~4」まで、手元に置いてあって、眺めながら
聴いた1週間でした。
ライブ盤は、ライブの写真も掲載されてるのがいいよね。
髪形や衣装も年代やその時のことが思い起こされたり
するもので。

では、続きは武道館にて~♪準備はOK?
ギター持って、歌う晃司くんも、また観たいなと思って
いるのでした。
これからも、どうぞよろしくね☆





  1. 2010/02/04(木) 13:01:15
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。