スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:素敵なCDを、いつもありがとう!

今、ここに来る前にメールチェックしていたら、
ナタリーより伊藤ふみおさん情報が♪まぁ、タイムリー!
スノちゃんもご存知かと思いますが、↓
       http://natalie.mu/music/news/31528

素敵なCDを、いつもありがとう!良い気分転換になりました(^0^)
スノちゃんのこの記事を読みながら、ふむふむと思いながら、
改めてKazさんのギターの音なのだな♪と、かみかみしてます(笑)。
♪my funny little girlに合わせて、
なんか、いい具合にチカラが抜けている感じ。カラッとね♪
なんだけどー、
ソロではKazさんのカッコ良さがチラリ!サラリ!キラリ!でした(*^^)v


伊藤ふみおさん、温かいですねー☆
今年のクリスマスには、
スノちゃんからいただいたこのMIDAGE RIOTを聴こう!
一緒に、スノちゃんから頂戴した大事大事なLOVEを想いながら(^^♪

スカのリズムは、元気になれてウキウキもして!
ロックステディ、レゲエは、
ほんの少―しだけ昔聴いていたのだけど、
その頃から私は特に冬に聴きたくなっていました(笑)。
夏じゃなっくたってイイじゃない♪今ここだけは夏だ!気分で。
そして♪In Silence of Christmasだけは、
静かに冬の馬小屋の飼葉桶で誕生したイエスを想い、
またヨセフとマリア様を想いたいと思います。
I pray calmly.

男性・お父さんのあったかさ、やさしさが全体に漂ってました。
無償の愛とは、もちろん男性・父にもあるわけで、
それを詞に乗せて歌われると、スカと相まってより温かい血を感じましたよ♪
包容力だね☆
スノちゃん、これはお子さんにぜひぜひ聴いてもらいたいCDなのでは?
とも想いました。
歌詞を聴いてると、大切なことを分かり易く教えてくれていますよね。

伊藤さんのブログも拝見しました。
今回のアルバムのセルフライナーノーツを読むだけで、
その曲の情景が浮かんで来る感じでした。
その中で、ひとつだけ、これは私的には違うな~(^_^)と感じたのは
♪すべては静かに明日へ向かうです。
(正確には違うではなく、伊藤さんの素敵なご謙遜、かな。と感じました)
ちっとも草食系じゃないと思いました(笑)、大人、紳士系です(*^_^*)
なんだか、ローマの休日が観たくなりました。
(kazさんにも↑私の中では、ちょこっとつながります)

スノちゃん、元気をありがとう~!!深謝です☆

  1. 2010/05/07(金) 19:42:34
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:イメージ力が、なんて豊かなんでしょう!!

ムーミンさん

早速聴いてみてくれたなんて、これまた嬉しい~な!
メガメガ・アリガトサンクスです。(^-^)

カラッとしてますよね、スカもレゲエも。お天気、気候と関係が
ありそうです。
ムーちゃんは、一時レゲエを聴いてたとのこと。私も次はレゲエも
通ろうと思ってます。ようやくだなあー「ツッチャ×ツッチャ♪」リズム。

伊藤ふみおさんは、表情といい、言葉にも、優しい人柄が出ている
お方ですよね。
誰かを愛するようになるまで、家族が愛を与えるよ、それをまた
キミが愛する人に与えるんだよ、っていうところがいいなあ~。

実は草食系ではないというのに、穏やかな愛情を描いた、ということが
面白いね。
今、手元にCDが無いので、明日聴いてみるね。ドキドキな歌詞
だったかなあー、なんて。映画のように情景がパッと浮かぶ曲は
いいよね。
ムーちゃんのイメージ力がきらり☆しております。

元気は、いくらでもいつでもお届けしますよーん。
ローマの休日かあ。今宵はMoon River♪

一彦さんが呼ばれるには、やはり理由がありますね。
選ばれるだけある人♪



  1. 2010/05/08(土) 00:44:18
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

藤井一彦 Works Vol.8

藤井一彦さんのWorksシリーズ第8回目。
このシリーズは、管理者:snowdropがお送りします、
藤井一彦さん(THE GROOVERS)へのLove&Respect企画。

2009年秋:伊藤ふみお氏のソロ作品2ndアルバムに、藤井一彦さんがギターで1曲参加。
MIDAGE RIOT【初回生産限定盤】MIDAGE RIOT【初回生産限定盤】
(2009/10/21)
伊藤ふみお

商品詳細を見る
こちらは、初回限定盤。
MIDAGE RIOTMIDAGE RIOT
(2009/10/21)
伊藤ふみお

商品詳細を見る
こちらが通常盤。ジャケット写真の違いを探してみてね。

伊藤ふみお氏のことは、グルーヴァーズのオフィシャル・サイトでのGROOVOICEから初めて知る。
一彦さんからの事後報告「伊藤ふみお氏のアルバムで1曲ギターを弾いて来た」というもの。
KEMURI時代、曲はラジオから聴いている可能性はあるけれど、何も知らず、これまで伺い知る機会が無かった。
09年夏に行われた、JOHN.Bさん(ジョン・B・チョッパー氏 ex.ウルフルズ)企画の
トラベリン・バンドで。そのライブTV放送で、伊藤さんの「声」を知る。
スカ・バンドをやっていらした???意外な感じがした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
藤井一彦さん参加曲:M-5  my funny little girl

伊藤さん(66年)と一彦さん(67年)は1歳違い。同世代ということになるのだけれど、
伊藤ふみお氏に、「この曲は、藤井一彦さんのギターがいいのでは?」
と大推薦のプッシュしたのが、このアルバムのサウンド・プロデューサーでもある、
レピッシュのベーシスト:tatsu氏(ベボベやオレスカバンドを手掛けているのだとか!)だったそう。

こちらの楽曲のセルフライナー・ノーツは、伊藤ふみお氏のオフィシャル・サイトをじっくりご覧いただくとして、
伊藤さんが娘さんを思う時の曲とのことで、TVで伊藤さんのお顔を知り、驚く。
表情の柔らかいこと!優しさが出ているお顔というのがあるけれど、伊藤さんは娘さんを持つ父親の顔
だな、とふと思ったのです。

誰が何と言おうが、あるのだ、あるのだ~娘を持つパパの顔というのが。

嗚呼、俺ってどんな顔?(笑)って訊かないでー。

一彦さんも、ジョン・Bさんも個人的には「共通点がある」と思ってるけれど、それはここでは言わない。

藤井一彦さんのギター。外音への出音だとLeftからのエレクトリック。
伊藤さんの声、楽曲を活かすギターになっているため、心掛けたであろうため、
ガシーンッッ!と炸裂したギターを弾いてる訳ではないのだけれど、音色は藤井一彦さんそのもの。
真ん中のソロで、上りと下りの感じが、らしい。アウトロの感じもいいね!
(アコースティックも鳴ってはいるけれど、こちらはどなたが?)

曲は、ブルース・スプリングスティーンのEストリート・バンドな感じがイメージとしてあったようだ。

ほかの曲も、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが参加していたりして、
歌詞、曲の面でも楽しめる1枚になっていた。
むしろ、私のようにKEMURIを知らない方にも、聴いてもらいたいな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
M-ON!TVでオンエアされた「Music Journey with JOHN.B’sTravellin’ Band」での、
藤井一彦さんのギターWorksを次回こそは紹介したい。

こちらでも、伊藤ふみお氏がゲストとして呼ばれ、一彦さんが全編に渡ってギターを担当。

一彦さんのWorksシリーズ化。まだまだ続きます。たくさん所有していて、紹介しきれていないので、
愛ある限り、今後も回を重ねて行きます。

寺岡呼人さん、ミドリカワ書房くん、菊花賞@下北沢440ゲスト音源、湯川トーベンさん etc・・・
そして、大御所兄貴:SIONさんが控えておりまする。
どうぞお楽しみに。
関連記事

コメント

[title]:素敵なCDを、いつもありがとう!

今、ここに来る前にメールチェックしていたら、
ナタリーより伊藤ふみおさん情報が♪まぁ、タイムリー!
スノちゃんもご存知かと思いますが、↓
       http://natalie.mu/music/news/31528

素敵なCDを、いつもありがとう!良い気分転換になりました(^0^)
スノちゃんのこの記事を読みながら、ふむふむと思いながら、
改めてKazさんのギターの音なのだな♪と、かみかみしてます(笑)。
♪my funny little girlに合わせて、
なんか、いい具合にチカラが抜けている感じ。カラッとね♪
なんだけどー、
ソロではKazさんのカッコ良さがチラリ!サラリ!キラリ!でした(*^^)v


伊藤ふみおさん、温かいですねー☆
今年のクリスマスには、
スノちゃんからいただいたこのMIDAGE RIOTを聴こう!
一緒に、スノちゃんから頂戴した大事大事なLOVEを想いながら(^^♪

スカのリズムは、元気になれてウキウキもして!
ロックステディ、レゲエは、
ほんの少―しだけ昔聴いていたのだけど、
その頃から私は特に冬に聴きたくなっていました(笑)。
夏じゃなっくたってイイじゃない♪今ここだけは夏だ!気分で。
そして♪In Silence of Christmasだけは、
静かに冬の馬小屋の飼葉桶で誕生したイエスを想い、
またヨセフとマリア様を想いたいと思います。
I pray calmly.

男性・お父さんのあったかさ、やさしさが全体に漂ってました。
無償の愛とは、もちろん男性・父にもあるわけで、
それを詞に乗せて歌われると、スカと相まってより温かい血を感じましたよ♪
包容力だね☆
スノちゃん、これはお子さんにぜひぜひ聴いてもらいたいCDなのでは?
とも想いました。
歌詞を聴いてると、大切なことを分かり易く教えてくれていますよね。

伊藤さんのブログも拝見しました。
今回のアルバムのセルフライナーノーツを読むだけで、
その曲の情景が浮かんで来る感じでした。
その中で、ひとつだけ、これは私的には違うな~(^_^)と感じたのは
♪すべては静かに明日へ向かうです。
(正確には違うではなく、伊藤さんの素敵なご謙遜、かな。と感じました)
ちっとも草食系じゃないと思いました(笑)、大人、紳士系です(*^_^*)
なんだか、ローマの休日が観たくなりました。
(kazさんにも↑私の中では、ちょこっとつながります)

スノちゃん、元気をありがとう~!!深謝です☆

  1. 2010/05/07(金) 19:42:34
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:イメージ力が、なんて豊かなんでしょう!!

ムーミンさん

早速聴いてみてくれたなんて、これまた嬉しい~な!
メガメガ・アリガトサンクスです。(^-^)

カラッとしてますよね、スカもレゲエも。お天気、気候と関係が
ありそうです。
ムーちゃんは、一時レゲエを聴いてたとのこと。私も次はレゲエも
通ろうと思ってます。ようやくだなあー「ツッチャ×ツッチャ♪」リズム。

伊藤ふみおさんは、表情といい、言葉にも、優しい人柄が出ている
お方ですよね。
誰かを愛するようになるまで、家族が愛を与えるよ、それをまた
キミが愛する人に与えるんだよ、っていうところがいいなあ~。

実は草食系ではないというのに、穏やかな愛情を描いた、ということが
面白いね。
今、手元にCDが無いので、明日聴いてみるね。ドキドキな歌詞
だったかなあー、なんて。映画のように情景がパッと浮かぶ曲は
いいよね。
ムーちゃんのイメージ力がきらり☆しております。

元気は、いくらでもいつでもお届けしますよーん。
ローマの休日かあ。今宵はMoon River♪

一彦さんが呼ばれるには、やはり理由がありますね。
選ばれるだけある人♪



  1. 2010/05/08(土) 00:44:18
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
おかげさまで2005年開設
11年となりました。
現在更新は休止中ですが、
再開準備を進めております。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。