スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:憧れです。

まだチェックしていませ~ん。
m(__)m
音楽専門誌に載るのは、影響力が大きいですよね!
もっともっと注目されてもいい人達だから、バンバン取材されてほしい…。
来年は、ギターで和田さん!実現してほしいなぁ。

  1. 2006/12/17(日) 05:37:36
  2. URL
  3. voyage #oHsUNf9w
  4. [ 編集 ]

[title]:何回書いたら実現するかな?

<voyageさん>
ライブ参戦お疲れさまでした~♪思い出に残るツアーだったよね☆
まず、佳史さんのドラムマガジンだけど、これはカラーで機材一式が掲載されていました。
そして佳史さんが楽器に対して、ライブに関して、バンド全体のアンサンブルに関して、
これほどキチンと語ってくれたのも、雑誌では珍しいと思います。
ぜひ読んでみてくださーい。私も正直なところ、ドラムは全然詳しくなくて、ほんわかとしか捉えられなかったのですが、
バンドのリズム隊ってですもんねー!

私は、林くんと佳史さんの力ってバンドでは重要だと思って聴いています。
和田さんはギター1本なので、そのカバーを二人がどう音で絡むか。
あの音圧の秘密はリズム隊にありますよね~。
ライブでの佳史さんの眼差し、いかがでしたかー?グッと来ちゃったかな?^^

音楽専門雑誌の表紙、もうここでさんざん書いてPRして来たから、そろそろ実現してもいいなぁ~
アホかっ!って言われようが、次はトライセラの出番です!!!!
ねっ、voyageさん♪


  1. 2006/12/17(日) 09:44:40
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/98-d43281b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラムは未知の世界

数日前だけど、『ドラム・マガジン』を立ち読みした。この雑誌、存在は知ってたけど、手に取ったのは初めて。今回手に取ったのは、もちろん佳史さんが登場してるから。4ページ使って、佳史さんのセッティング、愛用のドラムの数々が紹介されている。私、ハッキリ言って、ド
  1. 2006/12/24(日) 11:59:14
  2. Now I'm Here!

佳史さんのドラム機材~ドラム・マガジン~

Rhythm & Drums magazine (リズム アンド ドラムマガジン) 2007年 01月号 [雑誌] Rhythm & Drums magazine (リズム アンド ドラムマガジン) 2007年 01月号 [雑誌]
(2006/12/13)
リットーミュージック

この商品の詳細を見る

ドラマガは今日発売。ブログ小路で佳史さんやメンバーさんへ宛てた言葉。
ギタマガ、ベースマガ、ドラムマガ。全部の表紙飾っちゃってください!!
ちなみに、今月のギタマガの表紙はエルレ。

行こうよ、行こうよ、表紙飾ろうよ。

和田さん、来年はギタマガ表紙の出番だよーーー!
たくさんの素晴らしいギターも揃っているし、それをステージで使っていい演奏をしてる和田さん、表紙が待ってるよ!!

佳史さんのドラムの機材がカラー写真で掲載中。正直なところ、バンドをやったことが無いし、身近にドラムをやっていた人がいないので、ドラムのことは詳しくないけれど、一つだけ思ってることがある。

佳史さんのドラムは、ツアーごとにセッティングを変えているとのこと。実際私も、今回はちょっと違うなぁと思ったりするのだけれど、
COME VOYAGE WITH US TOUR時、佳史さんのドラムの音が凄い!!って感じた。
ドスンッっていう響きが重いの。それが好きだったの。
音の好みはあるんだろうけど、あのツアーはクリアでありつつ、重みのあるドラムの音がPAから出ていた。

佳史さんのドラムの音を文字で表現するなんて、無謀だと思うけれど、あれは本当にズシーン!と来る音だったの。

今回のツアーは、歌を前に、前にしている設定のため、機材も変えているのかな。
佳史さんの口から「小田原豊」さん(ex.レベッカ、ベイビーズ・ブレス、ホーボー・キングバンド)のお名前が出て来た。やっぱり佳史さんと私の年代が近いせいかな(笑)

楽器の雑誌に掲載されると、本当に音楽が好きな人がちゃんと聴いてくれるきっかけが増える。
今回の新作アルバム「LEVEL32」はPlayerやギタマガで取材が無かった。次は必ず!!
リクエスト、雑誌社にちゃんと出しておくね。
今月はCharと布袋さんが表紙のPlayer1月号・・・買っちゃった。(←オイオイ)
あ~ぁ、買っちゃったよ。

関連記事

コメント

[title]:憧れです。

まだチェックしていませ~ん。
m(__)m
音楽専門誌に載るのは、影響力が大きいですよね!
もっともっと注目されてもいい人達だから、バンバン取材されてほしい…。
来年は、ギターで和田さん!実現してほしいなぁ。

  1. 2006/12/17(日) 05:37:36
  2. URL
  3. voyage #oHsUNf9w
  4. [ 編集 ]

[title]:何回書いたら実現するかな?

<voyageさん>
ライブ参戦お疲れさまでした~♪思い出に残るツアーだったよね☆
まず、佳史さんのドラムマガジンだけど、これはカラーで機材一式が掲載されていました。
そして佳史さんが楽器に対して、ライブに関して、バンド全体のアンサンブルに関して、
これほどキチンと語ってくれたのも、雑誌では珍しいと思います。
ぜひ読んでみてくださーい。私も正直なところ、ドラムは全然詳しくなくて、ほんわかとしか捉えられなかったのですが、
バンドのリズム隊ってですもんねー!

私は、林くんと佳史さんの力ってバンドでは重要だと思って聴いています。
和田さんはギター1本なので、そのカバーを二人がどう音で絡むか。
あの音圧の秘密はリズム隊にありますよね~。
ライブでの佳史さんの眼差し、いかがでしたかー?グッと来ちゃったかな?^^

音楽専門雑誌の表紙、もうここでさんざん書いてPRして来たから、そろそろ実現してもいいなぁ~
アホかっ!って言われようが、次はトライセラの出番です!!!!
ねっ、voyageさん♪


  1. 2006/12/17(日) 09:44:40
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/98-d43281b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラムは未知の世界

数日前だけど、『ドラム・マガジン』を立ち読みした。この雑誌、存在は知ってたけど、手に取ったのは初めて。今回手に取ったのは、もちろん佳史さんが登場してるから。4ページ使って、佳史さんのセッティング、愛用のドラムの数々が紹介されている。私、ハッキリ言って、ド
  1. 2006/12/24(日) 11:59:14
  2. Now I'm Here!

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。