スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:格好いいのは言うまでもなく!

スノちゃんからCDを送ってもらって、超~嬉しかったうちの一つでありんす~♪
とにかく、飽きない格好いいアルバム。
ホントにありがとね~!
今、聴きながら書いとる。
スノちゃんがしぼりに絞って書いてるのに、私、たくさん書いちゃってもよかとか?



というか、書きまする(笑)。

藤井さん、アニキ達からの大阪への徴収命令と、それこそLOFTでのTHE GROOVERSとThe Birthdayの対バンもあるね♪
>カッコいいセリフを言い放つ歌い方 って、わかる!わかる!
藤井さん作詞の中にも、たくさんそんな言い放ち・言い回し(歌い回しも)あるよね。
藤井さんの「俺の音」って、スノちゃんの表現いいっ! (^-^)y!
いきなりイントロからカッコいいすっよー、藤井さん!だもの。
昭和のROCKの匂いもありつつ、平成ROCKなアレンジ!?
表現上手くできないけど、好きなギターの音使いです(音色ね。最後のギターのじゃら~んって音とか!)
ヴォーカルも波があってイイよねー!
不良が光ってる時代(笑)と思いながら聴いてます。
あとは、のっけのシンバルの音が特に昭和な雰囲気が漂ってくる~感じ。
この曲でもいつか、是非、このチームでの共演があるといいな。聴いてみて観てみた~い!
ギター・ソロすぐのア~ぉ!とその後にも一回イェーイ!叫ぶとこが好き♪スノちゃんのイェーイ!も、ここかな!?(うふっ)

SIONさんのギターの音も好き♪子供の頃、流行っていた曲が(ご本家さんが歌うより)SIONさんが唄うことによって、男っぽくなってました。流石です!
それと、ここにきて1曲目とこの企画アルバムの選曲が更にKIETHさんとリンクしたと個人的に思うたとよ。

喧太くんお父さん、シブイ!歌心があって伝わって来る。
ARBのフロント・マン、石橋凌が感じるKEITHさんの温かいドラム☆というのを私はこの曲で一番、意識したかな。
黒いはなびらのアレンジ、スゴイの一言!
宇崎さんの唐獅子牡丹、歌声を聴くのは、かなり久々~で、映画TATTOなんかを思い出しながら。
私が聴いてた当時とは違う雰囲気の歌声。歌いながら演じている宇崎さん。
へぇ~こんなヴォーカル・スタイルもしてんのね!と新鮮に感じました。
12曲目番外編、ナレーション内容を考えたのはグループ魂?クドカン?阿部サダヲ?と思うくらい、大爆笑しました!
Oh~キース、~略~ たますぅ(しぃ)ーいを!の絶叫が最高っす。
中半(中盤)はヘビメタ感、フリキッテル、イッチャってるヴォーカル。これがまた可笑しくて。

>CDの裏ジャケも超強烈インパクト大・大・大。
はい、はい!
ジャケの表裏と親孝行というタイトル(収録曲目も)が、対極にある感じ(笑)が洒落てていいな!と思いましたとよ。





  1. 2009/10/27(火) 14:37:18
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:聴きながら書いてくれたなんて、嬉しいわあ♪

>ムーミンさん

ムーちゃんが喰らいついて来てくれました!
パチパチ!嬉しいです~。ありがとうね。

ARBを聴いてたというムーちゃんならではの
ステキコメントが光ってます☆飽きないし、カッコEっす、
とのことで、ムーちゃんに聴いてもらえたことも合わせて
嬉しいなあ。

SIONさんが「俺の声」という曲があるから、
一彦さんは「俺の音」かな~って思ったの。
番長シャロックは、「俺の声」もあるな、って思うしね。

その曲の世界に入った時、人の脳内って興奮してて、
その時のYEAH!は最高に気持ちのいいYeah~~!
かもしれないね。聴いててもそう感じるんだものね。

「東京」・・・本家の歌を聴いてたのね。その記憶が残ってるところに、SIONさんの声だものね。
増幅したんだろうなあ。

グループ魂にしても、喧太くんのお父さまこと原田芳雄さんにしても、この1枚にはドラマ、ストーリーがあるよね。
演じてる感があるよね。
それぞれの役を演じてる感じ。
KEITHさんが叩く、打つドラムと共に。
音楽総指揮、監督というのもあるし、親孝行だし(笑)
昭和の世界を平成アレンジ、これがいちばんしっくり来る
ナイスな表現だわ~。

モノクロのイメージです。フィルムの匂いもしたね。

ライブで実現。。。これは開催が九州限定かも?!
一彦さんの、また違う一面を観ることができたよ。
(聴けた、とも言う。)
歌ってるところも、観たい、聴きたいんですけどー。

Thanks!ムーちゃん。
  1. 2009/10/29(木) 00:20:06
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Produced by:藤井一彦 KEITH<親孝行>

THE GROOVERS 藤井一彦さんのWorksシリーズ。

KEITH(ARB)企画カヴァーアルバム:親孝行 2曲参加しています。
親孝行親孝行
(2000/11/22)
KEITHshy

商品詳細を見る

現在ではなかなか入手しにくいかもしれませんが、たまたま入ったCDショップにあったんですよね、
これが!!
KEITHさんがこっちを見て、手招きしてました。嬉しか~~手に入らないと思ってたので、
みつけた瞬間にバチッとスイッチが入りました。これは連れて帰らなくちゃと。

仁義なき戦いと、新宿LOFTの匂いがしますね。

藤井一彦さんにスポットを当てて書かせていただきますが、参加ミュージシャンが超豪華。

藤沼伸一、石橋凌、伊東ミキオ、KEITH、藤井一彦、高橋BOB(from:グルーヴァーズ)、
渡邉貢、原田芳雄(原田喧太くんのお父さま。俳優でもありますが、バンド、歌もこなして
いらっしゃいます。)
SION、内藤幸也、柴山俊之、宇崎竜童、仲野茂、グループ魂 etc・・・(敬称略)

伊東ミキオさんと一彦さんは時々ご一緒してますね。私の持ってるCDアルバムにも
よくお名前が出て来る方です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<番長シャロック>・・・プロデュース、アレンジ、ギター、ヴォーカル:藤井一彦

ベースはグルーヴァーズから、高橋ボブさんも参加。
一彦さんは、ギタリストで出発してますが、プロデュース、アレンジでのソトシゴトも多い。
ギターはどう聴いても藤井一彦カラー。音色とか、ニュアンス、フレーズですぐ分かります。
「俺の音」ってのが分かるギタリスト。そこがいちばん好きなところですけどね。

私はこの曲では、ヴォーカリストとしても好きで。不良っぽさは元々持ってて、
カッコいいセリフを言い放つ歌い方は、以前から好きな部分なんだけど、この曲はそれが存分に
味わえるのがいい。
YEAH!一つとってもそうだし、「俺のこと」×リピートして終わるところが、一彦さんらしい。
演じてる部分もひょっとしたらあるかもしれないけど、番長な感じとかね。

<東京>・・・プロデュース、アレンジ、ギター、ブルース・ハープ:藤井一彦

SIONさんがヴォーカルです。
歌詞はSIONさんの書いたものではないところに意外性がある。
「東京へは もう何度も行きましたね」

アームを使ってるところが、「揺れギター」。
ブルース・ハープは新宿の景色が見える。SIONさんが歌ってることもあるからでしょうね。

いずれも、ドラムはKEITHさん。

男のアルバム、男の1枚ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CDの裏ジャケも超強烈インパクト大・大・大。
このアルバムは、あのstudio TAKE ONEにてRecしてたんですね。
グルーヴァーズでは、アルバム<TRINTY>がTAKE ONEでレコーディングしてたと思います。
マスタリングは、音がいいと言われてる、BERNIE GRUNDMAN MASTERING
ジャケットには、「音質技術」と和風に紹介されてますが、本来の意味もまさにそうですよね。

広島~九州勢は強い。西は音楽的勢力が圧倒的な感じがします。
繋がりだとか、ネットワークとか、一緒に何かやろう、という男っぽさとか。

*11月に、石橋さんチームと、一彦さんが一緒にやろうぜというイヴェントがあります。

<SOUL RED  松田優作 20th MEMORIAL 生きているのはお前か俺か?>

11月6日(金)大阪 名村造船所跡地

風音のイヴェント@11月21日(土)福岡 DRUM LOGOS

石橋凌 with 池畑潤二+渡辺圭一+伊東ミキオ+藤井一彦

池畑さんが真ん中な感じがしますが、いいメンバーですね。
石橋さんと伊東ミキオさんは生ではお会いしたことがないのですが、
九州、広島!っていいなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*当ブログでは、これまで40件ほどグルーヴァーズ、藤井一彦さんに関するエントリーを
Upし、綴って来ました。約2カ月ぶりに新しい記事を書きましたが、
grooversのファンの方からは静か~に、かつコンスタントにご覧いただいてるようです。
今後もどうぞ温かく見守りつつ、読んでるよ~という方はぜひ喰らいついて来てください。
そして教えていただきたいことがたーくさんあります。理想は目指せ~双方向ブログ!です。
拍手ボタンからでも、コメント欄からでも、メールでもお気軽にお寄せくださいませ。
関連記事

コメント

[title]:格好いいのは言うまでもなく!

スノちゃんからCDを送ってもらって、超~嬉しかったうちの一つでありんす~♪
とにかく、飽きない格好いいアルバム。
ホントにありがとね~!
今、聴きながら書いとる。
スノちゃんがしぼりに絞って書いてるのに、私、たくさん書いちゃってもよかとか?



というか、書きまする(笑)。

藤井さん、アニキ達からの大阪への徴収命令と、それこそLOFTでのTHE GROOVERSとThe Birthdayの対バンもあるね♪
>カッコいいセリフを言い放つ歌い方 って、わかる!わかる!
藤井さん作詞の中にも、たくさんそんな言い放ち・言い回し(歌い回しも)あるよね。
藤井さんの「俺の音」って、スノちゃんの表現いいっ! (^-^)y!
いきなりイントロからカッコいいすっよー、藤井さん!だもの。
昭和のROCKの匂いもありつつ、平成ROCKなアレンジ!?
表現上手くできないけど、好きなギターの音使いです(音色ね。最後のギターのじゃら~んって音とか!)
ヴォーカルも波があってイイよねー!
不良が光ってる時代(笑)と思いながら聴いてます。
あとは、のっけのシンバルの音が特に昭和な雰囲気が漂ってくる~感じ。
この曲でもいつか、是非、このチームでの共演があるといいな。聴いてみて観てみた~い!
ギター・ソロすぐのア~ぉ!とその後にも一回イェーイ!叫ぶとこが好き♪スノちゃんのイェーイ!も、ここかな!?(うふっ)

SIONさんのギターの音も好き♪子供の頃、流行っていた曲が(ご本家さんが歌うより)SIONさんが唄うことによって、男っぽくなってました。流石です!
それと、ここにきて1曲目とこの企画アルバムの選曲が更にKIETHさんとリンクしたと個人的に思うたとよ。

喧太くんお父さん、シブイ!歌心があって伝わって来る。
ARBのフロント・マン、石橋凌が感じるKEITHさんの温かいドラム☆というのを私はこの曲で一番、意識したかな。
黒いはなびらのアレンジ、スゴイの一言!
宇崎さんの唐獅子牡丹、歌声を聴くのは、かなり久々~で、映画TATTOなんかを思い出しながら。
私が聴いてた当時とは違う雰囲気の歌声。歌いながら演じている宇崎さん。
へぇ~こんなヴォーカル・スタイルもしてんのね!と新鮮に感じました。
12曲目番外編、ナレーション内容を考えたのはグループ魂?クドカン?阿部サダヲ?と思うくらい、大爆笑しました!
Oh~キース、~略~ たますぅ(しぃ)ーいを!の絶叫が最高っす。
中半(中盤)はヘビメタ感、フリキッテル、イッチャってるヴォーカル。これがまた可笑しくて。

>CDの裏ジャケも超強烈インパクト大・大・大。
はい、はい!
ジャケの表裏と親孝行というタイトル(収録曲目も)が、対極にある感じ(笑)が洒落てていいな!と思いましたとよ。





  1. 2009/10/27(火) 14:37:18
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:聴きながら書いてくれたなんて、嬉しいわあ♪

>ムーミンさん

ムーちゃんが喰らいついて来てくれました!
パチパチ!嬉しいです~。ありがとうね。

ARBを聴いてたというムーちゃんならではの
ステキコメントが光ってます☆飽きないし、カッコEっす、
とのことで、ムーちゃんに聴いてもらえたことも合わせて
嬉しいなあ。

SIONさんが「俺の声」という曲があるから、
一彦さんは「俺の音」かな~って思ったの。
番長シャロックは、「俺の声」もあるな、って思うしね。

その曲の世界に入った時、人の脳内って興奮してて、
その時のYEAH!は最高に気持ちのいいYeah~~!
かもしれないね。聴いててもそう感じるんだものね。

「東京」・・・本家の歌を聴いてたのね。その記憶が残ってるところに、SIONさんの声だものね。
増幅したんだろうなあ。

グループ魂にしても、喧太くんのお父さまこと原田芳雄さんにしても、この1枚にはドラマ、ストーリーがあるよね。
演じてる感があるよね。
それぞれの役を演じてる感じ。
KEITHさんが叩く、打つドラムと共に。
音楽総指揮、監督というのもあるし、親孝行だし(笑)
昭和の世界を平成アレンジ、これがいちばんしっくり来る
ナイスな表現だわ~。

モノクロのイメージです。フィルムの匂いもしたね。

ライブで実現。。。これは開催が九州限定かも?!
一彦さんの、また違う一面を観ることができたよ。
(聴けた、とも言う。)
歌ってるところも、観たい、聴きたいんですけどー。

Thanks!ムーちゃん。
  1. 2009/10/29(木) 00:20:06
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。