スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:どんなに小さなことでも良いけれど

1つの事をずーーーーっと続けてる人って凄いなぁ~って。

こういう馬鹿なら大歓迎だよね(笑)
  1. 2009/08/13(木) 22:43:24
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:1つのことを続けるのは凄いよね!

>まーくん

so!
me too.ですよ!
1つのことを長く続けられることって、
簡単なようでそうではないものね。
いろんな試練があるものだし、決断力も迫られたり
するし、決めなきゃならないものね。

ギタマガではお話してないですが、
他でお話してたことによると、いくつかの岐路が
あって、決めながら進んで来てるんだよね。
解散せず、やめないでここまで続けたという点も
そうだし、バンドや音楽性についても
フルモデル・チェンジはしていなくて、
マイナー・チェンジくらいかな、って
されもさり気なく、さらりと答えてらっしゃる
のよね。
クールだし、ホットだし、頭脳明晰な方だよ、
実際には。

あとは、まーくんにグルーヴァーズを
聴いてもらうだけだな~(笑)
あとは任せてね~!
  1. 2009/08/14(金) 22:13:31
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

世知辛い日々の旅のお供に最適なロードムービー

楽しみに待っていました。Guitar Magazine(ギタマガorギーマガ)2009年9月号。
インタビュー:THE GROOVERS 藤井一彦さん

インタビューと写真で構成された、モノクロ2ページです。写真がカッコよかたい!
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2009年 09月号 [雑誌]Guitar magazine (ギター・マガジン) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/08/12)
ギター・マガジン編集部

商品詳細を見る

アメリカン・ロード・ムービーのようなレイドバック感・・・。レイドバック。私とはまた違った見方、
聴き方というのも読んでいて面白い。

大人のロックを意識してる、とのことだけど、その意味は歌詞の内容のことも含んでいる。
チャート上位に出てくる歌詞のしょうがないところ。「そばにいて&いるよ系」「大丈夫系」
大人になると、わざわざ歌で言われたくないんだよね。それよりも、の部分を追いたい。

一彦さんのインタビューの中で、思わず笑いそうになったのが、20年続いてる理由のところ。
「けっこう馬鹿なんじゃないかな」
「よっぽど好きで少し馬鹿。それに中毒性」

活動歴が長くなると、同じことをやり続けること、好きで続けていられることのしなやかさもあって。

1.散文詩のこともこの誌面でしか語ってない点。

2.3コードでそろそろ作っていいかな、という点。(←個人的には大歓迎!)

3.デジタルとアナログの音づくりの違い。

更に。

フェンダー系のギターが好きなんだけど、デジタル環境だと高音域が尖りすぎる。
実は私は、一彦さんが弾く音で好きなのが、フェンダー系。(激しくストラト主義ではないけど)
「グレッチの訛り」の部分を大事にしてたんだ、そうだったんだね、という発見。
藤井一彦さんの、グルーヴァーズとしての音として、グレッチ訛りが大事な部分だったんだ、
という点がよりハッキリしたこと。

ケーブルにこだわる方?の部分も、頷いちゃったな。普通はカール・コードは使用しないですね。
奥田くんのコメントも読んでみたいな。

<ROUTE 09>全て味わっています。
ROUTE09ROUTE09
(2009/07/15)
THE GROOVERS

商品詳細を見る

ギタマガさん取材&藤井一彦さん、ありがとう!

世知辛い日々を旅するお供に最適なロードームービー。サウンドトラック。
   ギター・マガジン2009 9月号 THE GROOVERS 藤井一彦さんインタビューより引用
 
関連記事

コメント

[title]:どんなに小さなことでも良いけれど

1つの事をずーーーーっと続けてる人って凄いなぁ~って。

こういう馬鹿なら大歓迎だよね(笑)
  1. 2009/08/13(木) 22:43:24
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:1つのことを続けるのは凄いよね!

>まーくん

so!
me too.ですよ!
1つのことを長く続けられることって、
簡単なようでそうではないものね。
いろんな試練があるものだし、決断力も迫られたり
するし、決めなきゃならないものね。

ギタマガではお話してないですが、
他でお話してたことによると、いくつかの岐路が
あって、決めながら進んで来てるんだよね。
解散せず、やめないでここまで続けたという点も
そうだし、バンドや音楽性についても
フルモデル・チェンジはしていなくて、
マイナー・チェンジくらいかな、って
されもさり気なく、さらりと答えてらっしゃる
のよね。
クールだし、ホットだし、頭脳明晰な方だよ、
実際には。

あとは、まーくんにグルーヴァーズを
聴いてもらうだけだな~(笑)
あとは任せてね~!
  1. 2009/08/14(金) 22:13:31
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。