空は、今日も、青いか?

石田衣良さんのエッセイ。
読み始めるきっかけは、「音」に携わってる音楽人さんのブログで紹介されていたことから。
R25で書いたものを中心に、各紙で掲載されたものを1冊にまとめたもの。
空は、今日も、青いか?空は、今日も、青いか?
(2006/03/16)
石田 衣良

商品詳細を見る
こちらは単行本。文庫もある。
空は、今日も、青いか? (集英社文庫)空は、今日も、青いか? (集英社文庫)
(2009/03/19)
石田 衣良

商品詳細を見る

石田さんは小説の方が多いけれど、言葉と格闘してる人の想いや文章は鋭い。

「ものを書く人」についての記述。思わずハッとする。
音楽も同じことが言えるな、と思ったので、少し引用させていただくと。。。

厳しいといえば、これほど厳しいものはない。1回1回締切のたびに実力を試され、
一度デビューすると、新人もベテランも全く同じリングで闘わなければならない。
書店に並んでしまえば、どんな本も1冊は1冊でしかないのだ。
毎回がガチンコ勝負である。
(中略)
表現の世界は、ドアを蹴破るか、自分で壁を壊して窓を作って入ってくる人間しか生き残れない。

石田さんはお子さんも育てていらっしゃる。音楽も相当聴いてるようす。今後も継続して
読み進めて行きます。

ほかには、「子どもの運命の邪魔をしないこと」という点。親の考えを子に押し付けずに。
そのお子さんが生まれた意味がちゃんとある。両親を選んで生まれてると思うのです。
どんな状況であったとしても。どんな状況になったとしても。

他者への共感と、想像力を磨くといいね、心を繋げるための力を育ててみよう、と書いてある。
Yes!me too.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CIMG3377.jpg
その他3冊も同時進行中。私は同時に読み進めてしまうのです。読み終えてから、というのが
最近あまりなくて。

松浦弥太郎さんは、編集長でもあり、ナカメに洒落た書店のオーナーでもあります。
次回、東京へ行ったら、立ち寄ってみよう。文体が柔らかくて好きなのです。
場所はいつも旅先だった (P‐Vine BOOKs)場所はいつも旅先だった (P‐Vine BOOKs)
(2009/03/20)
松浦弥太郎

商品詳細を見る

安西水丸さん:彼はメンフィスで生まれた
この本を手にした理由?想像してくださいね。写真がきれいで、スッキリした旅行記。
グァムしか行ってないなあ。すぐパッとは行けない遠いアメリカ。旅行記と写真で旅しちゃおう。
イマジネーションの世界で。
カナダは行ったことがあって、オーロラも観た。
彼はメンフィスで生まれた―アメリカン・ジャーニー彼はメンフィスで生まれた―アメリカン・ジャーニー
(2005/06)
安西 水丸小平 尚典

商品詳細を見る


人の、いろいろな考え方を知りたい。
脳内メモリは長く記憶しなくなってるので、読んでも忘れることの早いこと!
こうやって書き留めると、忘却の彼方へは行かず、引き出しにちゃんと入ります。
関連記事

コメント

[title]:あっしは・・・

今、まさに「40」っつー小説を読んでおります。
その他にも「IWGP」や「美丘」も読んだなぁ。

そう言えば吉川と何かの番組でお話ししてたよね?
  1. 2009/06/20(土) 22:05:28
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:仲間っっ!!

>まーくん

お仲間だねー!ウキウキ♪
まーくんは、読んでるんじゃないかな?って
密かに、ひそかーに思っておりました。

石田さんの小説はまだ読んでなくて、エッセイばかり
立て続けに読んでみたよ。

そ・し・て。
な・ん・と!
晃司くんと石田さんに接点があったようだ、とのこと。
私としたことが・・・。(爆)
テレビだったのかしら?
ネットで検索してみたら、石田さんが晃司くんに好感?
という文字が目に入ったけど、
それは私の目で確かめたいな~。
どんな番組だったか覚えてたら教えてね。

きっと、ここを読んでくれて、それ知ってるよ!って
方が表れることを祈ろう。
うん、そうしよう。(笑)

そうそう、まーくんの好きな伊坂さんプッシュの
grooversも、ぜひぜひ。
もしよかったら聴いてみてねー。
  1. 2009/06/21(日) 00:21:06
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:同時進行、凄っ!!

私にはできない技ですぅ。
抑えがきかないタイプなので、‘もう寝なきゃ!でも後ちょっと'と言ってる内に外が白んでくる一冊一気読みな感じです。

石田衣良さんのエッセーは未読ですが小説は結構読みました♪
読むより先にコメンテーターでTV出演してるのを見て、話し方とか雰囲気とか全体的に‘素敵!'と思ったのがきっかけです

短編集の‘約束'は読みやすくて結構ウルって来ちゃう作品が多くてオススメです!

私は火が点いた時位しか本を読まないんですが一番最近読んだのは映画に備えて‘天使と悪魔'でした

文庫本で上中下、かなり寝不足になりました。
話の本筋とは別に‘へぇ~!'と思う事もあって面白かったですよ♪

  1. 2009/06/21(日) 16:36:28
  2. URL
  3. ヨーコ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:仲間・仲間っっ!!

>ヨーコさん

同時進行読みは、エッセイに限りかな。ストーリー性が
あるものだと、先が読みたくなっちゃうので、
やはり1冊じっくりと派ですね。
ヨーコさんは夜明け前まで一気コースに行っちゃう
のかな?

「約束」短編でウルっと来るとなると、興味が沸きますね。
次回は石田さんの小説もチャレンジしてみたくなりました。
TVもよく出てるみたいですよね。私はほとんどお目に
かかったことがないのですが、
ヨーコさんが素敵!と思ったとしたら、きっと私も
素敵!って思う気がしますね。エッセイも読んでますし。

へぇ!を私も感じたいですね。ポイント高いなあ。
石田衣良さん。引き続きチェックしてみようと思います。

  1. 2009/06/21(日) 22:25:25
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:あっ!

‘天使と悪魔'は最近読んだと言っても石田さんの作品ではありません

誤解を招いてたらすみません

石田さんは確か以前は広告代理店に勤務されてたと思うんですが
さすがな着眼点で割と今時な事をセンス良く描かれるんですよね♪

私が素敵と思う人は大抵‘賢(かしこ)やわらかい人'ですが石田さんの第一印象もそうでした(‘賢やわらかい人'はうまく説明できませんが…)

私も石田さんのエッセイ読んでみます♪
  1. 2009/06/22(月) 14:05:16
  2. URL
  3. ヨーコ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:かしこやわらかい人。

>ヨーコさん

大丈夫ですよ~。小説は本屋さんに行く前に、
どの本にしようかな、って考えてから向かうと思いますので。

石田さんのエッセイは読みやすいし、若い世代に向けつつも、
どの世代の人にもなるほど!と思うことを具体的に
書いていて、そうそう!なーんてうれしくなっちゃう部分も
しっかりと含んでるなと思いました。

かしこやわらかい人。
女性も男性もかしこやわらかい方が周りに増えると
いいなあ、石田さんのエッセイから、増殖してくれたら
ほっとするのになぁ、なんて思ったりして。

コラム的に、これまでたくさんの雑誌等に寄稿したものを
1冊に集めてますが、これがなかなかグッとポイントも
多かったです。
  1. 2009/06/23(火) 00:25:54
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物