スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

HEATWAVE 30th Anniversary Tour Vol.1

HEATWAVE 30th Anniversary Tour Vol.1 「Trio!!!」に参加して来ました。
山口洋さんのソロ・ライブは、過去2回参加しています。今回はHEATWAVEのトリオ編成。
ドラム:池畑潤二さん、ベース:渡辺圭一さん。
ヒートウェイヴ結成30年のライブ。バンドスタイルVer.に初参加。
CIMG3371.jpg

思わず笑っちゃいました。この夜の出来事はコチラ。↓↓
ステキ・ベーシスト渡辺圭一さんのブログ:たまには喧嘩に負けて来い!
go! URL→→→ http://d.hatena.ne.jp/tamaken2009/
DVDでは、とてもクールな渡辺さん。ギターに近いベーシストという印象です。メロディがある
ベースというのかな。ベースは歌ってますね。

Big Beatな池畑さん。やっと生でお会いできました。いたく感激したとです。

山口さんのギターは、響きが豊かで、コード感も気持ちがよいのです。リズムもちゃんとしてて。

以下、若干の曲リストを含み、ステージの様子などをお伝えするため、これから参加される方は
ご注意くださいませ。

     玄界灘のしぶきを浴びたいか?本当に浴びたいかーーー? 
         
                                  by:玄界灘でジャンピン・トビウオ・トリオ 
CIMG3363.jpg
山口さんのギターズ。    GRETSCHグレッチ:Country Gentleman
ヤイリのAg:Hiroshi Special+MartinのAg+アコギ用 チビHiroshiさんエフェクターetc・・・

トリオ編成ということで、私の予想はグレッチを多く持つのかな、と思っていたら、予想に反して
ほぼアコギで演奏。1曲目はまーくん(Martin)から。

1、2曲目は表情にも音にも心情が表れてるような気がしてた。私には3曲目からエンジンが掛って
来たように見えた。
MCでも「肩の力、抜きんしゃいね。」と会場に向かって語り掛けているのが、
山口さんご自身に言ってるかも、などと思いつつ。
博多弁はあったかいなあ、懐かしいなあと思いつつ。

ベースの渡辺さんが印象的。構えが斜めな感じで、動きもよかった。
池畑さんはリズムがカチッとしてて、音が引き締まってる。終わり方も驚くほどカッコいい。
山口さんの方に視線を向け、肩越しに送ってるBig Beatの波。熱い波。
land of musicland of music
(2007/01/24)
HEATWAVE

商品詳細を見る

LONG WAY FOR NOTHINGLONG WAY FOR NOTHING
(2008/01/16)
ヒートウェイヴ

商品詳細を見る

上記2枚のアルバム曲や、山口洋さんのソロ第2弾収録の、まだレコードしてない曲を
中心に進む。
hiroshi yamaguchi
期待していた曲の1つ。<Life goes on>・・・リズムがとてもカッコよい。
アコギの響きが何とも言えないほど豊かで、広がる音の素晴らしさ。ぜひ生で聴いて耳とハートで
確かめていただけたらと思う。

山口さんのギターのコード感は無限の広がり。
カントリー、R&Bのリズム、そしてブルーズ、アイルランドの風、日本の懐かしい感じのする
原風景が見えるようなサウンドを作っていく。
空間と余裕のある左手と、時々ピックは使いながらも、指弾きのスタイルで、柔らかさがある。
しなやかな音と、山口さんの魅力の1つでもある低音ヴォーカルが加わる。

人の何倍も経験を積まなければ、世界を見なければ、知らなければ描けない大きな世界観。
エネルギーをいつも高い場所にキープしているのだけれど、この日は3倍以上。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MCでは、渡辺さんの洗った・洗わないシャツの話、お洗濯しましたか?
人生自体がギャンブルでギャンブラーだけども、馬券を買い、全員ハズレたお話にも笑う。

お三方ともに福岡出身。
山口さんのMCによると、福岡を離れて、東京に行き、「東京訛り」「東京に染まってる」と言われた
のが悲しかったのだそう。「魂はここに置いとります。」と答えると反応はいかがかしら?
西日本に多い傾向かもしれないなあ。東日本では東京に出るのが普通という面があるので、
あなたも東京へ行くの?という感覚で、場所の違いかも。文化とか習慣などもあるのかな。

ある曲の中で、猛烈なアツイ、アツイシャウト。山口さんの魂の叫び。

玄界灘のしぶきを浴びたいかー?本当に浴びたいかー?

曲を終えてのコメント。山口さん:
このしぶき(飛沫)ば、明日の糧にしんしゃいね。まぁ、効力は2日くらいしかないけどね。(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンコールでは、今日は池畑さんが一緒に来県してくれており、全国各地から(県外)
ルースターズのファンも多かった様子。

ルースターズ・ナンバー。Big Beatでも演奏してた<DO THE BOOGIE>

ここで山口さんはグレッチを持つ。リズムが、ブギーが最高だった。
会場の後ろからも聴こえるどよめき、太い歓声、振り上げる両手の拳と拍手が一斉に
沸き上がる。波は最高潮レベル。

トリオ編成はこれまでも多く観て聴いているものの、
情熱の伝え方⇔伝わり方、バンド、自分の出し方を心得ているのは、長くやって来ている人の
凄さかもしれない。

年齢は関係なく、情熱・パッションは伝わる。懸命なスタイルにはいつも心を動かされる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
終演後、直撃インタビュー。(笑)

HEATWAVEの音量について。

俺らのバンドは、音を小さくしてるの。ほぼ生音。他のバンドの音量の半分だからね。
俺のココ(はーと)から出てるから!(笑)

サービス精神旺盛な山口さんらしい、頼もしいお答えでした。Thanks!

ジャンプは、飛ぶ!ってことで決めていたらしいです。山口さんと渡辺さんはこの夜、跳びました。

楽しかったです。山口さん、池畑さん、渡辺さん。どうもありがとうございました。
また来てくださいね。
山口さんは次もあります。ソロでアゲイン。日本海でお会いしましょう。
CIMG3372.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。