スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:もう1発やろうぜっ!

58「せつなさを殺せない」

ナルナルな吉川に萌え萌え(笑)
今やられたら気持ち悪いかも(笑)
いや、でも・・・挑戦してほしいかも!?

67「FLASHBACK」

これはホントに全部をDVD化して欲しい。
ユニに移籍したんだし可能性アリかな?

これはやっぱ風だよね。
自分で服をパタパタ揺らして真似したもんな(笑)
  1. 2009/06/05(金) 23:09:34
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:1発で、よかですか?

>まーくん

なるなるくんな、晃司くん。(笑)
この頃、「もう1発やろうか~?」という言い方に
アダルトな香りがしてるんだけど、
もれなく晃司くんのウインク付き!
茶目っ気とでも言いましょうか。
今だと、どう言うのかな?

67番。私もDVD化希望!!
要望は出した方がいいよね。
「ロミオの嘆き」も、ファンの声から
リクエストが上がってたみたいだものね。
(評判がいい、という情報ソースは一体
どこから取っていらっしゃるのかしら???)

作ってくださいスタッフの方!!
声は大きく、届け、届け~~。
風だよねー。大きな扇風機かしら?
まーくんはマネしてたんだな(笑)
私もマネしたいな~。
♪走り出せよ~ ジャングルへ

牙をむけ!みたいなところがいいのよね。
吠えてみろ!みたいな、あの感じがたまらんよねっ♪
  1. 2009/06/06(土) 19:37:04
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:先生!絞れませんっ!

まぁ最近のは記憶が新しいのでおいといて、
やはりコンプ前の映像はどれも懐かしさ半分新鮮さ半分で、
毎回魅入っちゃってますな♪
ただ当時のMCは、観てるこっちが照れちゃうけどね(*≧m≦*)ププッ

「愛してるぜ!」や「シンバルキック集」は、納得の編集。
でも個人的には「バク転集」を入れて欲しかったね~

今ね、同級生の友人に布教し始めたとこ。
先日はアルバム「TARZAN」貸したから、
今度はこのDVDを貸してみることにする。
経過は追って連絡します(笑)
  1. 2009/06/07(日) 01:02:53
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:愛してる!と叫んだ人が当時わんさか。

>かめちゃん

先生!(←かめちゃんのことです。)
晃司くんはマジメなところがあったんですねー。
会場から、「アイシテル!!」って声が毎回飛んで
いたんだろうなあ、なんて。(記憶にあるような。。。)
デビュー時のコンサートの雰囲気、思い出してたよ。
きゃーーーっ!!!!!って黄色い声が多かったな、って。

途中から段々「キッカワー」「コウジー」って
男子の声が入るようになって来て、今は半分くらい
かなあ、男女比率。

これでもかっ、と集めてると、おぉ~と
連続技を眺めてるかのような感覚になるよね。

同級生にオススメしたのはいいかも!
気に入ってもらえたならば、一緒にライブに行けるねー。
経過はぜひ報告してねん。待ってます。

40代の晃司くんは深みが増してるから、
男性から見たら、なかなかオモロイ、カッコいい
人に見えると思うなあ。
健闘を祈ってるよ♪
  1. 2009/06/07(日) 10:29:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:ほぼ全部...

見覚えがある...というか吉川ファンならみんな持ってる映像記録を見事に繋ぎ合わせて、改めて楽しめる映像にしてくれましたよね。

自分はdrastic modern time tourが初参加だったんですが、やっぱり懐かしいし、今観ても、ありゃすごいアバンギャルドでロックですよねぇ。今やってるLiveにも負けず劣らずな気負いが見て取れる。笠原さんや椎野さんも今ではオーガニックでナチュラルな音楽なのに、びっくりするぐらい違って楽しいですわー。

しかし...吉川氏のスタッフにはもうひとつアイデアが足らんというか、毎回ツアーでハンディで映像残しておくくらいの事してくれてもいいのになーって思います。少なくてもツアーでfinal以外の最初とか中盤とかハンディで残しておけたらこういう時にも観たことがない映像を入れられるのに。このDVDの最後、この前の代々木の映像が入っててとても嬉しかったし。そういうのあったらいいのになー。

自分は昭和記念公園2回目の入れてほしかったです。残ってないのかなー。クラウディハートのシブコウで観た「ジェラシーを微笑みにかえて」もすっごく良かった覚えがあるんですが、横アリの武道館や横アリには無かったんだよなー。とか。そんなこと言ったら切りがないか!

きっと吉川好きならあれもこれも!って記憶に残るパフォーマンスがいっぱいありますよね。CMの映像も入れてーとか。

まだまだ取っておいてる映像リリースのアイデアがあるに違いない!!
  1. 2009/06/07(日) 18:13:09
  2. URL
  3. ha~ha #kwKFAmTI
  4. [ 編集 ]

[title]:YES!アバンギャルド

>ha~haさん

買った方のほとんどは、見たことがある映像だと思います。
私は最近、この映像は何年も見てないな、というのがあり
まして。
まとめて120分連続で見ると、込み上げて来る箇所が
何箇所かありました。
懸命なところかな。体張ってるというか、身も削って
ますよね。

椎野さんはユダで聴いてみますね。(持っているけど
未だにしっかり聴いてなくて)
ハンディカメラで残しておくと良かったかもですね。
今後は残しておいていただきましょ~ぜひ♪

昭和記念公園の2回目ですか?!レアそうだなあ。私も
見たいです。
実は、レコード会社主催で、この映像のメイキングのような
ものがありまして、フィルムコンサートっぽいのが
当時開催されて(レコード店)見た覚えがあります。

CM映像はシャンプーとか、カリフォルニアバー、KDDI
辺りが印象に残ってますね。
シャンプーの香りの記憶もしっかり残ってて、
その香りがしたら、当時の晃司くんを思い出すような気が
してます。

まだ公開してないのとか、たくさんありますよねー。
次回はそちらだったりして?!

アバンギャルドなドラスティック・ツアー。
ちょっと思い出してみようかな。パンフは郷里の家に
置いてあります。何かまた書きたいです。
ha~haさん、ナイスなアイデアをありがとうです。
  1. 2009/06/08(月) 18:46:39
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:Bestな一枚♪

スノちゃんの25年分の感想、ありがとう~!
そんで最近、久々にこのDVDを鑑賞した私~。
大部分のライブを観ていない私は、へぇ~、すごい凄い~!と、とても楽しめるDVDになってた。
全体に声、体現、衣装、髪型の変化、遍歴がこのDVDでわかって面白いな~という一枚!
A-LA-BA・LA-M-BAのタイム・スリップ構成、良くぞ思いついてくれました~☆だよね。
アバンギャルド、私も印象的だったのがあって、
35. BIG SLEEPなんかを観るとある意味、芸術チック。
初期のステージもあの時代のアバンギャルドなものを取り入れてたんだな~と思ってたよ。
BLUE PURPLE REDのカラー・ブロック分けアイディアも良かったし。
それぞれにタイム・スリップする感じが、ハンドベルの音で誘われるのも、良かった。                                            
そこで(ベル音)私的には小松監督と吉川さん出身の広島を感じたな。
25のモニカは-Kicking the Cymbals-に入っててもいいくらいの長さ、短さと思ったのは私だけ?(笑)

オープニングが最高レベルというのは諸々もセッテイングはもちろんだけど、吉川さん自身もアクセル全開で来るもんね♪
私らも、warming upはしてる間はないよ~という感じで。
サバンナの夜&TARZAN・・・オープニングでゾクッって、スノちゃん、わかる~!同じだわ♪
来たー!!って感じのサバンナの夜とゾクッとするカリスマ性を持ったTARZANだよね。
~個人的に好きなシーン~は、観ていないライブで結構あったよー♪
書くとキリがないのだけど、一番はライブび行ってないのに思い出深い31~34でーす♪
では、またね。

  1. 2009/06/10(水) 21:45:27
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:恐れ入ります。。。

>ムーミンさん

いやいや~オンリー晃司くんという方が大勢いらっしゃるので、
私は断片的だと思うし、忘れてることも多くて。
これ、というとそれはね、って語れるファンの方が多いので、
私が知っていることは本当に小さいです。

ムーちゃんにとっては、楽しめる内容だったとのことで、
小松さんの想いの中にきっちり入ってるなあ、と思いました。
BIG SLEEPの辺りは、ステージングが「英国な香り」
がしてるな、って思いました。
今、こういうステージをやってる人がいるのかなあ?
費用も掛ってるし、コンセプトもあれこれ考えて
やってたんだろうなあ、当時。

ベルは広島!
ムーちゃんの気付きにはいつも驚いてます。
さすがだね~~♪

じらす作戦の長さ。
CDだとイントロがやたら長いと、リスナーは
困惑しちゃうらしいんだけど、
ライブは出て来るまでの長さが長い方が高まる
気がしてます。
出るぞ、出るぞ、なかなか出て来ない、っていう
あの感じがね、たまりませんねぇ。

バンドだとすぐ出てきて演奏がダダダッと始まっちゃう
ので、晃司くんの始まり方が特別に思えるのかも。

ムーちゃんのグッとポイント!を知ることができて
嬉しかったです。ありがとうね。
これがここでの特長なのですよん。
ああ、なるほど、そういった部分のこんな風な見方
聴き方があるんだな、っていう発見が楽しく、
面白くて続けています。

DVDはまた何か出そうな気がしてるんだけど、
ライブに行きたくなるよね。





  1. 2009/06/11(木) 11:18:18
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

LIVE archives25:吉川晃司

川があったら遡れ。 俺は眠らないぜ。
「スピリッツとしての「ロック」は絶対に失いたくない。」と言い、
年々、反骨精神が増してるのだそう。

デビュー時から25年間、ずっと見続け、聴き続けて来た人も多い。
また、途中からの人も、復活で再び好きになりました組のみなさんも。
「ライブこそが人生の本番」
と語る晃司くんの25年のライブを120分に凝縮。「ただの寄せ集めにあらず。」と晃司くんが
コメントしていたことも思い出す。
監督:小松壮一郎氏(広島出身、晃司くんと同世代、映像もので何度かご一緒してる)による
ナイスなお仕事が本当に良かった。またぜひ小松さんにお願いしたい。
LIVE archives 25 [DVD]LIVE archives 25 [DVD]
(2009/02/25)
吉川晃司

商品詳細を見る

この中には、「ひたむきな横顔」があった。
そして思う、ピンで真ん中に立つことの凄さを。
お客さんのエネルギーを全部受け止められる人がここに立てる。
包み込む力を持っている人こそが、ここに立てる。大きなステージが本当によく似合うひと。

吉川晃司、デビュー25周年ライブベストDVDをご一緒にどうぞ。<続きを読む↓↓>

長谷川誠さんが素敵なライナー・ノーツを寄せてくださっているので、ここでは見どころや感想を
中心に記すことにしようと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一番感じたのは、「声」と「表現」の変化。どんどん深まって行く「人として」の晃司くん。

晃司くん、次は何をやってくれるんだろう?
ハラハラするというよりは、微笑んでしまうような期待の方がいつも勝っていた気がする。

晃司くんは、この映像を制作する過程において、「絵・映像」よりも「音」に重きを置きたかったそう。

2.「A-LA-BA・LA-M-BA」・・・同一曲を、各年代・ツアーのパターンを使って繋ぐ。
会場も音量レベルもバランスも全部違うものを調整して1曲の映像に仕上げた。

サポートしているバンドメンバーは、いろいろな方が関わって来たということも、この1曲で楽しむ。

「愛してるぜ~~!!」の連続・連発シーンはユニーク。
カッコいいというよりは、見ている方が感じる愛しさ、茶目っ気も含めて、
愛すべき晃司くんの姿がこれでもか、と連続して出て来る。
もちろん、観客、ファンのみなさんに向けての「愛してるぜ」であり、「今、ここを愛してるぜ」
というのがある。私が見ている限りでは、「愛してるぜ~~」は、
「脳内麻薬」が豊富に出た時に出て来る言葉だと思ってる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろいろなミュージシャン、バンドのライブへ行くのだけれど、
晃司くんはオープニングが最高レベル。ここは本当に誇れること。
晃司くんのファンでよかった、嬉しい、という最高の瞬間を、アタマ(トップ)に持って来ている点。
記憶に印象付けることは確かで、この映像を観ているとそれが全部記憶から引っ張り出されて行く。

じらし作戦も喜びだし、幕やライト、ステージセットも吉川晃司仕様。
バリライトを早くから導入したり、照明日本一スタッフを起用したりと、ステージでの
晃司くんをよりよく魅せる工夫を長く続けて来た結果もまた25年という歳月。

5.「サバンナの夜」&6.「TARZAN」・・・オープニングでゾクッとする。何度も映像でも生でも
見てるはずなのに、毎回ゾクゾクすることが不思議。

20.「広島時代・アマチュアバンド時代の映像」・・・とても貴重なデビュー前@広島見真講堂での
場面。テレながら晃司くんの初々しい姿と声でMCシーン。
かわいい~~なんて、思わず女性ファンに言われちゃいそうな貴重なシーン。
みんなにあるように、晃司くんにも10代の若さがある。
それを映像で見ることによって、私たちも共に来た時間の流れを感じつつ、ここにいるんだ、と
実感する。

髪型や服装・衣装、そして曲、スタイルにもそれぞれの時代を感じた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~体が勝手に動く。~

シンバル・キック、バック転の連続シーン。名物であり、体を使った表現の数々。
他でやってる人がこの世代ではいないことも晃司くんオンリーなもの。
本当は高いところが苦手な人なのに、PAによじ登って歌ったりしてた。
勢いや脳内麻薬、オーディエンスの熱がそうさせるんだろう。
もっともっとついて行きたくなるね、晃司くんに。

~個人的に好きなシーン~

31.サヨナラは8月のララバイ・・・昭和記念公園での野外ライブ。万単位で多くのファンが
集まった「JAPAN TOUR」。レーザー・ディスクで持ってるんだけど、今は見ることができない。
ジックさんこと、うじきつよしサンが参加してくれたツアー。

44.Lunatic LUNACY・・・登場するところが特に。衣装はこれくらいのハデさが晃司くんには
合ってて、全然服に負けていないところ。

今見ると、ちょっと力が入ってる(力みがある)かなとも思えるけれど、当時は当時で相当カッコ
良かったのだ。
レニー・クラビッツ?羽根のブラック・ロング・ストール?、キラキラ・スパンコールっぽいところに、
ストライプ状にシースルーなパンツ。これを履いて似合う人は、日本では晃司くんだけかも。
こういうショット、実は好きです。
現在、晃司くんを除いて、こういう人がいない。
吉川晃司以外、不在。

51.FANTASIA・・・こちらのツアーは生で体験しているけれど、やはりソロ第2期の1枚、2枚目は
力が入ってる。声にも動きにも、血液が逆流してるかのような熱さが出てる。
赤いトレンチ・コートと大きなサングラス。今思うとアクションも大きい。
原田喧太くんもハードロック・ギタリストな面がバリバリ出てる。
髪型もアクションも、ギターの音も、全部。
真ん中さんが激しければ、そりゃ一緒に熱くなるぜ! ねっ、喧太くん。
このDVDを通して何度も観た上で思ったこと。
喧太くんが多くのステージを支えてくれてたことにも感謝。今後も機会がある毎に、晃司くんと
一緒の華のあるステージがまた観たいな。

55.Purple Pain・・・いつも幕を使った演出にはドキドキの緊張感があって好きだ。
バンドもよい。

62.パピルス・・・「新しいことをやっていたい」という意志の表れ。マイク、手、衣装、視線の
移動、感情の波を表現することの素晴らしさ。

67.FLASHBACK・・・HOT ROD MAN TOURは良かった。ライブ映像も好きで上位に入る。
幕の上がるところ、風を起こして向かって行くところ。リプリーズで幕が閉じて行くステージ。
今思うと、これぞ「吉川晃司!」というのが出てたツアーだったように思う。
後から分かること、気付くことも楽しい。

足と手と声と目。
表現力の凄さの変化は、ここに出やすい。

俺は眠らないぜ
で、終わっているのが次へ意味を持たせてる。

:::MUSICIANS (敬称略):::

稲葉智 うじきつよし 吉田光 原田喧太 窪田晴男 ブラボー小松 広瀬さとしJIMMY
内藤幸也 石垣愛 弥吉淳二 菊池英昭 アベフトシ

笠原敏幸 後藤次利 吉田健 山本秀文 太田要 浅田猛 小池ヒロミチ 堀内和史EBI
坂井紅介 CHIROLYN JOE

MAKOTO KOBAYASHI 椎野恭一 古田たかし 池畑潤二 矢壁篤信 上領亘
酒井麿 村上ポンタ秀一 そうる透 坂東慧 SATOKO

山崎透 奈良部匠平 ホッピー神山 矢代恒彦

HIDEKI MATSUTAKE MASAO KANZAKI 桑島幻矢 吉村龍太

STEVE ETO   DISCO TWINS 岡村美央 山下洋輔

ほか、たくさんのゲストミュージシャンのみなさま。シーンには登場しなかった方も
いらっしゃいます。例えば、瀧川一郎さん。
瀧川さんのシーンは、こちらでどうぞ。この武道館もセットや照明も含めて好きなライブです。
KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN【通常盤】 [DVD]KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN【通常盤】 [DVD]
(2007/01/17)
吉川晃司

商品詳細を見る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさんの好きなシーン、曲もぜひ教えてくださいね。
思い出や、曲、晃司くんにまつわるエピソードなど、個人的な思い入れも大歓迎です!!
長い間、こちらをずっと読んでいてくれてる方も多いので、よろしければコメント欄からどうぞ。
お待ちしております。気後れしちゃうんです、という方は非公開で送ってくださっても構いません。
関連記事

コメント

[title]:もう1発やろうぜっ!

58「せつなさを殺せない」

ナルナルな吉川に萌え萌え(笑)
今やられたら気持ち悪いかも(笑)
いや、でも・・・挑戦してほしいかも!?

67「FLASHBACK」

これはホントに全部をDVD化して欲しい。
ユニに移籍したんだし可能性アリかな?

これはやっぱ風だよね。
自分で服をパタパタ揺らして真似したもんな(笑)
  1. 2009/06/05(金) 23:09:34
  2. URL
  3. まさる #-
  4. [ 編集 ]

[title]:1発で、よかですか?

>まーくん

なるなるくんな、晃司くん。(笑)
この頃、「もう1発やろうか~?」という言い方に
アダルトな香りがしてるんだけど、
もれなく晃司くんのウインク付き!
茶目っ気とでも言いましょうか。
今だと、どう言うのかな?

67番。私もDVD化希望!!
要望は出した方がいいよね。
「ロミオの嘆き」も、ファンの声から
リクエストが上がってたみたいだものね。
(評判がいい、という情報ソースは一体
どこから取っていらっしゃるのかしら???)

作ってくださいスタッフの方!!
声は大きく、届け、届け~~。
風だよねー。大きな扇風機かしら?
まーくんはマネしてたんだな(笑)
私もマネしたいな~。
♪走り出せよ~ ジャングルへ

牙をむけ!みたいなところがいいのよね。
吠えてみろ!みたいな、あの感じがたまらんよねっ♪
  1. 2009/06/06(土) 19:37:04
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:先生!絞れませんっ!

まぁ最近のは記憶が新しいのでおいといて、
やはりコンプ前の映像はどれも懐かしさ半分新鮮さ半分で、
毎回魅入っちゃってますな♪
ただ当時のMCは、観てるこっちが照れちゃうけどね(*≧m≦*)ププッ

「愛してるぜ!」や「シンバルキック集」は、納得の編集。
でも個人的には「バク転集」を入れて欲しかったね~

今ね、同級生の友人に布教し始めたとこ。
先日はアルバム「TARZAN」貸したから、
今度はこのDVDを貸してみることにする。
経過は追って連絡します(笑)
  1. 2009/06/07(日) 01:02:53
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:愛してる!と叫んだ人が当時わんさか。

>かめちゃん

先生!(←かめちゃんのことです。)
晃司くんはマジメなところがあったんですねー。
会場から、「アイシテル!!」って声が毎回飛んで
いたんだろうなあ、なんて。(記憶にあるような。。。)
デビュー時のコンサートの雰囲気、思い出してたよ。
きゃーーーっ!!!!!って黄色い声が多かったな、って。

途中から段々「キッカワー」「コウジー」って
男子の声が入るようになって来て、今は半分くらい
かなあ、男女比率。

これでもかっ、と集めてると、おぉ~と
連続技を眺めてるかのような感覚になるよね。

同級生にオススメしたのはいいかも!
気に入ってもらえたならば、一緒にライブに行けるねー。
経過はぜひ報告してねん。待ってます。

40代の晃司くんは深みが増してるから、
男性から見たら、なかなかオモロイ、カッコいい
人に見えると思うなあ。
健闘を祈ってるよ♪
  1. 2009/06/07(日) 10:29:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:ほぼ全部...

見覚えがある...というか吉川ファンならみんな持ってる映像記録を見事に繋ぎ合わせて、改めて楽しめる映像にしてくれましたよね。

自分はdrastic modern time tourが初参加だったんですが、やっぱり懐かしいし、今観ても、ありゃすごいアバンギャルドでロックですよねぇ。今やってるLiveにも負けず劣らずな気負いが見て取れる。笠原さんや椎野さんも今ではオーガニックでナチュラルな音楽なのに、びっくりするぐらい違って楽しいですわー。

しかし...吉川氏のスタッフにはもうひとつアイデアが足らんというか、毎回ツアーでハンディで映像残しておくくらいの事してくれてもいいのになーって思います。少なくてもツアーでfinal以外の最初とか中盤とかハンディで残しておけたらこういう時にも観たことがない映像を入れられるのに。このDVDの最後、この前の代々木の映像が入っててとても嬉しかったし。そういうのあったらいいのになー。

自分は昭和記念公園2回目の入れてほしかったです。残ってないのかなー。クラウディハートのシブコウで観た「ジェラシーを微笑みにかえて」もすっごく良かった覚えがあるんですが、横アリの武道館や横アリには無かったんだよなー。とか。そんなこと言ったら切りがないか!

きっと吉川好きならあれもこれも!って記憶に残るパフォーマンスがいっぱいありますよね。CMの映像も入れてーとか。

まだまだ取っておいてる映像リリースのアイデアがあるに違いない!!
  1. 2009/06/07(日) 18:13:09
  2. URL
  3. ha~ha #kwKFAmTI
  4. [ 編集 ]

[title]:YES!アバンギャルド

>ha~haさん

買った方のほとんどは、見たことがある映像だと思います。
私は最近、この映像は何年も見てないな、というのがあり
まして。
まとめて120分連続で見ると、込み上げて来る箇所が
何箇所かありました。
懸命なところかな。体張ってるというか、身も削って
ますよね。

椎野さんはユダで聴いてみますね。(持っているけど
未だにしっかり聴いてなくて)
ハンディカメラで残しておくと良かったかもですね。
今後は残しておいていただきましょ~ぜひ♪

昭和記念公園の2回目ですか?!レアそうだなあ。私も
見たいです。
実は、レコード会社主催で、この映像のメイキングのような
ものがありまして、フィルムコンサートっぽいのが
当時開催されて(レコード店)見た覚えがあります。

CM映像はシャンプーとか、カリフォルニアバー、KDDI
辺りが印象に残ってますね。
シャンプーの香りの記憶もしっかり残ってて、
その香りがしたら、当時の晃司くんを思い出すような気が
してます。

まだ公開してないのとか、たくさんありますよねー。
次回はそちらだったりして?!

アバンギャルドなドラスティック・ツアー。
ちょっと思い出してみようかな。パンフは郷里の家に
置いてあります。何かまた書きたいです。
ha~haさん、ナイスなアイデアをありがとうです。
  1. 2009/06/08(月) 18:46:39
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:Bestな一枚♪

スノちゃんの25年分の感想、ありがとう~!
そんで最近、久々にこのDVDを鑑賞した私~。
大部分のライブを観ていない私は、へぇ~、すごい凄い~!と、とても楽しめるDVDになってた。
全体に声、体現、衣装、髪型の変化、遍歴がこのDVDでわかって面白いな~という一枚!
A-LA-BA・LA-M-BAのタイム・スリップ構成、良くぞ思いついてくれました~☆だよね。
アバンギャルド、私も印象的だったのがあって、
35. BIG SLEEPなんかを観るとある意味、芸術チック。
初期のステージもあの時代のアバンギャルドなものを取り入れてたんだな~と思ってたよ。
BLUE PURPLE REDのカラー・ブロック分けアイディアも良かったし。
それぞれにタイム・スリップする感じが、ハンドベルの音で誘われるのも、良かった。                                            
そこで(ベル音)私的には小松監督と吉川さん出身の広島を感じたな。
25のモニカは-Kicking the Cymbals-に入っててもいいくらいの長さ、短さと思ったのは私だけ?(笑)

オープニングが最高レベルというのは諸々もセッテイングはもちろんだけど、吉川さん自身もアクセル全開で来るもんね♪
私らも、warming upはしてる間はないよ~という感じで。
サバンナの夜&TARZAN・・・オープニングでゾクッって、スノちゃん、わかる~!同じだわ♪
来たー!!って感じのサバンナの夜とゾクッとするカリスマ性を持ったTARZANだよね。
~個人的に好きなシーン~は、観ていないライブで結構あったよー♪
書くとキリがないのだけど、一番はライブび行ってないのに思い出深い31~34でーす♪
では、またね。

  1. 2009/06/10(水) 21:45:27
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:恐れ入ります。。。

>ムーミンさん

いやいや~オンリー晃司くんという方が大勢いらっしゃるので、
私は断片的だと思うし、忘れてることも多くて。
これ、というとそれはね、って語れるファンの方が多いので、
私が知っていることは本当に小さいです。

ムーちゃんにとっては、楽しめる内容だったとのことで、
小松さんの想いの中にきっちり入ってるなあ、と思いました。
BIG SLEEPの辺りは、ステージングが「英国な香り」
がしてるな、って思いました。
今、こういうステージをやってる人がいるのかなあ?
費用も掛ってるし、コンセプトもあれこれ考えて
やってたんだろうなあ、当時。

ベルは広島!
ムーちゃんの気付きにはいつも驚いてます。
さすがだね~~♪

じらす作戦の長さ。
CDだとイントロがやたら長いと、リスナーは
困惑しちゃうらしいんだけど、
ライブは出て来るまでの長さが長い方が高まる
気がしてます。
出るぞ、出るぞ、なかなか出て来ない、っていう
あの感じがね、たまりませんねぇ。

バンドだとすぐ出てきて演奏がダダダッと始まっちゃう
ので、晃司くんの始まり方が特別に思えるのかも。

ムーちゃんのグッとポイント!を知ることができて
嬉しかったです。ありがとうね。
これがここでの特長なのですよん。
ああ、なるほど、そういった部分のこんな風な見方
聴き方があるんだな、っていう発見が楽しく、
面白くて続けています。

DVDはまた何か出そうな気がしてるんだけど、
ライブに行きたくなるよね。





  1. 2009/06/11(木) 11:18:18
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
おかげさまで2005年開設
11年となりました。
現在更新は休止中ですが、
再開準備を進めております。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。