スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

中島卓偉<Stardust Vox>和田唱Works

2008年。中島卓偉くんの<Stardust Vox>というアルバムのRecで、
トライセラトップスの和田唱くんが2曲ゲスト参加したのを覚えてますか?
きっかけなど、詳細な記事はコチラ。

和田さんソロでのソトシゴト・シリーズ。
STARDUST VOXSTARDUST VOX
(2008/07/23)
中島卓偉

商品詳細を見る

トライセラの和田さんは、「真夜中のパラノイア」と「 DANCING STARDUST」の2曲でゲスト参加。
ギター担当。

「真夜中のパラノイア」・・・ハード・ロッキンな卓偉くんのヴォーカル、曲。
和田さんの弾いてるところは、ワウを使ってるところ。
アウトロもかなり弾きまくってるね。エキサイティング!!
現場の空気はどうだったのかしら?
ギター・サウンドはハードなのだけど、これまでに無かった、ちょっと意外な
和田さんのギター・サウンドという感じ。
オケに乗っけて3時間以内で2曲Recしたのだそう。
何テイクか録って、好きなのを使ってね!というソトシゴトだった様子。

「 DANCING STARDUST」・・・こちらも歪みありのギター・サウンド。実際はそんなに歪ませて
ないのだそうで。
音、かなりジャキジャキしてるよね。
星屑だからかな??
ギターは和田さんのgibson LPカスタムを使ってるみたいなので、アンプも関係ありそうだなあ。
こちらは、ニュアンス、フレーズ、メロディが和田さんだね、ってすぐ分かる。
(ソトシゴトの良さは、コレ!!とすぐ分かるギターにあり。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卓偉くんですが、アルバム・レビューを読んだところ、これまでに、
Stevie Salas、Matt Sorum、森重樹一、屋敷豪太、古市コータロー、いまみちともたか、
そしてトライセラの和田さんが参加。
個人的には、Stevie Salasも聴いてる私にとって、繋がりも気になる。
森重さんと古市コータローさんのことも。
プロデューサーは佐橋佳幸さんが担当していたりする。

今回、和田さんが参加したことがきっかけとなり、初めて卓偉くんのアルバム、曲、声を聴いてみた。
お顔や雰囲気からイメージしていたヴォーカルとは全然違っていて、見事に私の想像を
超えていました。Nice!なWorksです。聴いてても楽しかったな。
現場の雰囲気はエキサイティングだったんだろうなあ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。