Sound Effect考察しつつ。今日の3枚  

CDアルバムの曲に入っている様々な効果音、Sound Effectについて考えてみた。

きっかけは、トライセラの和田さんのブログ<和田唱日記>で、お題・第2弾「マイケル編その2」を
書いていたことから。
制作サイドの意図、思惑はそれぞれで、明かされることもたまにはあるけど、
結局はリスナーに委ねられている部分が大きいのでは?と思う。

和田さんとも全然関係なくないよ、佐野さん(元春)。
「テーブル挟んで カプチーノはロックだと思うよ」の佐野さん。

「Diary‐Studio days making of “Fruits”(レコーディング日誌)」 (SPOKEN WORDS)
↑この本の中で、佐野さんが効果音のことについて触れているので、一部引用(抜粋)します。

「経験の唄」

この曲には、信じられないくらいの効果音を多く入れた。
爆発音、波の音、ジェット戦闘機が飛び去ってゆく音、夏の子どもたちがプールサイドで遊ぶ音。
それぞれにすべて理由があり、僕の中では完結している。
言葉と効果音を響き合わせることによって、幸福なイメージにも、不吉なイメージにも
転ばせることができる。
相反するふたつのイメージが、交代交代に顔をのぞかせるように仕上げた。
(リスナーの)想像力に寄りかからせてもらうことにしよう。
僕のたわいのない、こんな小さな工夫が、ポップ音楽を聴く時の楽しみだと言ってくれる人の
耳に届くといいな。
                    
                                     by:佐野元春
フルーツフルーツ
(1996/07/01)
佐野元春

商品詳細を見る

制作サイドからの思いは、佐野さんに限らず理由があるから入れるのでしょう。

          やっぱり、音楽を聴く時に、先入観は邪魔だね。←今日の結論。         

*追記の後日談:和田さんちで見解合わせ。私はアルバム<HISTORY>で聴いてた。
文章を読むとそのSEの部分、長いみたいだよね。私の聴いたのとはVer.違いかも。
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TRICERATOPSTRICERATOPS
(1998/03/21)
TRICERATOPS

商品詳細を見る

久々に聴いた1stアルバム。初々しい。
この頃は、ほぼLPで弾いてるそうで、音もかなり歪んでるけど、1stは名盤!と答えてる人の
なんと多いこと。
上記、佐野さんが「ラズベリー」を褒めたことで有名になった。97 THIS!にて。
よーく考えたら、私はまだこのアルバム紹介をちゃんとしてなかったかも。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sacred Hills~聖なる丘~Sacred Hills~聖なる丘~
(2002/09/25)
Char

商品詳細を見る

トライセラとCharの長男くんことジェシーくんはデビュー、出発が同期。
時々イヴェントで一緒になることがあって、よく一緒に写真撮ったりしてるよね。
あっくん(金子さんちのね。)とお手紙交換したりとか。

過去に、Charともラジオでビートルズ・セッション、ジミヘン・セッションをしてるトライセラ。
Charのこのアルバムは紹介済で、ホントよく聴いてるアルバムです。
スラップ・マイ・ハンドスラップ・マイ・ハンド
(2008/05/21)
ジム・コープリー・アンド・フレンズ

商品詳細を見る

↑こちらも聴いてます。

BAHOのライブも3月に行く予定なので、BAHOもしっかり聴いてから現地へgo!します。

今日、ちょっと元気が無くなりかけましたが、気を取り直しました。立ち上がるスピードが速く
なった気がする。
どうにかならないのかな、と思うことは、なかなか変わらない。
いつになったら安堵の日が来るのか?なんて考えたらキリがないんだもの。
その前にココロを変えよう。そうしよう。すぐに結果は出ないけど、
今を行け~(往け)!!・・・ですね。
関連記事

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。