スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

DRASTIC FANTASTIC!

KT TUNSTALL(KTタンストール)の1stアルバムはここでも随分前に紹介済。
Eye to the TelescopeEye to the Telescope
(2005/01/10)
KT Tunstall

商品詳細を見る

ブレイクする少し前くらいだったと思うけど、スカパーでたまたま「Suddenly I See 」のPVを観た。
アコギを持ってて、曲がカッコよかったので、メモして新潟のヴァージン・メガで輸入盤を買った
のがきっかけ。
この1stを作っていた頃、KTはキャロル・キングの「つづれおり」を聴いていたのだとか。
つづれおりつづれおり
(2004/04/21)
キャロル・キング

商品詳細を見る


2006年、FUJI ROCKに登場。その前後からかな?日本でも、映画『プラダを着た悪魔』の
オープニング曲に起用されて、知名度がググッと上がる。

ボニー・レイットの曲と声質好きな私にとって、ギターを持って歌ってるKTタンストールに
一聴惚れしたのは、音楽的に響きが近いからかな、っていう気がした。
MySpaceのプロフィールによると、実際はエラ・フィッツジェラルド、デヴィッド・ボウイに影響を
受けているようだ。
他には、ジョニ・ミッチェルが好きだった時もあったとのこと。
ドラスティック・ファンタスティックドラスティック・ファンタスティック
(2007/09/05)
ケイティー・タンストール

商品詳細を見る

日本先行発売だったように記憶しているのだけど、CDショップで視聴した時は何故か買わずに、
他のCDを買って帰った記憶が。

気になってはいたし、Kaki Kingなど、ここ最近アコースティックのSSWをいろいろ聴いていたら、
思い出したかのように突然聴きたくなったので、聴いてみた。
背景にブルーズ、フォークがあるので、響きで気に入ったのだと思う。
歌いっぷりが声質との相乗効果で、スッキリしているところも魅力。

声のほか、いいのはギターのリズム。メロディがいい人もgood!なのだけど、
アコギは私の場合、意外にも、リズムと響き重視。
このアルバムではEgも弾いてるけれど、Ag(アコギ)の方がいいような気がする。

アルバムでは、KTがM-3<WHITE BIRD>でフェンダー・ローズ(Rhodes)を弾いている。
Just!のBingo!かな、今の私には。

このあたりの女性SSWがいいと書いていると、シェリル・クロウも前から好きなの?って時々
言われるのだけど、シェリル・クロウを聴き始めたのは最近。

ボニー・レイット → グレイス・ポッター → スーザン・テデスキ(デレクの奥さま) → Sue Foley
→ シャノン・カーフマン
までは旅してみた。完璧ではないけれど、一通りぐるりと。

*ここならでは、のことを書くとすれば、KTは和田さんと同じ75年生まれの女性SSW。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
おかげさまで2005年開設
11年となりました。
現在更新は休止中ですが、
再開準備を進めております。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。