Rhodes名盤:Marlena Shaw

エレクトリック・ピアノ(エレピ)、フェンダー・ローズとウーリッツァーの旅をしています。
ローズの音色が好きになり、いろいろな音源を聴いてる旅の途中。
ローズ・ピアノは、ロック、ジャズなどジャンルを問わず使われている。

ローズ&ウーリッツァーがいいなと思った直接のきっかけは、
藤井一彦さん。(THE GROOVERS)

今日は、ローズの音がいいね、と言われてるアルバムの中から、マリーナ・ショウを選んでみました。
フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイフー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ
(2006/02/22)
マリーナ・ショウ

商品詳細を見る

ローズの音がいいな、などという前から、このアルバムの存在を知り、聴いてはいたのです。

Jazzギタリスト:小沼ようすけくんオススメの名盤の中に、このアルバムが紹介されていたからで、
ギターの観点から言うと、ラリー・カールトンが参加。
それと、ローズと、マリーナ・ショウのヴォーカルとの絡みかな。

有名な曲は、”Feel like making love”  歌詞や、アルバムのタイトルはちょっと大人チックだけど、
純粋に全部の音楽を聴いてみて、いいなって思えるアルバム。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マリーナ・ショウを聴く前に、小沼ようすけくん自身がカヴァーしてたのを先に聴いていた。
The Three Primary ColorsThe Three Primary Colors
(2004/09/23)
小沼ようすけ

商品詳細を見る
小沼ようすけくんは、ギター・インスト。
ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アスジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス
(2007/10/24)
グレース・マーヤ

商品詳細を見る

次にグレース・マーヤちゃん。こちらもNiceな”Feel like making love”なので、ぜひ!
ようすけくんとマーヤちゃんも繋がりがあるので、両方聴いてみると発見がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フェンダー・ローズの音色って、ホッとさせるのです。
不思議なの、これが。ローズ・ピアノは、癒しの音色だったらしい。秘密はそこにあり。

・・・・・ 今後も引き続き、Fender Rhodes&Wurlitzerの旅は続きます。・・・・・
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/819-b7874d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物