スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:Re: <LAZY FELLOW>藤井一彦

久方ぶりにございます!
でけた、でけた と 美人の日本語(スノちゃん読んだ?^o^) と MOON RIVER に
反応した私です。
いいアルバムがでけたのね(^o^)y
日本語の表現と美しさの中には、普段言葉にして使ってる、知ってる以上のたくさんの意味があることを教えてもらいました。
漢字一文字にしても、古来から伝来した意味が変化して現代に使われていたりして。
言葉に色気があるんだよね。

藤井さんの歌詞で、ドキッとする歌詞がある。(これは色気のみじゃなくね)
短い歌詞の中で言い放ってることが、言い得てる感じにドキッさせられるな~。
それから、武骨な精神があってイイよね!

(MOON RIVER女性ボーカリストのものを送りますからね!
ずっとずっと前からの・・・約束、押せ押せになってごめんね。)


  1. 2008/11/24(月) 00:50:06
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:言葉にも意識は置いてると思います。 <LAZY FELLOW>

>ムーミンさん

ムーちゃんご無沙汰しています。ずーっと気になっていたの。
お身体大丈夫かしら・・・?とか。
お元気そうで、何より。またここで会えて嬉しいです。

ナイスなアルバムがでけたのでございます。
言葉の意味はとても深いので、感じ方はおそらくリスナー数
ほどはあると思います。
想像力を、って私が書くのはそこなんだよね。

ファンの方がここを閲覧してくださってるのは把握していてるんだけれど、
コメントまではなかなか。。。ね。
そんな中、ムーちゃんから、美しい日本語、「Moon River」に反応して
もらえたことが、とーっても嬉しかったよ。ありがとうね!

日本語は面白いよね。形を変えていくし、人によっても
受け止め方が違うし、文字だけなのと話し言葉でも印象が違う
ことがあるものね。
歌になると、また違ったものになり、良いよね。

Moon Riverも本当は、日本語訳で出す予定だった
そうなんだけど、許可がいろいろで英語詞で歌っています。

意外な一面も見られた(聴けた)気がしてます。
一彦さんからCloverっていうタイトルとか。
クローバーを書きたくなる環境とかいろいろ、年齢的にも
20代じゃ書けなかったこととかも歌えるだろうから、
このアルバムは形になって、とても良かったと思っています。
アルバムにしていただけて、嬉しかったのです。

ドキッ、とする感覚は常に必要ですね。
その正体は何?って私たちも知りたいね。
  1. 2008/11/25(火) 00:26:37
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: <LAZY FELLOW>藤井一彦

MOON RIVERを日本語で!とのこと・・・すばらしい!どんな訳詞になるか聴いてみたかったね。
実現せずに残念だったけど、その発想だけでもスゴイ!
映画でヘップバーンが窓辺でギターを(ウクレレだったかも。。。忘れた)弾きながら歌うシーンがあるから、
そのイメージ上から許可が下りなかったとか・・・?なんて思いました。

沈黙については、どちらも・・・と言うスノちゃん同様に、私個人的にも両方ありますよ。
沈黙をどう感じるか、捉えるか。沈黙の理由と状況は色々あって一概には言えないし、深いよね。
だから、語ったら長くなるかも(笑)

クローバー♪かわいらしいタイトル(^-^)
でも、今回は ”妖艶な月” ”夜風の衣擦れ” って、その表現だけ切り取ると、
まるで源氏物語の世界?みたいだな。なぁ~んて思いましたが、如何に?
今度、聴いてみますね!
今度といえば、今度(笑)Liveにも是非、出掛けてみたいと思います!
今作アルバムは、バンドではなくソロということで、違ったアプローチにもなったアルバムになったのかな?
藤井さん、THE GROOVERSのファンのみなさんは、シャイ?!みなさんのお話し・ご意見も伺ってみたいですよね♪

(そしてスノちゃん、お気遣いをいつもどうもありがとう!元気にしてますよっ!
 スノちゃんとネット上の魂(笑)に感謝して☆)




  1. 2008/11/25(火) 14:53:30
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:源氏物語のイメージもあり。

>ムーちゃん

Moon Riverは、一彦さん訳詞で、普段はライブでも
時々歌ってるみたいなのですよ。(私もまだ聴いてないのです。)
沈黙と言葉にしなければ、っていうのはどちらか選択してる
時があるよね。状況判断だったりして。語り出すと、夜が明け
そうだね。(笑)

そう、源氏物語が浮かんだところ、一緒だね!
妖艶な月と言えば、イメージしちゃうね。
映画や本からのインスパイアかもしれないし、
何だろう?で終わらせないで考えてみると、どんどん
広がっていくから面白いね。

実はね、何年か前までは、
「バンド体質なので、ソロを出そうと思ったことは無い」
ってインタビューで答えてたのです。
数年前からソロで弾き語りを始めて、アルバムを
出したくなるというか、曲も増えてくるし、
アルバムの形にしていただけると、ファンは嬉しい。
気持の変化は大いにあっていいんじゃないかと
思うの。
いつでも聴けるアルバムという形が世に出て残る、って
いいなあって思うんだよね。

私は出してほしい派なので、とーっても嬉しかったの。

ファンの方のコメントも頂きたいところだけれど、
記事が少ないし、内容がまだ足りてない(掘り下げ度とか)
部分があるからだと自覚してるので、今後意欲が続く
限りはまだ書いて行く予定です。
新しくファンになった人とか、もしここを見つけてくれたら
嬉しいものねっ。


  1. 2008/11/26(水) 23:30:46
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/795-c1a739c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<LAZY FELLOW>藤井一彦

11月4日リリースになった、藤井一彦さん(THE GROOVERS )初のソロ・アルバム
<LAZY FELLOW>を聴いています。
MEDIUM_IMAGE_FILE_URL.jpg
しばらくの間、オーディオで聴いてみたところ、なんてリアルな音なんでしょう!
すぐそこで一彦さんが歌ってるみたい。

ソロ・弾き語りスタイルで、これまでライブも行って来て、1枚のアルバムとして形になったのが
<LAZY FELLOW>。距離で言えば、”近さ”を感じるアルバム。   

聴く前に想像していたアルバムのイメージは、「声とギター」。

実際に手にして、聴いてみてからは、どんどんいろんな想いが広がって来ているのだけれど、
アルバムの写真のイメージとリンクしてる。レンブラント光線と、光がさす方向へ。

夕日、夕暮れ~夜が来て~朝日を迎える  その少し手前で終わってる気がする。
そして、その続きがあるんじゃないのかな?っていうのを感じます。

でけた、でけた!と、できたばかりなのに、次?もちろん、私はその先を望んでいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
工夫されたサウンド面にも気づく。

span style="color:#0000ff">1.HELLO LAZY FELLOW
<LAZY FELOW>に、敢えて<HELLO>が付いている。

表現がとても良くて、深い。文としてよりも、歌えばそれは増すもの。
例えば、「レンブラントの光と影」・・・美術館でちゃんと見てみたくなった。

”光と影”からも感じる、一彦さんの”明暗対比表現”の巧さ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
言葉にした瞬間に醒めてしまいそうで
沈黙の枝にぶら下がる男

言葉にしなければ何の意味も無いことを
本能的に知っている女
                  ~HELLO LAZY FELLOWより引用~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の場合は、どちらも持ち合わせている。

M-1とM-8は、中間管理職の人たち、真ん中世代の人たちが浮かんだ。

気の抜けた午後、なんの打開策も思いつかない、下方修正、気が重い・・・

書いてある言葉、歌っていることは、抜き出して羅列すると、隣に、周りにいる同世代の人たちの顔が浮かぶ。

これから、は続く。  受け入れるということかな・・・  それでも、と。

2.確信犯的ストレイ・シープ
M-1よりも、ややギターが前に出てる。エレクトリックでも表現できそうな曲なんだけど、
確信犯的ストレイ・シープと、歌っているところはアコースティックだからこそ、
よりよく聴こえてる部分かな。
カッティングでグルーヴを作るというのが、一彦さんのギター・スタイルの1つだとしたら、
アコギで表現するとこうなるよ、という曲。

全体的に、まーくん(Martin)のボディをパーカッシヴに弾いてるところも聴きどころ。

3.憂国の口笛
私には、どうしても浮かぶ”広島”。 そして、この国。
路面電車は世界でも、日本でも割とどこでもある風景なのだけど。

心の刀 民の誇り
これが、もう無い、ということだよね。
8月に観た、あるモノクロ映画のシーンが浮かぶ。

サウンド面。私のイメージでは、Zepの”天国への階段”。
ここでもレンブラント光線がアタマの中で浮かぶ。あらゆるイメージをさせる力を持つ曲。

4.今を行け

過去は遠い幻
脈打つ今=今、ここに生きてること

次なる地平が  ”ほら”で示す。

惑わされずに、今を行け  と受け止めた。

この曲は、アルバム<Modern Boogie Syndicate>に入っている、”迷うくらいなら”と、
歌ってることの根底にあるものが同じ。

ブレてない。

普段思っていることを、形を変えて見てるのかもしれない。
どこにも書かれていないけど、推し量るとしたら、そういうこと。

まーくん以外に、弦楽器(カントリー系)を使ってるように聴こえる。実際は?

5.ウェイティング・マン
この曲を入れたのは、<ウェイティング・マン>だから?
パーカッションが入ってて、ループっぽいのだけど、面白い試みで、思わずニコッとなった。

6.MOON RIVER
説明不要のカヴァー。
私の推測では、この曲はピック不要。フィンガー・スタイルかな、と思う。音が柔らかいから。

一彦さんの弾き方に、ピン!と来るところがあった。
日本でもインストでカヴァーしてるギタリスト(Jazz系、Duo系)がいる。
スタンダード・ナンバー。

7.clover
発売前に、曲のタイトルリストを見た時、”クローバー”ってどんな曲なんだろう?って思っていた。

Beutifulな日本語。美しい日本語。美人の日本語。

静けさが無いと感じない、出て来ない言葉  ”妖艶な月” ”夜風の衣擦れ”
この二行で、想像がいっぱいできるでしょう。←あまり深くは言えないけど。

ハモってる部分が、滑らかになってて、すぅーっと通って行く風のよう。

8.サムタイム
ときどき血迷い  のところから、音を重ねてあるんだけど、これがとても良かった。
パッと聴いた感じでは、エレピのような音を重ねてるように聴こえるんだけど、
この響きが私にとってはいいな、って思ってたところ。

敢えて言ってみると、

ときどき希望 生きてるのがHappy    ・・・な時もあるのです。

きっとそれも含めてる気がします。
普遍性と共感。
それから。。。
一彦さん自身がこの中にもいますよね?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
All songs written by Kazuhiko Fujii    Except M-6<MOON RIVER>はカヴァー曲。
All Performed & Produced by Kazuhiko Fujii

初回予約特典:藤井一彦さんのオリジナル・ピックが付いてます。カラー:ホワイト。

ギターが弾きたくなるアルバム<LAZY FELLOW>、ということも忘れずに書き添えておきたい。

*個人的な感想なので、こんな風に感じましたという点を書いています。
藤井一彦さんの<LAZY FELLOW>はとても素敵な仕上がりになっています。
可能であれば、ライブを体験してみてくださいね。私もまた行きます。*
関連記事

コメント

[title]:Re: <LAZY FELLOW>藤井一彦

久方ぶりにございます!
でけた、でけた と 美人の日本語(スノちゃん読んだ?^o^) と MOON RIVER に
反応した私です。
いいアルバムがでけたのね(^o^)y
日本語の表現と美しさの中には、普段言葉にして使ってる、知ってる以上のたくさんの意味があることを教えてもらいました。
漢字一文字にしても、古来から伝来した意味が変化して現代に使われていたりして。
言葉に色気があるんだよね。

藤井さんの歌詞で、ドキッとする歌詞がある。(これは色気のみじゃなくね)
短い歌詞の中で言い放ってることが、言い得てる感じにドキッさせられるな~。
それから、武骨な精神があってイイよね!

(MOON RIVER女性ボーカリストのものを送りますからね!
ずっとずっと前からの・・・約束、押せ押せになってごめんね。)


  1. 2008/11/24(月) 00:50:06
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:言葉にも意識は置いてると思います。 <LAZY FELLOW>

>ムーミンさん

ムーちゃんご無沙汰しています。ずーっと気になっていたの。
お身体大丈夫かしら・・・?とか。
お元気そうで、何より。またここで会えて嬉しいです。

ナイスなアルバムがでけたのでございます。
言葉の意味はとても深いので、感じ方はおそらくリスナー数
ほどはあると思います。
想像力を、って私が書くのはそこなんだよね。

ファンの方がここを閲覧してくださってるのは把握していてるんだけれど、
コメントまではなかなか。。。ね。
そんな中、ムーちゃんから、美しい日本語、「Moon River」に反応して
もらえたことが、とーっても嬉しかったよ。ありがとうね!

日本語は面白いよね。形を変えていくし、人によっても
受け止め方が違うし、文字だけなのと話し言葉でも印象が違う
ことがあるものね。
歌になると、また違ったものになり、良いよね。

Moon Riverも本当は、日本語訳で出す予定だった
そうなんだけど、許可がいろいろで英語詞で歌っています。

意外な一面も見られた(聴けた)気がしてます。
一彦さんからCloverっていうタイトルとか。
クローバーを書きたくなる環境とかいろいろ、年齢的にも
20代じゃ書けなかったこととかも歌えるだろうから、
このアルバムは形になって、とても良かったと思っています。
アルバムにしていただけて、嬉しかったのです。

ドキッ、とする感覚は常に必要ですね。
その正体は何?って私たちも知りたいね。
  1. 2008/11/25(火) 00:26:37
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: <LAZY FELLOW>藤井一彦

MOON RIVERを日本語で!とのこと・・・すばらしい!どんな訳詞になるか聴いてみたかったね。
実現せずに残念だったけど、その発想だけでもスゴイ!
映画でヘップバーンが窓辺でギターを(ウクレレだったかも。。。忘れた)弾きながら歌うシーンがあるから、
そのイメージ上から許可が下りなかったとか・・・?なんて思いました。

沈黙については、どちらも・・・と言うスノちゃん同様に、私個人的にも両方ありますよ。
沈黙をどう感じるか、捉えるか。沈黙の理由と状況は色々あって一概には言えないし、深いよね。
だから、語ったら長くなるかも(笑)

クローバー♪かわいらしいタイトル(^-^)
でも、今回は ”妖艶な月” ”夜風の衣擦れ” って、その表現だけ切り取ると、
まるで源氏物語の世界?みたいだな。なぁ~んて思いましたが、如何に?
今度、聴いてみますね!
今度といえば、今度(笑)Liveにも是非、出掛けてみたいと思います!
今作アルバムは、バンドではなくソロということで、違ったアプローチにもなったアルバムになったのかな?
藤井さん、THE GROOVERSのファンのみなさんは、シャイ?!みなさんのお話し・ご意見も伺ってみたいですよね♪

(そしてスノちゃん、お気遣いをいつもどうもありがとう!元気にしてますよっ!
 スノちゃんとネット上の魂(笑)に感謝して☆)




  1. 2008/11/25(火) 14:53:30
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:源氏物語のイメージもあり。

>ムーちゃん

Moon Riverは、一彦さん訳詞で、普段はライブでも
時々歌ってるみたいなのですよ。(私もまだ聴いてないのです。)
沈黙と言葉にしなければ、っていうのはどちらか選択してる
時があるよね。状況判断だったりして。語り出すと、夜が明け
そうだね。(笑)

そう、源氏物語が浮かんだところ、一緒だね!
妖艶な月と言えば、イメージしちゃうね。
映画や本からのインスパイアかもしれないし、
何だろう?で終わらせないで考えてみると、どんどん
広がっていくから面白いね。

実はね、何年か前までは、
「バンド体質なので、ソロを出そうと思ったことは無い」
ってインタビューで答えてたのです。
数年前からソロで弾き語りを始めて、アルバムを
出したくなるというか、曲も増えてくるし、
アルバムの形にしていただけると、ファンは嬉しい。
気持の変化は大いにあっていいんじゃないかと
思うの。
いつでも聴けるアルバムという形が世に出て残る、って
いいなあって思うんだよね。

私は出してほしい派なので、とーっても嬉しかったの。

ファンの方のコメントも頂きたいところだけれど、
記事が少ないし、内容がまだ足りてない(掘り下げ度とか)
部分があるからだと自覚してるので、今後意欲が続く
限りはまだ書いて行く予定です。
新しくファンになった人とか、もしここを見つけてくれたら
嬉しいものねっ。


  1. 2008/11/26(水) 23:30:46
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/795-c1a739c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
おかげさまで2005年開設
11年となりました。
現在更新は休止中ですが、
再開準備を進めております。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。