スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:やっぱりここに…

帰ってくる、よね。

いろんな聴きたい周期があるオレだけど、元春はいつ聴いてもやさしい。
そして勇気づけられる気がするんだな。
高校時代に友人が初期のLP数枚を貸してくれたのがきっかけ。
カセットテープに録音してそれこそ擦り切れるまで聴いたよ。
大学時代、横浜スタジアムで初めて生・元春を体験したときは嬉しさで涙が出た。

旧譜…懐かしさは勿論あるんだけど、と同時に新鮮さもあったり。
ホントにイイ音楽って、耳にする世代ごとに新たな感動を与えてくれると思う。
今までも、そしてこれからもずっと。
元春の言葉と音を楽しみに待ちたいな。
  1. 2008/10/23(木) 23:07:05
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:本もいいけれど、音楽直結はもっといいみたい。

>DPGくん

ハートランドからの手紙は、佐野さんフェイバリットなアーティスト、
ミュージシャンに対する愛が感じられるものなんだけど、
深読みしつつ、かなりの読解力が必要。

語録本は楽しいよー。佐野さんらしい発言、言葉だから、くふふっ、と
笑えるの。
聴いて感じるものが元春には多い気がしません?
(最近、何故か佐野さん、って呼んでます)

”彼女の隣人”がね、何度聴いてもグッと来るよ。
歌詞とメロディがせつない。
このアルバムを最高傑作!って書いてる人が多いよね。
DPGくんも、たくさん聴いたんだね。
私はアルバムを買って、高1で元春のライブ・デビュー。

改めて発見があるところが凄いし、
やっぱり常に何歩も時代先読みだったんだろうね。
佐野さんが、たくさん連れて来てくれた気がしてるの。
山口洋さんもだし、一彦さん、深沼くん、
もっと辿ると晃司くんも和田くんも。

新しいものも、私も楽しみ!そして今度こそはライブに
行きたいなあ。

いつまでも新鮮に感じる部分がある、っていいね!
長く愛されるアルバム、曲、うた、音楽っていいね。
  1. 2008/10/23(木) 23:52:24
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/784-9e767234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すべての始まりは、ここから。

宝箱を開けて、再びここを旅しています。
ブログ用080921 004
もう1回読みたくなったので、何冊かを並行読み中。

佐野さん自身が書いたもの、他の方(ライターさん)の視点で書かれたもの。

なぜここへ旅?っていうのは、佐野さんが原点だということを何度も感じるから。

きっかけは、山口洋さんと佐野さんのポッドキャスト対談を聴いてるうちに、会社から届いた手紙の話
に思うところがあったので。
(iTunesで佐野元春 ”Music United”と検索すると聴けます。)
 続きはコチラ。↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10代前半の頃。アルバム<SOMEDAY>の中の、<Vanity Factory>にピキーーーーン!と
来た。あの衝撃は今も残ってる。
4つ年上の従姉妹がたまたま流してたラジカセからだったんだけど。
SOMEDAY(紙ジャケット仕様)SOMEDAY(紙ジャケット仕様)
(2005/12/21)
佐野元春

商品詳細を見る

数年前にふと気付いたのは、最初のジャーン!っていう、土方さんのギターに反応していたということ。
この曲は、ジュリーこと沢田研二さんがコーラスで参加している。
佐野さんがジュリーに楽曲提供したこともあるし、吉野金次さんとか、コーディネートしてる人が
今に通じてるところもあって。
いつも書いてることだけど、”点と点”がどんどん繋がっていくこの感じが面白くて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The CircleThe Circle
(1993/11/10)
佐野元春

商品詳細を見る
最近よく聴くのが<The Circle>。

この時、佐野さんは37歳。
37歳で<The Circle>のようなアルバムを作ったというのが、今考えても凄い。
リアルタイムで聴いたのが、東京に住んでいた時で、92年を最後に、地理的に、条件的な理由で
7年半も佐野さんのライブに足を運べず。
CDは買っていて、ずっと聴いてはいた。
その後、熊本でDJ:かなぶんやさんから再び音楽のドアを開いてもらった気がする。

今も佐野さんを観て、聴いてる時の気持ちはあの頃のまま、プラス24年。

そして、あれこれ。遠い国のできごとじゃないんだよね、日々想うこと。
関連記事

コメント

[title]:やっぱりここに…

帰ってくる、よね。

いろんな聴きたい周期があるオレだけど、元春はいつ聴いてもやさしい。
そして勇気づけられる気がするんだな。
高校時代に友人が初期のLP数枚を貸してくれたのがきっかけ。
カセットテープに録音してそれこそ擦り切れるまで聴いたよ。
大学時代、横浜スタジアムで初めて生・元春を体験したときは嬉しさで涙が出た。

旧譜…懐かしさは勿論あるんだけど、と同時に新鮮さもあったり。
ホントにイイ音楽って、耳にする世代ごとに新たな感動を与えてくれると思う。
今までも、そしてこれからもずっと。
元春の言葉と音を楽しみに待ちたいな。
  1. 2008/10/23(木) 23:07:05
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:本もいいけれど、音楽直結はもっといいみたい。

>DPGくん

ハートランドからの手紙は、佐野さんフェイバリットなアーティスト、
ミュージシャンに対する愛が感じられるものなんだけど、
深読みしつつ、かなりの読解力が必要。

語録本は楽しいよー。佐野さんらしい発言、言葉だから、くふふっ、と
笑えるの。
聴いて感じるものが元春には多い気がしません?
(最近、何故か佐野さん、って呼んでます)

”彼女の隣人”がね、何度聴いてもグッと来るよ。
歌詞とメロディがせつない。
このアルバムを最高傑作!って書いてる人が多いよね。
DPGくんも、たくさん聴いたんだね。
私はアルバムを買って、高1で元春のライブ・デビュー。

改めて発見があるところが凄いし、
やっぱり常に何歩も時代先読みだったんだろうね。
佐野さんが、たくさん連れて来てくれた気がしてるの。
山口洋さんもだし、一彦さん、深沼くん、
もっと辿ると晃司くんも和田くんも。

新しいものも、私も楽しみ!そして今度こそはライブに
行きたいなあ。

いつまでも新鮮に感じる部分がある、っていいね!
長く愛されるアルバム、曲、うた、音楽っていいね。
  1. 2008/10/23(木) 23:52:24
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/784-9e767234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。