スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/777-f1a6bba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

語録15・・・風にふるえる夕陽の草原・・・

風にふるえる夕陽の草原

宵闇が沈黙を連れてくる


星降り そそぐ この空さえ

君の笑顔がみたしてく

僕だけの 君で あるのなら


                  ・・・もしも僕が君ならば・・・より引用  Music&Lyrics:吉川晃司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PANDORA(通常)PANDORA(通常)
(2002/08/07)
吉川晃司

商品詳細を見る
このアルバムの最後にも入っているけれど、
元々は「ウインター・グリーティング」というCD+BOOKに収められていた曲。

作ったのは、2001年、長野の浅間山裾野の森の中。

晃司くんは機材をトラックに積み、熊が出るような山の中へ独り合宿80日間

80日間も山の中で独り。
時々猫が遊びに来て、ずいぶん仲良くなったらしい。

ほらほら、やっぱり”ソリチュード”だよね、なんて思ってしまう。

語録としてすくい上げてみたけれど、曲も良くて。
本来のVer.はアコースティックで制作したCD+BOOKの方で、自然の中で作られて、アナログ感たっぷり。

晃司くん談:最終的には生演奏で作り上げるのが今の志向ではあるんだけど(当時2001年)
作曲やアレンジはコンピュータを使ってやってゆくので、
作業のほとんどがモニターと睨めっこになってしまうという、”気持は熱いが作業は結構無機質”な
わけでね。

なかなかシャイだけど、いい奴らだから。


と、出来上がったアコースティックな楽曲たちを紹介している。

シャイ、と自ら話すように、晃司くんが書き上げたこの言葉は、一部抜粋した中でも
日本の心がそこにある。

敢えて「ひらがな」で書いてみたり、風にふるえる夕陽の草原は「君」 のことかな、とか。

晃司くんはレンゲソウのような、という理想の人が奥底にいる。

質問にこう書いてある。
好きな女性の仕種とは?という内容で、

わかりやすい「色気」をまったく出さない人がいい。
「生い立ちな仕種」「ひたむきな横顔」


これを読んで、いいなって素直に思ってしまった。
同じことが男性にも言えるし、当てはまる。私も人の「ひたむきな横顔」っていいなと思う。

理想的な人間性のことを言ってるのかも。
奥ゆかしさ。それと私には「ひたむきな横顔」のイメージは、おかあさんだよね。。。。なんて。

わかりやすい、、、のところは、”僕だけの君”であってほしいという部分だよね、とか。
本来は内面から出るものだと思うので、
「誰にでもわかるものは、案外薄っぺらいものなんだよ」
って晃司くんが言ってたな、なんて思い出した。
物事の本質。それには、見抜く力が必要。

このCDを聴いていると、私も何だか<期限付きの逃亡者>になりたい気分。

80日はさすがに無理なんだけど、
旅したくなるよね。”ここではないどこか。”
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/777-f1a6bba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。