スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:出てきたよん

昨日、久々にこのCDを車中で聴いた。

前に此処でも書いたかもだけど、大学の先輩が行こうとして行けなくなったチケット一枚握り締めて向かった横浜スタジアム。
オレにとって元春LIVE初体験。
今でも、アンジェリーナで始まったこのLIVEはよく覚えていて。
ずっとヒーローだった人が目の前にいる!
感動でウルウル状態、でも口元は緩みっぱなし…みたいな(笑)

このアルバム、野外テイクが中心だから「抜けていく」感じがしてそれはそれでキモチイイ。
あらためて感じるのは原曲を大幅に変えたアレンジの妙。
毎回驚かされるけど、これが元春のLIVEの醍醐味というか。
既存の形に囚われない、自由な発想と「演奏家」だけではなく「音楽人」な部分(←ヤマアイ氏とよく話す)が素晴らしい。

ちなみに、当時結構痩せていて元春のようなヘアスタイルだったオレは、先輩に借りた縞のジャケットを着て「もしかして元春と間違えられたりして?」なーんて思いながら電車に乗った記憶が。
カワイイもんだ(笑)
  1. 2008/08/02(土) 13:23:00
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:久々に聴いてみたら、思い出した?!

>DPGくん
いらっしゃーい!コメントをサンキューです♪
もっちろん、覚えてますよ。
当日、現場で!はDPGくんのことだから(笑)

佐野さん初体験が横浜って、一気に加速してる感じでいいなぁ。
貴重だよね、今ってあまりスタジアムでやってる人が少ないので。

ちなみに、私の元春初体験はVisitorsツアーでしたよん。
朝方からプレイガイドに並びました。
徹夜しないと取れないくらいのときだったので、席も2階の後ろだったのよ。
その後はずーっと行ってて、一時期お休みして(最長7年半)という感じかなぁ。

感動するよね。初めて見る、参加する時って特にそうだよね。
私も「初めて」っていうのは、忘れないもの!

元春(DPGくんとは、やっぱり元春!と呼びたいね)は、
ライブで大胆にアレンジを変えるのが好きな人だよね。
日によってメニューやセットリストもその場で変えちゃうので、
バンドの人はドキドキするだろうけど、
慣れないように、緊張感を持たせてる気もするものね。

ロックは自由!DPGくんが書いてくれた、
発想の自由さ。
「音楽人」っていうのがピッタリだよね。
キョンさんからは、棟梁って呼ばれてるらしい。
晃司くんは、博士のような哲学を持ってる人、って言ってたね。

元春に似てるDPGくん。髪型も服も元春に近づいてたのかもよー!
間違えられそうなくらい、きっとカワイイものだったのよ♪うふふっ。


  1. 2008/08/02(土) 15:26:18
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/729-a78d14ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

THE HEARTLAND

sano.jpg佐野元春 with THE HEARTLAND 名義のライブ・アルバム。
横浜スタジアムでのライブを中心に収録したもので、BOX型の豪華なジャケット仕様だった。
ちょうどCDへの移行期で、どちらも注文可能だったと思う。私はCD盤にした。

昨日、CD棚を見ていたら、このアルバムがふと、目にとまった。
最近のライブならDVDで持っているので、しばらく聴いていなかった。
久々にジャケットを開く。


ジャスト!というか、ドンピシャなギタリストの名前がそこに書かれていて、ドキッとした。

昨日、そのバンドとギタリストのアルバムを聴いていたから。
Northern Lights-Southern CrossNorthern Lights-Southern Cross
(2001/05/08)
The Band

商品詳細を見る

THE BAND アルバム・タイトル別名:南十字星。
佐野さんのノーツによると、
「ライブ・ツアーは自分たちの教室だった。」  by:The Band    Robbie Robertson
Robbie RobertsonRobbie Robertson
(1990/10/25)
Robbie Robertson

商品詳細を見る

074.jpgCDかアルバムを持っている人は、ジャケットを開いてみてね。
ここを読んでてくれてる方の中で、現場で当日ライブを観た人がいるはず。
うふふっ、出ておいでー!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この中に書かれている佐野さんの言葉が、今の私にも響く。

Survaivalの意識。現実をどうにかやりくりして<明日>を肯定すること。

<明日>に絶望することを恐れながらもなお、<明日>を肯定せざるを得ない理由
                    とはどこに?


僕にとってのライブ・ツアーは、その理由のありかを探しあてるための旅であったように思う。
                        ~THE HEARTLAND Notesより引用~

佐野さんは希望を歌う時、その反対側をちゃんと歌ってる(ように聴こえる)ところに、
人の気持ちをそっとなで、チカラを感じさせるものだと私は思っている。

このCDに収録されている、8分以上の<ロックンロール・ナイト>。
野外スタジアム・ライブなので、音が横浜の夜に広がって行くかのように聴こえる。

佐野さんのヴォーカルがスッと入って来るように聴こえて来る。
関連記事

コメント

[title]:出てきたよん

昨日、久々にこのCDを車中で聴いた。

前に此処でも書いたかもだけど、大学の先輩が行こうとして行けなくなったチケット一枚握り締めて向かった横浜スタジアム。
オレにとって元春LIVE初体験。
今でも、アンジェリーナで始まったこのLIVEはよく覚えていて。
ずっとヒーローだった人が目の前にいる!
感動でウルウル状態、でも口元は緩みっぱなし…みたいな(笑)

このアルバム、野外テイクが中心だから「抜けていく」感じがしてそれはそれでキモチイイ。
あらためて感じるのは原曲を大幅に変えたアレンジの妙。
毎回驚かされるけど、これが元春のLIVEの醍醐味というか。
既存の形に囚われない、自由な発想と「演奏家」だけではなく「音楽人」な部分(←ヤマアイ氏とよく話す)が素晴らしい。

ちなみに、当時結構痩せていて元春のようなヘアスタイルだったオレは、先輩に借りた縞のジャケットを着て「もしかして元春と間違えられたりして?」なーんて思いながら電車に乗った記憶が。
カワイイもんだ(笑)
  1. 2008/08/02(土) 13:23:00
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:久々に聴いてみたら、思い出した?!

>DPGくん
いらっしゃーい!コメントをサンキューです♪
もっちろん、覚えてますよ。
当日、現場で!はDPGくんのことだから(笑)

佐野さん初体験が横浜って、一気に加速してる感じでいいなぁ。
貴重だよね、今ってあまりスタジアムでやってる人が少ないので。

ちなみに、私の元春初体験はVisitorsツアーでしたよん。
朝方からプレイガイドに並びました。
徹夜しないと取れないくらいのときだったので、席も2階の後ろだったのよ。
その後はずーっと行ってて、一時期お休みして(最長7年半)という感じかなぁ。

感動するよね。初めて見る、参加する時って特にそうだよね。
私も「初めて」っていうのは、忘れないもの!

元春(DPGくんとは、やっぱり元春!と呼びたいね)は、
ライブで大胆にアレンジを変えるのが好きな人だよね。
日によってメニューやセットリストもその場で変えちゃうので、
バンドの人はドキドキするだろうけど、
慣れないように、緊張感を持たせてる気もするものね。

ロックは自由!DPGくんが書いてくれた、
発想の自由さ。
「音楽人」っていうのがピッタリだよね。
キョンさんからは、棟梁って呼ばれてるらしい。
晃司くんは、博士のような哲学を持ってる人、って言ってたね。

元春に似てるDPGくん。髪型も服も元春に近づいてたのかもよー!
間違えられそうなくらい、きっとカワイイものだったのよ♪うふふっ。


  1. 2008/08/02(土) 15:26:18
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/729-a78d14ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。