スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:レポ読みました。

お久しぶりです。
今回のツアーは選曲もアレンジも良かったですね。
実はスノードロップさんが今回のツアーをどのようにレポするか楽しみにしていました。

何気に初めてなんですよね。トライセラの同じツアーを僕もスノードロップさんも会場は違っても観るのって。

あのリッケンかなりのレア物なので、登場した時にはビビりました(笑)で、演奏があの曲じゃないですか。やるじゃーん!って意外性の多いライブだと思いました。
では。
  1. 2008/07/25(金) 13:04:02
  2. URL
  3. ホッタ #eXNwpwSM
  4. [ 編集 ]

[title]:改めて見ると・・・

改めてみると、このライブは
彩り鮮やかな感じだなぁ…って思いました。
(見た目とかじゃなく、内容ですよ)

すごいシンプルだけど、いろんな工夫をしている感じで、
こんなミーハーな私ですけど、いっぱいギターが登場したことにかなり驚いて、
かなり感動してしまいました。
そんな空間をご一緒できてよかったです。
レポお疲れさまでした。
  1. 2008/07/25(金) 20:17:29
  2. URL
  3. shappyt #eTuE.V.M
  4. [ 編集 ]

[title]:いかに新鮮な耳と目で観て聴くか?がテーマ。

>ホッタさん
ホッタさん、こんにちは。
レポートというよりは、感想なのですが、
読んでいただいて、ありがとう!

ホッタさんもポイントはギター、そしてバンドサウンドでしょうかね。

私はもう11回も見てるので、
1曲目は生で聴いてるし、新曲とプロポーズ以外は全部ライブで聴いたことがあって。

君の瞳に恋してる、ですが、前は12弦で弾いたような記憶もありで。

今回、アルバム・レコ発ツアーではないので、
いつもと違うギターで、アレンジを変えたりして流れを作っていたなぁ、
というのが印象的でした。

トライセラもデビューして11年経過。
演奏力が高くなってるのはもちろん!なのですが、
その進化してる部分をいかに、こちらが感じ取れるか?に、集中します。
意外性は大事ですよね。
いつも同じだと確実に飽きます。
それを心得てるからこそできる、工夫されるんでしょうね。

リッケンバッカーは登場した途端、
周りのファンの人たちが、きれい!とヒュー!を連発してました。

あの曲、聴きたかったなぁなんてのは
もう毎回ありますが、それは個人的意見なので、
いつかやってくれるだろうその日を心待ちにしている日々です。

3人さん、めいっぱいの、精一杯の力を出し切ってました。




  1. 2008/07/26(土) 10:26:37
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:よい視点で観てますね!

>shappytさん
いつもありがとう!!
書いてくれている、彩り鮮やかって、いい表現ですねー。

それはね、内容が色で見えてるってことかもしれないからですよ。

和田さんは持ってるギターの数はこれまで半端じゃない本数を購入して、ソールドしているけど、
ヴィンテージだけに管理も大変だと思います。

オールド、ヴィンテージのよいギターを
ステージでもレコーディングでも惜しげなく弾いて、使う。
一体化する、というのは和田さんの素晴らしい点だと思います。
トライセラをよく知らない一般のギタリストも、
「和田くんっていいギターをステージでガンガン弾く人なんだね、いいね!」
って言われたこともあります。

私もshappytさん同様、感動する場面が何度もありましたよ!
同じ空間を共にできて、
私もとても嬉しかったです。
ファイナルで地名をいっぱい連呼してくれてて、
和田さんはサービス精神がとてもある人だなぁ、なんて改めて思いました。

めいっぱい出し切ってたよね。
素晴らしい!!ファイナル最高!!
Yeah~~!!・・・月曜日から、このテンションのままです。(笑)


  1. 2008/07/26(土) 10:39:32
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:超超お久しブリッツ

いやー、さすがスノーさんだね。
毎度惚れ惚れするわ。
『MADE IN LOVE』のあの歌詞、スノーさんのツボだな、って密かに思ってたよ。

新潟も暑かったみたいだけど、仙台の暑さがもーう尋常じゃなくて、和田君の腕からアコギのボディに汗が伝わって、アコギのボディから汗がボタボタ落ちてんの!
和田君も心配だけど、ギター大丈夫?って思ってしまった(笑)。
最終日も行きたかったなぁ。

前半に、あれだけストラトで押すのも、ちょっと珍しいかな?って思ったんだけど、どうだろ?
私がこれまで観てきた中では、あんまりなかったような・・・。
新しいファンには、これがトライセラのLIVEの楽しさだ!というのがしっかり伝わる内容だったと思うし、新しくないファン(笑)にも、今の3人の新たな世界を切り拓く気持ちが伝わってくるような、いいTOURだったよね。
ホント、これからがより一層楽しみだ!!
『LOONY'S ANTHEM』が、すごくお気に入りの一曲になる予感なのです。
  1. 2008/07/27(日) 20:34:49
  2. URL
  3. ちーこ #PoGhoty6
  4. [ 編集 ]

[title]:1000キロ遠征ツアー2days

>ちーこさん
ブリブリッツ!読んでくれてホントにホントにありがとうー!
サンキューです。

ちーこさんはこの前日、参加されてるのよね?
仙台から新潟入りをするアーティストは割と多いんだけど、
大所帯だとバス・チャーターする人もいるし、マイカーで移動するパターンも多いみたいです。
最近、みんな日帰り移動が増えてるのよ。
長野も新潟もみんな日帰り移動ね。
名古屋も日帰りが増えた気がするよね。

MCは・・・
仙台はすごく暑くてびっちょびちょ
(と言いながら、シャツの下のグレーのタンクトップを引っ張って見せる。)
新潟の暑さは暑いけど、東京に比べれば全然爽やかで涼しいよ、分かる?
って言ってました。
他に、そのタンクトップ話。
仙台からびっちょびちょのまま、ハンガーに掛けてトラックに積まれたものを
またこうしてもう1日着てるんだよ。
オーディエンス:(エーッ!)

いや、ちゃんと洗ったの、ホテルでさっきね。
そしてそこらへんに干しといたら、さっきすっかり乾いててさ!

会場内、爆笑でしたわ。

ファイナルで得した気分だったのは、
かなり土地名を連呼してたかな。
今までこんなに何度も何度も「新潟ー!」って言わなかったよなぁ、サービスしてくれたんだなぁって思いました。
(前回1回お休みしてるからかも)

食べ物ネタはなかったけれど、
(滞在時間が短かったでしょうから)
ブログでネタバレを、悪気はみんなないと思うけど書いちゃってた方は、ごめんね、削除♪って言ってました。

注意書きをしないとウッカリ書いちゃうのかな、って。

ちなみに、メンバーさんはみんなの意見をかなりリサーチしてるものね。
リクエストや、ここにまた来てほしい、という声、
ちゃんと読んでると思いますよ。

後は、オーディエンスとの駆け引き!
・・・と、あるミュージシャンも話してました。
現場の声、ちゃんと届いてるから、こうなったらいいな、ってのは
和田さんもメンバーさんもきちんと向き合ってるな、と感心してます。
ハートの距離を遠くさせないバンドだよね。
これって、できそうでできないんだよね。
規模が大きくなってもだし、
心がけが何よりもトライセラはいいなぁ、
自慢できるところだな、って思ってるよー。
プロデューサーさんがステキな人だからさ、きっと教えられて来てるんだろうね。
うふふっ。

ちーこさん、新曲にピピン!と来てるねっ。
私は、ギターを弾こうよ!が久々に出て来て、スッゴイ嬉しかったよん。

またそう遠くない未来にツアーがあるそうです。
ちーこさん、楽しみだね!




  1. 2008/07/27(日) 22:54:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/724-0aa4b863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TRICERATOPS ”Made in Love ”Tour Final@Niigata-LOTS

7月21日@Niigata-LOTS:トライセラトップスのライブに参加しました。

15ヶ月ぶり、11回目の参加です。
今回はファイナルがLOTSということもあって、何としてでも行かなきゃ!と準備。
当ブログで、トライセラのレポの記事が、昨年から増えていないのが寂しかったので、
今回は思いっきり書かせていただきます。
20080724202718

嬉しかったよ、待ってたよ。やっと言えた。
Hello Niigata!!!!!Yeah~~~!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Guitar:Fender59ストラト、Fenderストラトヘヴィ・レリックLPB(ジョン・クルーズ氏制作?)、
Martin、gibson LP58custom BK
gibson 61SG(SGだけどレスポールです)
Rickenbacker331(ライト・モデル)弦の振動に反応して光るそうです。

今回は、Fenderスラブボードのテレキャス・ブロンド、gibson ES-335、グレッチは
登場しませんでした。

Amp:Zinky×2(ブルー・ヴェルベット)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5年後のトライセラに期待感を持ちました。
1年行かない間に、変わって、進化した部分がたくさんあったから。
和田さんは、ギタリスト&ヴォーカリストとしても今後いい方向に行く予感。

注:長文です。MCは極力省いています。MC内容をご希望の方は、コメント欄からプリーズ。
<続きを読む>をクリック↓↓↓

敢えて漢字で書きましょ。・・・演奏曲目・・・↓和田さんのBlogからお借りしました。↓

1.Day Tripper・・・ビートルズのカヴァーで始まるなんて。
こう来るのね、という意外性。
何とスタートから、Fenderストラト’59(サンバースト)で登場。
ストラトで、というのも意外で、驚かせてばかりのアイデア・マン。
和田さんは、
”本当はストラト派になりたいけどなれないLP派”
だと前は話していたけど、いい感じで似合うようになったなぁ。年齢とかじゃなくてね、雰囲気が。

2.ROCK MUSIC ・・・すでに赤坂ブリッツに初参加したお友だちから、
           2曲目は、スノちゃんの大好きな曲だよーん、と教えてもらってた。その通り!

3.Fall Again ・・・イントロから縦の波が激しく押し寄せるという感じ。
スタートと同時に空調をoffにしてる。密集地帯で暑くて熱かった。
後半に持ってくるケースが今まで多かったけれど、今回はトップ入り。
佳史さんも3曲目で見た時には、もうお顔が真っ赤になって、Tシャツの色も変わってた。

***Fenderストラト:ヘヴィ・レリック・レイクプラシッド・ブルーに替えた。***

和田さんが、ここで、今まで弾いたことがないような、ブルージーなフレーズを連発。
しかも、歌ってるんだよ、ギターも。
ストラトでこんな風に弾かれたら、どこかへ行っちゃうよ!!
和田さんは、この時、宇宙まで行ったでしょう。・・・多分。
新しい扉がもう1つオープンになったのかもしれないね、レイクプラシッド・ブルーで。
進化してたところをここで第一発見。そして<Groove Walk>へ。

4.GROOVE WALK ・・・曲と曲との間が無く、うまく繋げていたのを聞き逃さなかった。

5.Raspberry ・・・MCも全く挟まず、”Rockでみんなを踊らせたい”
というからには、ここまではノンストップ。

5曲目までは、珍しくAll Fenderストラト。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やや高いイスが出て来て、ここからアコースティック・コーナーへ。

和田さん:新潟ーー!!! Oh,Yeahーーー!
連呼。後方の男性ファンと何度も互いに呼び合ってた。

6.Chewing Gum ・・・ベスト盤に収録された曲。和田さんはアコギ:Martin
(私は常にMartinを、”まーくん。”と呼ぶ。)
林くんもまーくんのアコースティック・ベース。(通称:アコベ)
林くんがザッとアコベを弾き、会場が大いに沸く。
MCでは、ツアー中の3人のブログでの内容をコメント。笑いっぱなし。
ツアー中は、ご本人さんたちのブログでのネタバレはゴメンネ、削除ポチッ☆だそうです。

7.1000 LOVE ・・・初めて参加したツアーでも、座ってアコギの<1000LOVE>だった。
エレクトリックじゃなく、まーくんで弾いても、ブルースの要素が入るとホントにカッコいいね。
パッと聴き、カントリー風アレンジ。

8.プロポーズ・・・KANさんの名曲をカヴァー。
初めて聴いたけれど、和田さん、トライセラの曲になってるよ。
和田さんとKANさんの世界観(描写、風景、恋愛観など)が近いのかも。

こういうバラードを歌わせると、本当にsweetな空間を作れる和田さん、トライセラは素敵だよね。

9.Finally
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10.MADE IN LOVE・・・ドドドッと始まる新曲。
林くんはベースを弾きながらハモれるところに毎回感心します。

♪恋をしようぜ、ギターを弾こうぜ♪という歌詞が出て来て、ニコッとなる。

11.Can't Take My Eyes Off You・・・リッケンバッカーの電飾がきれい。
ステージ映えするギターなのだけど、希少品らしい。虹色に光るレインボー。

12.アイ・ラブ・エスカレーター

13.MIRROR ・・・この曲は大好き。ジミヘンコード。
ES-335で弾くことが多かったように思うけれど、今回はSGだったのも新鮮。
ここで来た、インプロヴィゼーション。毎回違うの、分かりますか?

14.GOING TO THE MOON

15.トランスフォーマー

16.FUTURE FOLDER ・・・この曲がライブでどう再現されるのか?が一番興味があった。
電子音もバックで聴こえたんだけど、基本的に和田さんがエフェクターを駆使して弾いている。

-アンコール1-
17.LOONY'S ANTHEM

18.PARTY

19.赤いゴーカート

-アンコール2-
20.ロケットに乗って

-アンコール3-
21.FUTURE FOLDER
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本編終了時と、アンコールが終わると、3人で肩寄せて、一番前まで出て来て会場に深く一礼。
その雰囲気が、今まで観て来た10回のうち、どこよりも良かった気がした。

今回は特に、モニターとマイクの位置を後ろにして、モニター前のステージギリギリまで、
何度も何度も林くんと、和田さんがギター、ベースを弾きながら前に出て来てくれたこと。
LOTSはステージが高いので、前に出て来てくれるととても迫力があるし、テンションが上がる。

粋な演出でした。ここまで届けてくれて、ありがとう。
このアイデアも、きっと綿密に練ったはず。
ギターもこれだけの本数を1ステージで使うとなると、毎回すべての弦交換をしなくてはならない。
メンテもヴィンテージだけに、大変です。
テックのシノさんもお疲れさまでした。

サービス精神旺盛なO型ギタリスト&ヴォーカリストの和田唱くん。

うんうん、って言いながら(ここにいるみんな、いい感じだよ!って思ってたと思う。)
ファンの人をずっと見渡していた吉田佳史さん。

盛り上げ方が上手い、ジャンプしながらベースを弾く、いつも優しい眼差しを持つ林幸治くん。

またここで逢おうね。
関連記事

コメント

[title]:レポ読みました。

お久しぶりです。
今回のツアーは選曲もアレンジも良かったですね。
実はスノードロップさんが今回のツアーをどのようにレポするか楽しみにしていました。

何気に初めてなんですよね。トライセラの同じツアーを僕もスノードロップさんも会場は違っても観るのって。

あのリッケンかなりのレア物なので、登場した時にはビビりました(笑)で、演奏があの曲じゃないですか。やるじゃーん!って意外性の多いライブだと思いました。
では。
  1. 2008/07/25(金) 13:04:02
  2. URL
  3. ホッタ #eXNwpwSM
  4. [ 編集 ]

[title]:改めて見ると・・・

改めてみると、このライブは
彩り鮮やかな感じだなぁ…って思いました。
(見た目とかじゃなく、内容ですよ)

すごいシンプルだけど、いろんな工夫をしている感じで、
こんなミーハーな私ですけど、いっぱいギターが登場したことにかなり驚いて、
かなり感動してしまいました。
そんな空間をご一緒できてよかったです。
レポお疲れさまでした。
  1. 2008/07/25(金) 20:17:29
  2. URL
  3. shappyt #eTuE.V.M
  4. [ 編集 ]

[title]:いかに新鮮な耳と目で観て聴くか?がテーマ。

>ホッタさん
ホッタさん、こんにちは。
レポートというよりは、感想なのですが、
読んでいただいて、ありがとう!

ホッタさんもポイントはギター、そしてバンドサウンドでしょうかね。

私はもう11回も見てるので、
1曲目は生で聴いてるし、新曲とプロポーズ以外は全部ライブで聴いたことがあって。

君の瞳に恋してる、ですが、前は12弦で弾いたような記憶もありで。

今回、アルバム・レコ発ツアーではないので、
いつもと違うギターで、アレンジを変えたりして流れを作っていたなぁ、
というのが印象的でした。

トライセラもデビューして11年経過。
演奏力が高くなってるのはもちろん!なのですが、
その進化してる部分をいかに、こちらが感じ取れるか?に、集中します。
意外性は大事ですよね。
いつも同じだと確実に飽きます。
それを心得てるからこそできる、工夫されるんでしょうね。

リッケンバッカーは登場した途端、
周りのファンの人たちが、きれい!とヒュー!を連発してました。

あの曲、聴きたかったなぁなんてのは
もう毎回ありますが、それは個人的意見なので、
いつかやってくれるだろうその日を心待ちにしている日々です。

3人さん、めいっぱいの、精一杯の力を出し切ってました。




  1. 2008/07/26(土) 10:26:37
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:よい視点で観てますね!

>shappytさん
いつもありがとう!!
書いてくれている、彩り鮮やかって、いい表現ですねー。

それはね、内容が色で見えてるってことかもしれないからですよ。

和田さんは持ってるギターの数はこれまで半端じゃない本数を購入して、ソールドしているけど、
ヴィンテージだけに管理も大変だと思います。

オールド、ヴィンテージのよいギターを
ステージでもレコーディングでも惜しげなく弾いて、使う。
一体化する、というのは和田さんの素晴らしい点だと思います。
トライセラをよく知らない一般のギタリストも、
「和田くんっていいギターをステージでガンガン弾く人なんだね、いいね!」
って言われたこともあります。

私もshappytさん同様、感動する場面が何度もありましたよ!
同じ空間を共にできて、
私もとても嬉しかったです。
ファイナルで地名をいっぱい連呼してくれてて、
和田さんはサービス精神がとてもある人だなぁ、なんて改めて思いました。

めいっぱい出し切ってたよね。
素晴らしい!!ファイナル最高!!
Yeah~~!!・・・月曜日から、このテンションのままです。(笑)


  1. 2008/07/26(土) 10:39:32
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:超超お久しブリッツ

いやー、さすがスノーさんだね。
毎度惚れ惚れするわ。
『MADE IN LOVE』のあの歌詞、スノーさんのツボだな、って密かに思ってたよ。

新潟も暑かったみたいだけど、仙台の暑さがもーう尋常じゃなくて、和田君の腕からアコギのボディに汗が伝わって、アコギのボディから汗がボタボタ落ちてんの!
和田君も心配だけど、ギター大丈夫?って思ってしまった(笑)。
最終日も行きたかったなぁ。

前半に、あれだけストラトで押すのも、ちょっと珍しいかな?って思ったんだけど、どうだろ?
私がこれまで観てきた中では、あんまりなかったような・・・。
新しいファンには、これがトライセラのLIVEの楽しさだ!というのがしっかり伝わる内容だったと思うし、新しくないファン(笑)にも、今の3人の新たな世界を切り拓く気持ちが伝わってくるような、いいTOURだったよね。
ホント、これからがより一層楽しみだ!!
『LOONY'S ANTHEM』が、すごくお気に入りの一曲になる予感なのです。
  1. 2008/07/27(日) 20:34:49
  2. URL
  3. ちーこ #PoGhoty6
  4. [ 編集 ]

[title]:1000キロ遠征ツアー2days

>ちーこさん
ブリブリッツ!読んでくれてホントにホントにありがとうー!
サンキューです。

ちーこさんはこの前日、参加されてるのよね?
仙台から新潟入りをするアーティストは割と多いんだけど、
大所帯だとバス・チャーターする人もいるし、マイカーで移動するパターンも多いみたいです。
最近、みんな日帰り移動が増えてるのよ。
長野も新潟もみんな日帰り移動ね。
名古屋も日帰りが増えた気がするよね。

MCは・・・
仙台はすごく暑くてびっちょびちょ
(と言いながら、シャツの下のグレーのタンクトップを引っ張って見せる。)
新潟の暑さは暑いけど、東京に比べれば全然爽やかで涼しいよ、分かる?
って言ってました。
他に、そのタンクトップ話。
仙台からびっちょびちょのまま、ハンガーに掛けてトラックに積まれたものを
またこうしてもう1日着てるんだよ。
オーディエンス:(エーッ!)

いや、ちゃんと洗ったの、ホテルでさっきね。
そしてそこらへんに干しといたら、さっきすっかり乾いててさ!

会場内、爆笑でしたわ。

ファイナルで得した気分だったのは、
かなり土地名を連呼してたかな。
今までこんなに何度も何度も「新潟ー!」って言わなかったよなぁ、サービスしてくれたんだなぁって思いました。
(前回1回お休みしてるからかも)

食べ物ネタはなかったけれど、
(滞在時間が短かったでしょうから)
ブログでネタバレを、悪気はみんなないと思うけど書いちゃってた方は、ごめんね、削除♪って言ってました。

注意書きをしないとウッカリ書いちゃうのかな、って。

ちなみに、メンバーさんはみんなの意見をかなりリサーチしてるものね。
リクエストや、ここにまた来てほしい、という声、
ちゃんと読んでると思いますよ。

後は、オーディエンスとの駆け引き!
・・・と、あるミュージシャンも話してました。
現場の声、ちゃんと届いてるから、こうなったらいいな、ってのは
和田さんもメンバーさんもきちんと向き合ってるな、と感心してます。
ハートの距離を遠くさせないバンドだよね。
これって、できそうでできないんだよね。
規模が大きくなってもだし、
心がけが何よりもトライセラはいいなぁ、
自慢できるところだな、って思ってるよー。
プロデューサーさんがステキな人だからさ、きっと教えられて来てるんだろうね。
うふふっ。

ちーこさん、新曲にピピン!と来てるねっ。
私は、ギターを弾こうよ!が久々に出て来て、スッゴイ嬉しかったよん。

またそう遠くない未来にツアーがあるそうです。
ちーこさん、楽しみだね!




  1. 2008/07/27(日) 22:54:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/724-0aa4b863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。