1Week、2+1=The Groovers

1週間で3点のグルーヴァーズ(The Groovers)が届いた。
今日からもう、”藤井さん”とは呼ばない。
THE GROOVERS / THE GROOVERS /
(2006/01/27)
THE GROOVERS

商品詳細を見る

一番観たかった映像。後日ちゃんとここで書きたいので、ポイントを絞って書くとすると。。。

1.本編1曲目<殺伐>のグルーヴァーズ3人
(Vo.&g:藤井一彦、Bass:高橋ボブ、Drums:藤井ヤスチカ)の
最初の「ギャーーーン!!」で、私はもう分かってしまった。
好きです。
この先、長くお付き合いさせてください。

それ以外に、それ以上に、どう説明できるんだろう。
早く生で観て聴きたいな。

2.本編50分のうち、会場、オーディエンス、バンドのカラーが独特で圧倒的なパワーを
感じたのが、
<QUIET LOW RIDER>
この本編の中では、一番好きです。
映像として、音像として。
詳しい理由はまた後日!←引っ張っちゃっていいですか?

3.ボーナス・特典映像:<殺伐>番外編。
PV風に撮影してあって、お客さんを入れる前に撮影したものかな?
気に入ってて、繰り返し見ています。
私はいつも眠る前にこの映像を観てるんだけど、身が震えるような感覚になります。それも毎回。
グワーッと最後30秒くらいずっとそれが続く。
見終わると、200m全力疾走したくらいのアツさは残る。
ロケンロール!!これに尽きるな、ってグルーヴァーズを観るとそう思います。

一彦さんは、太い弦をグレッチに張ってると思いますが、太い弦(低音弦?)が切れてるのが
一瞬映ってます。

DVDを観ると、どうしてもこのアルバムが聴きたくなる。↓↓
来週発注します。ライブに間に合うように。そして、聴き込みたい。
MODERN BOOGIE SYNDICATEMODERN BOOGIE SYNDICATE
(2005/12/07)
THE GROOVERS

商品詳細を見る
つまり、このアルバムをまだ聴かないうちに、先にDVDを観たというわけ。
全てが新鮮でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に2点はCDです。
ROUGH TRIANGLEROUGH TRIANGLE
(2007/07/25)
THE GROOVERS

商品詳細を見る
こちらも詳細は改め記事にしようと思うので、サラリと。
Coverの写真はNakkieさんという方らしい。
この写真、ギターを持ってる一彦さんの姿を、ギタリストの一番美味しいところを、よく捉えてる写真
だな、って思います。
他の写真は、一彦さん撮影分と、
ロケンローラーをたくさん撮影していらっしゃる、写真家:三浦麻旅子さん
TRINITYTRINITY
(2007/07/25)
THE GROOVERS

商品詳細を見る
昨年、ユニバーサルから再発されました。
デザインのクレジットを見て、驚く。
京都のデザイン集団、グルーヴィジョンズ(Groovisions、通称:グルビ)だったのね。

そんな訳で、1週間で揃った、2+1=The Grooversでした。
コンプリートまであと少し。

スケジュールは空けておきました。
初グルーヴァーズ体験は、7月20日。吉祥寺で逢いましょう!!
あとは、チケットが無事取れれば8月のAcoustic Nite@渋谷へも遠征予定です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/707-4bc98357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物