語録6・・・暴れ馬に虫が乗ってる感じだね。・・・

晃司くんの語録、第6回目。
CIMG2659.jpg
2004:INNOCENT ROCK TOURで無料配布された、INNOCENT TIMESより。

スポーツ紙のパロディみたい。
「裸」と「結」の2文字は赤字・黄色字の太字。
クスッと笑わせる。

「裸」は、スリーピースという、最少編成を基本にした、全てを曝け出した裸のロックンロールを意味してる。

晃司くんが3ピースにチャレンジ。そのメンバーとして選んだのが、
村上”ポンタ”秀一氏、後藤次利氏のお二人。

晃司くん曰く、
自分の身の程をちゃんと知りたい。ちっぽけなプライドにしがみつきたくなかった。
巨匠お二人には、"愛あって”ということで、よろしくとお願いした。
愛があるといっても、”適当なところで妥協して弾いてやるよ”っていう人たちじゃないからね。
こっちも全力でぶつかって行かなきゃならない。
ともかく、こっちは怒られないように、しっかりついていかなきゃなと思った。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
晃司くんは、ツアー中、一人でギターを弾いた。

「シンガーとしてだけなら、余裕を持ってできるんだけど、それじゃあ面白くない。
”20周年ということで、すみませんね。”とか言いながら、限界ギリギリのところで
やっていくのもいいかなと。
(お二人には)テクニック的には太刀打ちできない訳で。
こっちの若さとかエネルギーとかパワーをぶつけるしかない。
若造には負けてられない、って思ってくれれば、面白くなるだろうしね。
まぁ、乗っけてもらってるって感じだよね。暴れ馬にちょこっと虫が乗ってるっていう。
でもそれなりにカッコつけまっせ、って。」


*次回は、晃司くんのことを語っている、Another Side 吉川晃司編をお届けします。*

引き続き、晃司くんの語録を読んでみたい方は、↓↓ボタンをポチッとしてみてください。
視点を変える、膨らます等、今後の記事作りの参考にいたします。

追記:<語録6>での拍手をありがとうございました。今後の励みにして行きますね。
(拍手ポチッ☆は)まだ締め切っていませんけど、今後も”語録”シリーズを続けてOK、
ということで、参考にさせていただきました。
晃司くんの25thへ向け、少し振り返る作業をしてみようと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/702-07a91864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物