スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:なるほど!


 こんにちは☆
今はまだ、遠征先でしょうか~^^。

 ジビエ・ド・マリ、ますます興味が湧いてくる感じです。

 そう言えば、「きよしとこの夜」に出演された以外に、
TV東京系列の「みゅーじん」でもこのバンドの映像を見てました。
去年の夏、東京での「a-nation」に出られたときの♪リンダリンダです。
 ステージに出るまでのマリさんの緊張感が、見ててすごく伝わって来ました。

 ノブさんが語られてる、
[斜体]このバンドは、つわものミュージシャンの集まり。
それぞれに、自分の音楽に対する想いがある。[/斜体

 メンバー全員を知ってるわけじゃないですが、何かわかる気がします。
そして、それをもっと知りたい!とも^^。

 やっぱ今年、一度は「生」で見なきゃダメかな~^^♪
  1. 2008/03/08(土) 13:49:55
  2. URL
  3. べた #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ichiroさんのブルーズ、いいですよー。

>べたさん
遠征先からようやく戻りました。
レスが遅くなってしまいまして、ごめんなさいね。

ジビエ・ド・マリでのichiroさんの
ギターですが、
私の聴いてる主観を書くと、とってもいいんですよね。
思わず、ニコッとなってしまうような
粋なフレーズ満載です。
”みゅーじん”は放送後にあったことを知ったので、見られなかったのですが、
マリさんの緊張感が伝わって来る映像なのですね。
あのイベントは確か動員数4万5千人かな?

べたさんは、きっと近いうちにジビエ・ド・マリをご覧になるチャンスがあるかと思います!
ぜひぜひ~♪

メンバーさんもそれぞれ「百戦錬磨」な方々ですよね。
選ばれて来てるなぁって感じますが、私もまだ生は無いので、
観たいな、聴きたいな、ってずーっと思っておくことにします。

もっと知りたいですよねっ!!
  1. 2008/03/09(日) 20:21:28
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/624-7574cb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Grazia<GIBIER du MARI>

Graziaという、<35歳からが女は本物>というサブタイトルの付いた雑誌がある。
Grazia (グラツィア) 2008年 04月号 [雑誌]Grazia (グラツィア) 2008年 04月号 [雑誌]
(2008/03/01)
不明

商品詳細を見る

夏木マリさんの大特集。26ページ。
マリさんの魅力は、たくさんのページに散りばめられていて、
多くの女性から、そして男性からも憧れの対象となり、支持されているその魅力について、
多方面からの観点で伝わる内容になっている。
<GIBIER du MARI>ichiroさんの視点  続きを読むをクリック↓↓

夏木マリさんは、考え方が素晴らしい。
文章を読むと大体分かること、察することができるけれど、身近にお仕事をされてる方や、宮澤りえちゃんとの対談を読んでみて、
持って生まれたものと、後からついてくるものを、自分の中でどうやって決着をつくて行くか?っていう部分の潔さを感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           GIBIER du MARI

この大特集の中で、Capter6が、「ジビエ・ド・マリ」特集。

マリさんの中での、「唄」の部分も掲載されている。

~密着・ジビエ・ド・マリ~・・・その中から、ichiroさんのコメントを一部紹介してみようと思う。
            *詳細はぜひ、書店で実際に手にとってみてね。*

モノクロの写真がとてもステキ。

ichiroさんのコメントは2つ掲載されていて、
その中で私がココいいね!って特に思った点。

オレの中には、ライブでマリさんの背中を見る時の、独特の感覚があって。
このバンドじゃないと感じられないものだなと、いつも思う。

                                       ・・・Grazia4月号より一部引用・・・

私はまだ生のジビエ・ド・マリを観ていない。
手元にある、スカパーのライブ映像のみ、何度も繰り返して観てるだけなので、
実際のichiroさんの立ち居地とかをこの目で見て体感しているわけではないけれど、
ichiroさんの視点は、ドラムの人にとても似てる感覚だな、って思った。
バンドのメンバーはみなさん、みんなこうなのかもしれないけれど。

フロントにいるプレイヤー、ヴォーカリストの呼吸を背中で読む。

これかな、ってイメージが浮かぶ。

「マリさんの精神力と気合がすごい」
ともお話してるんだけど、それが背中からも出てるということだろう。

後ろから見た場合、コンディションが分かると言うのをバンドマンから聞いたことがある。
後ろから、自分の出す音でエールを送ったりしてる、ということかな。
それと、メンバーさん全員の発言から感じるのは、マリさんから何かもらっている、
影響を受けているということ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マリさんが愛し、敬う斉藤ノブさんからのコメント。

このバンドは、つわものミュージシャンの集まり。
それぞれに、自分の音楽に対する想いがある。
俺はみんなに「個性を出してくれ」と言ってます。
このバンドには多分、完成形はないと思う。だからこそ、楽しいんですよ。
                                                  ・・・Grazia4月号より一部引用・・・
GIBIER du MARI(DVD付)GIBIER du MARI(DVD付)
(2006/03/15)
GIBIER du MARI

商品詳細を見る

ジビエ・ド・マリ 2ジビエ・ド・マリ 2
(2007/07/18)
夏木マリ

商品詳細を見る

映像のみならず、生でジビエ・ド・マリを体感できる日が早く来ますように、とその日を心待ちにしよう。
関連記事

コメント

[title]:なるほど!


 こんにちは☆
今はまだ、遠征先でしょうか~^^。

 ジビエ・ド・マリ、ますます興味が湧いてくる感じです。

 そう言えば、「きよしとこの夜」に出演された以外に、
TV東京系列の「みゅーじん」でもこのバンドの映像を見てました。
去年の夏、東京での「a-nation」に出られたときの♪リンダリンダです。
 ステージに出るまでのマリさんの緊張感が、見ててすごく伝わって来ました。

 ノブさんが語られてる、
[斜体]このバンドは、つわものミュージシャンの集まり。
それぞれに、自分の音楽に対する想いがある。[/斜体

 メンバー全員を知ってるわけじゃないですが、何かわかる気がします。
そして、それをもっと知りたい!とも^^。

 やっぱ今年、一度は「生」で見なきゃダメかな~^^♪
  1. 2008/03/08(土) 13:49:55
  2. URL
  3. べた #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ichiroさんのブルーズ、いいですよー。

>べたさん
遠征先からようやく戻りました。
レスが遅くなってしまいまして、ごめんなさいね。

ジビエ・ド・マリでのichiroさんの
ギターですが、
私の聴いてる主観を書くと、とってもいいんですよね。
思わず、ニコッとなってしまうような
粋なフレーズ満載です。
”みゅーじん”は放送後にあったことを知ったので、見られなかったのですが、
マリさんの緊張感が伝わって来る映像なのですね。
あのイベントは確か動員数4万5千人かな?

べたさんは、きっと近いうちにジビエ・ド・マリをご覧になるチャンスがあるかと思います!
ぜひぜひ~♪

メンバーさんもそれぞれ「百戦錬磨」な方々ですよね。
選ばれて来てるなぁって感じますが、私もまだ生は無いので、
観たいな、聴きたいな、ってずーっと思っておくことにします。

もっと知りたいですよねっ!!
  1. 2008/03/09(日) 20:21:28
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/624-7574cb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。