スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/621-90b997ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GHEEE:1st Album<GHEEE>

普通にいい、なんてレベルのものじゃなかった。by:snowdrop
GHEEEGHEEE
(2007/07/25)
GHEEE

商品詳細を見る

Vocal&Guitar:近藤智洋 ( ex.PEALOUT )
Vocal&Guitar:深沼元昭 ( Mellowhead / ex.PLAGUES )
Bass:Hisayo ( tokyo pinsalocks )・・・ギターレスなガールズ・バンドtokyo pinsalocks から、女子ベーシスト
Drums:YANA ( DRYASDUST / ex.ZEPPET STORE )


ツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター→2ヴォーカル、2ギターがフカヌーくんと近藤さん。
プレイグスを聴いて以来、深沼くんの良さをたくさん発見してるうちに、現在活動中のGHEEEというバンドに辿り着いた。

Hisayoちゃん以外は、行けっ!同世代なメンバーさんで構成されている。
近藤智洋さんは、PEALOUTというバンドの前は、東芝EMIの社員で、深沼くん、プレイグスを見出してくれた一人なのだそう。
縁はこういうところからあったんだね。

今まで国内外いろんなアルバム、バンドのアルバムを聴いて来たけれど、
聴いた瞬間にビビッと来た、洋楽志向でもある、日本のギター・ロックバンド。

全曲英語詞。・・・深沼くん、近藤さんご本人による訳詞も記載されている。

*全編ギター・サウンド。
*全体的に1曲が短めに構成されていて、3分前後。
*1曲のTime「3分前後」が、新鮮に感じられるマジックなのかもしれないね。

佐野さんが、GHEEEについて語る。
「GHEEEは、二人のソング・ライターがいるな、って感じたよ。」
と言っていた。何度も繰り返し聴いてみると、二人のソング・ライター同士、分業・分離してる感じはしない。
これまでのキャリア、バンド経験が長い二人のソング・ライターによる、それぞれの持ち味が随所にあって、最初に聴いた時から、見事に掴まれた。

     *** そのヒミツを紐解く。 ***

1. Beautiful stungun・・・Words&Music:深沼元昭(Main Vo.)

アルバム全体と、GHEEEからの挨拶のような中心的な曲になっている。

真ん中あたり、深沼くんのギター、チョーキング・ヴィブラートが「ガッ」とかかってる部分があって、
フカヌーくんの美味しいところがここに集約され、詰まっている。
私はフカヌーくんに、
「得意技はもっと使って欲しい派」

フカヌーくんのコーラス・ワークはとても巧いと思っている。違和感が無くて、曲に馴染んでるところ。
ギターもメインと、もう1本のラインのバランスが絶妙。
ふと聴いてると、後ろでわずかに鳴って、聴こえている音の方も、実はかなりガシッと弾いてるギター。

2. If the moon don't rise・・・Words:近藤智洋(Main Vo.)、Music:深沼元昭

やや重めのリフ。ブリティッシュ・ロックが好きな二人。
そこを意識して作っているのかな。
どんどん転調して行くから、エッ?!どこへ行くの?というところに、不意に後ろで鳴ってるギター。
シンプルなようで、かなり手の込んだ作りになっているのが、さすがだと思う。
パッと聴くとそれがエッセンスにもなっているし、意識して聴くとこんな音が出てるんだ、って気付かされる。

3. Never snuff the lights ・・・ Words&Music:深沼元昭(Main Vo.)

YANAさんのドラムは、GHEEEにとても合っていると思う。

4. The winter road・・・ Words:近藤智洋(Main Vo.)、Music:深沼元昭

近藤さんの声質は、PEALOUTの時よりも、ソロになってからの方が、
より「言葉が響く」部分が出て来たように思う。
ちょっと寂しさを含んでいる感じで、この曲の、「Winter road」な感じがよく出てる。

(訳詞)
きみは知らない。
きみは知ることもない。
でも、きっとひとりで歩いていくんだ。   ~The winter roadより引用~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5. Timeless・・・ Words&Music:近藤智洋(Main Vo.)

この曲は、このアルバムの中でもかなり好きなほう。
E・ギターがメインのアルバムだけど、この曲は途中でアコギのエッセンスが入っていて、
アコギがいいところで入ってるので、突き抜けていくようなスピード感と、解放感がある。
エレクトリックばかりじゃないぜ!っていうところに、センスの良さを毎回感じる。
アコギは近藤さんが弾いてるのかな?

新人バンドだけど、キャリア、経験の分だけ、最初からすごいアルバムを作っているのは、さすが。

6. Alright・・・ Words&Music:深沼元昭(Main Vo.)

7. Swallow・・・ Words&Music:近藤智洋(Main Vo.)


don’t you hear the sky singin’a blues?
この曲もとても好き。
弾きすぎてないギター。
うねりのように、歌ってるギター。

come on,right?
ok?
but don’t rush!
・・・この3つのワード、近藤さんの歌ってるような、フェイクのような、それでいて
話しかけてるようなヴォーカルがグッと来る。

8. .The last chord・・・ Words:近藤智洋(Main Vo.)、Music:深沼元昭

テンポがかなり速くて、ドラムのYANAさん、このテンポを歌える近藤さんの、
バンド経験はここに現れてる気がする。
ベースとドラムの音がカキーンと入ってくる曲。
この曲も大好き。GHEEEの中では、現在リピート率No.1!

9. G/H/E/E/E ・・・ Music:深沼元昭
インスト・ナンバー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Produce:GHEEE

深沼くんは、このアルバムでギター、ヴォーカルを担当。
そして、レコーディング・エンジニア、ミキシング・エンジアも同時に務めている。

ライブを観たら、もっと印象は変わると思う。
もっと好きになるんじゃないのかな?
今はまだその機会がないけれど、必ずとこかで!

GHEEEの2ndアルバム:<Reconquistaレコンキスタ>は、3月12日発売。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/621-90b997ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。