スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:会話もセッションだよね♪

charちゃんの視点、なるほど~でした♪
既存の音をそのままじゃなく、どう壊して、どう新たに作ってオリジナルに変えていくか、これはたいへんだろうけど、やりがいもあって、オモシロイでしょうね。
その音作りにも楽器が重要だし、アンプにもこだわるだろうし、昔からの良さを活かしつつ、今の音になってる!っていう
出来上がり♪
こういう記事を知って、改めて音楽を聴けるなんて素晴らしいね♪スノちゃん!
それにしても、charちゃんも楽しい!最後の会話(笑)
吉田さん~私も爆笑ですぜ!

ジミ・ヘンのコード、一曲惚れ、後から気づいた・・・ってね、
きっと、それこそ昔からスノちゃんの中にそのコード好きの基があったのか、いつの間にか備わったものなのか、どっち?^^即反応!だと、前者に近いかなー。
  1. 2008/01/05(土) 07:19:04
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:80年代に危機感。

>ムーミンさん
ちゃーちゃんの視点、ホントにいつも感心して聞いたり、見たりしてます。
ムーちゃんが書いてくれてる通りで、会話がもう、セッションだよね。

この時、和田さんが24歳だから、今だったら、また違ったオモロイ会話が成立しそう。
共通項はスティービー・ワンダーもあるし、ストーンズもだし。
和田さんは
「俺もよっちゃんみたいに、ちゃーちゃん、って呼びたいよね」ってラジオで言ってたことがあったの。

Charのいろんな過去の映像や、発言、インタビュー等を見せてもらったりしてるんだけど、
31、2年音楽業界をずっと引っ張って来て、
Charを超える人がなかなか現れない、と言われる中、
Char自身が息子さん・ジェシーくんとほぼ同期活動中のトライセラを、
あったかーい眼差しで見てくれてたことも、私にとっては嬉しかったの。

私の場合、Charを好きになったきっかけのひとつが、トライセラだったのです。
ブルースロックの入り口がトライセラだったのね。
そして、みんなジミが好きだったり、ビートルズが大好きで、
ギター、楽器と音楽を、「心底愛おしい」って思ってて。

年代も世代も越えて、やっぱり素晴らしい~!!
ってこのラジオを聴いて改めて思ったなぁ~。

Charはいつもユーモアに溢れてて、毎度笑わせてもらってます。

ジミは、トライセラの和田さんが直接のきっかけなんだけど、その前に重要なキーマンが一人いるの。
ジミヘン・コードに即反応したのは、元々ギター好きで、
高校の時から大好きなKenji Jammerこと鈴木賢司くんかもしれない。
ケンジャーくんもジミが大好きな人で、(ギタリストやミュージシャンにファンは多いけれど)
多分10代の頃にどことなく、そのコードとか、ジミのエッセンスが刷り込まれてるんだろうなぁ、って今思っています。
  1. 2008/01/05(土) 22:35:08
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:オレも褒められたい(笑)

楽しく読ませてもらいました♪

相変わらず読み易く書いてくれてるね。
途中でスノちゃん自身の感想も入れて…ライターさんみたいっ(褒めたから何かちょーだい!笑)

ちゃーちゃん、80年代の憂鬱についてよく語るよね。
それだけショッキングで、でも負けるか!って思いだったんだろうなぁ。
それでいて「Psyche」あたりで上手くテクノロジーを導入しつつも基本は変わらず!なところ、スゲェ~なと思う。

>「自分の足を運んだもの、見て、聴いたものしか信用しないぞ」
大きくうなずいちゃうね。
コレってどんなに時代が変わろうと、変わっちゃイケナイ部分だと思うな。
トライセラにそういう部分が見えるから、ちゃーちゃんは認めてるし褒めるんだろうね。
  1. 2008/01/08(火) 11:53:18
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:私もちゃーちゃんに褒められたい(笑)

>DPGくん
ナイスなコメント・タイトルをありがとうね!
爆笑しちゃったよ♪
なんかくれっ!!ってとこね。(笑)
いいよっ、これからね、ちょうど送るところよ~
待っててね。
それと<ギター愛>と<音楽愛>も一緒に乗っけるので、受け取ってちょうだいね!

ちゃーちゃんが褒めるというのは、かなりイケてないとね。^^

そうだったんだねぇ。。。
DPGくんはちゃーちゃんのファンが長いから、知ってることが多いから、ちゃーちゃんの発言は
アタマに入ってるんだろうね。
80年代は商業主義にどんどん音楽が流されていって、ナマの感じが無くなって行ったものね。
当時のちゃーちゃんは、危機感を感じたんだろうね。

イベントで、ちゃーちゃんがトライセラをステージ袖で見てた方がいらして、
その時の眼差しがあったかだったよ、って聞きました。

「自分の足を運んだもの、見て、聴いたものしか信用しないぞ」
これって、ネット上のことも当てはまるよね。
TVもそうだけど、本当じゃないことまで、なんだかホントのように聞こえたり、見えたり。
気が付くと、あらら~あれはホントのことじゃないのね、なんてことが多々あるよね。

トライセラとRIZEの合同写真、今年も掲載されてたよ。
金子さんちのあっくんと、トライセラの林くん、
お顔が似てるんだよね。
(それ、和田さんが最初に言ってた)
ジェシーくんと自分の育った環境について、似てるところがある、と文章を書いたこともあって、
(お父さんがどちらもスゴイ方)
和田さんたちにとっても親子共々、親近感があるのかもしれないね。

トライセラ・コラボやるよー!
今週やりますよ~♪よろしくね。

80年代のCharを再び聴いてみようって思いました。


  1. 2008/01/08(火) 16:07:35
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/575-8223a35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Char×TRICERATOPS:ビートルズ・セッションとギター今昔

だいぶ前に文字起こししたままだった、Char×トライセラトップスのjam~ビートルズ編~を
お届けします。
このラジオはJ-WAVEで8年前にCharとトライセラがjamった時の様子ですが、
お友達のご厚意で、この音源及び、ギター会話を聴くことができました。
当時、番組を聴いていなかった方、最近ファンになった方に、楽しんでもらえたら
いいな、と思っています。

8年も前のトークを載せたくなった理由のひとつに、
Charがジェシーくんと活動時期が同期のトライセラを、どんな風に見てたか?という点と、
ギター今昔について、いい話をしてたので。

それでは続きをどうぞ。↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Char×トライセラ(主に和田唱)のギターについて

Char(以下、C):みんなが使ってるのは、50年代とかの古いものだよね。
新しいものも使ってみようと思ったことはある?

トライセラ和田くん(以下、W、当時24歳):50年代のは、基本的に高いです。
メインで使ってるのとかは、70年。(←この時のギター、今使ってるものではないかも)

C:楽器が何年生まれかはともあれ、50年代からある楽器。メーカーとしてある。

W:機能は何も変わってない。それ、凄いですよね。

C:彼ら(トライセラのこと)と1世代違うにしても、使ってる楽器、出したい音が一緒って言うのは、俺が20歳の時、
20年後はどうなってんのかな?って思ったわけ。

W:あぁ、進化して、いろいろ変わってるんじゃないかって、思ったんですね。

C:特に80年代とか、あんまり人間が介在してない、コンピューターだとかは別にして、
ギター、ドラム、ベースのアナログが、どんどん無くなって、打ち込みのシンセ・ベース、シンセ・ドラム、下手すると、ギターは居ない!みたいな時代があった時に、
あぁ、もう終わりかなと思ったんだけども。
この間、トライセラを見て、何だよ、使ってる楽器、頑張れよ~お前ら!!って。
俺も頑張るからよ~みたいな?!
そこに行き着いたのは、音がいいからかな?

W:音、そうそう、そのスタイルが好きだったんですよ。ギター持って立って歌ってる、そのスタイル。
自分達がカッコいいと思ったのが、最初からそのスタイルだったから。

C:新しいものでも、(ギター)いいものがあれば、きっとそれを使うんだろうけども、なかなか超えられるものって、無いよなぁ。←しみじみ。

W:無いですね。

C:60年代って、楽器的に言うとピークを迎えちゃったのかなぁと思うんだよね。
その後、いろんなものを作ったじゃない?シンセギターだとか、8弦ベース、6弦ベース。
ドラムにしてもシモンズとかあったよなぁ・・・。
結局ここに戻って来るのは、ましてトリオの音楽をやろうと思ったら、そこに行っちゃうよな。
オンタイムで聴いて来て、ここに行ってくれたんだ、ってのが嬉しいし、それでまた昔の音じゃないしね。決して。
俺、楽器も喜んでると思うよ。←Char、トライセラを褒めてます。

和田、佳史、林3人声を上げる:今の、イキ(粋)ですね!←Charの発言に対して。

C:マジで、俺なんか弾かされてっから!!その日のノリで。←てやんでぇ!な江戸っ子Charですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
THE GREAT SKELETON’S MUSIC GUIDE BOOKTHE GREAT SKELETON’S MUSIC GUIDE BOOK
(1998/12/02)
TRICERATOPS

商品詳細を見る

トライセラのスタジオLive演奏:Mirror
ジミヘン・コード。私はこの曲と同じ、ジミヘン・コードのイントロで始まる<ROCK MUSIC>で好きになったんだけれど、
一曲惚れの要因は、実はジミヘン・コードに即反応してたんだ、ということに、後で気付いたのです。

C:俺もいい曲だと思う!!行け~!!
↑Charが曲紹介でこう言ってるのは、ジミヘン・コードとリフが大いに関係してると思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Let It BeLet It Be
(1990/10/25)
The Beatles

商品詳細を見る

Char×TRICERATOPSのビートルズjamナンバー:One After 909

W:Charさんが今日は、リード・ギター担当で!(前回の”Stone Free”は主に和田さんだった)

C:カバーって、結構やるの?

W:カバーは、デビューしてすぐの頃は必ずやってましたね。最近はオリジナルの曲が増えて来たんで、そうでもないですけど、スタジオではよくやりますね。

C:究極的な質問だけどさ、どう考えてもジミの曲(前回のjimi Hendrix jamのこと)にしても、ビートルズにしても、
オンタイムじゃないわけじゃないですか。その辺の情報っつーのは、どうやって自分たちで得て来たの?

W:ビートルズだったら、よく聞く名前だったし、知りたくなったんですよね。
自分から全部探して行った感じです。意外と周りには居なかったし。

C:そのことがね、彼らの音楽性とかそれ以外、例えばヒットチャートを賑わせている人の面白いところは、
自分の足を運んだもの、見て、聴いたものしか信用しないぞ」っていうのがあると思うのね。
だけどちょっと前までは、そうじゃなかったじゃない?
プロデューサーが作り込んで、歌わされてた、ってのがずーっと続いてて。
それが、俺ん時と反対で、同じことが起こってる。
俺の時は、全く情報が無かった。雑誌も無いし、洋楽紹介してくれるところも無いし。
街に出て行って、話で、「コイツ面白いらしいよ」とか、ムチャクチャハズレもあるんだよ。
「Charオマエ、これ、カッコいいんだよ!」
「おぉーっ!」ってお年玉貯めてたのを使って、買って、
「なんじゃこれはーっ!!」ってのもあったし。(笑)
「カントリー・ウエスタンじゃねえかよ!」
いいものはいいんだけど、俺の趣味じゃなかったの。ほとんど。
彼ら(トライセラ)のを聴いてると、やらされてる感じが全く無いのね。
それは、俺の年代から聴くと、誰のフレーズか分かるんだけども。それをそっくりにやろうとは思ってないし。
それがいいところだし、いろんな人に支持されてるところじゃないのかな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和田さんも、デビュー当時は、水色のFenderムスタンングを一時所有してたのです。
御茶ノ水で年代ものが、10万円くらいで入手できたそうですが、手放すのは早かったですね。
最近、blog写真で1回だけ、オレンジ色のようなムスタングを持ってる和田さんが写っていたんだけど、
公式サイトにはまだ説明がUpされていないので、新入りらしいムスタングが、その後どうなってるかは不明です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Charとトライセラの対談は、その後Charが総合プロデュースを務めた、FMラジオ番組のゲストで再び機会がありました。

和田さん:「Charさんとは、ずっと前に1度番組でセッションしましたよね。」←この時のセッションが、上記のjamだったのです。

Char:「和田くん、今メインは何使ってんの?」
和田さん:「335!ES-335です。」
Char:「おぉ~335!林くんは?」
林くん「Fenderのプレベ(プレシジョン・ベース)です。」
Char:「プレベ!」
林くん:「めちゃくちゃ高かったです。」
Char:「吉田くんは?まぁいいや!(笑)」
メンバー:「(爆笑)」
という感じで和やかに会話してました。

また機会を作って、ぜひCharとjamでもゲスト対談でもいいので、企画してもらいたいですよね。
関連記事

コメント

[title]:会話もセッションだよね♪

charちゃんの視点、なるほど~でした♪
既存の音をそのままじゃなく、どう壊して、どう新たに作ってオリジナルに変えていくか、これはたいへんだろうけど、やりがいもあって、オモシロイでしょうね。
その音作りにも楽器が重要だし、アンプにもこだわるだろうし、昔からの良さを活かしつつ、今の音になってる!っていう
出来上がり♪
こういう記事を知って、改めて音楽を聴けるなんて素晴らしいね♪スノちゃん!
それにしても、charちゃんも楽しい!最後の会話(笑)
吉田さん~私も爆笑ですぜ!

ジミ・ヘンのコード、一曲惚れ、後から気づいた・・・ってね、
きっと、それこそ昔からスノちゃんの中にそのコード好きの基があったのか、いつの間にか備わったものなのか、どっち?^^即反応!だと、前者に近いかなー。
  1. 2008/01/05(土) 07:19:04
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:80年代に危機感。

>ムーミンさん
ちゃーちゃんの視点、ホントにいつも感心して聞いたり、見たりしてます。
ムーちゃんが書いてくれてる通りで、会話がもう、セッションだよね。

この時、和田さんが24歳だから、今だったら、また違ったオモロイ会話が成立しそう。
共通項はスティービー・ワンダーもあるし、ストーンズもだし。
和田さんは
「俺もよっちゃんみたいに、ちゃーちゃん、って呼びたいよね」ってラジオで言ってたことがあったの。

Charのいろんな過去の映像や、発言、インタビュー等を見せてもらったりしてるんだけど、
31、2年音楽業界をずっと引っ張って来て、
Charを超える人がなかなか現れない、と言われる中、
Char自身が息子さん・ジェシーくんとほぼ同期活動中のトライセラを、
あったかーい眼差しで見てくれてたことも、私にとっては嬉しかったの。

私の場合、Charを好きになったきっかけのひとつが、トライセラだったのです。
ブルースロックの入り口がトライセラだったのね。
そして、みんなジミが好きだったり、ビートルズが大好きで、
ギター、楽器と音楽を、「心底愛おしい」って思ってて。

年代も世代も越えて、やっぱり素晴らしい~!!
ってこのラジオを聴いて改めて思ったなぁ~。

Charはいつもユーモアに溢れてて、毎度笑わせてもらってます。

ジミは、トライセラの和田さんが直接のきっかけなんだけど、その前に重要なキーマンが一人いるの。
ジミヘン・コードに即反応したのは、元々ギター好きで、
高校の時から大好きなKenji Jammerこと鈴木賢司くんかもしれない。
ケンジャーくんもジミが大好きな人で、(ギタリストやミュージシャンにファンは多いけれど)
多分10代の頃にどことなく、そのコードとか、ジミのエッセンスが刷り込まれてるんだろうなぁ、って今思っています。
  1. 2008/01/05(土) 22:35:08
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:オレも褒められたい(笑)

楽しく読ませてもらいました♪

相変わらず読み易く書いてくれてるね。
途中でスノちゃん自身の感想も入れて…ライターさんみたいっ(褒めたから何かちょーだい!笑)

ちゃーちゃん、80年代の憂鬱についてよく語るよね。
それだけショッキングで、でも負けるか!って思いだったんだろうなぁ。
それでいて「Psyche」あたりで上手くテクノロジーを導入しつつも基本は変わらず!なところ、スゲェ~なと思う。

>「自分の足を運んだもの、見て、聴いたものしか信用しないぞ」
大きくうなずいちゃうね。
コレってどんなに時代が変わろうと、変わっちゃイケナイ部分だと思うな。
トライセラにそういう部分が見えるから、ちゃーちゃんは認めてるし褒めるんだろうね。
  1. 2008/01/08(火) 11:53:18
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:私もちゃーちゃんに褒められたい(笑)

>DPGくん
ナイスなコメント・タイトルをありがとうね!
爆笑しちゃったよ♪
なんかくれっ!!ってとこね。(笑)
いいよっ、これからね、ちょうど送るところよ~
待っててね。
それと<ギター愛>と<音楽愛>も一緒に乗っけるので、受け取ってちょうだいね!

ちゃーちゃんが褒めるというのは、かなりイケてないとね。^^

そうだったんだねぇ。。。
DPGくんはちゃーちゃんのファンが長いから、知ってることが多いから、ちゃーちゃんの発言は
アタマに入ってるんだろうね。
80年代は商業主義にどんどん音楽が流されていって、ナマの感じが無くなって行ったものね。
当時のちゃーちゃんは、危機感を感じたんだろうね。

イベントで、ちゃーちゃんがトライセラをステージ袖で見てた方がいらして、
その時の眼差しがあったかだったよ、って聞きました。

「自分の足を運んだもの、見て、聴いたものしか信用しないぞ」
これって、ネット上のことも当てはまるよね。
TVもそうだけど、本当じゃないことまで、なんだかホントのように聞こえたり、見えたり。
気が付くと、あらら~あれはホントのことじゃないのね、なんてことが多々あるよね。

トライセラとRIZEの合同写真、今年も掲載されてたよ。
金子さんちのあっくんと、トライセラの林くん、
お顔が似てるんだよね。
(それ、和田さんが最初に言ってた)
ジェシーくんと自分の育った環境について、似てるところがある、と文章を書いたこともあって、
(お父さんがどちらもスゴイ方)
和田さんたちにとっても親子共々、親近感があるのかもしれないね。

トライセラ・コラボやるよー!
今週やりますよ~♪よろしくね。

80年代のCharを再び聴いてみようって思いました。


  1. 2008/01/08(火) 16:07:35
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/575-8223a35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。