スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:人間:吉川晃司

吉川って、ファンではない一般の方々からは「ちゃらちゃらしてる」もしくは「クール過ぎる」等々、人としてあまり宜しくないイメージがいまだにありそう。
カッコだけ、みたいな?
でも熱いときは思いっきり熱いゼ!(あえてカタカナのゼにしてみた)でも優しいときはとことん優しいんだよ、って人間味溢れる音楽やってるんだよね。
攻撃的だと思えば、悩んで葛藤したり。
このアルバムはそういう意味でも動と静がバランスよく入ってると思う。

イケイケな吉川とナイーブな吉川。
両方とも好きなんだな。
  1. 2007/11/29(木) 23:40:16
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:

The Gundogsはロックですよね~!

実際コピーしてみて、
キーにスケールアウトした音とか入ってて、
枠にとらわれないロックな曲だなぁて思いました。

ah-ha-haってとこも、
かなりオリジナリティありますしね!
  1. 2007/11/29(木) 23:42:11
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:DPGさんの話にのって…

僕もかつて、ライブ映像見るまでは、
クールな格好つけた人っていう
イメージありました(すみません!)

ライブ映像見て、傍若無人!
ここをこう動こうなんて、
イチイチ気にしちゃいねぇぜ!
この人はとっても熱い
カッコイイ人なんだぁ!て感激して、
そっからノメリこみましたね(笑)
  1. 2007/11/29(木) 23:45:49
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:イメージ向上委員会発足中

>DPGくん
その通りな気がしてます。
晃司くんも、よくインタビューで話すことなんだけど、
デビュー時のイメージがずーっと付いて廻ってて、
未だにモニカの人、とか言われることがあるのだとか。
封印したくなったこともあるくらいだったのだとか。

ちゃらちゃらしてる、っていうのは、武勇伝のせいかなー?
電話BOXを、酔って担いだとか?!

吉川晃司=東京タワーが見える高層階のマンションで、裸にブランデー、シャム猫を抱いてるイメージなんだってよ!!
なーんて笑いながら、晃司くんは自分でボケてましたが。

「俺は、木より高いところはニガテ!!」って言ってるのにねぇ。


熱いゼ!アツイゼ~!!
Oh Yeah~!!
だけど優しい歌も歌うんだゼ~。

そうなの、攻撃的なところはね、そういう状況によくなっちゃうからみたいです。
優しさとそういうところ、両方あるのよ、きっと。

私もどっちも好きだなぁ。
どんな晃司くんも、酸いも甘いも。
いいところも、そうでないところも。

愛されてるよ、晃司くん♪
23年も第一線だよ。
誰もフォロワーがいない。
マネしてもいないよね。(モノマネは除く)


  1. 2007/11/30(金) 00:56:10
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:コピーしてみて分かる、あの難解さ。

>Ryuheiさん
Ryuheiさんは、コピーというか、晃司くんのフレーズとかを研究してる訳で。

そんな中、これは難しいコードだ、リフだ、進行だ、って言い始めると、
晃司くんって改めて凄いなーって思えることでしょう。

いつも曲ができるまでに、かなり時間を費やしてる方じゃないかな?と私は思っています。

a-ha~のところも、晃司くんの鼻歌みたいでありつつも、
他の人がやりそうにないことを、ポン!とやってみる。

やっぱり、リフ1つでも、世の中に出尽くしちゃってるものを、
どうにかして、自分の形にすることを、あらゆる方法でやってる人だと思ってます。
そこをもっと評価されてもいいよね。

音楽雑誌はなかなか、そこまで取り上げないそうです。
掘り下げてくれる媒体があれば、晃司くんの良さはもっと認知されそうですよね。
  1. 2007/11/30(金) 01:05:58
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:クールなカッコつけ野郎くんのイメージ。

>Ryuheiさん
やっぱり!!(笑)
そう思ってる人、まだあちこちにいそう・・・。

某バンドの人(←私の好きな人ね)も、晃司くんとは接点があるはずだけど、
これまで、一言も名前が出て来たことがない。
晃司くんと同世代の広島のミュージシャンとはいっぱい接点があるんだけどなぁーって。

晃司くんのイメージって、TVから来てる部分が大きいのかなー?

Ryuhieさんは柔軟なんだと思うなぁ。
違います、絶対こうです!って決め付ける人も多い中、
柔軟だと思います。

見方を変えてみる、メガネをちょっとはずしませんかー?って言ってみたいな、私。

とはいえ、伝わる人には伝わってるから、
後は晃司くんのよさ、音楽性を知ってもらうことに意味がある、そんな風に思ってますよ。

イチイチ気にしちゃぁいねーぜ!ってところ、カッコいいね~♪

  1. 2007/11/30(金) 01:13:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:激しいほどの熱さ&メガネ

The Gundogs、大好きな曲♪です!はじめて聴いたとき、
♪俺が最後のRock`n roll 無敵の牙を見たいか
 地上最後のRock`n roll ピンボール・ウィザードは死        なない
「カッコイイーカッコイイ~~♪最後まで見続けちゃうよー!聴き続けるよ!」(笑)と思って、トップ25にしばらく君臨(笑)しておりました。
イントロからすでに激しいじゃないですか、Rockしてる。間奏のギター・ソロ、めちゃくちゃカッコイイし!
まことさんと吉川さんの共演、もの凄かったですよ、今年のCCレモン。カッコ良過ぎてミトレテシマイマシタ♪

で、そんな背景の基にできた曲だったとは、つゆ知らず。
血が逆流するようなシュチュエーション、そしてナイフを投げ捨てるような、投げ捨てざるを得ない状況というは、もの凄く辛いこと、悔しいことでもあったんでしょうね。
どおりで、それで聴いてると、血が煮えたぎるような気分にもなるし、スッキリ気分にもなるし、逃げずにやるぞー!という気持ちにもさせてくれる曲になってるんですね。
合点がいったわ!
あとね、マシンガンジョー♪も同様にスッキリする曲。こちらも大好きです。
自分の中にもたま~にある激しさ、普段は何かあった時にそれこそ、裏も表も撃ちまくることができない口惜しさをこの曲を聴くことによって、解消させてもらってるのかも!と思いました。

メガネで見られるのも、見るのも好きじゃないので、スノちゃん、me too.
私もはずして見てますよ(笑)私なりにだけど。
でも、友達にはメガネはずしたら曇って見えるんじゃない?なんておバカな笑えることを言われたことがあり・・・だ~から~、メガネはずすってことは心の眼で見ることでしょ~と(笑)
これって難しいね、でもRyuheiさんのようにふっと何かのきっかけや必然が巡ってくるものなのかも。

優しい曲ね、吉川さん♪いっぱいあるよね。
ひとりで迷う 寂しさよりも
ふたりで気づく 切なさが怖い
これ、意外と経験している人、いるんじゃないかと思うんだけど(特に若い頃には)そうでもないのかなー?
ひとりだと、寂しくてもどうにかできたりするけど、ふたりで気づくとお互いの思いやそれによっての距離感とか、どうしようもないセツナイことがでてきちゃうよね。
寂しいからと言って誰でもいいわけじゃないし、だったらひとりでいて色んなこと、迷ってる方がいいや、ラク。と思う気持ちとでも言いましょうか。
  1. 2007/12/01(土) 22:43:02
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:最後のロック

>ムーミンさん
大好き、って嬉しいねぇ。
この曲が好き、っていうファンの方はとても多いみたい。
晃司くんがこういう曲を書いて、歌うことによって、
スッキリしたわ~って感じるんだと思います。
よしっ!って奮い立たせてくれる曲なのかな。

俺が最後の。。。ってところ、80年代デビュー組の最終が晃司くんだそうです。
佐野さん、大澤さん、そして俺らで最後か?って言ってました。
フォロワーがいないのも、一代限りな感じがするのも、
俺が最後の・・・なんだと思います。

♪マシンガジョー
さぁハデにやるぜ ガソリンは満タン
↑いいねぇーこういうところ。
イキがいいねぇ!!
こういう人が、ホントに少なくなって来てるの。

おりゃおりゃー行くぜ~しっかり付いて来いよー!!
あっ、でも優しい歌も歌えるようになったんだよ、なんて言ってる晃司くんであります。

ムーちゃんが書いてくれて、スーッキリしました。
ここをね、分かるよ~って方がなかなか・・・ね。

ひとりだと、そうなのよ、何とかなるのよ。
2人だとせつないのよ、私も一人がラクだーっていうのがなーんか分かっちゃうのね。
複数からもう、関係性が出て来るからなんだよね。

メガネは私もなるべくかけないように、と心掛けてみていますが、
間違ってるかも?と思うこともあるの。
心の眼で、あなたをまっすぐに、しっかりと見ていたいわ♪
  1. 2007/12/02(日) 01:33:17
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:

複数関係ね、これもわかりるですよ。こっちは若い頃よりも、悩む度合いがかなり違ってくるかな。
今の年代になると、特にあっちを立てればこっちが立たず・・・に、両方の間で板挟みになったり、ひとりひとりの相手の気持ちを汲んであげられればいいのだけれど、みんなに平等にとはいかないこととかね。
でも、自分の人生でもあるからそこも大事にしていきたいし!
そんな時、音楽聴いて、よしっ!やるぞっ!と力をもらったり、気持ちの切り替え、気分転換だったりするよね♪それがスノちゃんのRock好きにも通じるのかなー?

メガネね、はずして見てる自分が間違ってるのかも・・・というのも、あります。時にそれで痛い目にあったり(笑)そこも自覚しつつ、それでも自分なりにフラットに見ていたいから。
心の眼と心の声を重ねて、泣いたり笑ったりでいいんじゃないかな~^^
  1. 2007/12/02(日) 09:59:43
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:頷きマーチだなぁ。

>ムーミンさん
複数だとその通りだね~、あっちもこっちも、って多くなると
あれもこれも考えることになるものね。

気力Upに音楽が一番の特効薬。
元気がないなぁーって思う時も、嬉しいよ!って時も、
いつもそこには音楽が一緒だったなぁ。

Rockが好きなのは、今、第2の思春期だからでしょうか。(笑)

ホント、そうだね♪心の眼と、心の声だね。
ムーちゃん、きゃ~っ、いいこと言うねぇ!!

もっと笑おうぜ、泣こうぜ、という感じかしら?
  1. 2007/12/03(月) 12:29:41
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/550-e2958023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Gundogs

The Gundogs The Gundogs
吉川晃司 (2002/12/21)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

晃司くんの12月。過去に、よく作品が発売されてた月。
12月に発売されるのはこれまでもたくさんあったよね。

今日聴いたのは、このCD。ミニアルバムの形態で8曲収録。
ジャケットは、漫画家の上條敦士さん。(TO-Y)

<続きを読む>をクリック↓↓

上條さんは、
吉川晃司さんには、こういうスタイルがずっと似合う人でいて欲しい
と雑誌のコラムで書いていた。

劇中の衣装のような、ロングコートとか。
しかもそれが違和感無く似合ってしまうのが晃司くん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
役者、吉川晃司という顔もあるけれど、私はやっぱり音楽の晃司くんが好きなんだよね。
これまでの映画作品、ドラマも見てはいるんだけど、音楽をやる上での”刺激”であればいいと思ってる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

M-1、M-8<The Gundogs>~Dobermann Mix~

Bass:松井常松 さん
Drum:高橋まこと さん

つまり、半分ボウイ
↑この言い方は熊本のDJ:かなぶんやさんが言ってたので、私もそれ以来そんな言い方をしてる。

この曲は、ライブだとテンポ♪200近くまでヒートするので、
参加してる人は毎回燃える曲のひとつ。
プレイヤーもだし、オーディエンスの熱も毎回、どの会場も熱い。
(同曲を、私も全国数箇所で体験して、その凄さを毎回思い知る)

この曲が来ると、来たーーーっ!!!って思う人がほとんだろう。
血が逆流するみたいだものね。

この曲ができた経緯は、私も雑誌のインタビューで知ったのだけど、
「ナイフを投げてるような曲」
と、当時の晃司くんはそんな表現をしてた。
血が逆流するような出来事があったらしい。
それが歌になり、曲になるってのが、吉川晃司流の、Rockなところなんだろうね。

手なづけられやしないさ
指を食われちまうぜ

どうだい?犬のエサになるか?
俺のエサになるか?

               ~The Gundogsより引用~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かと思えば、優しい曲もある。
<星の降る夜に>

ひとりで待つ夜明けを
きっと知り過ぎたせい


どこかから、誰かと一緒にいる方を選べよ、って聞こえて来そうだけど、
晃司くんの場合、

ひとりで迷う 寂しさよりも
ふたりで気づく 切なさが怖い


前にも書いたけど、これ、分かる人いるかなぁ?って。
私はそれ、ちょっと分かるんだよな、って。

M-2~M-7は、Live音源で、2001年のX’mas Carol Drive@Zepp Tokyoのもの。

晃司くんの1枚のアルバムを、ちょっと気にして聴いてみたら、こんな風になっちゃったけど。

人となりが出るよね。それが音楽性なんだもの。

関連記事

コメント

[title]:人間:吉川晃司

吉川って、ファンではない一般の方々からは「ちゃらちゃらしてる」もしくは「クール過ぎる」等々、人としてあまり宜しくないイメージがいまだにありそう。
カッコだけ、みたいな?
でも熱いときは思いっきり熱いゼ!(あえてカタカナのゼにしてみた)でも優しいときはとことん優しいんだよ、って人間味溢れる音楽やってるんだよね。
攻撃的だと思えば、悩んで葛藤したり。
このアルバムはそういう意味でも動と静がバランスよく入ってると思う。

イケイケな吉川とナイーブな吉川。
両方とも好きなんだな。
  1. 2007/11/29(木) 23:40:16
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:

The Gundogsはロックですよね~!

実際コピーしてみて、
キーにスケールアウトした音とか入ってて、
枠にとらわれないロックな曲だなぁて思いました。

ah-ha-haってとこも、
かなりオリジナリティありますしね!
  1. 2007/11/29(木) 23:42:11
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:DPGさんの話にのって…

僕もかつて、ライブ映像見るまでは、
クールな格好つけた人っていう
イメージありました(すみません!)

ライブ映像見て、傍若無人!
ここをこう動こうなんて、
イチイチ気にしちゃいねぇぜ!
この人はとっても熱い
カッコイイ人なんだぁ!て感激して、
そっからノメリこみましたね(笑)
  1. 2007/11/29(木) 23:45:49
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:イメージ向上委員会発足中

>DPGくん
その通りな気がしてます。
晃司くんも、よくインタビューで話すことなんだけど、
デビュー時のイメージがずーっと付いて廻ってて、
未だにモニカの人、とか言われることがあるのだとか。
封印したくなったこともあるくらいだったのだとか。

ちゃらちゃらしてる、っていうのは、武勇伝のせいかなー?
電話BOXを、酔って担いだとか?!

吉川晃司=東京タワーが見える高層階のマンションで、裸にブランデー、シャム猫を抱いてるイメージなんだってよ!!
なーんて笑いながら、晃司くんは自分でボケてましたが。

「俺は、木より高いところはニガテ!!」って言ってるのにねぇ。


熱いゼ!アツイゼ~!!
Oh Yeah~!!
だけど優しい歌も歌うんだゼ~。

そうなの、攻撃的なところはね、そういう状況によくなっちゃうからみたいです。
優しさとそういうところ、両方あるのよ、きっと。

私もどっちも好きだなぁ。
どんな晃司くんも、酸いも甘いも。
いいところも、そうでないところも。

愛されてるよ、晃司くん♪
23年も第一線だよ。
誰もフォロワーがいない。
マネしてもいないよね。(モノマネは除く)


  1. 2007/11/30(金) 00:56:10
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:コピーしてみて分かる、あの難解さ。

>Ryuheiさん
Ryuheiさんは、コピーというか、晃司くんのフレーズとかを研究してる訳で。

そんな中、これは難しいコードだ、リフだ、進行だ、って言い始めると、
晃司くんって改めて凄いなーって思えることでしょう。

いつも曲ができるまでに、かなり時間を費やしてる方じゃないかな?と私は思っています。

a-ha~のところも、晃司くんの鼻歌みたいでありつつも、
他の人がやりそうにないことを、ポン!とやってみる。

やっぱり、リフ1つでも、世の中に出尽くしちゃってるものを、
どうにかして、自分の形にすることを、あらゆる方法でやってる人だと思ってます。
そこをもっと評価されてもいいよね。

音楽雑誌はなかなか、そこまで取り上げないそうです。
掘り下げてくれる媒体があれば、晃司くんの良さはもっと認知されそうですよね。
  1. 2007/11/30(金) 01:05:58
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:クールなカッコつけ野郎くんのイメージ。

>Ryuheiさん
やっぱり!!(笑)
そう思ってる人、まだあちこちにいそう・・・。

某バンドの人(←私の好きな人ね)も、晃司くんとは接点があるはずだけど、
これまで、一言も名前が出て来たことがない。
晃司くんと同世代の広島のミュージシャンとはいっぱい接点があるんだけどなぁーって。

晃司くんのイメージって、TVから来てる部分が大きいのかなー?

Ryuhieさんは柔軟なんだと思うなぁ。
違います、絶対こうです!って決め付ける人も多い中、
柔軟だと思います。

見方を変えてみる、メガネをちょっとはずしませんかー?って言ってみたいな、私。

とはいえ、伝わる人には伝わってるから、
後は晃司くんのよさ、音楽性を知ってもらうことに意味がある、そんな風に思ってますよ。

イチイチ気にしちゃぁいねーぜ!ってところ、カッコいいね~♪

  1. 2007/11/30(金) 01:13:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:激しいほどの熱さ&メガネ

The Gundogs、大好きな曲♪です!はじめて聴いたとき、
♪俺が最後のRock`n roll 無敵の牙を見たいか
 地上最後のRock`n roll ピンボール・ウィザードは死        なない
「カッコイイーカッコイイ~~♪最後まで見続けちゃうよー!聴き続けるよ!」(笑)と思って、トップ25にしばらく君臨(笑)しておりました。
イントロからすでに激しいじゃないですか、Rockしてる。間奏のギター・ソロ、めちゃくちゃカッコイイし!
まことさんと吉川さんの共演、もの凄かったですよ、今年のCCレモン。カッコ良過ぎてミトレテシマイマシタ♪

で、そんな背景の基にできた曲だったとは、つゆ知らず。
血が逆流するようなシュチュエーション、そしてナイフを投げ捨てるような、投げ捨てざるを得ない状況というは、もの凄く辛いこと、悔しいことでもあったんでしょうね。
どおりで、それで聴いてると、血が煮えたぎるような気分にもなるし、スッキリ気分にもなるし、逃げずにやるぞー!という気持ちにもさせてくれる曲になってるんですね。
合点がいったわ!
あとね、マシンガンジョー♪も同様にスッキリする曲。こちらも大好きです。
自分の中にもたま~にある激しさ、普段は何かあった時にそれこそ、裏も表も撃ちまくることができない口惜しさをこの曲を聴くことによって、解消させてもらってるのかも!と思いました。

メガネで見られるのも、見るのも好きじゃないので、スノちゃん、me too.
私もはずして見てますよ(笑)私なりにだけど。
でも、友達にはメガネはずしたら曇って見えるんじゃない?なんておバカな笑えることを言われたことがあり・・・だ~から~、メガネはずすってことは心の眼で見ることでしょ~と(笑)
これって難しいね、でもRyuheiさんのようにふっと何かのきっかけや必然が巡ってくるものなのかも。

優しい曲ね、吉川さん♪いっぱいあるよね。
ひとりで迷う 寂しさよりも
ふたりで気づく 切なさが怖い
これ、意外と経験している人、いるんじゃないかと思うんだけど(特に若い頃には)そうでもないのかなー?
ひとりだと、寂しくてもどうにかできたりするけど、ふたりで気づくとお互いの思いやそれによっての距離感とか、どうしようもないセツナイことがでてきちゃうよね。
寂しいからと言って誰でもいいわけじゃないし、だったらひとりでいて色んなこと、迷ってる方がいいや、ラク。と思う気持ちとでも言いましょうか。
  1. 2007/12/01(土) 22:43:02
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:最後のロック

>ムーミンさん
大好き、って嬉しいねぇ。
この曲が好き、っていうファンの方はとても多いみたい。
晃司くんがこういう曲を書いて、歌うことによって、
スッキリしたわ~って感じるんだと思います。
よしっ!って奮い立たせてくれる曲なのかな。

俺が最後の。。。ってところ、80年代デビュー組の最終が晃司くんだそうです。
佐野さん、大澤さん、そして俺らで最後か?って言ってました。
フォロワーがいないのも、一代限りな感じがするのも、
俺が最後の・・・なんだと思います。

♪マシンガジョー
さぁハデにやるぜ ガソリンは満タン
↑いいねぇーこういうところ。
イキがいいねぇ!!
こういう人が、ホントに少なくなって来てるの。

おりゃおりゃー行くぜ~しっかり付いて来いよー!!
あっ、でも優しい歌も歌えるようになったんだよ、なんて言ってる晃司くんであります。

ムーちゃんが書いてくれて、スーッキリしました。
ここをね、分かるよ~って方がなかなか・・・ね。

ひとりだと、そうなのよ、何とかなるのよ。
2人だとせつないのよ、私も一人がラクだーっていうのがなーんか分かっちゃうのね。
複数からもう、関係性が出て来るからなんだよね。

メガネは私もなるべくかけないように、と心掛けてみていますが、
間違ってるかも?と思うこともあるの。
心の眼で、あなたをまっすぐに、しっかりと見ていたいわ♪
  1. 2007/12/02(日) 01:33:17
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:

複数関係ね、これもわかりるですよ。こっちは若い頃よりも、悩む度合いがかなり違ってくるかな。
今の年代になると、特にあっちを立てればこっちが立たず・・・に、両方の間で板挟みになったり、ひとりひとりの相手の気持ちを汲んであげられればいいのだけれど、みんなに平等にとはいかないこととかね。
でも、自分の人生でもあるからそこも大事にしていきたいし!
そんな時、音楽聴いて、よしっ!やるぞっ!と力をもらったり、気持ちの切り替え、気分転換だったりするよね♪それがスノちゃんのRock好きにも通じるのかなー?

メガネね、はずして見てる自分が間違ってるのかも・・・というのも、あります。時にそれで痛い目にあったり(笑)そこも自覚しつつ、それでも自分なりにフラットに見ていたいから。
心の眼と心の声を重ねて、泣いたり笑ったりでいいんじゃないかな~^^
  1. 2007/12/02(日) 09:59:43
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:頷きマーチだなぁ。

>ムーミンさん
複数だとその通りだね~、あっちもこっちも、って多くなると
あれもこれも考えることになるものね。

気力Upに音楽が一番の特効薬。
元気がないなぁーって思う時も、嬉しいよ!って時も、
いつもそこには音楽が一緒だったなぁ。

Rockが好きなのは、今、第2の思春期だからでしょうか。(笑)

ホント、そうだね♪心の眼と、心の声だね。
ムーちゃん、きゃ~っ、いいこと言うねぇ!!

もっと笑おうぜ、泣こうぜ、という感じかしら?
  1. 2007/12/03(月) 12:29:41
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/550-e2958023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。