吉川晃司: Club Jungle Tour TARZAN!@両国国技館

Koji Kikkawa Live2007 Club Jungle Tour TARZAN!
8月18日:Birthdayでもあり、ファイナル公演@両国国技館へ行って来ました。
CIMG2237.jpg

晃司くんが、相撲にちなんだシャレた企画をやってみたいなんて話してたんだけど、両国駅で降りて、一緒に行ったメンバーズ爆笑。
寄贈は各社提供。晃司くんのこれまで23年のキャリアだからこそ、後援、主催サイドとこういうシャレたことができるのかな、って思いながら会場へ。
イベンター会社、ラジオ局、TV局からの寄贈。

既にいろんなところでセットリストやレポが書かれてるので、私の視点及び聴点で、ポイントを絞って記事にしました。

8月18日、吉川晃司@両国国技館<続きを読む>をクリック↓↓↓

会場内に入ると、既にスモークが焚かれ、モクモクしている。
照明の効果を強くするため。晃司くんのステージは、スモークは欠かせない。
国技館のキャパは、武道館をややコンパクトにしたような会場。
升席に椅子が3席。前後は余裕があってOK、横幅が狭いかなって
DPGさんと話す。
私のビュー・ポイントは、1階席(アリーナではない)正面一番前。
全体像が見えて、サウンド面でもセンターよりの場所。
今回は階下に、TBSのカメラが入ってたけれど、他にもたくさん撮影隊が入っていたので、DVD化されることを希望。
晃司くんは、ほぼ毎回のツアーを映像化してくれるのが嬉しい。

昨年は東京遠征(初日とファイナル)1ツアー2本、今年も1ツアー2本に参加した。
1年間で4回晃司くんのステージを見たことになるけど、ディスコ・ビート、踊れるロックをメインとしたステージになってから、
楽しくてニコニコしながら参加して来たように思う。

1. TARZAN
登場するまでのシーンは毎回演出がある。
グリーンのスポット・ライトが照らされ、晃司くんのシルエットが浮かぶと、Sold Outの会場1万人弱の歓声がウワーッ!とどよめく。
晃司くんの柔らかく、長い身体のシルエットは、他の誰にも出せないスタイル。

2. プレデター
~MC~
3. ベイビージェーン
晃司くん特有のヴィブラート唱法。
♪ルージュ脱がして~  「して~」っていうところとか。
♪受け止めよう~    「よ~う~」っていうところが。 
記憶では、弥吉淳二・ヤヨッシーくんの足元には、ワウ。
ギターのカッティングがワウワウなのだ。

4. サバンナの夜
5. MODERN VISION 2007

本編での今回のポイントは、この曲を一番楽しみにしていた。
新潟公演でも、ここが一番好きだった。
イントロからもうゾクゾクしてたくらい。ここが一番、来たよ、来たよー!って思ってた部分。
アルバム:「TARZAN」でも、リアレンジされたのが気に入っていて、ぐるぐる廻るリフが、
ライブで更に重厚感を増して解き放たれて行く。
ヤヨッシーくんと、晃司くん、エマさんとのトリプル・ギターは絵的にも映えるけど、音も凄い。

ヤヨッシー&エマさんとのツイン・ギターになって以来、晃司くんはギターを持つ頻度がやや少なくなっている。
次回、年末のセッション(?!)ライブでは、もうちょっとギターを持つ頻度が増えるといいな。

これからは、エンターテイメント性のある体現も大事にしつつ、
プレイヤーとしてモチベーションを上げたら、もっといろんな晃司くんが見られて嬉しいんだけどなぁ。

6. ムサシ
~メンバー紹介~
7. Honey Dripper
8. アクセル

キーは下げているけれども、晃司くんのヴォーカル&体現のテンションが高い。
ヒートしてる時は、晃司くんのヴォーカルは自然とテンポが上がって行き、バンドのテンポも上がる。
<アクセル>では後半、テンポが速くなってるように感じた。
晃司くん曰く、
Rockの醍醐味は、エキサイトな状況に応じて、テンポが速くなること。

9. Love Flower
前回見た公演では、ここでMCあり。
「座って見てくれよ」というアナウンスがあって。
「ノリにくかったら俺たちについて来てくれよ」なんて説明があったけれど、国技館では特に説明せず。

<Love Flower>は晃司くんのヴォーカル、声が特に活きる曲だと思っている。
この日、国技館では晃司くんの低音の魅力が、釣り下がってるPAシステムから放射線状に私達の耳元まで届くという、貴重な体験をした。
つまり、やや上方から、
ホール全体を包み込むように、
音のシャワーのように、
晃司くんの低音ヴォーカルが上方から降ってくるような、
いい音で聴けたのだ。

ここが一番驚いた。
国技館は、音がいいよね、また使えそうだね、ってDPGさんと話した。

次の曲と、音数計算して繋いでる。晃司くんのステージは、割とこういうことを最近よくやってるように思う。
特に、PANDORAツアー辺りから。
ノリ、グルーヴ感を作る→維持する→繋ぐということを意識してるのかな。
全然違うタイプの曲を持って来ると、オーディエンス側もノリが難しくなることもある。
変える時は、MCを入れたり、衣装替えにしたり。

この日も赤いシャツが黒く見えるくらい、汗で上半身びっちょびちょ(晃司くんの表現を使うと、びっちょびちょ)

10. Banana Moonlight
♪俺たちは~Banana Moonlight俺たちを~のせてくれ
ここも低音が放射線状に聴こえて来て、この声の良さで酔わされた。

11. ONE WORLD・・・ライブで聴いて更に好きになった曲。

~アコースティック・コーナー~
12. ロスト チャイルド・・・晃司くんの今の声質には、合っていると思う。
13. 太陽もひとりぼっち
14. Can't Stop The Silence
・・・こちらも今の晃司くんの声質を活かせるし、魅力を出せる曲だと思う。
♪凍りつく~っていうところ、低音がバッチリ出ていて、普通の人だと、カラオケでは同じようには歌えないと思う。
それくらい、オンリーなもの。

15. ジャスミン
16. RAIN-DANCEがきこえる
17. BOY'S LIFE
18. 恋をとめないで
19. Fame & Money
・・・ここも毎回、客席側がヒートする曲。ノッコちゃんダンス(腕をグルグル回転させる)が必ず出て来るから。
20. Juicy Jungle
ステージ袖から、巨大風船が登場。客席側へ。ウェーブのようにふわふわ跳ねる巨大風船。
国技館の天井からは、アニマル風船。
アリーナ席、美味しいよね。
エアー・バナナを持って、茶目っ気たっぷりな晃司くん。
メンバーを小突いたり、追いかけてみたり。子どものようなイタズラっぽい眼差しで。

~En1~

21. Brain SUGAR
久々にこの曲が聴けて良かった。大好きな曲。
トリプル・フライングV!!
スノードロップ名付けて、それをV3と呼ぼう。(Vが3本だから。)

22. ジェラシーを微笑みにかえて・・・意外な選曲だった。私は好きなんだけどね。

~En2~

23. フライデー ナイト レビュー
デビュー時、同郷・広島出身の原田真二さんが作った曲。
原田真二さん自身も、アルバムでセルフカバーしてます。
懐かしいと思ってた人が多かったのかも。
私は懐かしい曲も好きだけど、
新しい曲を今後も求めます。
いい歌をたくさん、今の、その時の晃司くんに、歌って欲しいから。
その時の、晃司くんのMindがあるはずなので、それをどんどん出して行ってもらいたいな、聴きたいなと思う。

・・・TEAM TARZAN・・・

Gt. 弥吉淳二
Gt. 菊地英昭 (ex. THE YELLOW MONKEY)
Ba. 小池ヒロミチ
Key. ホッピー神山
Drs. 坂東慧 (T-Square)

今回はバースデーだけど、MCで少し触れるのみ。
ファイナルだから、敢えてそこに重点を置かないでスルーしたのかなとも思う。
ゲストも他の東京公演で呼んだこともあってか、オリジナルメンバーで最後まで通した。
晃司くんが考えたことだろうから、それでいいと思う。

いい音で晃司くんの声が聴けたし、ファイナルはやっぱりどこかお祭りの打ち上げ花火のような雰囲気がある。
それはどちらかというと、オーディエンス側。

たくさんの人の声援、応援、声・声・声。手・手・手。

晃司くんには、誰にも負けない「華」がある。
関連記事

コメント

[title]:グッジョブ♪

俺が言うのもなんですが、素晴らしいレポです^^
これが本当の意味でのレポなんだろ~ね~
スノちゃんの観点にはいつも驚かされますわ。

今回のこのファイナル。賛否両論の意見もあるようだけど、
楽しもうとするココロとキモチがあれば大丈夫なんだよね!

後に発売されるであろうDVDが楽しみになってきましたわ♪
  1. 2007/08/23(木) 01:02:32
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:打ち上げ花火

スノちゃん、そうですね~!お祭りではあるけれど、打ち上げ花火。
なんか、夏が終わる・・・って感じがしました。

そして、国技館の音、私も良かったと思います☆
あとね、スノちゃんのお耳はすごい!
釣り下がってるPAシステムから放射状に・・・って、観察眼も流石!
私はミラーボール回ってるの観たくて、ちっこくなって覗こうとしたけど、観えなかった・・・
そんなとこにしか、目が行かなくってよ(笑)

そんなことより、今のMindをどんどん打ち出してもらえるのって、嬉しいね♪
それって、新たな挑戦でもあるし。
そして時折、吉川さんの今の声にマッチする以前の曲を歌ってくれたら新鮮かな!

きっと皆さんそうだと思うけど、MODERN VISION 2007は、一番良かった曲になっているのでは?
私も好きです。このツアー中、ギターそれぞれが競い合って認め合って、進化して♪という一曲になってました!
ONE WORLDはとても良く響いてきて、去年の武道館でギターを弾きながらも良かったけど、
今回は、感情をボーカルに徹する事への効果や妙があったと思います。
同じようにLOVE FLOWER やBanana Moonlightでは、低音の魅力が良く伝わってきたライブでした。

私もギターを弾く吉川さん、今後、もっともっと観てみたいです!

  1. 2007/08/23(木) 01:39:01
  2. URL
  3. ムーミン #7oJUuOnA
  4. [ 編集 ]

[title]:書いた意味があったかな、ちょっとホッとした♪

>かめちゃん
長いレポになってしまったにもかかわらず、読んでもらえたこと、嬉しいです。かめちゃん、さんきゅです!!
おまけに褒めて頂いて・・・(大テレ)
既にレポがあちこちで書かれてる中、わざわざ読んでくれる方がいるかどうか分からないけれど、
書き留めておきたいんだよね。それでこんな風に続いてるのかも。

賛否両論は、晃司くんの場合、アルバムひとつでもいろいろご意見があるみたいでね。
満足とそうでないところで揺れちゃうのかな、私は元気で歌ってくれてるのがまず一番に嬉しいの。

エンタテイメント性維持のために、影でいろいろ努力するような人なのよ。
晃司くん。
それをね、もっとちゃんと見て、ここいいんだよー晃司くんのいいところだよーって、言っていたいなって。
そこに気付くことが大事だなぁ、って思ってるんだよねぇ。

DVD化or映像化されそうなので、チェックしてみようね!
年末もまたDVD化されそうだから、立て続けに映像作品を出すってことだよね。
ファンにとっては嬉しいよね。ぜひお楽しみに~。

  1. 2007/08/23(木) 12:49:58
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:暗い中、音符が見えた・・?

>ムーミンさん
長文のところ、読んでもらえて嬉しいです。
ムーちゃん、ありがとう!!
夏が終わったような気分だよね、今・・・。

音がシャワーのように振ってくるように聴こえたのは事実です。
演出上、ステージは明るく、会場は暗いんだけど、音のシャワーが
♪音符になって見えたような、そんな感覚でしたよ。

実は前回のライブで「外傷性難聴」を起こしちゃって。
毎回大音量の中に身を置くと、耳鳴りが激しくなって、前回通院治療しちゃったんです。
今回は、音が良くて、見た位置も、空間で音を聴ける距離感だったのが良かったかな。

ムーちゃんと同じく、私も今の声で、晃司くんに合った、晃司くんの歌いたい曲も聴きたいです。
敢えてこんなことを書いたのは、やっぱり新しいCDを買う人が少ないことを知ってるから、そこを何とかしてみたくてね。

それと、新しい曲、作ってください!演奏してください!届けてくださいね!っていうのは、
モチベーションをガッと上げる言葉だと思っていてね。
新しい曲を待ち望んでる人がいるから、またライブ会場で会いたいです、っていう意味も込めてます♪

MODERN VISION 2007、アルバムに入った時は、これを何でアルバムにまた入れるの?って思ってた方がとても多かったんです。私は好きだったんだけど、リフがカッコいいから。

ライブではこんなに評判がいい、ということは、これをリアレンジしたのは大成功!!ですよね~。

晃司くんの魅力満載で、それが溢れる場所、やっぱり大きな会場が似合いますよねー。
ライトに浮かび上がる、晃司くんのシルエット、見惚れちゃいましたよね。



  1. 2007/08/23(木) 13:05:06
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:さすがですたいっ、師匠!

思わず左門豊作になってしまったけど(笑)

音楽的でありながら読み易い…スノーさん節炸裂でんな(関西!?)
LIVE中にオレ、こんなに同意したっけ?と変な汗出まくりで読ませていただきました~。
確かに音響面では新鮮な感じを受けたなぁ。
会場の作り的には必ずしもLIVE向きか?だけど。

MODERN VISIONはね、COMP時代からお気に入りなんですよ。
歌詞の乗っけ方が絶妙というか。
頭の ♪ひどく気まぐれな都会のサガに~ の部分からゾクゾクっと。
勿論布袋さんのメロもイイんだけど、やっぱり吉川の歌詞の乗っけ方!
これも吉川オンリーの魅力、武器だと思うんです。

あ、あと個人的には「太陽もひとりぼっち」が好き。泣いちゃう~。
「RAIN-DANCE…」の、イントロをツインギターで、ってのも初体験だったんで面白かった♪
…って、なんでオレ自分とこでこういうの書かないで此処で書いてるんだろ?
スノーさんマジックだ!きっと(笑)

めちゃくちゃなコメになっちゃったんで、このへんでv-222
  1. 2007/08/23(木) 18:37:54
  2. URL
  3. DPG #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:日本語歌詞の乗っけ方

>DPGさん
うふふふっ、同意したというか、DPGさんが升席のことを振ってましたわよーん。
音のシャワーは、私:「低音がこういう風に降って来るようにいい音で聴こえましたよねー」って言ったら、
DPGさんが、ここ、また使えそうな場所だね、って(笑)

スノー節なんやねぇ(爆・関西風)
同じライブを観てるから、観て、聴いてるポイントがそう変わらないのかもしれないですね。
晃司くんオンリーの魅力、武器でしょう!!
独特の歌詞の折込、乗っけ方は晃司くんならではですよね。

MODERN VISIONは、ここ最近好きになりました。
「ドーン、ドーン、ドーン、ドーン」って打ってるところが好きで。
DPGさん、まだ書き足りない?もう1個記事を書いてみますぅ?

♪人と同じ 幸せ掴みたいキミと~←女性の心理だけど、私はむしろ逆。
同じよりも違う方がいいなぁ。

♪人と違ってる 幸せ掴みたい僕と~←男性心理に近い。
思い出しました?泣けます?

そしてTBSカメラから、TBSドラマの話になりました。
「待つ女」の気持ちが分かる、せつなさよ。

マジックに掛かった!うふっ、何だか魔女みたいだなぁ。
では魔法を掛けよう。国技館の次に行く場所へご案内しましょう!
Next open・・・某ライブ?!

  1. 2007/08/24(金) 02:13:34
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:もう1週間経っちゃったんですね・・・

スノードロップさん、こんばんわ。
レポ読みながら、記憶蘇る~~って状態で「うるうる」きています。笑。
ホントいつもいつも、スノードロップさんの観察力、考察力、文章力&「耳」には唸らされています!
「放射状の音」・・・・そうですね、確かに「包み込まれるような」感覚を覚えています。
あー、でも私の場合、「これで終わっちゃうんだ」という気持ちの方が強くって、細かいことはいいから楽しもう!力の限り踊って手を振り上げよう!としか思っていなかったかも・・・(><)
「ファイナル」にありがちな総集編って感じでもなく、寂しいって気持ちよりも、「次」を感じることができて、「待ってるよ~」って気持ちの方が強いです。
なんだろ?そんなふうに「前」を向かせてくれる晃司くんはやっぱりすごいなーと思います。
「次」が楽しみです。


  1. 2007/08/26(日) 00:05:00
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:あっという間の時間、空間でしたね。

>三日月姫さん
記憶はまたDVD等の形で、映像が出たら、蘇ってくるかもしれませんね。楽しみですよね。

照明や音は良かったんですよ。今までに無い「音の体感」をしまして。
ボディソニック状態というか、晃司くんの低音ボイスが
シャワーのように降って来て、何とも言えないいい音の空間だったのです。

三日月姫さんと同じく、私も「晃司くんのライブと共に、夏が終わってしまうんだなぁ」なんて思いながら見ていました。
昨年と今年のツアーは、自然と身体が動いちゃうようなものだったので、
会場、ホール、晃司くん、
Team Tarzanとの一体感がより強く感じられるのかもしれないです。

応援する気持ちがあって、次、待ってるね!という気持ち。
晃司くんにも届いてくれるといいなぁって思います。
晃司くんも、待ってろよーな気持ちなのでしょう。

うふふっ、毎度嬉しい言葉をコメントしていただいて、ありがとうございますっ♪♪
耳は決して良い方じゃないのですが(ほぼ毎回、ライブの大音量に負けて外傷性難聴になるので・・・)
大音量に強く、しっかりダイレクトに聴こえる耳が欲しいです。

晃司くんのステージ上での姿は、映えますよね。大きなステージが良く似合うし、映えます。
  1. 2007/08/26(日) 01:34:33
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/441-9fd96f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

両国国技館(改)

行ってきましたぜ!両国の駅に近づき、ふと外を見る。「何じゃあれ!人多っ!」思わず電車の中でデカイ声を発してしまいました。会場に着き、今回ご一緒した方たちと記念撮影!場内を見た瞬間、ステージのデカさと近さに驚き!「うわ~っ!めっちゃ近い!めっちゃ近い!」…
  1. 2007/09/20(木) 18:43:23
  2. ギター少年Rの日記

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物