スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/307-a749a248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

和田さんからの影響力=Guitarへの憧れ

トライセラトップス・和田さんによってまたギターを弾きたいと思うようになった、ということを書いてみようと思う。

和田さんによって、弾かされたという感じ。弾かされた、と言っても強制の意味ではなく、
和田さんのギタースタイルに惹き付けられたという意味。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はFCマガジンが届いて、私が和田さんに対してずっと思っていて、気になっていたことが書いてあったので、
そのアルバムとか、ギャロッピング奏法について書いてみたいと思う。
まず和田さんが紹介していたのが、上記アルバム。
カントリーのアルバムで、十分にROCKのルーツでもあり、ストーンズもかなり影響されている。和田さんは最近、このアルバムを聴いたそうだ。
20070422174643.jpg

私はトライセラトップスの出す音で、ブルージーさとROCKを感じる部分が大好き。
もちろん、メロディの良さ(美しい!)センスは説明しなくてもみんなが好きなところだと思うけれど、
私は敢えて強調するなら、トライセラのドッカーン!な部分が大好き。
ここでもずっと6th<LICKS&ROCKS>からハマったと書いて来た。

トライセラトップスを聴くようになって、ブルース・ロックが好きだということにも気付く。
そしてブルースを辿ると、もれなくJAZZやカントリーも浮かんで来るのだ。

和田さんが、前から「チェット・アトキンスのようなギャロッピング奏法を目指したい」と話していた。

それじゃぁ、その方向も聴かないと、和田さんが何をしたいかが理解できないだろうし、私も付いて行きたいので、
チェット・アトキンスを聴いてみることにした。レス・ポール氏のトリビュート(コンピレーションCD)も買ってみた。
カントリーもブルース・ロックも、名盤をいろいろ聴いてみた。

奥が深かった。

私が聴いたチェット・アトキンスは2枚。
ベスト・セレクションの方は、ビートルズの曲も入っているし、「サウンド・オブ・サイレンス」「コンドルは飛んで行く」
など、聴いたことがある曲をチェット・アトキンスが弾くというアルバム。
入門する人には馴染みやすい。
ギャロッピング奏法については、チェット・アトキンスが「ギャロップ」をテーマにしたアルバムを出しているし、
聴くと、あぁこういう感じなんだねっていうのが分かるかと思う。
和田さん曰く「超難しいんだよ。」って書いてある(笑)

和田さんがマガジンでコメントしているように、家ではROCKはあまり聴かないというのは分かる気がする。
プロのプレイヤーは大体、普段家では聴かないってどの人も言う。車の中だったり、仕事の合間に
聴いたりしてるみたい。普段大音量に囲まれてるので、敢えて家では聴かないと話す人が多い。


和田さんから受けた影響、本当はまだまだある。これからそれを少しずつ出したい。
和田さんとトライセラトップスに出会っていなかったら、狭いところでこじんまり音楽と触れていただろう。

広がりを持たせてくれて、その上にギターまで持たせ、弾かせた和田唱という人。

やっぱり凄いよ。

*この記事は旧ブログで、トライセラトップス100記事記念に書いたものです。2006年9月20日のもの。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/307-a749a248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。