ヴォーカルの魅力<KATANA FISH>

KATANA FISH KATANA FISH
吉川晃司 (2003/12/21)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

KATANA FISH・・・吉川晃司

ジャケットの裏、表なかなかいい!魚の口と尻尾に注目。
このアルバムはファン以外の人がどれくらい持っているのかわからないけど、
晃司くんのヴォーカリストとしての魅力がギュッと詰まったものだから、
これは紹介しておこう!と。
晃司くんについては人としても、音楽も好きだけど、書いておきたいのは、
ヴォーカルなのだ。歌の上手い人はプロでも一般の人でもたーっくさんいる。
なぜ晃司くんのか、と言うとヴォーカルに色香があるところ。
このアルバムの中に「ブラックサンタクロース」という曲がある。
象徴的なところ、というとココ!

   Uh~ Yesが生まれた
   その夜にNoと言うの?

「Uh~」と「No」のところに晃司くんのヴォーカルスタイルがギュッと
詰まってる。
スポーツで人格作ってるからさぁ、といつも話しているけれど、
肺活量も腹式呼吸もノドからのあのヴィブラートもなかなか他の人には
出せないものではないかと思う。近くで観た人、ライブDVDで観た人は
歌ってる時のノドに気づいた人もいると思うけど、凄い・・・
特にツアーで言うと「Love JellyFish」はヴォーカルに相当
重点を置いてやっている。生で聴いた時も震えがくるほどだったけど、
「痺れた」という表現を使えるならこの時かも。

晃司くんのライブはテンポが速い。曲によってはテンションがハイだと200
くらい行くそうだ。3ピースライブでは遅めに設定されてて私はそれを楽しん
だけど、このヴォーカルを活かすとしたらテンポはミディアムかな・・・と。
テンポが上がれば高音が強調されるので、シャウトするところはそれでいい。
中低域のいいところを出すならということで。

「KATANA FISH」の歌詞で、

カタナを愛に 突きたてたまま 刺し違えよう

この表現は、ファンの人にはウケが悪かったそうだ。
これは彼にしか書けない表現で、らしいのだが、一般の音楽ファンが聴いて
どう感じるのかな・・・
一部のわかってくれる人だけに、聴いてもらえればいい、とは思ってないはず。

たまにライブで高校生がいると、嬉しくなるのだとか。新しいファンは掴めると
私は思ってる。渋いとか言われるかもしれないけど、このヴォーカルたまらない
んだよ!と紹介したいところだなぁ。

*この記事は旧ブログよりお引越ししました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/267-9ae456a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物