I WRITE THE SONGS

1997年の冬アイテム、10万枚限定盤。縦型の黒いBOXに、4曲ソングを含む。
KOJI KIKKAWA「I WRITE THE SONGS」
当時、「君のために作った」という表現だったような。

1.星の降る夜に
2.冬の夜
3.終わらないSun Set
4.Merry Christmas To You

音楽を文字で表すのは難しいことなのかもしれない。いつもそう思うけど、このアイテムはあの
渋谷陽一氏も唸った1枚だったので、クリスマスを目前に紹介したい。

当時のCDレビューを引用すると・・「CDジャーナル」データベース
全作詞・作曲を本人が手がけた、完全限定プライヴェート盤。吉川の歌には自分の感情+アバンギャルドな
世界という図式が成り立っていたが,本作ではもっと身近に彼を感じさせる。年齢的にもそろそろ円熟期。
ここから枝葉を伸ばしてどうなるか注目だ。

アバンギャルドねぇ・・・さて渋谷陽一氏のインタビュー記事も面白い。
「いいですよね、今回詞が特に」
「俺は結構、吉川晃司を知る上ですごく大きな作品かなという気がしてて。」
「星の降る夜にのイントロがバーンと始まった時、{あ、コレ吉川君。}って感じが俺はしたけどね」
「{星の降る夜}にで見えてる吉川晃司をちゃんと見せてないから、また一面的に理解されちゃう訳で」
「作っといて限定にするからいけないんだよ。ちゃんと聞かせなきゃ。そこで照れが入るじゃん。吉川晃司の。」
「限定じゃなく、みんなに数多くの人に聞いて頂きましょうよ」
「しかもこれが吉川晃司の楽曲、作詞、アレンジでこういう形になってるってことが重要な訳ですよ、吉川さん。」
           ・・・・bridge1998年2月号より引用・・・・

珍しく渋谷さんが誉めた。誉めた言葉に対してヘソ曲がりな晃司くん。このやりとりが面白くて、
未だにこの雑誌は宝箱に入ってる。

私もこのアルバムは好きだ。冬だからどよーん、としててもそれはいいだろうし、長いキャリアの中で
いろんな試みをやっているのも、そういうところも含めて。
それと、やっぱりこのアルバムに関してはヴォーカルがいい。声の魅力がよく出てると思っていて。

でも限定だからねぇ・・・渋谷さんのおっしゃる通り。

*この記事は旧ブログよりお引越ししました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/265-74fca4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物