スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/253-49092086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉川晃司×高橋まこと ~Player対談その1~

吉川晃司くんと二人のプレイヤー対談が掲載されたのを覚えている方もいるかな?
この当時、目は通したはず。晃司くんが<Player>に出るようになった!!と嬉しくなったものだ。

あまり中身の記事を多くは引用できないけれど、<Player2003.3月号>より。
吉川晃司×高橋まこと

対談の場所は晃司くんのスタジオ。いつも思うけれど、間接照明で、壁にズラーッとヴィンテージ・ギターが並んでいる
様子を見ると、晃司くんはスター!!と思う。
高橋まことさんは、私、ずーっと群馬の方だと思っていた。BOOWYが群馬だから(笑)福島なのね。

対談の内容は、お二人の出会いからスタート。晃司くんと布袋さんが知り合ったのは鈴木賢司くんの紹介で、
という内容から。
晃司くんが、氷室さん&布袋さんと知り合った頃は、二人に眉毛が無かった時だったそう(笑)←ここが笑える。
<暴威>だった頃かな?公家の人という表現。

晃司くんは、あまりパンクの方は通らなかった。学生時代のギターヒーローは、
マイケル・シェンカー
(奥田くんもそうだったような?1965年広島同世代、マイケル・シェンカー派多し。)
ディープ・パープル→レインボーが好きだったそう。それは、<FOREVERROAD>を聴くと判るよね。

実際コピーしてたのは、フュージョン系だったりして、マライアの土方隆行さんのカバーをやっていた。
その土方隆行さんで、思い出した!晃司くん、土方さんとギターやってるよ。
<Shyness Overdrive>で土方さんが参加している。きっとお会いしたんだろうなぁ。
そういうところに、今頃気づいた。もっとちゃんとそういうところを見てあげないといけなかった。
昨夜、このアルバムを聴いて、今まで以上に愛おしく思えた。
このアルバムは、山弦の佐橋さんと小倉さんも参加している。

高橋まことさんと、晃司くんは更に80’sの音楽について語る。
晃司くんがユーリズ・ミックスが好きだというのは知っていたものの、
デイブ・スチュアートが大好きでアルバム全部持っているのだそう。

晃司くんのスタイルを辿って行きたいので、聴いてきたルーツを今ずーっと遡っている。
どうしても<吉川晃司>という人に注目が集まるけれど、音楽面をもっと追ってみたいなと思う。
アルバムでは、BASS、ギターはもちろんのこと、ドラムもある程度自分でパターンを作る。

器用で職人気質のある人だと思うけれど、あまりそこをオープンにしていないため、そう思われてないのが悔しい。
そんなわけで、今後もそういった<いいところ>をピックアップしようと思う。

次回は後藤次利さんとの対談の模様をお届け予定。

*この記事は旧ブログより移動しました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/253-49092086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。