スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:もう2年経ちますか

中越地震から2年ですか。
愛知でも結構揺れたのを覚えてます。

AFTER THE RAIN~朱いChina~
は、天安門事件を歌ったものと知った瞬間、
歌の重みや、歌に込めた想いを感じましたが、
新潟公演で歌ったことを聞いて、さらに、
吉川さんと、この歌が好きになりました。
吉川さんのこの歌への想いがひしひしと伝わります。
  1. 2006/10/24(火) 02:47:57
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ニュースで2年前…って言ってて、20th武道館で一緒になった方に(新潟の方だったかな?)この話を聞いたのを思い出してました
さっきCOMPLEX19901108のこの歌観ましたよ
実際に被災された方々の気持ちは、到底分かる筈もないけど…
晃司のこの歌で、少しの勇気を貰えたなら嬉しいですね
そして、あの日その場所でこの歌を歌ってくれた晃司にも同じファンとして感謝です
  1. 2006/10/24(火) 06:19:11
  2. URL
  3. kumi #-
  4. [ 編集 ]

[title]:思う気持ち、手を差し伸べる勇気

<Ryuheiさん>

震度5は体感したことが無かったので、船酔いのような揺れで余震がいつまでも続いた記憶があります。郷里へ帰省する時、仮設住宅と高速道のひび割れ部分を見ると、その時のことを思い出します。

晃司くんが天安門事件のことを歌ったものですが、そこには晃司くんの思いが込められていて、悲しみ、やりきれなさとせつなさも
受け止めた上での言葉が並んでいますよね。
「雨上がりの街が やがておとずれて」・・・実際の街もそうだけれど、「心の雨上がり」も含めて書いてあるのです。
そこに晃司くんが気づいて書いてる、私はそこがいいなって思います。
人の痛みや、気持ちが分かるって大切なことですよね。
この時、晃司くんは24、5歳でこの曲を書いてます。
Ryuheiさんも、この曲のいろいろな部分を受けて、晃司くんとこの曲が好きになりました、って書いてくれていますが、それは私も嬉しいです。
  1. 2006/10/24(火) 08:32:10
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:19901108を見たくなりました♪

<kumiさん>
20th@武道館で新潟公演に参加された方と一緒だったなんて、偶然ですね~♪
kumiさんが、COMPLEXの<19901108>を観ましたよ、って書いてくれていたので、私も今日これを観たいと思います。そうしたら、またここで記事を書こうと思っています。

被災したあの場所、親戚が昔住んでいた場所だったので、雰囲気が分かるのです。元々寒い地域の、忍耐強い県民性なので、余計に内側に来るものがみんなあったんじゃないかと、私は推測しました。
あの後、被災された方からも、ラジオ番組にメールが来ていました。
あの場にいた人たち、みんなに勇気や元気が晃司くんからスーッと胸に届いたのではないかと思います。
歌、曲、音楽にははやっぱり力があるなと思いました。
それと同時に、晃司くんにもその力が備わっている人だなと改めて思った場面でした。
こういう気持ち、ファンとしては嬉しいですよね!
  1. 2006/10/24(火) 08:43:41
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:AFTER THE RAIN~朱いChina~

新潟の皆の心に真っ直ぐに届いたのでしょうね。
皆、そんな時だからこそ、ライブで会いたい!と思って出かけたのではないかな。
現実では途方に暮れながらも、また一つの現実として吉川さんの優しさや気遣いが伝わってきて、頑張ろうっていう気持ちにつながったのでは。と、思いました。
忘れられない宝物の思い出ですね?
偶然ですがここ最近ずっとCOMPLEXの曲を聴いてました。特にこの曲、(アルバムとライブ盤の両方)なんか吉川さんが素直に歌ってるのがとても好きで。あと、私の中ではTHE WALL(この曲はベルリンの壁崩壊の時の曲かな?)ともセットになっています。戦争・闘争・分断がKey Word.的な歌なんでしょうけど、吉川さんが感じた思いを詩にしてくれて歌ってくれている通り銃を薔薇に持ち替えて、誰の胸にも宿る幸せの天使の気持ちを皆が思い出してくれたら、戦いのないPEACEな世の中になるのにね。
  1. 2006/10/24(火) 14:07:02
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:語らず歌う方法で

<ムーミンさん>
このライブのMCでは、地震や災害については、敢えて語らず、それを歌で届けたところが、またジーンとしちゃった部分です。
ある1曲が、人の気持ちを解く。そこに音楽の力があるのでしょうね♪
ムーミンさんは、COMPLEXのアルバムを聴いていたんですね~。私も今座っている机の上に2枚置いてあります。
晃司くんがアルバム<グラマラス・ジャンプ>を最後に新たなことをするために、休みますと言って、ジャーン!と出てきたのが
布袋さんとのCOMPLEXでした。
シングル発売日、街角の有線で、<BE MY BABY>が流れて来た時、晃司くんの声を久しぶりに聴いた時はとても嬉しかった記憶があります。
ムーミンさんが書いてくれた通り、ヴォーカルが素直ですよね。
そしてあの時、「歌詞がハッキリ聞こえて、エッジの効いたヴォーカル」になっていて驚きました。
<THE WALL>はそうです、ベルリンの壁です。私も
ムーミンさんと同じ気持ちで世の中のことを考えています。

COMPLEXの記事も書きたいと思っています。あの頃の晃司くん、女子目線で見ても、かなーりカッコいいですよね☆
  1. 2006/10/24(火) 20:11:19
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:語らず歌う

どんな言葉より一つの歌に込められたメッセージ。スノードロップさんや皆の心のど真ん中に、ジ~ンとド・ストライクだったでしょう。貴重な体験でしたね!
一言も触れずって吉川さんらしくもあり、多くを語らずっていう男気も感じちゃいます。一つの歌によって救われる事があって言霊・音霊の力ですね。感謝です。
★心の雨上がりスノードッロプさんのフレーズ、とってもイイですね!!私、雨の日はどちらかと言うと、苦手でしって・・・でも、この雨の終わりにがとても好きなんです。好きな理由がそう!雨が止んだ後のすがすがしさがあるから、希望が持てるんですよ~。それって、心の雨上がりだったんですね!気付かせてくれてありがとう!
  1. 2006/10/25(水) 00:24:12
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:素直なヴォーカル

「誰の胸にも宿る幸せの天使」の気持ちを
皆が思い出してくれ、ということ、
「雨上がり」は「心の雨上がり」を意味してること、
地震や災害について、敢えて語らず、歌で届けたところが、
また、吉川さんの人間性は素晴らしいと、さらに思いました。

「歌詞がハッキリ聞こえて、エッジの効いたヴォーカル」
「ヴォーカルが素直」
やっぱり誰が聴いてもそうなんですね!
歌詞がすごいストレートに伝わってきます。
例えば「JUST ANOTHER DAY」の
♪外れっぱなしの EVERYDAY
やること なすこと 疲れるだけで 無駄に終わる
♪狂いっぱなしの EVERYDAY
何でもいい 誰でもいい 俺にチャンスをくれないか
のところ、すごく伝わってきます。
あと、何と言っても1990。
1990は僕が歌っても、あんな風に歌詞に説得力をもたせて
歌うことができません。
  1. 2006/10/25(水) 00:42:28
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:雨上がり

<ムーミンさん>
そうなんですよね、晃司くんのどこが好きか?という答えで多いのがその「男気」ですよね。
男性ファンが多いのも、あの醸し出してる雰囲気とか、心意気に惹かれている人が多いなというのを、私も感じます。
晃司くん自身も、「雨上がり」の体験があるからこそ、書けるのでしょうね。私が一番強烈に残っているフレーズは、「ブラック サンタクロース」の中の、
<ほんとの暗闇 知る者が 光を知る>これは経験した人にしか書けないもので、深い歌詞におぉ~っと思った部分です。

ムーミンさんも、晃司くんが好きなみなさんも、きっと吉川晃司くんという人、歌を通して、たくさんの「気づき」を得ているのだろうと思います。
よかったです、こういう形で晃司くんのことを掘り下げられることが嬉しいです。
  1. 2006/10/25(水) 08:50:55
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:意識したのでしょうね

<Ryuheiさん>
COMPLEXで新たなスタートをした<BE MY BABY>。ここでは明らかにヴォーカル・スタイルが変わっています。
気持ちからそうなったのか、布袋さんのプロデュース力によるものなのか、分かりませんが、際立ってハッキリしてました。
意志みたいなものが、声に乗っかって表現されたのかもしれませんが、私にはそんな風に聴こえました。

今も、またライブで歌詞にかなり意識、感情をかなり込めて表現されているのを、この間の武道館でも感じました。
音作りも、そこに重点を置いてるそうです。
Ryuheiさんのように、実際に歌ってみるといろいろ分かることがありますよね。
説得力か・・・なるほど!それは歌い手として重要な部分ですよね。日本語で届ける訳ですから、そこは大切ですよね~。
  1. 2006/10/25(水) 08:57:06
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:「気付き」をありがとう★

吉川さんを通してばかりではなく、スノードロップさんのコメントによって気付かされる事が多いですよ!!良く掘り下げて下さってます。いつも、ありがとう!!
詩を一つ一つ丁寧に歌ってくれるのって、リスナーにとっても嬉しいですよね。こないだの武道館では、自分も歌って踊って!に夢中で、吉川さんが歌詞に感情を込めて歌っていた事すら気付きませんでした・・・(笑)今度はちゃんと聴くぞ~!!
そして、トライセラトップス、TOKUさんの記事も読んでますよ~!!まだまだ勉強不足ですが、いつかコメントできたらイイな~!
プロフィールのフォトも雨上がりの今日の空のようで、気分爽~快★おやすみなさい
  1. 2006/10/25(水) 23:36:25
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:この場をお借りして追伸

Ryuheiさんは、これからが勝~負ですよ!!説得力も何もかも未完成から皆スタートするんですから。色んなギターテクニックと共に色んなヴォーカル・スタイルにもトライして下さい。人生の旅は続く・・・!ねっ、スノードロップさん!
  1. 2006/10/25(水) 23:49:20
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:武道館の記憶

<ムーミンさん>
武道館の記憶、そういえば私もかなり飛んじゃってます。あの場に居合わせただけで、まずとてつもない幸福感が私の中ではありました。武道館という場所、晃司くんの立ち姿、開演前に出会ったみなさん、東京にいること・・・全てが日常とは違う場面だったので、ふわ~っとした気分でした。
晃司くんのMCをすっかり忘れてしまっていて、後でミランカを観て、DVDが発売されたら記憶がどんどん戻って来るような気がしています。
ムーミンさんが、あったかい言葉を書いてくれたこと、本当に嬉しいです。場所を変えてここまでやってみて良かったなって思っています。

Ryuheiさんへのメッセージ、きっと届いてますよ♪
人生の旅は続く・・・OH~YEAH!!その通りだぁ~☆
  1. 2006/10/26(木) 08:55:16
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ムーミンさん

届いてますよ♪
人生は自己の成長だと思っております。

武道館の記憶、僕もかなり飛んでいます。
  1. 2006/10/27(金) 18:50:14
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/22-aaeecb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LIVE GOLDEN YEARS TOUR 2004

今日は10月23日。中越地震から2年が経過した。私はこの年、郷里に1年間戻っていた。
地震が起こった翌朝から毎日ヘリコプターが物資を運ぶ為に、家の上空を往復するという状況で事の重大さを知る。私は直接被害は無かったけれど、親戚で水道と電気、ガスが停止になった為、何日間か避難生活を強いられた人もいた。
高速道路も上越新幹線も、途中の線路、道路が寸断された為、東京へはまっすぐ行けない。
丁度、晃司くんも新幹線の全線復旧の2日前に、新潟公演が行われた。
その前日は、仙台公演でライブ終了直後、雪降る中を深夜車で向かって来てくれたらしい。もちろん作業も移動も徹夜だったことだろう。
koji

セットリストは、武道館ライブなどと同じだったけれど、最後のアンコールで、
「他は全部同じセットリストでやりますが、ここだけちょっとやろうと思ってる曲があるんで、聴いてください。」
ここだけ特別にだったのだ。7月に水害があり、10月に地震があり、ニュースで毎日報道されていたのを、晃司くんも見ていたようだ。

それは<AFTER THE RAIN~朱いChina~>
COMPLEXの<ROMANTIC 1990>に収録されているラストナンバー。
作詞:吉川晃司

街中を その頬を 流れる涙を
無駄にしないで あきらめないで

誰の胸にも やどる幸福(しあわせ)の天使
悲しい事ばかり続かない

吹き荒れる 時の嵐 追い風に纏って
奇跡を起こすのさ 残された勇気で


アコギ1本(Taylor)で歌ってくれた。滅多に歌で泣かない私もこの年の大変だったこと、辛かったことが全部フラッシュバックして、泣きそうになった。
今、思い出してもそこだけ特に浮かび上がるシーンだ。

歌い終わった後、大きな歓声と拍手が起こった。あの会場にいた人たちが、みんなこの曲に集中し、この詩が、一人ひとりの胸に届いたことだろう。
翌日、FMラジオでもあの場にいた人からメールも来ていた。
20thという特別なライブ。ここで参加できたことが何よりも嬉しかった。

また必ずここで逢おうね。次のツアーも待ってるからね。
関連記事

コメント

[title]:もう2年経ちますか

中越地震から2年ですか。
愛知でも結構揺れたのを覚えてます。

AFTER THE RAIN~朱いChina~
は、天安門事件を歌ったものと知った瞬間、
歌の重みや、歌に込めた想いを感じましたが、
新潟公演で歌ったことを聞いて、さらに、
吉川さんと、この歌が好きになりました。
吉川さんのこの歌への想いがひしひしと伝わります。
  1. 2006/10/24(火) 02:47:57
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ニュースで2年前…って言ってて、20th武道館で一緒になった方に(新潟の方だったかな?)この話を聞いたのを思い出してました
さっきCOMPLEX19901108のこの歌観ましたよ
実際に被災された方々の気持ちは、到底分かる筈もないけど…
晃司のこの歌で、少しの勇気を貰えたなら嬉しいですね
そして、あの日その場所でこの歌を歌ってくれた晃司にも同じファンとして感謝です
  1. 2006/10/24(火) 06:19:11
  2. URL
  3. kumi #-
  4. [ 編集 ]

[title]:思う気持ち、手を差し伸べる勇気

<Ryuheiさん>

震度5は体感したことが無かったので、船酔いのような揺れで余震がいつまでも続いた記憶があります。郷里へ帰省する時、仮設住宅と高速道のひび割れ部分を見ると、その時のことを思い出します。

晃司くんが天安門事件のことを歌ったものですが、そこには晃司くんの思いが込められていて、悲しみ、やりきれなさとせつなさも
受け止めた上での言葉が並んでいますよね。
「雨上がりの街が やがておとずれて」・・・実際の街もそうだけれど、「心の雨上がり」も含めて書いてあるのです。
そこに晃司くんが気づいて書いてる、私はそこがいいなって思います。
人の痛みや、気持ちが分かるって大切なことですよね。
この時、晃司くんは24、5歳でこの曲を書いてます。
Ryuheiさんも、この曲のいろいろな部分を受けて、晃司くんとこの曲が好きになりました、って書いてくれていますが、それは私も嬉しいです。
  1. 2006/10/24(火) 08:32:10
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:19901108を見たくなりました♪

<kumiさん>
20th@武道館で新潟公演に参加された方と一緒だったなんて、偶然ですね~♪
kumiさんが、COMPLEXの<19901108>を観ましたよ、って書いてくれていたので、私も今日これを観たいと思います。そうしたら、またここで記事を書こうと思っています。

被災したあの場所、親戚が昔住んでいた場所だったので、雰囲気が分かるのです。元々寒い地域の、忍耐強い県民性なので、余計に内側に来るものがみんなあったんじゃないかと、私は推測しました。
あの後、被災された方からも、ラジオ番組にメールが来ていました。
あの場にいた人たち、みんなに勇気や元気が晃司くんからスーッと胸に届いたのではないかと思います。
歌、曲、音楽にははやっぱり力があるなと思いました。
それと同時に、晃司くんにもその力が備わっている人だなと改めて思った場面でした。
こういう気持ち、ファンとしては嬉しいですよね!
  1. 2006/10/24(火) 08:43:41
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:AFTER THE RAIN~朱いChina~

新潟の皆の心に真っ直ぐに届いたのでしょうね。
皆、そんな時だからこそ、ライブで会いたい!と思って出かけたのではないかな。
現実では途方に暮れながらも、また一つの現実として吉川さんの優しさや気遣いが伝わってきて、頑張ろうっていう気持ちにつながったのでは。と、思いました。
忘れられない宝物の思い出ですね?
偶然ですがここ最近ずっとCOMPLEXの曲を聴いてました。特にこの曲、(アルバムとライブ盤の両方)なんか吉川さんが素直に歌ってるのがとても好きで。あと、私の中ではTHE WALL(この曲はベルリンの壁崩壊の時の曲かな?)ともセットになっています。戦争・闘争・分断がKey Word.的な歌なんでしょうけど、吉川さんが感じた思いを詩にしてくれて歌ってくれている通り銃を薔薇に持ち替えて、誰の胸にも宿る幸せの天使の気持ちを皆が思い出してくれたら、戦いのないPEACEな世の中になるのにね。
  1. 2006/10/24(火) 14:07:02
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:語らず歌う方法で

<ムーミンさん>
このライブのMCでは、地震や災害については、敢えて語らず、それを歌で届けたところが、またジーンとしちゃった部分です。
ある1曲が、人の気持ちを解く。そこに音楽の力があるのでしょうね♪
ムーミンさんは、COMPLEXのアルバムを聴いていたんですね~。私も今座っている机の上に2枚置いてあります。
晃司くんがアルバム<グラマラス・ジャンプ>を最後に新たなことをするために、休みますと言って、ジャーン!と出てきたのが
布袋さんとのCOMPLEXでした。
シングル発売日、街角の有線で、<BE MY BABY>が流れて来た時、晃司くんの声を久しぶりに聴いた時はとても嬉しかった記憶があります。
ムーミンさんが書いてくれた通り、ヴォーカルが素直ですよね。
そしてあの時、「歌詞がハッキリ聞こえて、エッジの効いたヴォーカル」になっていて驚きました。
<THE WALL>はそうです、ベルリンの壁です。私も
ムーミンさんと同じ気持ちで世の中のことを考えています。

COMPLEXの記事も書きたいと思っています。あの頃の晃司くん、女子目線で見ても、かなーりカッコいいですよね☆
  1. 2006/10/24(火) 20:11:19
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:語らず歌う

どんな言葉より一つの歌に込められたメッセージ。スノードロップさんや皆の心のど真ん中に、ジ~ンとド・ストライクだったでしょう。貴重な体験でしたね!
一言も触れずって吉川さんらしくもあり、多くを語らずっていう男気も感じちゃいます。一つの歌によって救われる事があって言霊・音霊の力ですね。感謝です。
★心の雨上がりスノードッロプさんのフレーズ、とってもイイですね!!私、雨の日はどちらかと言うと、苦手でしって・・・でも、この雨の終わりにがとても好きなんです。好きな理由がそう!雨が止んだ後のすがすがしさがあるから、希望が持てるんですよ~。それって、心の雨上がりだったんですね!気付かせてくれてありがとう!
  1. 2006/10/25(水) 00:24:12
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:素直なヴォーカル

「誰の胸にも宿る幸せの天使」の気持ちを
皆が思い出してくれ、ということ、
「雨上がり」は「心の雨上がり」を意味してること、
地震や災害について、敢えて語らず、歌で届けたところが、
また、吉川さんの人間性は素晴らしいと、さらに思いました。

「歌詞がハッキリ聞こえて、エッジの効いたヴォーカル」
「ヴォーカルが素直」
やっぱり誰が聴いてもそうなんですね!
歌詞がすごいストレートに伝わってきます。
例えば「JUST ANOTHER DAY」の
♪外れっぱなしの EVERYDAY
やること なすこと 疲れるだけで 無駄に終わる
♪狂いっぱなしの EVERYDAY
何でもいい 誰でもいい 俺にチャンスをくれないか
のところ、すごく伝わってきます。
あと、何と言っても1990。
1990は僕が歌っても、あんな風に歌詞に説得力をもたせて
歌うことができません。
  1. 2006/10/25(水) 00:42:28
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:雨上がり

<ムーミンさん>
そうなんですよね、晃司くんのどこが好きか?という答えで多いのがその「男気」ですよね。
男性ファンが多いのも、あの醸し出してる雰囲気とか、心意気に惹かれている人が多いなというのを、私も感じます。
晃司くん自身も、「雨上がり」の体験があるからこそ、書けるのでしょうね。私が一番強烈に残っているフレーズは、「ブラック サンタクロース」の中の、
<ほんとの暗闇 知る者が 光を知る>これは経験した人にしか書けないもので、深い歌詞におぉ~っと思った部分です。

ムーミンさんも、晃司くんが好きなみなさんも、きっと吉川晃司くんという人、歌を通して、たくさんの「気づき」を得ているのだろうと思います。
よかったです、こういう形で晃司くんのことを掘り下げられることが嬉しいです。
  1. 2006/10/25(水) 08:50:55
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:意識したのでしょうね

<Ryuheiさん>
COMPLEXで新たなスタートをした<BE MY BABY>。ここでは明らかにヴォーカル・スタイルが変わっています。
気持ちからそうなったのか、布袋さんのプロデュース力によるものなのか、分かりませんが、際立ってハッキリしてました。
意志みたいなものが、声に乗っかって表現されたのかもしれませんが、私にはそんな風に聴こえました。

今も、またライブで歌詞にかなり意識、感情をかなり込めて表現されているのを、この間の武道館でも感じました。
音作りも、そこに重点を置いてるそうです。
Ryuheiさんのように、実際に歌ってみるといろいろ分かることがありますよね。
説得力か・・・なるほど!それは歌い手として重要な部分ですよね。日本語で届ける訳ですから、そこは大切ですよね~。
  1. 2006/10/25(水) 08:57:06
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:「気付き」をありがとう★

吉川さんを通してばかりではなく、スノードロップさんのコメントによって気付かされる事が多いですよ!!良く掘り下げて下さってます。いつも、ありがとう!!
詩を一つ一つ丁寧に歌ってくれるのって、リスナーにとっても嬉しいですよね。こないだの武道館では、自分も歌って踊って!に夢中で、吉川さんが歌詞に感情を込めて歌っていた事すら気付きませんでした・・・(笑)今度はちゃんと聴くぞ~!!
そして、トライセラトップス、TOKUさんの記事も読んでますよ~!!まだまだ勉強不足ですが、いつかコメントできたらイイな~!
プロフィールのフォトも雨上がりの今日の空のようで、気分爽~快★おやすみなさい
  1. 2006/10/25(水) 23:36:25
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:この場をお借りして追伸

Ryuheiさんは、これからが勝~負ですよ!!説得力も何もかも未完成から皆スタートするんですから。色んなギターテクニックと共に色んなヴォーカル・スタイルにもトライして下さい。人生の旅は続く・・・!ねっ、スノードロップさん!
  1. 2006/10/25(水) 23:49:20
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:武道館の記憶

<ムーミンさん>
武道館の記憶、そういえば私もかなり飛んじゃってます。あの場に居合わせただけで、まずとてつもない幸福感が私の中ではありました。武道館という場所、晃司くんの立ち姿、開演前に出会ったみなさん、東京にいること・・・全てが日常とは違う場面だったので、ふわ~っとした気分でした。
晃司くんのMCをすっかり忘れてしまっていて、後でミランカを観て、DVDが発売されたら記憶がどんどん戻って来るような気がしています。
ムーミンさんが、あったかい言葉を書いてくれたこと、本当に嬉しいです。場所を変えてここまでやってみて良かったなって思っています。

Ryuheiさんへのメッセージ、きっと届いてますよ♪
人生の旅は続く・・・OH~YEAH!!その通りだぁ~☆
  1. 2006/10/26(木) 08:55:16
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ムーミンさん

届いてますよ♪
人生は自己の成長だと思っております。

武道館の記憶、僕もかなり飛んでいます。
  1. 2006/10/27(金) 18:50:14
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/22-aaeecb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。