スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:Cloudy Heartは

僕が吉川さんにのめり込む
きっかけになった曲の1つが
Cloudy Heartです。

「LIVE GOLDEN YEARS Expanded 0015 Gigantic 2 Days Live」
のCloudy Heartのギターソロ
吉川さんがギター弾くイメージが
あまりなかった上、あんなキレイな
メロディーを弾いてたので、
とても衝撃&感動しました。
壮大感溢れる曲調に載せる
切ないメロディー。
まるで大海原に舞うカモメのような。
メロディアスなギターソロをつくってたら
歌ができちゃったって感じがします☆

ライブで今度はギブソンの
3ピックアップのカスタムで聴いてみたいです。

  1. 2007/02/16(金) 18:37:15
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:FUJIGENでのソロでしたね

<Ryuheiさん>
ここで、Ryuheiさんと会話してましたよね!
あれはヘッドがフジゲンですねーなんて。
こういう会話が出来るの、嬉しかったですよ。
Ryuheiさんが、晃司くんにのめり込む(!)キッカケがCloudy Heartとのこと。
運命の1枚、1曲ですね☆
晃司くんは、デビュー時、自分のことを「シンガー」と表現していました。
今もその要素はあると思うし世間一般的なイメージは、吉川晃司=ヴォーカリスト。
「俺はギタリストじゃないんだよね」って言うのですが、いえいえ、ギタマガが認めたんですよ~
生粋のロック・ギタリストだ、って。

あのライブでの、最後のソロは、私もすごく好きです。
最近・・・あまりそこまで弾かないでしょう?
もっとやって欲しいなって思うから、晃司くんにコミットする機会があったら、
やってくださいっ!!って伝えます。
ヴォーカリストとしてのスタイルに比重を置いたステージがここ最近多いかもしれませんね。
きっとディスコ・ビートも関係してるのかもしれないですけど、晃司くんが今やりたいスタイルなのかな。

壮大なイメージを、ギターでも構築してくれたら嬉しいなぁと思うこのごろです。

ライブで今度のツアー、ギブソンの3ピックアップのカスタムで、のところ。
全く同感です!!v-218
  1. 2007/02/17(土) 23:18:58
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:呼び出されました(笑)

只今、Cloudy Heart聴き入ってる最中でございます^^
あれやこれやと思い出すことが多々・・・(笑)
アップしたら報告に来るんで、しばし待たれよ♪
  1. 2007/02/17(土) 23:57:10
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:かめちゃんのやろやろ!

<かめちゃん>
呼んだよ~v-222ここでコラボやるぅ?って聞いたら、
やろやろ!って言ってもらったから(笑)
準備ができたので、かめちゃんが忘れてたら、あらどうしましょう?ってなっちゃうよ。

コラボ、毎回書いてることだけど、強制にしたくないの。
参加は自由だし、書きたいなぁって思ってくれたら、それはとても嬉しいな、っていつも思っています。
そんな訳で、今コラボやってるから、来て来て~とかってPR的なお知らせは一切しないでおきます。

こっそり、そーっと、がモットーですからねっv-20

おぉ~アルバム聴いてるのね。あれやこれや思い出して、エピソードいろいろ聞かせてね!
では、楽しみに待ってるねっv-219
  1. 2007/02/18(日) 00:37:11
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

結局、あれから一気に書き上げてしまった(^^;
強制じゃないと、やる気になるのかもしれません(笑)
てなわけで、TB貼っておきました^^

スノちゃんの記事は、豆知識を交えつつ、
音楽的な観点からしっかり見てるって感じしたね。
Day by DayのPVは、このアルバムを象徴してるよね。
雪振る線路をひたすら歩いていく晃司の背中に、
哀愁と男のせつなさを感じましたわ。
俺にもあの肩幅をくれ~~!(爆)
  1. 2007/02/18(日) 01:41:58
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:参加ありがとう!!

<かめちゃん>
コラボ第7弾、今回も参加してもらえて嬉しかったです。
寝る時間を割いて、記事を書いてくれたのだろうなぁ。本当にどうもありがとう!!

私の記事は、毎回音楽の視点に絞るようにしてます。
感情の点で書くと、いろいろ出てきそうでさぁ、泣かせちゃうといけないから(笑)

そうそう、Day by DayのPV、雪の中を晃司くんが歩いてるでしょう?日本的な絵で、珍しいよね。
哀愁を感じる背中、20代であの雰囲気を出せるってのも凄いね。
肩幅くれ~っ!って、かめちゃんの肩幅は?実物をそのうち見られるでしょーか。

Romancerは逆にモロッコ?!だったりするでしょう?熱さを感じるよね。
あのギャップが何だか面白かったりもするんだよね。

またのご参加をお待ちしています。
・・・って今後の開催、危うし???
  1. 2007/02/18(日) 11:15:02
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:心のリハビリ的アルバム

昨夜、そして今と久々にこのアルバムを聴いてみました。
この作品でCOMPLEX以降試行錯誤(?)していたヴォーカル・スタイルが確立し、より深い大人の作品に仕上がった気がします。その分前作までの荒々しさや毒気が薄らぎ、バラードは勿論激しい調子の曲調においても吉川の歌声はどこまでも優しい。
確かにこの時期の歌詞は暗く重い。
でもそのダークサイドを前面に出し、それを全否定はせずにゆっくり立ち上がっていく姿が見えるんです。
このアルバムがあるからこそ、次作の「FOREVER ROAD」が生きてくると思うんだな。
そういった意味でも非常に重要な作品ですね、吉川本人にも我々ファンにとっても。

余談ですが、昔つきあってた彼女と「ROMANCER」を聴いてたら「素敵だなぁ。ドキドキしちゃう」って言われた記憶があります。
吉川晃司自体はキライな女性だったけど、作品には感動したみたいで・・・何とも複雑ではありましたね(笑)
  1. 2007/02/18(日) 15:38:54
  2. URL
  3. どらパパG #-
  4. [ 編集 ]

[title]:久しぶりに・・・

コラボ企画参加させていただきま~す!
記事アップしたらTB貼らせてくださいね。
幼稚な感想しか書けないんだけどね(^-^;
  1. 2007/02/18(日) 16:18:21
  2. URL
  3. CoCo #-
  4. [ 編集 ]

[title]:TB送りました~♪

「参加しま~す!」と勢いよく手を挙げたくせに、相変わらず稚拙な文章で・・・。
しかも、この時期、晃司くんから離れてこともあって「思い出」があんまりなくって・・・(汗)
でもでも、このアルバムは大好きです。
晃司くんの伸びやかで深みのある歌声は天下一品だ!とあらためて感じさせられた1枚ですもの!
皆さんのコメント読んで「へぇ~」とか「そっかー」とあらたな発見できるのがコラボ企画のいいところですね。
スノードロップさん、今回も企画ありがとうございました!
  1. 2007/02/18(日) 22:41:03
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ヴォーカリストならではの視点ですね♪

<どらパパGさん>
コラボ初参加ありがとうございます!
コラボをやってみると、皆さんがそのアルバムをまた引っ張り出して、じっくり聴いてくれるんですけど、それも意図することの一つです。
どらパパGさんのコメントでは、ヴォーカリストの視点で書いてくれていたことが、これまでに無い視点でした。
Complex以降、試行錯誤してたヴォーカルスタイル、なるほどいろいろ実験してるような様子が伺えるのですね。
その点は私は気付きませんでした。
曲によって、いろいろ変えてるんだろうなぁくらいしか気付かなかったです。
これは発見!v-218

俺は行くぜ~とか、俺はやるぜ~とか、俺は眠らないぜ~♪
こういった力の入った歌詞と歌い方が表に出てましたものね。
そこから晃司くんの心は段々、内側に入って行ったのかな?
どらパパGさんからの着眼点に、私はとてもフレッシュな気持ちになりましたよ。

余談ですが、のところ。突っ込んじゃうぞ~~
女性の立場から言わせてもらうとですねぇ、
その女性はどらパパGさんに向かっておっしゃったんですよ。
晃司くんのRomancerに引っ掛けて何気なく話した内容ですが、
「素敵だなぁ。ドキドキしちゃう」
実はこれは、きっと隣にいた、どらパパGさんに向かって、面と向かって言えない事を晃司くんに言ってるように話したんじゃないかと思うんですよv-238
私もブログでは、ichiroさん好きですとか
晃司くん大好きとか、和田さん大好きとか言ってますが、
ご本人目の前にしたら毎回固まってしまいます。(和田さんの前ではいつも固まる!)
好きだなんてとても自分からは言いません。(笑)
うふっ、女性心理を読んじゃいました。
それは告白に違いないです。
そういうお話の続きは、飲んだ時に、いっぱいしますよ~。v-222
こんなエピソードが出て来るのも、楽しいですね。
  1. 2007/02/18(日) 23:30:36
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:待ってたよん。

<CoCoちゃん>
コラボに参加してくれる?嬉しいなぁ。
感想や思い出、好きな曲、CoCoちゃんの好きなことでいいのよ~。
それが知りたいんだもんv-254
いろんなエピソードを知って、このアルバムがまたイキイキしてくれるのが嬉しいの。
ではTB待ってまーす。
  1. 2007/02/18(日) 23:37:24
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:こちらこそ、ありがとうございます♪

<三日月姫さん>
ブログへ早速お邪魔して来ました。
私も三日月姫さんと同じ頃、晃司くんのライブから一時、離れてしまいました。
封印期間5年半です。封印するつもりじゃなかったんですけど、状況が状況でして(笑)

CDを聴いて、じぃーーーっと我慢の子でした(笑)
早くライブに行きたい、行きたい~っ!って。
その反動は今になっても消えません。

そんな訳で、このアルバムは毎日ステレオで聴いてました。
東京に住んでいた時なのでちょっと思い出がありますよ。
コラボに参加して頂けて、嬉しかったです。
また機会とテーマがあれば、やりましょうね!

  1. 2007/02/18(日) 23:52:00
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:トラバはできないのですが、参加しますね☆

私の記憶から抜け落ちているのですが、Day By Day と Cloudy HeartはBEST×3やEMI BOXに収録される前から知っていたので、友達の旦那さんが時折貸してくれていた吉川さんのCDの中に、このアルバムがあったかも。 

♪Day By Dayを初めて聴いたのは確か97`で、この詩も曲も、心に突き刺さるようで会話もなく聴き入ってました。曲が終わると親友が一言。「名曲だぁ・・・。」と。
今でもその時車を走らせていた場所、その瞬間を鮮明に覚えています。
それ以来、思い出深い一曲。
そして、最近DVDでPVを観て、益々惚れ込んだ一曲。寂寥感があって、追憶の旅・・・のようで。
最後のフランス語?のテロップにも重みがあって、聖書の一説を思い出すような。

♪Clody Heart これまた、私には最初のワンフレーズ、この歌詞の部分がイタイ、ワカル、セツナイ的な思いがあります。

♪Purple Pain モドカシイ、イタイ、くすぶっている感じが伝わってくる曲。
そして、20th Live DVDを観た時、この曲でグッときてしまいました。

♪Rambling Rose Tonight~!初めから、荒ぶる心の魂の叫びのような歌い方がとっても好きです。(脱線しますが、好きな歌い方として、私の中では同系なのが♪SACRIFICE ♪Brain SUGARがあります。)

♪SEXY 教会のパイプオルガンのような始まり方と心臓の鼓動が聴こえるのが私のお気に入りです。SEXY~って歌いっぷりがイイ!

♪ROMANCER 好きです。 おまえを守りたい 奪うものがあるなら 決して 許しはしない っていう歌詞、女子には恋人からこの歌詞のように言ってもらいたい、この耳で確かに聴いてみたいと思うのではないでしょうか(笑)

94`当時、私は病気で入院生活と自宅療養の身。かなり自分の精神世界が変化した年でした。
入院中に 墓に唾をかけろ  という本を読んでいて、ベッドに置かれていたその本に主治医はギョっとしたのではないかな~?と思います(笑)
内面と現実を見続けながらも、病気に負けるもんか!という強気な昼の自分。
♪Little Heaven  今とても大好きな曲の一つとなりました。 穏やかで前向きに気持ちになれます。
入院中に何度か、背景が真っ黒なコワイ夢を見て、真夜中にハッと目を覚ます事があって。夜は弱気な自分。
夜明けの何処かで 昨日を忘れよう 訪れる朝に ふれるまで  今、この歌詞がとても身に沁みます。

♪Re-Birth  僕が僕であるために 守った  この夢だから という部分、誰もが(女性でも)経験した事があるのでは?と、思い共感できます。

♪Love Way 好きな曲です。メロディアスで意地らしい感じ。この曲、EMI BOXで初めて聴いたはずなのに、初めてじゃないような気がするのは、♪なんでだろう~?

吉川さん、この頃、陰である何かを抱えていたんでしょうけど、この後から、Break Throughしたのかな。陰や闇を突き抜け、新たな世界へ跳んだのかな。と皆さんのコメントを読んで思いました。








  1. 2007/02/19(月) 02:12:34
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:こうやってみると歌詞も浮かび上がりますね

<ムーミンさん>
ブログを持ってない方でも、気軽に参加してもらいたいので、コメント欄を利用して、今後も遠慮なく楽しんで参加してくださいね!

ムーミンさんも深く掘り下げてくれていて、嬉しかったです。
具体的なのは、やはりムーミンさんの体験に基づいたことを書いてくれていたので、
イメージがより一層浮かんで来ました。
♪Day by Dayが「追憶の旅」っていう表現がいいですね~

音的には、シンセの音、パイプオルガンの音色等、プログラミングでもかなり実験的なことをやっていますね。
今はもっとシンプルで音を削る音作りをしているので、今聴くと鍵盤の音が耳に残ります。

♪Little Heavenの歌詞、いいですよね!
夜明けの何処かで 昨日を忘れよう 訪れる朝に ふれるまで  
これは、松井五郎さんが作詞されてますが、土台は晃司くんが作っています。
朝の来ない夜は無い、そんな感じです。
文面からすると、ムーミンさんもこの頃、たいへんな思いをされたことと思います。

音楽のチカラですね!私もそれで幾度と無くチカラになってもらってましたから♪

晃司くんのこの頃、そしてそれ以降がいろいろ大変な思いをしたそうです。
闇を知って光を知る。
体験した人しかこの言葉は言えないですよねぇ。

晃司くんの歌の中には、「浪漫」があると思っています。
人生の旅じゃ、わしは旅するけんのう(広島弁)と語りそうな晃司くんです。

ムーミンさんのコラボに、いっぱい思いが詰まっていて、私もじーんと来ました。
コラボ参加ありがとう!!またぜひお願いします。
  1. 2007/02/19(月) 10:51:45
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:参加

毎度毎度の遅ればせ失礼いたしますv-356
なんか皆さんの記事見てると気がひけるなぁ…すごく深く聞き込んでらっしゃるから。

今回改めて聞き込んでみて、ホントCloudy  Heartなアルバムだったんだな~と思いました。歌詞なんてほとんど丸暗記のはずなのに、しっかり詩として読んでみると苦しいくらいにせつない詩でした。
でも言葉の端々に未来が見えてきている様な、どんよりとした雲が流れて日の光が射してきてる様な感じもします。
いや、晃司自身が雲を蹴散らしている!?
勝手な解釈だけど、晃司の歌う「愛や恋」「君、おまえ」って言うのは恋愛に置き換えた「自分自身の夢」の事かな?
そう考えると「夢」に対しては永遠の片思いで、手に入れても入れても次があって「きりがないぜぇ~」みたいな(笑)

どちらかと言うと私は歌詞よりも曲重視、ノリ重視なタイプなので新鮮でした。
ど~も歌詞見てても曲が出てきて内容が頭に入らないv-388

当時の思い出としては、別のクラスなんだけど晃司好きな男子がいて、合同授業のたびに隣に座って晃司話してました。(お互い別に彼氏彼女がいるのに)
よく怒られたなぁ授業なんて聞いちゃいなかったもん(笑)

  1. 2007/02/20(火) 06:24:04
  2. URL
  3. kumi #-
  4. [ 編集 ]

[title]:私も驚きの連続でしたよ。

<kumiさん>
コラボに毎回参加していただいて、嬉しいです。
私もちょっと気がひけると思うくらい、みなさん濃い内容でした。
コラボすることで、このアルバムをまたじっくり聴いてくれたり、思いを寄せてくれるのが何よりも嬉しいです。
コメントやTBを読んで、気後れしちゃうって方も結構いらっしゃると思いますが、気にせず本当は参加してもらいたいんですけどねぇ。
(アクセス数がこの記事は多いので判るんです)
基本は晃司くんが好き!それでOKなんですよ~思い出、好きな曲ってあると思うので、それをぜひ教えてもらいたいなぁ、というのが私の思いです。

歌詞に関しては、晃司くんの意図することもあるでしょうけど、彼は押し付けるのが嫌いな人だと思うので、それぞれ感じてくれよってタイプですね。

他のミュージシャンのスタイルですが、作り手としては、恋愛などに置き換えてますが、言いたいことや思ってることは、その中に別の形で書いてる人が多いです。
kumiさんが書いてくれたとおりですね。
そうしないと伝わりにくいし、直接的表現はストレート過ぎたりして、敬遠されがちなんだそうです。

オリジナルラブの田島さんは、あることをテーマにしてるそうです。人の3大欲望、欲求のひとつ。
それを歌わないのは歌手として、勿体無いしサボってると思うと話していました。
晃司くんもそれに近いところがあるんですよ(笑)(←具体的表現は避けます)

ノリ重視OKです!私は洋楽がそうですから~楽しむことも大事な要素ですもんねー。

晃司くん話に花を咲かせたの、いい思い出ですね。

  1. 2007/02/20(火) 10:12:29
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:アップしました!

記事をアップしました。
んで、久々にTB送ったんだけど・・・
やりかた忘れたみたい(^-^;
なので、ちゃんと送れてるか心配だわ(笑)
  1. 2007/02/21(水) 22:43:13
  2. URL
  3. CoCo #-
  4. [ 編集 ]

[title]:コラボ参加、どうもありがとう!!

<CoCoちゃん>
TBのやり方を忘れたみたい、ってところにうふふっ。私もあるよ(笑)
FC2に移転して、ちょっとやり方が違ったりしてね、あれ~どうだっけ?というくらい滅多に使わない機能になってますのよん。
CoCoちゃんからのTB、無事届いてます。
参加ありがとうね。これからジャンプしまーす。
  1. 2007/02/21(水) 22:48:32
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/171-5d7760c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コラボ企画Vol.7

久しぶりの晃司ネタですそして久々のスノーさん提案のコラボ企画です。今回で7回目ですね~前回私はお休みしちゃったんだ今回のテーマはアルバム「Cloudy Heart」です。このアルバムの中で印象が強い曲を
  1. 2007/02/21(水) 22:40:53
  2. くだらん日記

痛み許せる 優しさが欲しい

いつもお邪魔しているスノードロップさんが7回目の晃司くんコラボを開催してくれたので、遅ればせながら参加。今回のお題は「アルバム『Cloudy Heart』について」。白状しますと、この時期、晃司くんからは思いっきり離れておりました{/ase/}晃司くんだけでなく、私の音楽
  1. 2007/02/18(日) 22:35:38
  2. 日々是酒酒落落

晃司コラボvol.7

毎度お世話になってるスノちゃんが、またまた吉川晃司コラボをやってくれた今回のお題は アルバム<Cloudy Heart>1994年1月リリースで、ちょうど今から13年前のアルバムだ。「こいつが今まで出し
  1. 2007/02/18(日) 01:34:56
  2. てきとーな日記

吉川晃司コラボvol.7★Cloudy Heart

吉川晃司コラボ、不定期ですが、今回で第7回目です。
Ryuheiさんからのリクエストにより、06’11月にコラボ復活しました。

今回のテーマ:アルバム<Cloudy Heart>
吉川晃司:クラウディ・ハート

このアルバムについて、好きな曲や思い出などをコメント欄、TBでお寄せくださいね。
長文もOKです。初参加も嬉しいです。一度もコメントしたことがなくても、ロムってる方もこの機会にぜひ!

吉川晃司くんファンのみなさまへ。ご参加お待ちしています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
晃司くんがアルバムでギターを弾くようになった訳。ハードディスク・レコーディングについてを続きに記載。
管理人:スノードロップのコラボ記事<Cloudy Heart>は、続きを読むをクリック↓↓↓

晃司くんの10thの前日にこのアルバムが発売された。1994年作品だから、今から13年前の作品。

このアルバムは当時29歳の晃司くんが作ったアルバム。アルバムタイトルが示すように、Cloudy Heartだったらしい。
歌詞をすくってみる・・・

どこかない?
いま やるせない Lonely Lonely Lonely
なってない まだ 持ってない 名前さえ

もう 泣きだしそう すべては  
  ~Purple Painより引用~

曲はギターが前に出ているし、カッコいいフレーズもたくさん出て来ているのだけれど、歌詞がクラウディ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アルバム・タイトル曲<Cloudy Heart>作詞・作曲:吉川晃司
この曲は、好きな曲のひとつ。
歌詞をじっくり読んでみても、深い。想像次第で、いろんな意味がここに含まれている気がしている。
エンディングのギターソロがたまらなく好き。何度か映像にもなっているけれど、これを見るとGary mooreの<Still got the blues>とリンクしたり、シンクロする。

<LOVE WAY>・・・ライブで聴いても、好きな曲。
オーディエンスみんなの手が同じ方向に向かうでしょ?私にとっては、みんなと晃司くんのあの腕が心の流れ星なのだ。

<Day by Day>・・・晃司くんのこのヴォーカルが好き。元々晃司くんの声とヴォーカルが好きなのと、モノクロのPVだな。
北海道で撮影したはず。雪の中の線路を歩くシーンがあるけど、あのイメージがずっとあるのだ。

CDの中には、晃司くん直筆の譜面がある。
ギターは小倉博和さん(ex.山弦)。晃司くんは小倉さんにしばらくお願いしようと思っていたそうだ。
ところが、某ビッグバンドでの活動で、レコーディングに引っ張りだこ。
実は晃司くんが自分でギターをバリバリ弾くようになったのは、小倉さんに依頼できなかったため、とも言われている。

・・・こう弾いてください、って言うのって、凄く失礼だと思うんだよね。
俺はそれを伝えるのが面倒なわけよ。それだったら、自分でやっちゃった方が早いからさ。


晃司くんらしい。自分でやっちゃった方が早い、ってところが。しかしこれは器用な人でないとできない。職人気質の晃司くんはここからマイスタジオ生活に。

そしてここからより一層、晃司くんの腕は上がることになる。ベースもリズムのベーシックもハードディスク・レコーディングの機材一式を自分で揃えたのだ。
この頃、日本のミュージシャンでどれくらいハードディスク・レコーディングをしていた人がいたかは不明だけれど、佐野元春さんと晃司くんは取り入れたのが早かった方だと思う。
今日のスタイルは、レコーディング予算の関係上、段々そういうスタイルが取られている。

このアルバムのBassは吉田健さん。プリプロ・プログラミングは酒井麿さん。
マニピュレーション:菅原弘明さん。
プロデュース&アレンジ:吉川晃司


関連記事

コメント

[title]:Cloudy Heartは

僕が吉川さんにのめり込む
きっかけになった曲の1つが
Cloudy Heartです。

「LIVE GOLDEN YEARS Expanded 0015 Gigantic 2 Days Live」
のCloudy Heartのギターソロ
吉川さんがギター弾くイメージが
あまりなかった上、あんなキレイな
メロディーを弾いてたので、
とても衝撃&感動しました。
壮大感溢れる曲調に載せる
切ないメロディー。
まるで大海原に舞うカモメのような。
メロディアスなギターソロをつくってたら
歌ができちゃったって感じがします☆

ライブで今度はギブソンの
3ピックアップのカスタムで聴いてみたいです。

  1. 2007/02/16(金) 18:37:15
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:FUJIGENでのソロでしたね

<Ryuheiさん>
ここで、Ryuheiさんと会話してましたよね!
あれはヘッドがフジゲンですねーなんて。
こういう会話が出来るの、嬉しかったですよ。
Ryuheiさんが、晃司くんにのめり込む(!)キッカケがCloudy Heartとのこと。
運命の1枚、1曲ですね☆
晃司くんは、デビュー時、自分のことを「シンガー」と表現していました。
今もその要素はあると思うし世間一般的なイメージは、吉川晃司=ヴォーカリスト。
「俺はギタリストじゃないんだよね」って言うのですが、いえいえ、ギタマガが認めたんですよ~
生粋のロック・ギタリストだ、って。

あのライブでの、最後のソロは、私もすごく好きです。
最近・・・あまりそこまで弾かないでしょう?
もっとやって欲しいなって思うから、晃司くんにコミットする機会があったら、
やってくださいっ!!って伝えます。
ヴォーカリストとしてのスタイルに比重を置いたステージがここ最近多いかもしれませんね。
きっとディスコ・ビートも関係してるのかもしれないですけど、晃司くんが今やりたいスタイルなのかな。

壮大なイメージを、ギターでも構築してくれたら嬉しいなぁと思うこのごろです。

ライブで今度のツアー、ギブソンの3ピックアップのカスタムで、のところ。
全く同感です!!v-218
  1. 2007/02/17(土) 23:18:58
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:呼び出されました(笑)

只今、Cloudy Heart聴き入ってる最中でございます^^
あれやこれやと思い出すことが多々・・・(笑)
アップしたら報告に来るんで、しばし待たれよ♪
  1. 2007/02/17(土) 23:57:10
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:かめちゃんのやろやろ!

<かめちゃん>
呼んだよ~v-222ここでコラボやるぅ?って聞いたら、
やろやろ!って言ってもらったから(笑)
準備ができたので、かめちゃんが忘れてたら、あらどうしましょう?ってなっちゃうよ。

コラボ、毎回書いてることだけど、強制にしたくないの。
参加は自由だし、書きたいなぁって思ってくれたら、それはとても嬉しいな、っていつも思っています。
そんな訳で、今コラボやってるから、来て来て~とかってPR的なお知らせは一切しないでおきます。

こっそり、そーっと、がモットーですからねっv-20

おぉ~アルバム聴いてるのね。あれやこれや思い出して、エピソードいろいろ聞かせてね!
では、楽しみに待ってるねっv-219
  1. 2007/02/18(日) 00:37:11
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

結局、あれから一気に書き上げてしまった(^^;
強制じゃないと、やる気になるのかもしれません(笑)
てなわけで、TB貼っておきました^^

スノちゃんの記事は、豆知識を交えつつ、
音楽的な観点からしっかり見てるって感じしたね。
Day by DayのPVは、このアルバムを象徴してるよね。
雪振る線路をひたすら歩いていく晃司の背中に、
哀愁と男のせつなさを感じましたわ。
俺にもあの肩幅をくれ~~!(爆)
  1. 2007/02/18(日) 01:41:58
  2. URL
  3. かめ #.HAIt/Mc
  4. [ 編集 ]

[title]:参加ありがとう!!

<かめちゃん>
コラボ第7弾、今回も参加してもらえて嬉しかったです。
寝る時間を割いて、記事を書いてくれたのだろうなぁ。本当にどうもありがとう!!

私の記事は、毎回音楽の視点に絞るようにしてます。
感情の点で書くと、いろいろ出てきそうでさぁ、泣かせちゃうといけないから(笑)

そうそう、Day by DayのPV、雪の中を晃司くんが歩いてるでしょう?日本的な絵で、珍しいよね。
哀愁を感じる背中、20代であの雰囲気を出せるってのも凄いね。
肩幅くれ~っ!って、かめちゃんの肩幅は?実物をそのうち見られるでしょーか。

Romancerは逆にモロッコ?!だったりするでしょう?熱さを感じるよね。
あのギャップが何だか面白かったりもするんだよね。

またのご参加をお待ちしています。
・・・って今後の開催、危うし???
  1. 2007/02/18(日) 11:15:02
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:心のリハビリ的アルバム

昨夜、そして今と久々にこのアルバムを聴いてみました。
この作品でCOMPLEX以降試行錯誤(?)していたヴォーカル・スタイルが確立し、より深い大人の作品に仕上がった気がします。その分前作までの荒々しさや毒気が薄らぎ、バラードは勿論激しい調子の曲調においても吉川の歌声はどこまでも優しい。
確かにこの時期の歌詞は暗く重い。
でもそのダークサイドを前面に出し、それを全否定はせずにゆっくり立ち上がっていく姿が見えるんです。
このアルバムがあるからこそ、次作の「FOREVER ROAD」が生きてくると思うんだな。
そういった意味でも非常に重要な作品ですね、吉川本人にも我々ファンにとっても。

余談ですが、昔つきあってた彼女と「ROMANCER」を聴いてたら「素敵だなぁ。ドキドキしちゃう」って言われた記憶があります。
吉川晃司自体はキライな女性だったけど、作品には感動したみたいで・・・何とも複雑ではありましたね(笑)
  1. 2007/02/18(日) 15:38:54
  2. URL
  3. どらパパG #-
  4. [ 編集 ]

[title]:久しぶりに・・・

コラボ企画参加させていただきま~す!
記事アップしたらTB貼らせてくださいね。
幼稚な感想しか書けないんだけどね(^-^;
  1. 2007/02/18(日) 16:18:21
  2. URL
  3. CoCo #-
  4. [ 編集 ]

[title]:TB送りました~♪

「参加しま~す!」と勢いよく手を挙げたくせに、相変わらず稚拙な文章で・・・。
しかも、この時期、晃司くんから離れてこともあって「思い出」があんまりなくって・・・(汗)
でもでも、このアルバムは大好きです。
晃司くんの伸びやかで深みのある歌声は天下一品だ!とあらためて感じさせられた1枚ですもの!
皆さんのコメント読んで「へぇ~」とか「そっかー」とあらたな発見できるのがコラボ企画のいいところですね。
スノードロップさん、今回も企画ありがとうございました!
  1. 2007/02/18(日) 22:41:03
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ヴォーカリストならではの視点ですね♪

<どらパパGさん>
コラボ初参加ありがとうございます!
コラボをやってみると、皆さんがそのアルバムをまた引っ張り出して、じっくり聴いてくれるんですけど、それも意図することの一つです。
どらパパGさんのコメントでは、ヴォーカリストの視点で書いてくれていたことが、これまでに無い視点でした。
Complex以降、試行錯誤してたヴォーカルスタイル、なるほどいろいろ実験してるような様子が伺えるのですね。
その点は私は気付きませんでした。
曲によって、いろいろ変えてるんだろうなぁくらいしか気付かなかったです。
これは発見!v-218

俺は行くぜ~とか、俺はやるぜ~とか、俺は眠らないぜ~♪
こういった力の入った歌詞と歌い方が表に出てましたものね。
そこから晃司くんの心は段々、内側に入って行ったのかな?
どらパパGさんからの着眼点に、私はとてもフレッシュな気持ちになりましたよ。

余談ですが、のところ。突っ込んじゃうぞ~~
女性の立場から言わせてもらうとですねぇ、
その女性はどらパパGさんに向かっておっしゃったんですよ。
晃司くんのRomancerに引っ掛けて何気なく話した内容ですが、
「素敵だなぁ。ドキドキしちゃう」
実はこれは、きっと隣にいた、どらパパGさんに向かって、面と向かって言えない事を晃司くんに言ってるように話したんじゃないかと思うんですよv-238
私もブログでは、ichiroさん好きですとか
晃司くん大好きとか、和田さん大好きとか言ってますが、
ご本人目の前にしたら毎回固まってしまいます。(和田さんの前ではいつも固まる!)
好きだなんてとても自分からは言いません。(笑)
うふっ、女性心理を読んじゃいました。
それは告白に違いないです。
そういうお話の続きは、飲んだ時に、いっぱいしますよ~。v-222
こんなエピソードが出て来るのも、楽しいですね。
  1. 2007/02/18(日) 23:30:36
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:待ってたよん。

<CoCoちゃん>
コラボに参加してくれる?嬉しいなぁ。
感想や思い出、好きな曲、CoCoちゃんの好きなことでいいのよ~。
それが知りたいんだもんv-254
いろんなエピソードを知って、このアルバムがまたイキイキしてくれるのが嬉しいの。
ではTB待ってまーす。
  1. 2007/02/18(日) 23:37:24
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:こちらこそ、ありがとうございます♪

<三日月姫さん>
ブログへ早速お邪魔して来ました。
私も三日月姫さんと同じ頃、晃司くんのライブから一時、離れてしまいました。
封印期間5年半です。封印するつもりじゃなかったんですけど、状況が状況でして(笑)

CDを聴いて、じぃーーーっと我慢の子でした(笑)
早くライブに行きたい、行きたい~っ!って。
その反動は今になっても消えません。

そんな訳で、このアルバムは毎日ステレオで聴いてました。
東京に住んでいた時なのでちょっと思い出がありますよ。
コラボに参加して頂けて、嬉しかったです。
また機会とテーマがあれば、やりましょうね!

  1. 2007/02/18(日) 23:52:00
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:トラバはできないのですが、参加しますね☆

私の記憶から抜け落ちているのですが、Day By Day と Cloudy HeartはBEST×3やEMI BOXに収録される前から知っていたので、友達の旦那さんが時折貸してくれていた吉川さんのCDの中に、このアルバムがあったかも。 

♪Day By Dayを初めて聴いたのは確か97`で、この詩も曲も、心に突き刺さるようで会話もなく聴き入ってました。曲が終わると親友が一言。「名曲だぁ・・・。」と。
今でもその時車を走らせていた場所、その瞬間を鮮明に覚えています。
それ以来、思い出深い一曲。
そして、最近DVDでPVを観て、益々惚れ込んだ一曲。寂寥感があって、追憶の旅・・・のようで。
最後のフランス語?のテロップにも重みがあって、聖書の一説を思い出すような。

♪Clody Heart これまた、私には最初のワンフレーズ、この歌詞の部分がイタイ、ワカル、セツナイ的な思いがあります。

♪Purple Pain モドカシイ、イタイ、くすぶっている感じが伝わってくる曲。
そして、20th Live DVDを観た時、この曲でグッときてしまいました。

♪Rambling Rose Tonight~!初めから、荒ぶる心の魂の叫びのような歌い方がとっても好きです。(脱線しますが、好きな歌い方として、私の中では同系なのが♪SACRIFICE ♪Brain SUGARがあります。)

♪SEXY 教会のパイプオルガンのような始まり方と心臓の鼓動が聴こえるのが私のお気に入りです。SEXY~って歌いっぷりがイイ!

♪ROMANCER 好きです。 おまえを守りたい 奪うものがあるなら 決して 許しはしない っていう歌詞、女子には恋人からこの歌詞のように言ってもらいたい、この耳で確かに聴いてみたいと思うのではないでしょうか(笑)

94`当時、私は病気で入院生活と自宅療養の身。かなり自分の精神世界が変化した年でした。
入院中に 墓に唾をかけろ  という本を読んでいて、ベッドに置かれていたその本に主治医はギョっとしたのではないかな~?と思います(笑)
内面と現実を見続けながらも、病気に負けるもんか!という強気な昼の自分。
♪Little Heaven  今とても大好きな曲の一つとなりました。 穏やかで前向きに気持ちになれます。
入院中に何度か、背景が真っ黒なコワイ夢を見て、真夜中にハッと目を覚ます事があって。夜は弱気な自分。
夜明けの何処かで 昨日を忘れよう 訪れる朝に ふれるまで  今、この歌詞がとても身に沁みます。

♪Re-Birth  僕が僕であるために 守った  この夢だから という部分、誰もが(女性でも)経験した事があるのでは?と、思い共感できます。

♪Love Way 好きな曲です。メロディアスで意地らしい感じ。この曲、EMI BOXで初めて聴いたはずなのに、初めてじゃないような気がするのは、♪なんでだろう~?

吉川さん、この頃、陰である何かを抱えていたんでしょうけど、この後から、Break Throughしたのかな。陰や闇を突き抜け、新たな世界へ跳んだのかな。と皆さんのコメントを読んで思いました。








  1. 2007/02/19(月) 02:12:34
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:こうやってみると歌詞も浮かび上がりますね

<ムーミンさん>
ブログを持ってない方でも、気軽に参加してもらいたいので、コメント欄を利用して、今後も遠慮なく楽しんで参加してくださいね!

ムーミンさんも深く掘り下げてくれていて、嬉しかったです。
具体的なのは、やはりムーミンさんの体験に基づいたことを書いてくれていたので、
イメージがより一層浮かんで来ました。
♪Day by Dayが「追憶の旅」っていう表現がいいですね~

音的には、シンセの音、パイプオルガンの音色等、プログラミングでもかなり実験的なことをやっていますね。
今はもっとシンプルで音を削る音作りをしているので、今聴くと鍵盤の音が耳に残ります。

♪Little Heavenの歌詞、いいですよね!
夜明けの何処かで 昨日を忘れよう 訪れる朝に ふれるまで  
これは、松井五郎さんが作詞されてますが、土台は晃司くんが作っています。
朝の来ない夜は無い、そんな感じです。
文面からすると、ムーミンさんもこの頃、たいへんな思いをされたことと思います。

音楽のチカラですね!私もそれで幾度と無くチカラになってもらってましたから♪

晃司くんのこの頃、そしてそれ以降がいろいろ大変な思いをしたそうです。
闇を知って光を知る。
体験した人しかこの言葉は言えないですよねぇ。

晃司くんの歌の中には、「浪漫」があると思っています。
人生の旅じゃ、わしは旅するけんのう(広島弁)と語りそうな晃司くんです。

ムーミンさんのコラボに、いっぱい思いが詰まっていて、私もじーんと来ました。
コラボ参加ありがとう!!またぜひお願いします。
  1. 2007/02/19(月) 10:51:45
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:参加

毎度毎度の遅ればせ失礼いたしますv-356
なんか皆さんの記事見てると気がひけるなぁ…すごく深く聞き込んでらっしゃるから。

今回改めて聞き込んでみて、ホントCloudy  Heartなアルバムだったんだな~と思いました。歌詞なんてほとんど丸暗記のはずなのに、しっかり詩として読んでみると苦しいくらいにせつない詩でした。
でも言葉の端々に未来が見えてきている様な、どんよりとした雲が流れて日の光が射してきてる様な感じもします。
いや、晃司自身が雲を蹴散らしている!?
勝手な解釈だけど、晃司の歌う「愛や恋」「君、おまえ」って言うのは恋愛に置き換えた「自分自身の夢」の事かな?
そう考えると「夢」に対しては永遠の片思いで、手に入れても入れても次があって「きりがないぜぇ~」みたいな(笑)

どちらかと言うと私は歌詞よりも曲重視、ノリ重視なタイプなので新鮮でした。
ど~も歌詞見てても曲が出てきて内容が頭に入らないv-388

当時の思い出としては、別のクラスなんだけど晃司好きな男子がいて、合同授業のたびに隣に座って晃司話してました。(お互い別に彼氏彼女がいるのに)
よく怒られたなぁ授業なんて聞いちゃいなかったもん(笑)

  1. 2007/02/20(火) 06:24:04
  2. URL
  3. kumi #-
  4. [ 編集 ]

[title]:私も驚きの連続でしたよ。

<kumiさん>
コラボに毎回参加していただいて、嬉しいです。
私もちょっと気がひけると思うくらい、みなさん濃い内容でした。
コラボすることで、このアルバムをまたじっくり聴いてくれたり、思いを寄せてくれるのが何よりも嬉しいです。
コメントやTBを読んで、気後れしちゃうって方も結構いらっしゃると思いますが、気にせず本当は参加してもらいたいんですけどねぇ。
(アクセス数がこの記事は多いので判るんです)
基本は晃司くんが好き!それでOKなんですよ~思い出、好きな曲ってあると思うので、それをぜひ教えてもらいたいなぁ、というのが私の思いです。

歌詞に関しては、晃司くんの意図することもあるでしょうけど、彼は押し付けるのが嫌いな人だと思うので、それぞれ感じてくれよってタイプですね。

他のミュージシャンのスタイルですが、作り手としては、恋愛などに置き換えてますが、言いたいことや思ってることは、その中に別の形で書いてる人が多いです。
kumiさんが書いてくれたとおりですね。
そうしないと伝わりにくいし、直接的表現はストレート過ぎたりして、敬遠されがちなんだそうです。

オリジナルラブの田島さんは、あることをテーマにしてるそうです。人の3大欲望、欲求のひとつ。
それを歌わないのは歌手として、勿体無いしサボってると思うと話していました。
晃司くんもそれに近いところがあるんですよ(笑)(←具体的表現は避けます)

ノリ重視OKです!私は洋楽がそうですから~楽しむことも大事な要素ですもんねー。

晃司くん話に花を咲かせたの、いい思い出ですね。

  1. 2007/02/20(火) 10:12:29
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:アップしました!

記事をアップしました。
んで、久々にTB送ったんだけど・・・
やりかた忘れたみたい(^-^;
なので、ちゃんと送れてるか心配だわ(笑)
  1. 2007/02/21(水) 22:43:13
  2. URL
  3. CoCo #-
  4. [ 編集 ]

[title]:コラボ参加、どうもありがとう!!

<CoCoちゃん>
TBのやり方を忘れたみたい、ってところにうふふっ。私もあるよ(笑)
FC2に移転して、ちょっとやり方が違ったりしてね、あれ~どうだっけ?というくらい滅多に使わない機能になってますのよん。
CoCoちゃんからのTB、無事届いてます。
参加ありがとうね。これからジャンプしまーす。
  1. 2007/02/21(水) 22:48:32
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/171-5d7760c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コラボ企画Vol.7

久しぶりの晃司ネタですそして久々のスノーさん提案のコラボ企画です。今回で7回目ですね~前回私はお休みしちゃったんだ今回のテーマはアルバム「Cloudy Heart」です。このアルバムの中で印象が強い曲を
  1. 2007/02/21(水) 22:40:53
  2. くだらん日記

痛み許せる 優しさが欲しい

いつもお邪魔しているスノードロップさんが7回目の晃司くんコラボを開催してくれたので、遅ればせながら参加。今回のお題は「アルバム『Cloudy Heart』について」。白状しますと、この時期、晃司くんからは思いっきり離れておりました{/ase/}晃司くんだけでなく、私の音楽
  1. 2007/02/18(日) 22:35:38
  2. 日々是酒酒落落

晃司コラボvol.7

毎度お世話になってるスノちゃんが、またまた吉川晃司コラボをやってくれた今回のお題は アルバム<Cloudy Heart>1994年1月リリースで、ちょうど今から13年前のアルバムだ。「こいつが今まで出し
  1. 2007/02/18(日) 01:34:56
  2. てきとーな日記

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。