スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:左右のチャンネルは気づかなかった

口コミでいろんな方に知ってもらおうと、
トラックバック貼らせていただきました☆

ストラトの位置、
もんのすごく低いですよね!
よくカッティングができるな~と思って
見てました☆
目つぶって聴いてても、
違和感ないですよね。
別の人がギター弾いてて、
ギター持たずに歌ってるのかと
思えるほど。

あのスクリーンほんと良かったですね、
知らない曲とかも多々ある
新しいファンにとっては、
いつ頃の歌で、これはリメイクか
とかがわかったし、
ポラロイドの夏
パラシュートが落ちた夏
ジャケット写真が映し出されて
暗闇に吸い込まれていく画が
なんとも切なかったです。

スノードロップさん、耳がこえてますね☆
たしかにTaylor丸いまろやかな音で、
ギブソンはブライトな音してます。
このレポで気づいたのですが、
左と右から個別で聴こえますね!
確認したら、ホントだ!と感激しました(笑)

弥吉さんがドンピシャっていうのも
ものすご~く、わかります!
僕もこういう人と組みたいです(爆)
♪ギャーンッ!
を間近で聴きたいです。
  1. 2007/01/20(土) 15:10:16
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ヘッドフォンで聴いたんですよ♪

<Ryuheiさん>

TBありがとう!!
左右のチャンネルからっていうのは、聴くときのクセみたいになってます(笑)
ギター・デュオのアルバムだと、どっちがどっちを担当してるのかなー?なんて
そういう聴き方をしちゃうんです。
例えば「山弦」「BAHO」「布袋&Char」
ツインギターの場合など。

あと、晃司くんもTaylorを使うことが多くなって、ちょっと気になるギターなんですよ~
喧太くんはTaylorがお気に入りだそうです。
小沼ようすけくんもTaylorのナイロン弦のタイプを使ってました。
佐藤タイジくんも。(シアター・ブルック)他にもフジロックではTaylorユーザーのミュージシャンが多かったそうですよ。

少し前にアマチュアの人のアコースティック・ライブに行って、
Martinギブソンのハミングバードの生音を聴いて来たんだけれど、音の違いは「シャープ」か、「まろやか」かで差がハッキリしてました。
同じギターでも弾く人によってまた音も変わるんでしょうけれどね♪
耳がこえてるって、ちょっと嬉しかったわ~♪

Ryuheiさんが好きなタイプのアコギって、どんなのに興味ありますぅ?

晃司くんのギターの位置、低めですよねー。
どこまで下げられるか、だと思います。って話してたんですけど、先日ここで「下げ過ぎは大人げない」というご意見もありーの、
「上げ過ぎはカッコ悪い」というご意見もありーの(笑)
晃司くんはあの身長とスタイルですから、あれはカッコいいのではないでしょうかねぇ。
ジミー・ペイジも、キースも低いし(笑)

弥吉さんがドンピシャ!っていうの、前回のDVDよりも、今回のDVDでハッキリ認識しました。
晃司くんの時は、LPなんですけど、普段どんなギター弾いてるんでしょうね?
ストラトも弾いてるところがあったら、ちょっと興味あります。
何故かって言うと、ブルースも好きで、白人が黒人からルーツを受けてるものがいい、って弥吉さんが話してたので、妙に気になります。
  1. 2007/01/20(土) 20:28:47
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

DVD堪能しておりますよ~!スペシャルマガジンも読み応えアリでしたね
私は「2人のAnother…」のギターソロ「うわぁ良くできました~」って拍手したい気分でした(何様?笑)晃司さらにギター上手くなってる気がする
まぁ晃司が何やっても「かっこいい~!」ってなっちゃう訳ですが…
珍しく別の人も「サイケデリックHIP」前のヤヨッシ~のジャンプにやられましたヾ(≧∇≦*)ゝ
後は「LEVEL WELL」の爆音に固まる晃司の顔がなんだか可愛くって好き
  1. 2007/01/22(月) 08:36:49
  2. URL
  3. kumi #-
  4. [ 編集 ]

[title]:DVD堪能中

<kumiさん>
DVD堪能してますね~♪
スペシャル・マガジンも、濃かったですよね。
大貫憲章さんのロンドン・ナイト&大貫さんが、最近私の街にも来てくれてました。

ディスコ・ビートでいろんな曲をやってくれた晃司くんですが、
ツアータイトルを見ても、この流れはしばらく続きそうですねー。
晃司くんはコケようが笑おうが、全てカッコよく見えちゃう人ってのが、いいんだなぁ~
ファンはたまりませんよね。
爆音、会場では本当にドキッ☆とする音でしたよね。
  1. 2007/01/22(月) 09:58:21
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:やっと届いた!

遅ればせながらやっとDVDが届いたので、今まさに鑑賞中です。
バラードだと特に声が伸びていて、ぐっときますね~♪
個人的には坂東くんがたくさん映ってる~っと萌えております。笑。
いいDVDですね~、ライブの臨場感そのままに、でも細かいところもきちんと網羅されていて、しばらくヘビロテです!
まだ一巡していないので、きっちり鑑賞したらまたコメントしまーす♪
  1. 2007/01/22(月) 23:53:24
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:チーム・アマゾン?

<三日月姫さん>
アマゾン・オーダーだったのかな?私も佐野さんや晃司くんのDVDが5日後くらいしか到着しないので、今回から楽天にしたんですけど、
割引もあって、ポイントも付くし、到着も前日にはしてるんで確実でした。今は送料無料ですが、今後は分からないですけど、なかなかよいですよ~v-219

坂東くん、マガジンのコメントが印象的でしたね☆お師匠さんがいらしたのには、ほぉ~という発見がありました。

あの内容を、短期間でDVDに編集できたのが、最近の技術の進歩かなと思いました。布袋さんも最短でDVDになったそうですが、(さいたまスーパー)
以前は半年くらい経過しないと発売されなかったですよね。
ヘビロテして、きっちり楽しんだら、ぜひまたお待ちしてますねーー!!
  1. 2007/01/23(火) 08:16:55
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:トラバありがとうございまーす♪

ほんと、何回観ても飽きないんですよね~。
寝る前に1曲だけ観てから・・・と思って、気づくと全編、みたいな。
さすがにお肌によくないので(笑)、DISCO TWINS編、ぶっとばしコーナー前編、アコギコーナー、ぶっ飛ばしコーナー後編、アンコールと分けて見るようにしています。笑。

私もぼちぼちと鑑賞記書いてますので、完成したらトラバさせていただきます!
  1. 2007/01/31(水) 23:34:27
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:偶然ですね♪

<三日月姫さん>
三日月姫さんのブログに、昼間TB送信したので、今コメントに伺って戻ったところだったんです~。
何回見ても飽きないっていうのが、やっぱり<魅せる>ライブだからなんでしょうね。

それと好き度数が、みんなあのDVDで更に上がってますよね?!
つい120分見てしまいそうになりますよね。
23:00から鑑賞して、終了は1:00みたいな(笑)
トラバもお待ちしてます~♪
  1. 2007/01/31(水) 23:42:49
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:武道館の感動

改めて観ると俯瞰で観れるという感じでした。
全体を見渡せてる気分になれる、美しの照明。あんなの家にもあったらイイのにな~!!吉川さんの照明チーム、家にも来て~!と、思ってしまいました(笑)
武道館にして、ディスコ。そして武道館だからこその日本国旗。ミラーボールと共に、とても印象に残っています。あと、何度あの国旗を見られるだろう?とも思いました。

皮ジャケや長袖シャツはギター弾く時、結構たいへんなんですね~気付いてなかった。スノードロップさんならではの視点ですよ!す・て・き!!
ギターで好きな音色は、2人のAnother Twilightの弥吉さんのギターの音。そして、ギターの位置高いですよね。アコースティク・ギターだから?
吉川さんはですね~、印象的なのがGLAMORPUS JUMPとても丁寧に歌ってくれていたのと、やっぱり懐かしい曲のポラロイドの夏、歌い終わってからの表情が凄く良かったです。グッと訴えかけられるような。
パラシュートが落ちた夏、今回DVD観ながら当日には感じていなっかた、デビュー当時の吉川さんの声や歌い方を思い出しながら聴けました。新たな感動です。
Human Box MOTOさんが音を創り出した音が入ったアコギ・コーナーでの1990は、ヒューマンな音だからなのか温かいものに感じました。
スティーブさんの軽やかなダンスも観ていて楽しくなったし。
ブックレットでは、これまたスティーブさんに楽しませてもらい、瀧川さんの選曲であったのか、Miss Cool!と思い、当日あの懐かしい曲を聴いて吉川さんが選んだものと勝手に思い込みしていて、きゃ~・・・(恥)
メンバー皆で創り上げていくライブ・ステージなんだな~としみじみとしました。
  1. 2007/02/01(木) 22:13:03
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:今後も武道館

<ムーミンさん>
ディスコ武道館、天井の照明が綺麗だったし、あのような演出をするのは
晃司くんだけかもしれないですよねー。

あの武道館公演はワンナイトだったにもかかわらず、演出は莫大な費用も掛かったと思います。
それでもミュージシャンはやろうよ!って決意するのだそうです。
晃司くんの周りの現場やセッテイング、企画サイドの方が相当有能な方が揃ってますね。

武道館のこのDVDを、ムーミンさんのようにたくさんのことを感じながら観てくれるファンの人がいること、
製作サイドの方も、晃司くん自身も、きっと喜んでくれると思います。
何気なく観てももちろんOKなんですけど、きっと嬉しいと思います。

  1. 2007/02/02(金) 08:51:59
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

莫大な費用、想像もつかない程の費用なのでしょうね。
そこを、ミュージシャンがやろうよ!という心意気、
そこに賭ける(懸ける)真摯な姿勢を感じて、とても嬉しく思います。
ワン・ナイト・ショー、一発勝負であるからこそ、やる意義もあり、価値も生きてくるし、いつまでも感動が残りますよね!(通常のコンサート・ツアーも、もちろん価値はありますが)
立派なエンターティメントです。
人を楽しませてくれたり、夢や勇気、希望、感動を与えてくれて、本当に感謝です!
そして、次はどんなふうに楽しませてくれたり、驚かせてくれるかな~v-10と、吉川さんファンは思っているんですよね~きっと☆
また、吉川さんファンの方々は息の長い方達ばかりだな~って思います。
スノードロップさんのように23年の間、愛情いっぱいに応援し続けてくれているファンの存在が、それこそ吉川さんにとっては、嬉しい喜ばしい事だと思いますよv-222
私もこれから、立派な片思い、し続けちゃいますよ~!宜しくね!
  1. 2007/02/02(金) 22:17:20
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:恋せよ乙女

<ムーミンさん>
晃司くんの次のステージ、ツアー、どんなものになるかなー?って考えると楽しいですよね。
ワクワクさせてもらってます、23年間。
ムーミンさんも?私も片思いだけど、恋せよ乙女!で、今後もずっと好きなままでいると思います~♪
  1. 2007/02/02(金) 23:17:58
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/137-0c166c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

武道館ライブDVDレポ 01~08

昨日、明日にまた見ますとか宣言しといて、結局、勉強しながらDVDを流してました{/onpu/}さあ、レポ書くぞ{/pen/}01: OpeningDVDでもう一度エロスやVenusのディスコビートを聴きたかったので、カットされててちょっと残念でした。けど、これぐらいの長さのほうがいい
  1. 2007/01/20(土) 14:55:46
  2. ギター少年Rの日記

吉川晃司DVD<ROLL OVER THE DISCOTHEQUE>

KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN【初回限定盤】 KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN【初回限定盤】
吉川晃司 (2007/01/17)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

たっぷり見応えのある120分。10月1日、東京・武道館に実際に行ったライブ。22年間以上ずっとファンでいて、東京にも住んでいたこともあったけれど、初・武道館。
感慨深い1日だったので、忘れることは無いだろう。
当日会場に参加した1万人の人も、行けなかった人も、このDVDの映像であのワンナイトを存分に感じてもらえたなら、晃司くんや製作サイドのみなさんも喜んでくれることだろう。
当日のライブ・レポートはコチラ

そんな訳で、詳しいことは当日のレポを読んで頂く事にして、出来上がったDVDを改めて観た感想と、初回限定盤の特典:スペシャル・マガジンと晃司くん、ミュージシャンについて書こうと思う。
続きはREAD MOREをクリック↓↓

DVDとして出来上がったものを見て、一番感じたのは、武道館のような大きな会場だと照明がよく映えるという点。
元々、晃司くんの照明クルー&チームは定評があり、照明日本一の集団らしい。

映像を見ると、天井の高い、広い会場で緑、黄色を強くした今までに無いカラーが晃司くんを包んでいる。
迷彩バナナのカラーだ。きっと、「ジャングルっぽくしてください」
と晃司くんはコメントしたはず。

♪シャツの趣味に口出す、暴れたくなっちゃうぞ♪→シャツのこと、書いてもいいかな?
(↑晃司くん、シャツの趣味に触れても暴れないでね)
マルチストライプのピンク、黄色のマーブルになったシャツと、アコースティック・シーンの時の水色の花柄シャツが素敵だった。
ボタンは最低3つ以上開けるのがお約束なんだけれど、今までにあまり無いカラーを着てたところ。

晃司くんは、とにかく長袖にこだわる
ロックンローラーは長袖シャツでしょ?みたいなところ。
「2人のAnother Twilight」では、珍しくストラトを持って弾いた。
ジャケットを着たまま弾くと、袖が引っ掛かるんだよね。
この曲の時は脱いでいた。あれだけのカッティングをしようとすると、袖は気になる。
しかも晃司くんのギターの位置に注目!!ベルトの下だ。
ギターをどこまで下げられるかにこだわる、と以前話していた晃司くん。
彼は腕が長く、身長が高いので、あの位置でも届くし、弾ける。
ハイポジションのソロのところも、ジーッと見てしまった。

1つ前のDVDでは、革ジャケットを着たままギターを弾いてるけど、袖口が邪魔だっただろうなぁ。
ホンネは、あーもうっ!ってなりそうだったんじゃないだろうか。それでも弾くところが晃司くんの凄いところ。
サポートの弥吉淳二さんはノースリーブだし。半袖とかTシャツって人が多い中、長袖にこだわる晃司くんは偉いっ。
赤い革ジャケットは晃司くんしか似合わないだろうな。
ボトムにキラキラしたチェーンが付いてたのは、DVDで知った。

当日の会場でも思ったことだけれど、あの日はスクリーンがあったこともあって、懐かしい曲のイントロが流れ出すと、客席から1曲ごとに悲鳴に近いどよめき、感激の声が「歓声」になって沸いていた。
「うわ~っ」「おぉ~」こんな感じの声が1万人分、ステージに届いたはず。その音もちゃんと入っている。

個人的には、アコースティック・シーンが好き。原田喧太くんのTaylorアコギと瀧川一郎さんのギブゾンかな、ブライトな音と丸いまろやかな音が、左と右(ライトチャンネルとレフトチャンネル)からちゃんと聴こえる。
それに乗った晃司くんのヴォーカル、これがまた良かったんだよね。

それと、やっぱり<Black Corvette’98>の体現のキレと会場の一体感。やっぱり一万人の歓声やどよめきは凄いな。鳥肌が立つようなゾクゾク感。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
スペシャル・マガジンの感想

一番先に目が行ったのは、Special Thanks:木崎賢治さんのお名前を発見。
キーさんのことが好きだから、スタッフのお名前は要チェック。
私にトライセラと晃司くんを繋げてくれた大切なキーマンだもの。
ライター、text担当の長谷川誠氏もトライセラと吉川晃司くんの両方を担当しているから馴染みがある。
今回もレコーディング&mixチームはサカゲンさんこと坂元達也氏。

P.52の晃司くんが目を閉じて、楽屋でギターを弾いてる横顔の写真がある。何か考えてる男の人の横顔、グッっと来たのは私だけじゃないだろう。
あのお顔をカメラで捉えたっていうのが、うふっ。喜んでしまった。私がカメラマンだったら、そういうところを撮ってしまいそう。

*ヒューマン・ビートBOXのMOTOさん。元々ジーノくん(日野賢二)→喧太くん繋がりらしい。
そのうち、ジーノくんと晃司くん、なんてこともあるかもしれないね。

*瀧川一郎さん。クールでハンサムなギタリスト。晃司くんのファンだったそうで、マニアックな曲も誰よりも知っていたそうだ。

*弥吉淳二さん。彼は北九州出身で、ルースターズが好きだったそうだ。
一時、井上富雄さんもツアーを一緒に廻って、リハもして、どうだったんだろうか?
NHKホールの時は、弥吉さんが全く見えない位置だったので、今回武道館とDVDでちゃんと見てみたけれど、晃司くんが
「現在の俺のギタリストとしては弥吉くんがドンピシャ。」
と太鼓判を押してる意味がやっと分かった。
レスポールでギャーンッ!と音が出た時のギャーンッ!が弥吉さんは、とてもいいのよ。
晃司くんがいい、って求めた音はこれなんだろうなって。
弥吉さんのソロ作品が聞いてみたくなったんだけど。サポートじゃなくてね。

*晃司くんは思いつきで、リハなどでもアレンジや曲を変えてくれと言うのだそう。
それ、なんかちょっと分かる気がした。B型特有だから。佐野元春さんも突然言い出すそうで、バンドメンバーさんがギョッとするらしい。
アイデアマンなので、思いつくとポンと言っちゃうんだろうね。周りは慌てるだろうけど、付き合い方が分かるとお互い刺激がある。

*ホッピー神山さんの言葉が一番ズシンと響いた。もっと聞きたかったな。
ホッピーさんから見た「吉川晃司」はこうであって欲しい、というところ。もっと知りたかった。
<吉川晃司はエンタテイナーになりきった方がいい>っていうところ。この先、どうしましょう?ぜひその先をホッピーさんから伺いたいものだ。
関連記事

コメント

[title]:左右のチャンネルは気づかなかった

口コミでいろんな方に知ってもらおうと、
トラックバック貼らせていただきました☆

ストラトの位置、
もんのすごく低いですよね!
よくカッティングができるな~と思って
見てました☆
目つぶって聴いてても、
違和感ないですよね。
別の人がギター弾いてて、
ギター持たずに歌ってるのかと
思えるほど。

あのスクリーンほんと良かったですね、
知らない曲とかも多々ある
新しいファンにとっては、
いつ頃の歌で、これはリメイクか
とかがわかったし、
ポラロイドの夏
パラシュートが落ちた夏
ジャケット写真が映し出されて
暗闇に吸い込まれていく画が
なんとも切なかったです。

スノードロップさん、耳がこえてますね☆
たしかにTaylor丸いまろやかな音で、
ギブソンはブライトな音してます。
このレポで気づいたのですが、
左と右から個別で聴こえますね!
確認したら、ホントだ!と感激しました(笑)

弥吉さんがドンピシャっていうのも
ものすご~く、わかります!
僕もこういう人と組みたいです(爆)
♪ギャーンッ!
を間近で聴きたいです。
  1. 2007/01/20(土) 15:10:16
  2. URL
  3. Ryuhei #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ヘッドフォンで聴いたんですよ♪

<Ryuheiさん>

TBありがとう!!
左右のチャンネルからっていうのは、聴くときのクセみたいになってます(笑)
ギター・デュオのアルバムだと、どっちがどっちを担当してるのかなー?なんて
そういう聴き方をしちゃうんです。
例えば「山弦」「BAHO」「布袋&Char」
ツインギターの場合など。

あと、晃司くんもTaylorを使うことが多くなって、ちょっと気になるギターなんですよ~
喧太くんはTaylorがお気に入りだそうです。
小沼ようすけくんもTaylorのナイロン弦のタイプを使ってました。
佐藤タイジくんも。(シアター・ブルック)他にもフジロックではTaylorユーザーのミュージシャンが多かったそうですよ。

少し前にアマチュアの人のアコースティック・ライブに行って、
Martinギブソンのハミングバードの生音を聴いて来たんだけれど、音の違いは「シャープ」か、「まろやか」かで差がハッキリしてました。
同じギターでも弾く人によってまた音も変わるんでしょうけれどね♪
耳がこえてるって、ちょっと嬉しかったわ~♪

Ryuheiさんが好きなタイプのアコギって、どんなのに興味ありますぅ?

晃司くんのギターの位置、低めですよねー。
どこまで下げられるか、だと思います。って話してたんですけど、先日ここで「下げ過ぎは大人げない」というご意見もありーの、
「上げ過ぎはカッコ悪い」というご意見もありーの(笑)
晃司くんはあの身長とスタイルですから、あれはカッコいいのではないでしょうかねぇ。
ジミー・ペイジも、キースも低いし(笑)

弥吉さんがドンピシャ!っていうの、前回のDVDよりも、今回のDVDでハッキリ認識しました。
晃司くんの時は、LPなんですけど、普段どんなギター弾いてるんでしょうね?
ストラトも弾いてるところがあったら、ちょっと興味あります。
何故かって言うと、ブルースも好きで、白人が黒人からルーツを受けてるものがいい、って弥吉さんが話してたので、妙に気になります。
  1. 2007/01/20(土) 20:28:47
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

DVD堪能しておりますよ~!スペシャルマガジンも読み応えアリでしたね
私は「2人のAnother…」のギターソロ「うわぁ良くできました~」って拍手したい気分でした(何様?笑)晃司さらにギター上手くなってる気がする
まぁ晃司が何やっても「かっこいい~!」ってなっちゃう訳ですが…
珍しく別の人も「サイケデリックHIP」前のヤヨッシ~のジャンプにやられましたヾ(≧∇≦*)ゝ
後は「LEVEL WELL」の爆音に固まる晃司の顔がなんだか可愛くって好き
  1. 2007/01/22(月) 08:36:49
  2. URL
  3. kumi #-
  4. [ 編集 ]

[title]:DVD堪能中

<kumiさん>
DVD堪能してますね~♪
スペシャル・マガジンも、濃かったですよね。
大貫憲章さんのロンドン・ナイト&大貫さんが、最近私の街にも来てくれてました。

ディスコ・ビートでいろんな曲をやってくれた晃司くんですが、
ツアータイトルを見ても、この流れはしばらく続きそうですねー。
晃司くんはコケようが笑おうが、全てカッコよく見えちゃう人ってのが、いいんだなぁ~
ファンはたまりませんよね。
爆音、会場では本当にドキッ☆とする音でしたよね。
  1. 2007/01/22(月) 09:58:21
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:やっと届いた!

遅ればせながらやっとDVDが届いたので、今まさに鑑賞中です。
バラードだと特に声が伸びていて、ぐっときますね~♪
個人的には坂東くんがたくさん映ってる~っと萌えております。笑。
いいDVDですね~、ライブの臨場感そのままに、でも細かいところもきちんと網羅されていて、しばらくヘビロテです!
まだ一巡していないので、きっちり鑑賞したらまたコメントしまーす♪
  1. 2007/01/22(月) 23:53:24
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:チーム・アマゾン?

<三日月姫さん>
アマゾン・オーダーだったのかな?私も佐野さんや晃司くんのDVDが5日後くらいしか到着しないので、今回から楽天にしたんですけど、
割引もあって、ポイントも付くし、到着も前日にはしてるんで確実でした。今は送料無料ですが、今後は分からないですけど、なかなかよいですよ~v-219

坂東くん、マガジンのコメントが印象的でしたね☆お師匠さんがいらしたのには、ほぉ~という発見がありました。

あの内容を、短期間でDVDに編集できたのが、最近の技術の進歩かなと思いました。布袋さんも最短でDVDになったそうですが、(さいたまスーパー)
以前は半年くらい経過しないと発売されなかったですよね。
ヘビロテして、きっちり楽しんだら、ぜひまたお待ちしてますねーー!!
  1. 2007/01/23(火) 08:16:55
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:トラバありがとうございまーす♪

ほんと、何回観ても飽きないんですよね~。
寝る前に1曲だけ観てから・・・と思って、気づくと全編、みたいな。
さすがにお肌によくないので(笑)、DISCO TWINS編、ぶっとばしコーナー前編、アコギコーナー、ぶっ飛ばしコーナー後編、アンコールと分けて見るようにしています。笑。

私もぼちぼちと鑑賞記書いてますので、完成したらトラバさせていただきます!
  1. 2007/01/31(水) 23:34:27
  2. URL
  3. 三日月姫 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:偶然ですね♪

<三日月姫さん>
三日月姫さんのブログに、昼間TB送信したので、今コメントに伺って戻ったところだったんです~。
何回見ても飽きないっていうのが、やっぱり<魅せる>ライブだからなんでしょうね。

それと好き度数が、みんなあのDVDで更に上がってますよね?!
つい120分見てしまいそうになりますよね。
23:00から鑑賞して、終了は1:00みたいな(笑)
トラバもお待ちしてます~♪
  1. 2007/01/31(水) 23:42:49
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:武道館の感動

改めて観ると俯瞰で観れるという感じでした。
全体を見渡せてる気分になれる、美しの照明。あんなの家にもあったらイイのにな~!!吉川さんの照明チーム、家にも来て~!と、思ってしまいました(笑)
武道館にして、ディスコ。そして武道館だからこその日本国旗。ミラーボールと共に、とても印象に残っています。あと、何度あの国旗を見られるだろう?とも思いました。

皮ジャケや長袖シャツはギター弾く時、結構たいへんなんですね~気付いてなかった。スノードロップさんならではの視点ですよ!す・て・き!!
ギターで好きな音色は、2人のAnother Twilightの弥吉さんのギターの音。そして、ギターの位置高いですよね。アコースティク・ギターだから?
吉川さんはですね~、印象的なのがGLAMORPUS JUMPとても丁寧に歌ってくれていたのと、やっぱり懐かしい曲のポラロイドの夏、歌い終わってからの表情が凄く良かったです。グッと訴えかけられるような。
パラシュートが落ちた夏、今回DVD観ながら当日には感じていなっかた、デビュー当時の吉川さんの声や歌い方を思い出しながら聴けました。新たな感動です。
Human Box MOTOさんが音を創り出した音が入ったアコギ・コーナーでの1990は、ヒューマンな音だからなのか温かいものに感じました。
スティーブさんの軽やかなダンスも観ていて楽しくなったし。
ブックレットでは、これまたスティーブさんに楽しませてもらい、瀧川さんの選曲であったのか、Miss Cool!と思い、当日あの懐かしい曲を聴いて吉川さんが選んだものと勝手に思い込みしていて、きゃ~・・・(恥)
メンバー皆で創り上げていくライブ・ステージなんだな~としみじみとしました。
  1. 2007/02/01(木) 22:13:03
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:今後も武道館

<ムーミンさん>
ディスコ武道館、天井の照明が綺麗だったし、あのような演出をするのは
晃司くんだけかもしれないですよねー。

あの武道館公演はワンナイトだったにもかかわらず、演出は莫大な費用も掛かったと思います。
それでもミュージシャンはやろうよ!って決意するのだそうです。
晃司くんの周りの現場やセッテイング、企画サイドの方が相当有能な方が揃ってますね。

武道館のこのDVDを、ムーミンさんのようにたくさんのことを感じながら観てくれるファンの人がいること、
製作サイドの方も、晃司くん自身も、きっと喜んでくれると思います。
何気なく観てももちろんOKなんですけど、きっと嬉しいと思います。

  1. 2007/02/02(金) 08:51:59
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

莫大な費用、想像もつかない程の費用なのでしょうね。
そこを、ミュージシャンがやろうよ!という心意気、
そこに賭ける(懸ける)真摯な姿勢を感じて、とても嬉しく思います。
ワン・ナイト・ショー、一発勝負であるからこそ、やる意義もあり、価値も生きてくるし、いつまでも感動が残りますよね!(通常のコンサート・ツアーも、もちろん価値はありますが)
立派なエンターティメントです。
人を楽しませてくれたり、夢や勇気、希望、感動を与えてくれて、本当に感謝です!
そして、次はどんなふうに楽しませてくれたり、驚かせてくれるかな~v-10と、吉川さんファンは思っているんですよね~きっと☆
また、吉川さんファンの方々は息の長い方達ばかりだな~って思います。
スノードロップさんのように23年の間、愛情いっぱいに応援し続けてくれているファンの存在が、それこそ吉川さんにとっては、嬉しい喜ばしい事だと思いますよv-222
私もこれから、立派な片思い、し続けちゃいますよ~!宜しくね!
  1. 2007/02/02(金) 22:17:20
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:恋せよ乙女

<ムーミンさん>
晃司くんの次のステージ、ツアー、どんなものになるかなー?って考えると楽しいですよね。
ワクワクさせてもらってます、23年間。
ムーミンさんも?私も片思いだけど、恋せよ乙女!で、今後もずっと好きなままでいると思います~♪
  1. 2007/02/02(金) 23:17:58
  2. URL
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/tb.php/137-0c166c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

武道館ライブDVDレポ 01~08

昨日、明日にまた見ますとか宣言しといて、結局、勉強しながらDVDを流してました{/onpu/}さあ、レポ書くぞ{/pen/}01: OpeningDVDでもう一度エロスやVenusのディスコビートを聴きたかったので、カットされててちょっと残念でした。けど、これぐらいの長さのほうがいい
  1. 2007/01/20(土) 14:55:46
  2. ギター少年Rの日記

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。