スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRICERATOPS×桜井和寿 Mr.Children 2014.4.12

DINOSAUR ROCK'N ROLL6  2014年4月12日@SHIBUYA-AX

2日間通しチケットではなく、1日券を2公演分それぞれ用意していた。
第1夜は、バインとの2マンライブは何が何でも!という意識で参加。
第2夜はトライセラのワンマン形式+シークレット・ゲストというスタイル。
トータルでこの2日。素晴らしい夜だったと思う。
トライセラだけ観たい、というならワンマン・ツアーを堪能するという方法もあるけれど、
予めキッチリ用意されたセッションがある、特別なダイナソーの2days参加は
良かった。ダイナソー自体が初参加だったし、東京遠征も9年ぶりくらいだった。
清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟で。(笑) ←大げさ?!
Let’s dive!

飛び込んでみなければ分からない景色が、そこにはある。

:::::::::::::::::::::::::::::::

2日目は、トライセラのワンマン・スタイルで進行。

~セットリスト~

Silly Scandals
MASCARA&MASCARAS
僕はゴースト
摩天楼
If
MADE IN LOVE
FUTURE FOLDER

FLY AWAY
FOREVER
僕らの音
Dance Dance Dance
Stand By Me

CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU
林幸治くん&吉田佳史さんによるgroove
FALL AGAIN
トランスフォーマー

:::アンコール:::

赤いゴーカート
GROOVE WALK

ヘビーローテーション

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

2日間参加してわかることだが、1日目が平日の金曜日。この日は土曜日ということもあり、
圧倒的なトライセラトップス・ファンの熱気に包まれた。
1日目はお互いのファンが分け入ってそれぞれに楽しむスタイルだったけれど、
始まると同時に、グググーッと、キューーーッと後ろから詰め寄られて全員が密着度高い
のが東京公演の特徴。

シークレット・ゲストの情報は、ステージ中央にギター・アンプがあるだけ。
これは、ピン(おひとりさま)で、ギターを弾く人。情報はこれだけだ。

そして1曲目、トップから思いっきり速いナンバーでテンションを上げて来た。
リフの波に揺られるように、みんな踊る、踊る。
この日は、トップ・ソングからして4thアルバムからの選曲がやや多め。
和田さんは、過去に、4th制作の頃は忙し過ぎて、訳わからない感じだったとか、
すぐ次を求められていた頃とか、歌い方が自分ではあまり気に入ってないご様子だった。
今、こうして演奏して歌ってみて、いかがでしょうか?
私は前から4th好き。色っぽいのよ、歌詞の内容とか出てる音色が。
ねっとりしてるし、ギターサウンドにしても、ウネリがあるのよね。
KING OF THE JUNGLEKING OF THE JUNGLE
(2001/02/21)
TRICERATOPS

商品詳細を見る

「僕はゴースト」
3曲目に入る前に、いつもの「楽しんでくれてますかー?」っていうご挨拶があって、
新曲について語る和田さん。
今のところは、「僕はゴースト」に落ち着いてます。また変わるかもしれないけどね。
じゃ、行きます「僕はゴースト」
2013.11月にライブで1度聴いてるんだけど、シンプルなつくりになっていて
トライセラ3人でプレイするのに、ピッタリ。

「摩天楼」
4thアルバムから、久しぶりに聴いた。以前ライブで聴いた記憶があるとすれば、
4thアルバムからの曲が多かったツアーかな?博多で聴いてるかな・・・(記憶を辿る)
スティング、ポリスのイメージがあるこの曲。
イントロが摩天楼のニューヨークを歩いてる時のリズム。

「if」
この曲は、Fenderストラトがいちばんフィットする。
トライセラの曲の中でも、人気曲の1つだと思うし、私もとても好きだ。

「MADE IN LOVE」
ここから近年モード~未来へのモードに変わる。

「FUTURE FOLDER」
近未来な感じは、林くんのエフェクターからの「ミョーン、ドゥィーーン」で
感じませんか?

折り曲げよう、突き上げろ

リズムは4つ打ちで、この曲をリリースした頃のトライセラは、今とも過去とも
ちょっと違うところに居た気がする。ちょっと先を観ていたというか。
アルバムを聴いていても、カラーが他と違う感じで、この通りを通過した向こうに
あるもの、次はどんなふうに?と思ったものだ。
小宇宙と近未来と愛がテーマだった。
MADE IN LOVEMADE IN LOVE
(2008/10/08)
TRICERATOPS

商品詳細を見る

ここで林くんが袖に消えて不在になった。何か起こるね~これは。楽しみ!!

佳史さんと和田さんですごいゲストだよ!と笑いで盛り上げておいて、登場したのが
変装した林くん。ダンディーというかハットにスーツにサングラス。80年代な林くんが、
甲斐よしひろさんに扮していた。チャイよしひろさんと呼ばれて2曲歌って。
甲斐よしひろさん、ってことはこの時点では無いと思ってた。

笑わせて、引っ張って、引っ張って・・・・甲斐バンドのヒットナンバー「HERO」で
途中で音が変わった。
ゲストの登場だ。
声は甲斐よしひろさんにとてもよく似ていた。モノマネ風に登場するのだから、似ている。
声で、もしかして・・・桜井さん?と気づいた。

声と歌い方。ヴォーカルに特徴のある桜井和寿さん。私は桜井さんの魅力は「ブレス」にあると
思ってる。

ダンディな恰好で、赤いベルベット風のスーツにハット。お顔を隠して真ん中に登場。
周りでは「誰?誰?」って声が聴こえて来た。

桜井和寿さんと分かった時点で、会場は興奮の坩堝。
後ろからものすごい勢いで飛び掛かってくる人等々・・・ワーーーッと押されてもみくちゃ。
5列分も前に流された。
無理はない。普段はスタジアム・クラスで3~5万人を前にして歌っている百戦錬磨のスターが
シークレットで、ソロで、ライブハウスの距離感で歌っているのだから。

まぶしいくらいにスターな桜井さん。多くの人の心を掴んで離さない人のステージには、
ある共通点がある。
今夜はそれをずっと眺めて、身を置いて、漂ってみようと決めた。

曲の良さも、ステージングも流派といっても過言ではない。
まなざしの向け方、ホールでの自分の立ち位置。
すべて分かっている。

すごいな、桜井さん・・・。

笑顔の、目尻の皺にも、桜井さんのエンターテイメント、音楽人生が詰まっていた。

声や歌は一言発しただけで「Mr.Children 桜井和寿」なのだ。

桜井さんと和田さんとのトークでも、トライセラやトライセラのファンの皆さんへの
言葉を述べるにしても、感心しきり。

滴る汗まで見える位置で、こんなことが起こっている。
トライセラとの共演。お越しいただけること。
美しいね今夜は。
DAWN WORLDDAWN WORLD
(2002/10/09)
TRICERATOPS

商品詳細を見る

ソングライターとしての資質を発揮したこのアルバム。当時は、桜井さんの影響を感じたものだ。
前日のバイン田中くんにしてもそう。
「FLY AWAY」を桜井さんが歌う。違和感がないはずだ。

桜井さんが歌うときっといいと思う曲があるんです。と紹介された「FOFEVER」
本当だ。桜井さんが歌ってもしっくり来る。曲の良さがそうさせてる。
良質なソングライターとは?を改めて思いながら聴き入った。

ミスチルの曲を、トライセラが演奏して和田さんと桜井さんが歌うというスタイルも耳にフィット。
良かったのは、桜井さんがトライセラの演奏で自分たちのバンドの曲を歌って、
すこぶる気持ちよさそうだったこと。

佳史さんがものすごく喜んで演奏していたこと。
桜井さんと演奏できることを、誇りに、幸せに思っているというのが全身に表れていた。
喜び=打数と音!だった。

林くんも同じ。バインも大好きと公言している林くん。
桜井さんをゲストに迎えて、曲を一緒に演奏する。ミュージシャン冥利に尽きる。
その雰囲気を、目の前で観て、聴くことができた私たちも“喜び”だ。


いいもの観た。聴けた。大満足。

トライセラも良かった。SHIBUYA-AXの音も1日目より2日目が良かった。
トライセラの演奏も昨日より今日、だったね。

「Stand By Me 」
和田さんと桜井さんでやりとりして、出来上がった曲
4種のチーズのイタリアン・ピザにちなんだバンド名まであって、これは何らかの形で
リリースしていただけたら嬉しい。
温度の冷めぬうちに、ピザはアツイまま提供していただくのがいいものね!

和田さんとしては、桜井さんに歌詞を送るというのが相当勇気が必要だったらしくて。
受け取った桜井さんは、和田唱くんの恋愛観がよくわかりましたよ、と笑っていらした。

桜井さんのギター、ユニークだったなあ。あまり見かけない深緑のカラー。
ギブソンのESシリーズだと思うけれど、335ではないと思う。
和田さんはこの日も、お互いの楽器は「近いスタイル」を選んでいて面白かった。
ギブソンES-335を持ってきたりして。

桜井さんは爽やかにステージを離れた。

:::::::::::::::::::::::::::::::

1日目のセットリストとは、あまり曲がかぶってないのも良かったね。
同じ曲よりも、違う曲だとお客さんは楽しめるし、曲もたくさん演奏してくれていたしね。

桜井さんをゲストにお招きした、ということもスゴイし、またこの関係性やステージを
準備していただいた中でも、シノーズの篠原さんが共通人物だったこともあったのでは。
よく分かっている人に支えてもらう、っていうのは不安がないから。

人と人との間には、「信頼関係」というのが大切。
バンドで音を出すのって、まずそこから始まるから、どこか欠けるとそれは伝わっているだろうし、
感受性の高い人なら、すぐ感じてしまうだろう。

お互いを敬う気持ち、リスペクトがあって、この日があったんだろうね。

佳史さんが、林くんが、和田さんが喜んで音を出して、楽器を通して歌って。

いいステージ、ライブ゙だったね。また来たいね!ありがとう、素晴らしい夜に乾杯!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。