スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

田中和将&高野勲 Permanents

グレイプバインの田中くんとバインのサポート・メンバー高野勲さんのユニット:Permanents

髪型がパーマな二人で、フジロック2013にも出演しました。
これまで、ロック・フェスには各種さまざま出演している彼らですが、現在は
キーボード(マルチプレイヤーでもある)の高野勲さんが福原美穂ちゃん、斉藤和義さんも
かな?サポートに入っていて、今年の活動はやや少なめ。
私は、この二人でのユニットがとっても好き。
田中くんの声、ヴォーカル好きにはたまらないのです。
そんな田中和将くんが、フジロック出演前に、Inter FM 76.1にて生ゲスト
出演していたのですが、メモしたまま時は過ぎ・・・
せっかくなので、ご紹介しておこうと思います。ちょっとしたきっかけで好きになって
いただけたら嬉しいなあ、という小さな小さな想いも込めて。

:::「Sunday Sound Studio」グレイプバイン・田中和将くんゲスト生出演時のコメント:::

フジロックはですね、大人っぽいですね。これまで2000年と2010年にバンドとして、
グレイプバインとして出演させてもらっているんですけれど、
居心地がいいです。
その時もあちこち、いろんなステージを観に行ってました。

フジロックで過去に観た中で面白かったのは、
ライブは良かったのに(田中くんから観て、聴いてて)、
(演奏者)本人がメチャ凹んでるのを見てしまったこととかですね(笑)
あれはなかなか見れないですよね。

Permanents(パーマネンツ)は音源をリリースしていないのですが、
二人だけで、演奏も歌も裸にされますね。
リズム楽器に頼らないギターとキーボードと歌のみ。
なので、敢えてここにベースとか、ドラムを入れようとは思ってないです。

今年のフジロック出演は楽しみにしてます。会場はキャンドル・ジュンさんプロデュース
で、キャンドルが灯されて幻想的。ジュンさんとはこれまでも割と縁がありますね。
機材を車に積んで出かけます。
自分たち以外のステージも観ようと思ってまして、2日目のエイミー・マン、
スザンヌ・ベガ、ダニエル・ラノワは観たいですね。
(長靴だとかイスを持って行って、準備万端で観たいというニュアンスで語る田中くん)

もし、フジロック会場で僕を見かけても
そっとしておいてください。(笑)

声かけてもいいんですけどね。

パーマネンツでは、どんな曲を演奏していますか?という問いには、

グレイプバインの曲のほかに、
あまり有名な、誰もが知っている曲というよりも、
ちょっとマニアックな洋楽カヴァーという選曲になっているようです。

こういうところ、田中くん個人がそのまんま。(笑)
ライブでもこういうユーモア&くふっと笑わせることをいつも呟きますよね。
そこがいいんだ!!

~フジロックのセットリストは大体こんな感じだったらしいです・・・~

それを魔法と呼ぶのなら
遠くの君へ (エイミー・マンに捧げる?)
(David Bowieのカヴァー) Life On Mars
Chasing Pavements (アデルのカバー?)
Sanctuary
小宇宙
La Cienega Just Smiled (ライアン・アダムスのカヴァー)
smalltown, superhero

田中くんが過去に観た印象に残るライブだという、絶賛のダニエル・ラノワ
のステージは、CS放送で後日観ました。
円熟という領域に入ってるプレイだったなあ。

Permanentsの映像は、YouTubeにあります。
「Permanents」で検索すると阿部芙蓉美さんとのセッションもあり。
哀愁、郷愁を感じる「声」がストレートに伝わってくるスタジオ・ライブ映像です。

ちょっとしっとりしてて、グッとなった私。うるる・・・と泣きそうになります。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。