スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:嬉しいね^^

スノちゃんの熱い思いが伝わる記事だね。
お気に入りのアーティストが交わる、ただそれだけではない何かがある。
本当によかったね♪
自分は残念ながら参戦できなかったけど、心から嬉しく思います。

吉川氏とトライセラは自分にとっても大きな存在。
その間にいろんな方々や場の関わりがあって昨夜につながった。
それは偶然ではなく、互いに引き寄せあうものもあったからなんだろうね、きっと。

和田氏のTwitterで一緒に写っている画像を見たけど、皆本当にイイ笑顔。
これを機に、ライブや作品等での交流が深まることを期待しているよ!
  1. 2013/06/12(水) 10:10:51
  2. URL
  3. rock67 #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:(´∀`*)ウフフ!10年越しに大きな橋がかかりましたね♪

貴ちゃんお姉さん、30周年おめでとうございま~す♪

そして、スノちゃん、馴れ初めからこの日まで、実現!本当に良かったね~!スノちゃんもおめでとうございま~す!

Feverイイよね!好きな一曲です。吉川さんの声で聴いてみたかったですね♪

wこーじくん(笑)、貴重だわ~。

新潟のライブも今回、復活でこちらも良かったな~と思っていますよ♪

お久しぶりのムーミンでした~。が、またどこかでお会いできますように!
  1. 2013/06/13(木) 21:29:21
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:先へと繋がる一歩!

rock67さんへ

ありがとうございます~!本当に嬉しいですよね。
あれよあれよと決まったように見えるイヴェントでしたが、
水面下ではじわじわと進んで、この日を迎えたのかも、と
思うとまた嬉しくなったりして。
いろんな過去のインタビューを読んでも、ラジオを聴いていても、
トライセラのメンバーさんから「吉川晃司」という名前が
出たことがなく、昨年ようやく出てきたところでした。

一度きりじゃなく、また再会と共演、セッションをして
行ってもらえたなら、聴いたり、観たりする機会があると
いいなあ、と思っています。

エマちゃんはお兄さんですが、案外、和田さんがいちばん
お兄さんっぽかったりして(笑)
みんな弟気質(吉川、林くん、佳史さん)な感じがしました。

次は晃司くんがギンギン・セットで、トライセラがアコギ・セットというのもオツかもしれないです。

  1. 2013/06/17(月) 00:33:42
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:Fever!Fever!Fever!

ムーミンさんことムーちゃんへ

どうもサンキューです♪
ご無沙汰してます!いやいや~もう嬉し過ぎて、会場には
行けなかったというのに、そこに居たような気分です(笑)
ムーちゃんはもしかしたら、参加されたのかしら?
貴ちゃんのお祝いに駆け付け、貴ちゃんのイヴェントならでは
の豪華アーティストのみなさんが集まったというのも、
貴ちゃんが企画をグィっと持ち上げてくれたおかげです。
素晴らしい~ね!

Wこーじくんは、上にお姉さんがいらっしゃるという点で、
弟気質で、林くんは年上男性に可愛がられるタイプ。
(プレイグスの深沼くんとかもそう)
打ち上げやリハーサルで、みんなで何を話してたのかなー?
想像しただけでほんわかしちゃいます。

久しぶりの@新潟での晃司くん、翌々週はトライセラの高崎と、
ライブが続くので、こちらも楽しみです。

気持ちがもうFever!
  1. 2013/06/17(月) 00:43:32
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

吉川晃司×TRICERATOPS和田唱×菊地英昭

4月某日、嬉しいニュースが飛び込んで来た。10年越しの想いが叶った。
吉川晃司くんとトライセラトップスが音楽で繋がること。
これまでの馴れ初め(?!)を語ると、どうしても長くなる。
みんなが出会うまでに、それくらい時が必要だったのかもしれないね。

2003年冬、トライセラトップスのシングル「ROCK MUSIC」をカーラジオで
偶然聴いた時の衝撃を覚えている。
LICKS&ROCKSLICKS&ROCKS
(2004/02/18)
TRICERATOPS

商品詳細を見る

ギター・リフ、和田さんのユーモア&ウィットに富んだラジオ・トーク。
2004年春、LICKS&ROCKSも買い、いたく気に入り、ついにトライセラの
ライブ(Kumamoto Be-9 スタンディング)へと足を運ぶ。
ライブは、それはそれはもう、素晴らしいものだった。
もう1回行きたい!また行きたい!ここから何かが変わった。私の音楽第2章のスタート。

トライセラの楽しいライブ1か月後、父が事故に遭い大きな障害を残し、家に帰れないまま
7年半療養の末2011年秋に他界。本当にいろいろことがあった。
その間、どれほどトライセラと吉川晃司くんの音楽に、助けられたことか。
晃司くんとトライセラの音楽、人となりに感謝の日々だった。何かできることはないかな?
と考え、このブログを始めたのが2005年5月。今年で丸8年を迎えた。
ブログを辞めたら、感謝の気持ちが途中で止まってしまう、という気持ちでここまで続けて
来られた気がしている。
吉川晃司くんとトライセラの音楽が大好きな方々に長く読んでいただいたことも大きい。
その頃の記事は今もすべて残しておいてある。こんな日がいつか来たらいいな、と。

晃司くんのことは1984年デビュー当時からずっとファン。
晃司くんがしきりに「ギター・リフ」のことを語っていたのが、「恋のジェリーフィッシュ」の頃
かな。アルバムもしかり。
Jellyfish&Chips(初回)(DVD付)Jellyfish&Chips(初回)(DVD付)
(2003/08/21)
吉川晃司

商品詳細を見る

和田さんも同じ頃、「ギター・リフ」普及委員長のごとく、それをあちこちで語っていた。
しかも晃司くんと和田さんはギブソンのVintageレスポール・ブラック、3ピックアップ
(年代は若干違うけれど)のオーナーでもあった。
あと、重要なことの1つに「木崎賢治さん」だと思う。この件は過去にかなり書いて
来たので、ご覧になった方もいらっしゃると思うので割愛。

ずっと長い間、私の中では点と点は結ばれていて、繋がって来た。

トライセラのオフィシャル・サイトでBBSがあった頃、私も吉川さん好きなんですよ、
という方の書き込みで知ったのが、
「吉川さんがトライセラ、和田さんのギター・リフを褒めていらっしゃいましたよ。」
と教えていただいた。
雑誌<音楽と人>?!でコメントしていたらしいと。
以来、雑誌を探しても見つからなかったので、ラジオを通じて晃司くんに質問を投げかけて
みたのだけど、ボツになったのか真相は分からず、この日を迎えた。

その間、晃司くんとデビュー前から接点のあった藤井フミヤくん、同世代広島音楽キッズ
でもあり、高校時代からお互いを知っていたという奥田民生くん、布袋さんとトライセラ
トップスは繋がりがあったものの、晃司くんとはこれまでご縁が無いまま。。。
そして、昨年、トライセラの12-Barで吉川晃司くん(大澤誉志幸さん作曲)の
「ラ・ヴィアンローズ」を宿題曲としてカバー。
ここで初めて和田さんや林くんから「吉川晃司」くんの名前が挙がった。

ap Bank Fes2012で近いところまで来たかな?というところで、
佐藤タイジくんのソーラー武道館。ここで出会ったのね。
最後の「ありったけの愛」で出演者全員で一列になってステージへ。
どこか所在なさげな吉川晃司くん。
和田唱くんとしても「あの一列になって・・・」が実はいちばん嫌いな、苦手なシーン。
和田さんはあの日、グレイプバインの田中和将くんが隣にいたことで幾分解れてはいたね。
晃司くんは奥田くんが隣で、時々“佐藤タイジくんの熱狂ぶり”に声援を送りつつ、微笑んで
いたものの、場違いな俺、いつもとは違う自分を感じてたと思う。
奥田民生くんとも、同郷・広島のアマチュアバンド活動・高校時代以来、30年以上ぶり?に
ソーラー武道館の楽屋で再会して、お互いのことを話したという。

ロック・イヴェントにはアンチテーゼ、という晃司くんが、柔軟になったのだと思う。
一戦交えてくれよ、という気持ちがそうさせたのかもしれないね。

前置きが長くなってしまった。何せ10年掛かったのだから。

ここで中村貴子さんこと貴ちゃんに登場していただきたいね!
bayfm「MOZAIKU NIGHT」で実現した貴ちゃん含めて4人の爆笑トーク。

吉川晃司×菊地英昭(エマちゃん)×和田唱(TRICERATOPS)

トライセラと吉井和哉さんはフジ系オールナイトニッポンのイヴェントから繋がっていた。
トライセラのドラマー吉田佳史さんは近年、ずっと吉井さんのツアー・サポートも務めている。
エマちゃんと晃司くんは、エマちゃんにツアー・サポートとレコーディングに参加して
いただいていることから。エマちゃんと晃司くんとのコンビネーションは、ピッタリだと思う。
レスポーラーだということ、大きなヴォーカリストを大きな会場で支えて来た百戦錬磨の
一流ギタリスト。
和田さんとエマちゃんは居酒屋さんでお会いした、お見掛けしたことだったらしい。
レス・ポール読本―ヴィンテージ・エレクトリック・ギターの最高峰レス・ポールを饒舌なまでに語り尽くす! (エイ文庫)レス・ポール読本―ヴィンテージ・エレクトリック・ギターの最高峰レス・ポールを饒舌なまでに語り尽くす! (エイ文庫)
(2002/11/07)
ヴィンテージギター編集部

商品詳細を見る

私、この本を持ってるのですよー。和田さんファンになったばかりの頃に、入手。
エマちゃんも掲載されてるものね。

和田さんと晃司くんは前述の「佐藤タイジ オーガナイズ ソーラー武道館」。
最後の一列のところで?楽屋で?
あ、吉川さんだ!ご挨拶しなくちゃ!と思ったとのこと。

晃司くんからトライセラへのリクエストは「Fever」
「俺、この曲好きなんだよね~四つ打ちの、ディスコ・ビートで踊れる感じで。」

“踊れるロック”というフレーズも、同時期、和田さんと晃司くんの口から出てたのよね。

貴ちゃんのラジオをラジコで深夜お布団の中でこっそりと聴きながら笑い、幸せをかみしめて
いました。
エマちゃんと晃司くんのアコースティック・セットは、2010年夏に新潟・長岡の復興祈念
イヴェントを観に行来ました。その時、もう一人のギタリストは原田喧太くん。
吉川晃司くんのトーク、FM公開収録もあって、何とその時に長岡までわざわざ連れて来て
いただいたのが貴ちゃんだったの。

もうあの時はビックリよ。事前に何も知らされていなくて、晃司くんのアニバーサリー、
イヴェントの声はいつも貴ちゃんだったから嬉しかった。
2010年イヴェント・レポートはコチラをどうぞ。この記事、閲覧数が多く、
記事拍手数もブログ歴代3位以内に入ってます。
http://snowdrop335.blog80.fc2.com/blog-entry-1022.html

これを機に、この先もどこかでまたご一緒していただけると嬉しいですね。
IMGP0842.jpg
↑5月26日:ツアー中の晃司くん@大宮公演の際にいただいたフライヤー。

6月11日 東京・渋谷 SHIBUYA O-EAST 中村貴子さん主催のライブイベント
「貴ちゃんナイト vol.5~30th Anniversary Edition~」

出演:吉川晃司
菊地英昭のソロプロジェクト brainchild's
TRICERATOPS

和田さん、トライセラのメンバーさん、よかったらファイナルの武道館にも遊びに来てね!
トラセラ2013 サマー・ツアーは、高崎に参加します。
関連記事

コメント

[title]:嬉しいね^^

スノちゃんの熱い思いが伝わる記事だね。
お気に入りのアーティストが交わる、ただそれだけではない何かがある。
本当によかったね♪
自分は残念ながら参戦できなかったけど、心から嬉しく思います。

吉川氏とトライセラは自分にとっても大きな存在。
その間にいろんな方々や場の関わりがあって昨夜につながった。
それは偶然ではなく、互いに引き寄せあうものもあったからなんだろうね、きっと。

和田氏のTwitterで一緒に写っている画像を見たけど、皆本当にイイ笑顔。
これを機に、ライブや作品等での交流が深まることを期待しているよ!
  1. 2013/06/12(水) 10:10:51
  2. URL
  3. rock67 #U7FGdIN6
  4. [ 編集 ]

[title]:(´∀`*)ウフフ!10年越しに大きな橋がかかりましたね♪

貴ちゃんお姉さん、30周年おめでとうございま~す♪

そして、スノちゃん、馴れ初めからこの日まで、実現!本当に良かったね~!スノちゃんもおめでとうございま~す!

Feverイイよね!好きな一曲です。吉川さんの声で聴いてみたかったですね♪

wこーじくん(笑)、貴重だわ~。

新潟のライブも今回、復活でこちらも良かったな~と思っていますよ♪

お久しぶりのムーミンでした~。が、またどこかでお会いできますように!
  1. 2013/06/13(木) 21:29:21
  2. URL
  3. ムーミン #-
  4. [ 編集 ]

[title]:先へと繋がる一歩!

rock67さんへ

ありがとうございます~!本当に嬉しいですよね。
あれよあれよと決まったように見えるイヴェントでしたが、
水面下ではじわじわと進んで、この日を迎えたのかも、と
思うとまた嬉しくなったりして。
いろんな過去のインタビューを読んでも、ラジオを聴いていても、
トライセラのメンバーさんから「吉川晃司」という名前が
出たことがなく、昨年ようやく出てきたところでした。

一度きりじゃなく、また再会と共演、セッションをして
行ってもらえたなら、聴いたり、観たりする機会があると
いいなあ、と思っています。

エマちゃんはお兄さんですが、案外、和田さんがいちばん
お兄さんっぽかったりして(笑)
みんな弟気質(吉川、林くん、佳史さん)な感じがしました。

次は晃司くんがギンギン・セットで、トライセラがアコギ・セットというのもオツかもしれないです。

  1. 2013/06/17(月) 00:33:42
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:Fever!Fever!Fever!

ムーミンさんことムーちゃんへ

どうもサンキューです♪
ご無沙汰してます!いやいや~もう嬉し過ぎて、会場には
行けなかったというのに、そこに居たような気分です(笑)
ムーちゃんはもしかしたら、参加されたのかしら?
貴ちゃんのお祝いに駆け付け、貴ちゃんのイヴェントならでは
の豪華アーティストのみなさんが集まったというのも、
貴ちゃんが企画をグィっと持ち上げてくれたおかげです。
素晴らしい~ね!

Wこーじくんは、上にお姉さんがいらっしゃるという点で、
弟気質で、林くんは年上男性に可愛がられるタイプ。
(プレイグスの深沼くんとかもそう)
打ち上げやリハーサルで、みんなで何を話してたのかなー?
想像しただけでほんわかしちゃいます。

久しぶりの@新潟での晃司くん、翌々週はトライセラの高崎と、
ライブが続くので、こちらも楽しみです。

気持ちがもうFever!
  1. 2013/06/17(月) 00:43:32
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。