スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

1947年製 和田唱くんのMartin D-28

夏の初めに出版発売されたギタームック本。Martin D-18&D-28
マーティン、あるいはマーチンと呼ばれるアメリカのアコースティック・ギター。
私は“まーくん”と愛称で呼んでます♪

スガシカオさんも、和田くんのニッパチ(D-28)は、すごくいいよね!と絶賛の1本。
1947年製のドレッド・ノート・ニッパチくんのオーナー、トライセラトップス和田唱くん。
書店の表紙で名前を見つけたっ!!
表紙に和田さんの写真が掲載されてる訳ではないので、うっかり見逃さないようにね。
マーティンD-18&D-28永久保存ガイド (晋遊舎ムック)マーティンD-18&D-28永久保存ガイド (晋遊舎ムック)
(2012/07/12)
不明

商品詳細を見る


まーくんのD-28は、いろんなミュージシャン、世界中のギタリストが注目している
アイテム。
何せマーティンは修理しても長く使えるよう、2世代、3世代に渡り、100年使えるような
仕様になっているとも言われている。

和田さんの47年まーくんは、ライブで聴いてみて!
深みのあるVintage&木箱の奥深いサウンド。
経年によるメンテナンスも大変だと思うけれど、ライブで惜しげなく連れて行き、鳴らす
心意気もぜひ堪能してみて!

和田さんはMartinは全部で3本所有してると思うけれど、この47年製のニッパチは
和田さんにとっても格別だそうです。
和田唱くんが語る「俺とMartin」な記事内容、楽しいですよ。
ギターは人を熱くさせるし、歌も歌わせちゃう。
そういうものだなあ、って思う。

押尾コータローくんの記事も目を通しましたよ。
最近、濃いギター雑誌の発刊が少なくなった。Vintage Guitarなる
シリーズの本は、ある程度出尽くしたのかもしれないけど、読みたいと思っても
入手しにくいのです。雑誌にしては少々価格設定が高めだけれど、モノクロや女性版モノクロの
LDKという雑誌も愛読している私には馴染みのある出版社。
確かな目を持って製品に愛情を!という意識で作られてると思うなあ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。