スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:No title

長野、新潟とお世話になりました。
こちらで、初ネフロックの記事を拝見してから、仕事後、台風の中を高速を使い初めての山口さんライヴ、
声にヤラレました。運転中は「何してるんだ」と思ってましたが、
止められなくなりました。
あっ、声だけではありませんが...

長野のリストを教えてほしいです。
  1. 2011/08/24(水) 22:59:02
  2. URL
  3. sachiko #-
  4. [ 編集 ]

[title]:熱く、厚く、暑~く!

sachikoさんへ

長野、新潟の両方楽しかったですね!こちらこそ、お会いできて嬉しいです。
おかげさまで私も楽しく、ゆったりと心地よくリラックス・モードでした。
終演後に、よかったわ!と思う瞬間をお話しできることの喜びがありまして。
sachikoさんとの音楽が結んでくれたご縁に感謝です。

ネフロックの記事を読んでいただいての“行ってみよう”というアクションに繋がったことが
何よりもの喜びです。
山口さんの「声」はライブ、生で聴く良さ、素晴らしさがありますよね。
声だけじゃなく、ほっこりとした気分になったり笑ったり(ココ、重要なポイントですよね)、
考えを深めるきっかけをいただいたりと、感情もたくさん動かしてもらって来ているんでしょうね。

山口さんのヤイリも声で、いい音が鳴りますよね。
響きが芳醇でダイナミックで。

長野と新潟ですが、長野はまったりと楽しもうと決めていたせいか、
メモリー回路がシャット・ダウン(笑)してまして・・・・曲順は明確に覚えてないですが、
スタートからの2曲がまず変わっていましたね。
お役に立てずにすみません。

同じ曲でも同じフレーズでは弾いてないので、それぞれのパッションだったなあ、と思いました。
長野リストの完全版は、花田日和ブログさんの、
カブトさんがもしかしたら、ご存知かもしれません。

新潟はMC少な目でしたよね?!ひたすら曲、歌で。
トーキョー・シティ・ヒエラルキーも新潟でありましたね。何曲かは、ほぼ即興で?!
今日はこの曲を、と決めてたように見受けられました。

また次回もお会いできることを楽しみにしていますね!
ありがとうございます♪
  1. 2011/08/26(金) 01:21:12
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

いつも丁寧なレポありがとうございます。
今年は新潟行けなかったのが悔しいです。
とうとう皆勤賞が途切れてしまいました(苦笑)。

『ロックと島唄』の美しい調和は山口洋のアイリッシュ・ミュージシャンとの共演の経験が生かされてるような気がします。
ヤスさんもいってましたが、ここまでの人はそうはいないと思います。

長野のセットリストは近日中にWEBにUPしたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2011/08/26(金) 21:03:05
  2. URL
  3. カブト #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

スノーさん、ありがとうございます。

カブトさん、セットリストよろしくお願いします。
ネオンホールにはいつも遅刻で、受付さまにはご迷惑をおかけしてます。

明日の長野も遅刻です。
フライヤーとライヴハウスでstart時間違うやんけー。

  1. 2011/08/27(土) 21:51:03
  2. URL
  3. sachiko #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いいものは、知らせたくなりますね☆

カブトさん

よかったわ、いい音楽だわ、となると、どなたかに知らせたくなる性分のようです(笑)
感想をつらつらと書いてるものですが、読んでいただけることにも感謝です♪
書いたものから、よさそうだね~とか、面白そう、楽しそう→行ってみよう、聴いてみよう!
という行動に結びついた時って、嬉しいですよね。

音楽には、何かを分け与える力があるので、
文章でほんの少しでも、どなたかの胸に響くといいなあなんて思っています。

美しい調和は、山口さんがアイルランドの音楽とも深いつながりがあるから、という点、
アルバム、ライブの響きを聴いているとそれを感じますね。
アコーディオンとも相性がいいですものね♪

セットリストの件も、ありがたいです。

ロックと島唄。
音楽で旅ができたような気がしていますよ。
  1. 2011/08/28(日) 00:51:07
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:こちらこそ~!

sachikoさん

セットリストの件、カブトさんから頼もしいコメントをいただけて
良かったですよね!

長野でまた会いましょーね。
28日の件ですが、フライヤー、最近参加された方が、もらえずじまいだったとのことで、
私も1枚も入手してないので、明日もらえないかも、大丈夫かな~?なんて思ってます。
ではでは、またね☆

  1. 2011/08/28(日) 00:58:07
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:一部訂正しました。

読んでくださったみなさん、申し訳ありません。
私が初参加した山口さんのライブは、2008年夏ですので、丸3年が正しいです。

あれれ?と混乱させてしまったのではないかと思います。

遅れての感想報告状態なところに、明確ではない点、お許しくださいませ。
気づいてよかったです。ありがとうございました。

来年は家族の都合で、ライブ参加の回数が減ってしまう可能性がありますが、
今年は来年のことが予想されたので、思い切って2か所参加してみました。
いい場面に参加できてよかったです。
  1. 2011/08/28(日) 01:27:35
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

山口洋×大島保克 ロックと島唄 2days 

山口洋×大島保克 ロックと島唄 ふたりでいっちょやったろツアー 2days

8月某日。2days参加しました。
IMGP0483.jpg
初日:長野ネオンホールさん。 いつも温かく迎えてくださってありがとう!

このツアー、この時点ではまだ2本しか予定されておらず、遠くからも熱心なファンの方が
いらしてた。

先行、山口洋さん。

ヤイリ・ヒロシ・スペシャル2本が並んでいて、分身と言うよりは、山口洋さんとギターは
まさに一心同体。

『Oh Shenandoah』

いつも下から突き上げて来る、山口洋さんの低音ヴォイス。
この声とギターを聴くために、毎回同じ場所で観て、聴くことにしている。
木造のハコと山口洋さんとの響きは、来た回数分、記憶に残っている。

『ハピネス』
この曲は、HEATWAVEの中でも、とても好きな曲。時々このうたを持って届けてくれるのも
好きなのです。アコギでの響きだと、優しさがあって、同時に願いを感じる。

山口さん:長野のみんなには、俺のいろんなスタイルを観て、聴いて欲しくて。
これまでもいろいろな形で来てますが。
前回は、ホンモノの○タクを連れて来たし・・・・。

ホンマやわ。いつも違うスタイルで来てくれはってんねー。私たちに笑いを与え、潤してくれます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全部は列記しないけれど、順不同でご紹介。
滅びる歌とどっちがいい?と長野オーディエンス訊いてチョイス。『GirlFriend』

「ウケないとどんどん喋らなくなります・・・・」と段々小声のトーンに絞られていく。
笑っちゃうんだよね、おかしくて。ほっこりと。

『Now Here Man』よく響いていたなあ。

山口さん独演の時間もしっかりとあり、休憩をはさんで大島保克さんことヤスさんへとバトンは引継がれる。

ヤスさん座っての登場。三線を持って鳴らし、歌い始める。

とてもいい声で、ノドを鳴らす。

島歌、沖縄民謡、子守唄、歌い継がれて来た今日、新しい曲たち。

たくさん披露していただいた曲の数々。エピソードを交えてお話してくださったのだけど、
いずれも風景が浮かぶような、時代を遡るかのような美しさ。

月、花、海、人。

山口洋さん再登場。ゲストとして呼ばれたような感じで、くふっと笑える。

過去に、大島さんと山口さんはイヴェントでお会いしていて、その時の山口さんはサングラスで
一言も喋らないような風貌というか、雰囲気を醸し出していたらしい頃?!

ヤスさん:この人と友達になることは無いだろうな、と当時は思ってました。

山口さん:ぐわははははっ(笑)

ある時、何年後かにイヴェントで一緒になって、一緒に音を出したら、これが案外よかった。
とのことで、今回のツアーが行われた。

ヤスさん:山口さんの方が大変だと思うんですけど(僕の音に合わせるのは)
いろいろなジャンルの人との共演はこれまでもあったんですけど、ここまで合わせられる人は
なかなかいないですね。

島唄に合わせて、ふたりでいっちょやったろか。

この1曲目が、もう・・・私には鳥肌モノで。身体がブルブル、ゾクゾクと身震いしました。
こう来たか!という、山口さんの音のカンとセンスなんだと思うのだけれど、
アコギで合いの手というか、愛の手か。
添う感じで、ヒロシ・スペシャルがいい音で鳴っていました。ふたりの音の絡み具合、響きが美しくて。

震災の事もあるからか、3.11以降、自分の中での「音楽の沁み込み具合」がこれまでとは
全然違うと感じました。
涙が溢れそうになって、(琴線に触れたようです)もう少しでこぼれ落ちるところでした。

すごく良かった。

これまで島唄をちゃんと、生で聴いたことも無かったから、新鮮でした。

『満月の夕』・・・ふたりで。ヤスさんが歌う場面、山口さんがリードする場面。
ギターと三線。この曲は本当に映えていたなあ。

帰りしな、お気遣いいただいて、山口さんと一言二言。
「おぅ!ありがとね。」
ここでも私たちにジョーク飛ばしっぱなし。笑いが絶えず、ギュギュッと握手を交わし、
新潟も行きますと音楽仲間さんと共に。
長野のみなさま、ありがとうございました。また会いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日挟んで、新潟青山海岸のネフに向かう。
IMGP0487.jpg
もう4度目の夏になるんですね。山口さんの音楽と偶然出会った新潟の青山海岸ネフ。
昨年お休みだったけれど、3回目の参加でした。到着したら、汗がたらたらり、としたたる。

暑いねぇ。

キャンドルの灯りと、夕暮れから日没後の夜の日本海をバックに、ロックと島唄。

先行、山口洋さん。
長野とはトップから若干曲を変え、手を変え品を変え、アコギでロックギタリストの
ソロも存分に魅せ、聴かせていただいた。
アコギでできること、可能性は引き出せばいいのだろうと思う。
エフェクターと、ギターは高温多湿なこの日、扱いが大変だったもよう。

マシンも100%完璧ではないし、使うのも仲間になるのもニンゲン。
それでも、どこよりも『ネフロック・フェス』が好きと言う。

『君をつれてゆく』・・・4年前もここで聴いて、何にも知らない状態で
佐野さんのカヴァーは知っていたから。再演は嬉しい。

アンプラグド・山口洋の世界、時間

長野の夜も、新潟の夜もありました。いつもこのアンプラグドの心意気にカンパイ!してます。

ヤスさんの出番も、島唄好きな方がいらしたようで、楽しんでいたご様子。
山口さん、暑さに負けて、「とうとう兄さん、脱いじゃいました(ヤスさん談)」
上半身ハダカにギターでございます。

山口さんとの共演も、新潟も素晴らしナイト。ジャンルよりもお互いで音を出して、歌えれば
それでオッケー。Oh Yeah~!!

山口さんの書いたと思われるメモによると、
DADGAD 8カポ

山口さんのよかよかな響きの秘訣は、変則チューニングにもあり。
アイリッシュな響きも日本の響きも素敵ですもの。
IMGP0492.jpg
愛情をたくさん感じるチケット。
また聴かせてくださいね。
それと、どこから来たかそろそろ覚えてください(笑)。宇宙から飛んで来てませんから。

*訂正*初参加した山口さんのライブが2008年夏から。その年を1(回目)として数えてたので誤りがありました。
正しくは、丸3年経過したところです。一部訂正してお詫びします。
関連記事

コメント

[title]:No title

長野、新潟とお世話になりました。
こちらで、初ネフロックの記事を拝見してから、仕事後、台風の中を高速を使い初めての山口さんライヴ、
声にヤラレました。運転中は「何してるんだ」と思ってましたが、
止められなくなりました。
あっ、声だけではありませんが...

長野のリストを教えてほしいです。
  1. 2011/08/24(水) 22:59:02
  2. URL
  3. sachiko #-
  4. [ 編集 ]

[title]:熱く、厚く、暑~く!

sachikoさんへ

長野、新潟の両方楽しかったですね!こちらこそ、お会いできて嬉しいです。
おかげさまで私も楽しく、ゆったりと心地よくリラックス・モードでした。
終演後に、よかったわ!と思う瞬間をお話しできることの喜びがありまして。
sachikoさんとの音楽が結んでくれたご縁に感謝です。

ネフロックの記事を読んでいただいての“行ってみよう”というアクションに繋がったことが
何よりもの喜びです。
山口さんの「声」はライブ、生で聴く良さ、素晴らしさがありますよね。
声だけじゃなく、ほっこりとした気分になったり笑ったり(ココ、重要なポイントですよね)、
考えを深めるきっかけをいただいたりと、感情もたくさん動かしてもらって来ているんでしょうね。

山口さんのヤイリも声で、いい音が鳴りますよね。
響きが芳醇でダイナミックで。

長野と新潟ですが、長野はまったりと楽しもうと決めていたせいか、
メモリー回路がシャット・ダウン(笑)してまして・・・・曲順は明確に覚えてないですが、
スタートからの2曲がまず変わっていましたね。
お役に立てずにすみません。

同じ曲でも同じフレーズでは弾いてないので、それぞれのパッションだったなあ、と思いました。
長野リストの完全版は、花田日和ブログさんの、
カブトさんがもしかしたら、ご存知かもしれません。

新潟はMC少な目でしたよね?!ひたすら曲、歌で。
トーキョー・シティ・ヒエラルキーも新潟でありましたね。何曲かは、ほぼ即興で?!
今日はこの曲を、と決めてたように見受けられました。

また次回もお会いできることを楽しみにしていますね!
ありがとうございます♪
  1. 2011/08/26(金) 01:21:12
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

いつも丁寧なレポありがとうございます。
今年は新潟行けなかったのが悔しいです。
とうとう皆勤賞が途切れてしまいました(苦笑)。

『ロックと島唄』の美しい調和は山口洋のアイリッシュ・ミュージシャンとの共演の経験が生かされてるような気がします。
ヤスさんもいってましたが、ここまでの人はそうはいないと思います。

長野のセットリストは近日中にWEBにUPしたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2011/08/26(金) 21:03:05
  2. URL
  3. カブト #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

スノーさん、ありがとうございます。

カブトさん、セットリストよろしくお願いします。
ネオンホールにはいつも遅刻で、受付さまにはご迷惑をおかけしてます。

明日の長野も遅刻です。
フライヤーとライヴハウスでstart時間違うやんけー。

  1. 2011/08/27(土) 21:51:03
  2. URL
  3. sachiko #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いいものは、知らせたくなりますね☆

カブトさん

よかったわ、いい音楽だわ、となると、どなたかに知らせたくなる性分のようです(笑)
感想をつらつらと書いてるものですが、読んでいただけることにも感謝です♪
書いたものから、よさそうだね~とか、面白そう、楽しそう→行ってみよう、聴いてみよう!
という行動に結びついた時って、嬉しいですよね。

音楽には、何かを分け与える力があるので、
文章でほんの少しでも、どなたかの胸に響くといいなあなんて思っています。

美しい調和は、山口さんがアイルランドの音楽とも深いつながりがあるから、という点、
アルバム、ライブの響きを聴いているとそれを感じますね。
アコーディオンとも相性がいいですものね♪

セットリストの件も、ありがたいです。

ロックと島唄。
音楽で旅ができたような気がしていますよ。
  1. 2011/08/28(日) 00:51:07
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:こちらこそ~!

sachikoさん

セットリストの件、カブトさんから頼もしいコメントをいただけて
良かったですよね!

長野でまた会いましょーね。
28日の件ですが、フライヤー、最近参加された方が、もらえずじまいだったとのことで、
私も1枚も入手してないので、明日もらえないかも、大丈夫かな~?なんて思ってます。
ではでは、またね☆

  1. 2011/08/28(日) 00:58:07
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:一部訂正しました。

読んでくださったみなさん、申し訳ありません。
私が初参加した山口さんのライブは、2008年夏ですので、丸3年が正しいです。

あれれ?と混乱させてしまったのではないかと思います。

遅れての感想報告状態なところに、明確ではない点、お許しくださいませ。
気づいてよかったです。ありがとうございました。

来年は家族の都合で、ライブ参加の回数が減ってしまう可能性がありますが、
今年は来年のことが予想されたので、思い切って2か所参加してみました。
いい場面に参加できてよかったです。
  1. 2011/08/28(日) 01:27:35
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
おかげさまで2005年開設
11年となりました。
現在更新は休止中ですが、
再開準備を進めております。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。