スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ARABAKI ROCK FEST.2010

少し前に、宮城県で開催されている「荒吐」のARBAKI ROCKのダイジェスト版が
CSでオンエアされました。
藤井一彦さん出演の件、私が録画しておいた中に入っていたので、良かったわ、と思いながら
割とのんびりした気持ちで眺めていたところ・・・・

SIONさん、まず屋台に登場。滅多にないかな、このシチュエーションは。
貴重な喋り&酒呑みシーンでした。ラー油+豆腐、旨いねぇ!なんてね。
屋台の横にある「焼酎5万円」がウケました。

一彦さんは次の日、荒吐から急いで帰郷し、下北沢のキヨシローさんメモリアル・イヴェントに出演。
滅多にしない東京遠征をした日の出来事たったから、記憶に残ってる。

~SION with THE MOGAMI~ 「マイナスを脱ぎ捨てる」

MOGAMIのメンバーとして、ベースの井上富雄さん、並んで一彦さん。
池畑さんのドラムも締まっている中に、激しさと華やかさが同居してるのが印象的。

SIONさんは帽子を被ってらしたのだけど、この日は特に何かがあのステージに
あったのだろうか。
いつもに増して、私が初めて観た時のSIONさんとも違い、鬼気迫る様な緊迫感のある
ステージ。
徐々にボルテージが上がって来るのがわかる。
一彦さんは、いちばんSIONさんのヴォーカルに刺激されたギターだったと思った。

同時に燃え出す、燃え広がった感。
キレの鋭さが尋常じゃなかった。

残像と音像がそのあとも残るほどに。

うたとギターは特に、密接な関係性がある。ツイン・ギターでもあるので、
弾く、引く、足す、増すというのはバンド内でのそれぞれ持ち味でもある。

一彦さんとシオンさん。
目が離せないステージだった。
また、次も観て行こうかな。次はフジロック2011もありますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。