スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:吉川晃司が吉川晃司である理由

 こんばんは~
大変ご無沙汰してしまってました。。。

 私も見ましたよ~。
当日、朝刊のテレビ欄見るまで全く知りませんでしたが、
ばっちり録画してゆっくり堪能しました。

「野生の王国」まさにそう!私もその番組を思い出してました。
確か金曜の7時30分からでしたよね~。
まぁ、それはどうでも良いか(笑)

 今回の企画、前回の無人島と同じく吉川氏だからこそでしたね。
他にこう言うことやって似合うミュージシャン、居るかな??
と思いながら見てました。

 火をおこすシーンでの吉川氏の
「手が・・・手が・・動かない・・・」
の言葉が印象的でした。
吉川氏の言葉を借りればまさに、「己の小ささ」と言うものを
感じておられたシーンだったのではないでしょうか。

 スタジオでも意見は真っ二つでしたね。
「こんな人に守って欲しい」と言う人もいれば、
「どこへでも(危険なところへ)行っちゃいそうでヤダ」と言う人もいたりして。
でも、それでこそ吉川晃司!
そのどちらもが吉川晃司と言う唯一無二の存在。
それを改めて感じました。

 もちろん、パート3も期待します!
胃腸の弱い私にはとても真似出来ませんけど。。。(笑)

  1. 2011/04/20(水) 22:08:19
  2. URL
  3. べた #.1PsJ5dk
  4. [ 編集 ]

[title]:ドキュメンタリーでワールド・ワイド!

♪べたさん

良かったー!録画して観ていただけてよかったです。
オンエア解禁?と一度放送予定があったのですが、
急遽放送日が決まったようで、情報も2日前くらいに
はっきりと分かったので、私も見逃さずに
すみました。

べたさんもこれは吉川晃司ならでは、と思った
とのことですが、
こういう企画にハイ!とノッて来てくれる人が
まずほとんどいないでしょうね(笑)
しかもミュージシャンや音楽家となるとゼロかも。
最初にライブ映像が出て来ましたが、
Tarzanなステージだったので
まだこんなことやってるのか~~?キッカワは。
なんて思った方もいるのかもしれませんよね。
それが吉川くんの狙いでもあるので、
ご本人さんはきっとシメシメ。。。。と微笑んで
いるに違いありませんよね~。


どこへでも行っちゃいそうでヤダ~(><;)
というあたりは、
私を置いてという意味も含まれて
ますよね。うふふっ。
一緒に居て欲しい方は、反対すると思いますよ。

守って欲しいわ~という人は、ご一緒したい
タイプかと思われます。
頼もしさを感じる人でしょうね。

野生の王国は、金曜の夜でしたよね。
プロレスや野生の王国は父が好きで観ていたので、
私もつい。。。思い出してましたよ♪

パート3は人との触れ合いがいいかな。
海外ロケでもいいし、違った一面を垣間見られるような
番組がよいですよね。
次回は美味しいものを食べてるところも観たいです。
メッチャ、ウマ!って顔が観たいですよねー。

べたさん、2011年、後半戦の吉川晃司にも
ご期待くださいね!!


  1. 2011/04/22(金) 23:27:19
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

吉川晃司 アフリカ・サバンナの夜 自給自足生活

吉川晃司45歳、アフリカ・サバンナでライオンキング生活 by:TBS「金スマ」

諸事情あって、旅ロケの後にすぐ放送とはならず、長い間オンエアを待っていた私たち。
ようやく2011年の春、放送が実現した。ここは面白い、ここはどうしても放送したい
というところを選りすぐってのオンエアだったのではないかな?

45歳、というのを強調したかったのだろうか。
世間一般的にみて、「45歳」という年齢のイメージからは、ケタはずれの行動力、挑戦意欲を
アピールしたんだと思う。

それでいい。 吉川晃司だから。

「野生の王国」という番組をご存知?吉川くん世代の方は記憶に残っている番組だと思うけど、
弱肉強食の世界で、強いものが生き残るには?
また、人間の生活の基本、根底をも「ちょっと考えてみようよ、感じてみようぜ」
そんな吉川晃司くんからの想いもあったからか、この危険な野生の旅プロジェクトが進められ、
実行された。

女性からしてみると、こんな危険な場所に・・・。「あなた、お願いだから行かないで!!」
と、言ってしまいそうなシチュエーション。
私を含め、ファンの方々はハラハラしつつ、「これは吉川晃司にしかできないね。」などと
思っていたかもしれない。
「止めてくれるな、おっかさん!!(おふくろ)」
止めれば止めるほど、「心臓タイプ」の彼は突き進んで行くし、燃えるタイプ。

過去にもさんざん女性に言われて来たことでしょう。
「もういいわ!!あなたの勝手にして。好きにして(怒)」
言えば言うほど、いちばん本人は燃えちゃうのだ。放っておくか、好きにさせていたほうが
本人の精神衛生上は良好・・・なはず。

よっしゃあああ!!行ったるでぇぇぇーーー by:Koji Kikkawa 心の声
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
顔が真っ黒になりながらも、手に傷を作りながらも、火をおこすシーン。
「カッコわるいかも?と思えることがカッコよく見えた時、男の顔は光るんだぜ~~」
なんて、吉川くんの声が聴こえて来そうだった。

いちばん印象に残ったシーンは、キリンの群れ。キリン・ファミリーとの出会い。

吉川くんのまなざしが温か。声も柔らかかった。
思わず惚れそうになったほど。←うぷぷっ、そこかい!?
いくら普段おとなしいキリンだって、野生なんだから、ヒトを見れば攻撃してくるかも・・・

吉川:「大丈夫よ、愛情を送ってるから。」

キリンに愛情ビームを送った、頼もしい兄ちゃん。

この時、ふと思う。
普段、ステージから、来てくれ、集まってくれているファンの人たちにも
同じまなざしを送ってるよね。

じゃあな、またな~!元気でな~。気をつけて帰れよ~。

昔から、いつもこういう去り方だよね。

食べる場面もドキドキ。毒があるかもとか、胃腸には優しくないだろうなとか、
つい思ってしまうのだけどね。
45年間、幾多の夜をこえて、困難に打ち勝って来た人。それが吉川晃司。

手は大事にしてね、ギター弾く人なんだから・・・などは、いらぬ心配。エゴに近い勝手な心配に
なりそうなので、もうここまで来たら、信じる。ひたすら無事を祈る。

止められても、女の人に泣かれても、
男は行くんだ、進むんだ、という「吉川晃司」の大きな姿が印象に残る。

吉川くんが広島から東京に出る時も、お母さん、泣いてたそうじゃない?

男の人は、いつの時代もサバイバルの中にいるんだよ。
送り出して、見守ってるのが女子の役目の一つだなあ、なんて、ちょっとしみじみ。
無事帰って来たら、その努力のほどを、うんと褒めるとか、感謝の気持ちを伝えたらいいんだと思う。
あたたかい料理を作っておくとか、小さなそういうことだな、なんてね。

きれいに並んだ料理の話をしていた吉川くん。
空も大地も水も太陽も、生き物にも。
吉川くんが、ありがとう。の気持ちを込めてたあのシーンが焼き付いてる。
関連記事

コメント

[title]:吉川晃司が吉川晃司である理由

 こんばんは~
大変ご無沙汰してしまってました。。。

 私も見ましたよ~。
当日、朝刊のテレビ欄見るまで全く知りませんでしたが、
ばっちり録画してゆっくり堪能しました。

「野生の王国」まさにそう!私もその番組を思い出してました。
確か金曜の7時30分からでしたよね~。
まぁ、それはどうでも良いか(笑)

 今回の企画、前回の無人島と同じく吉川氏だからこそでしたね。
他にこう言うことやって似合うミュージシャン、居るかな??
と思いながら見てました。

 火をおこすシーンでの吉川氏の
「手が・・・手が・・動かない・・・」
の言葉が印象的でした。
吉川氏の言葉を借りればまさに、「己の小ささ」と言うものを
感じておられたシーンだったのではないでしょうか。

 スタジオでも意見は真っ二つでしたね。
「こんな人に守って欲しい」と言う人もいれば、
「どこへでも(危険なところへ)行っちゃいそうでヤダ」と言う人もいたりして。
でも、それでこそ吉川晃司!
そのどちらもが吉川晃司と言う唯一無二の存在。
それを改めて感じました。

 もちろん、パート3も期待します!
胃腸の弱い私にはとても真似出来ませんけど。。。(笑)

  1. 2011/04/20(水) 22:08:19
  2. URL
  3. べた #.1PsJ5dk
  4. [ 編集 ]

[title]:ドキュメンタリーでワールド・ワイド!

♪べたさん

良かったー!録画して観ていただけてよかったです。
オンエア解禁?と一度放送予定があったのですが、
急遽放送日が決まったようで、情報も2日前くらいに
はっきりと分かったので、私も見逃さずに
すみました。

べたさんもこれは吉川晃司ならでは、と思った
とのことですが、
こういう企画にハイ!とノッて来てくれる人が
まずほとんどいないでしょうね(笑)
しかもミュージシャンや音楽家となるとゼロかも。
最初にライブ映像が出て来ましたが、
Tarzanなステージだったので
まだこんなことやってるのか~~?キッカワは。
なんて思った方もいるのかもしれませんよね。
それが吉川くんの狙いでもあるので、
ご本人さんはきっとシメシメ。。。。と微笑んで
いるに違いありませんよね~。


どこへでも行っちゃいそうでヤダ~(><;)
というあたりは、
私を置いてという意味も含まれて
ますよね。うふふっ。
一緒に居て欲しい方は、反対すると思いますよ。

守って欲しいわ~という人は、ご一緒したい
タイプかと思われます。
頼もしさを感じる人でしょうね。

野生の王国は、金曜の夜でしたよね。
プロレスや野生の王国は父が好きで観ていたので、
私もつい。。。思い出してましたよ♪

パート3は人との触れ合いがいいかな。
海外ロケでもいいし、違った一面を垣間見られるような
番組がよいですよね。
次回は美味しいものを食べてるところも観たいです。
メッチャ、ウマ!って顔が観たいですよねー。

べたさん、2011年、後半戦の吉川晃司にも
ご期待くださいね!!


  1. 2011/04/22(金) 23:27:19
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。