スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:Re: DaiKichi~大吉~ HEART∞BREAKER 大黒摩季×吉川晃司

寒中お見舞い申し上げます。
今年も宜しくね!

まず、スノちゃんiTunes購入なんて珍しいんじゃ?ない♪
今、PCそばにCD出して来たので、しばらく待機しとく。
クレジットで具体的に気になるとこあったら言ってね(^^♪


毎回、繊細な部分に気付けるスノちゃんが流石です!
私は細かく音を聴く(聴き分ける)が出来ないので、
吉川さんらしい吉川節調なメロディーだな!とは思いましたが、
Mr.Body&Soulと関わりが。。。とは、
まったく気付きませんでした(笑)


>ラストのキメ・ポーズ。ここは少し「男女ユニット」を意識した感じになってた。
もしも、男VS男だったら、こうはならないよね?
谷村さんと小川知子さんの強烈な衝撃な(笑)色気を思い出し、
男VS男だったら、こうはならないよね?で笑っちゃいました。

歌もPVも摩季さんとの息がピッタリだったよねー♪
吉川さんは見慣れているせいか、いつものキメキメで来たなーっ!
と思いましたが、
摩季さんのキラキラシルバーにドキドキ(笑)、姐さんカッコいいぜよーっ!
セクシーでしたよね、とっても。
観る側からしたら、両者のセクシーさ加減も
男女ユニットを楽しむ時の醍醐味でもあるなーと!


想像ですが、短時間の中でもお互いに歌を創る者同士、
歌詞もサウンドも擦り合わせ集中して挑んだ感じでしょうね♪
観ていて気持ちいいし、カッコいい絵になるお二人でした!


“男がピカピカのキザでいられた時代よ、もう一度。
吉川晃司くんによって再び・・・。”
もう、始まっていますよね。
これからも、気ままに進んで行っていただいて、
あまり多くを語らずとも・・・
時々その様子を、横顔と背中で見せていただきたい!


  1. 2011/01/10(月) 14:13:27
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:ハートブレーカー!!

ムーミンさん

マイナス気温でパリパリとした空気のこの地より
 寒中お見舞い申し上げます

こちらこそ~!今年もどうぞよろしくね☆

おぉ~クレジット!これは配信でもプロデュース、
スタジオ、Mix、楽器演奏者のみなさんのお名前は
分かるようなシステムだったらいいね~。
吉川くんの楽曲は、「光と影」やSEMPOでの曲は
数回購入したことがあったんだけど、シングルはたまーに
配信で買うことがあるのよ。

吉川くんの曲は、メロディとリフが特徴があるからか、
すぐ分かるものが多くて、その点が嬉しいものね。
シングルにする時は、敢えて「吉川印」にしてるのかも。
ひねったものは、アルバムでね~♪
以前もパターンをちょっと変えたりはしてるけど、
歌詞が違う内容で、第2弾みたいな感じなのよ。
きっとこの曲が好きなんだろうなあ、って思いました。

谷村さんと小川さんのその曲!!うわぉ!
思い出してうぷぷっ、と楽しませてもらっちゃったなあ。
そうそう、色っぽいあわわ・・・というシーンが話題に。
大黒さんとは最後にお互いに寄り添った時に、吉川くんの
視線が想像を掻き立てますわねぇ。
男と男だったら、あらま、きゃーっ☆になっちゃうから(笑)
男女ユニットはまた違った色合いがあるものだなあ、と思って
楽しんでます。

大黒さんは、姐御肌という吉川談。
歌もアクションも決まってたよね。
二人の歌声もいい重なり具合。いい組み合わせだったねー。

ハードボイルドは、逆に貴重だものね。
横顔と背中は、吉川くんのよかところですものっ。
次はどんなスタイルで出て来るかな~?
2011年もバリバリ行ってもらいましょーね!



  1. 2011/01/10(月) 22:32:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:参考までに

プロデュース Tatsuya Tadokoto,Yusuke kohno(このお方はRec. Directorもですね。avex)

Rec. Enjineer 坂元達也氏(Deep)

Assistant Enj.Hitomi Joko,Shohei Kotani(Azabu O Stadio),
Nagayama Hisashi(Sunrise Stadio),Eisuke Kumon(Sony Music Stadio Tokyo)

Guiter Tac. 荒木氏

Arranjement 菅原氏

スタジオは?不明

楽器演奏者のみなさん Drums坂ちゃん, All Instruments Performed吉川氏と菅原氏コンビ

ジャケ写 細野氏

という感じです♪

そんじゃ、またね。
  1. 2011/01/11(火) 06:25:58
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:ありがとう!!

ムーミンさん

うわあ~、嬉しかー!
ムーちゃんどうもありがとうね。
クレジット、菅原さんと吉川くんで、というのは、サウンドと曲とリフを
聴くとこの二人でしょう!と思ってたのだけど、
テック荒木さんのお名前が書いてあったようで、嬉しいな♪

坂元さん(さかげんサン)は、元春もお世話になったし、
間接的になんだけど、坂元さんチームのお仕事が大好きなのよ。

クレジットは、シングルだと書いてないケースが多くて。
吉川くんは割とちゃんと書いてくれる方だよね。

ばんちゃんのドラム?!ほほぅ~目玉だね~☆
  1. 2011/01/12(水) 00:11:25
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

DaiKichi~大吉~ HEART∞BREAKER 大黒摩季×吉川晃司

DaiKichi~大吉~ HEART∞BREAKER 大黒摩季×吉川晃司

劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』
主題歌を吉川晃司くんと大黒摩季ちゃんとで作り上げた。
仮面ライダーによって、引き合わされたとも言えるコラボレーション、ユニット。
HEART∞BREAKERHEART∞BREAKER
(2010/12/15)
DaiKichi~大吉~

商品詳細を見る

今回は、iTunesで購入。PVも購入可能。よって、演奏等の詳細はクレジット不明ですが、
PVも含めた曲の印象、感想を記しておきますね。

イントロ・・・ふふふ。やるねぇ、吉川くん!!私はもう、ここでニヤリッとなりました。

「Mr.Body&Soul」のブラザー・ソングかアンサーソングかな?
意図的か、イントロはもう、そのまんまですね。
逆回転させたようにも受け取れますが、拍がウラになった感じというか、リズムが細かく入る。
安易なバラードにしたくなくて、テンポは速くしたそうです。
ここで、ドラムの刻みが耳に記憶されて行くのですが、工夫されているのは、映画のシーンをイメージ
させるようなSE(サウンドエフェクト)が入ってます。実際キーボードで入れてるのかも?!
正確な音作りは分からないので、何とも言えないけれど。

「シューッ」と、ストームの様なサウンド効果音。

ギターは根底がハード・ロック+ギター・リフ。ディストーション、歪ませてパワーを加えてあります。
::::::::::::::::::::::::::::::::

~好きなところでもあり、これは良かったな、と思った点。~

1.吉川くんのダークな低音域の声を活かしたセルフ・コーラス

2.大黒さんと吉川くんの、互いの声のいいところ High&Lowを見事に表現されてます。
巧くいい面を使って一気に合わさって出来た感じがします。お互いのキャリアのなせる技。


時間を掛けないといけない同士というのもあると思いますが、キメてますね。

3.♪HEART BREAKER!と歌うところが良くて、PVのように思わず手のひらを振りたい
気分にさせられます。

4.ラストの♪Uh~~HEART BREAKER ハミングっぽいところからグッと出すところが
気持ち良いです。


みなさんは、どんな感想をお持ちですか?
:::::::::::::::::::::::::::

間奏は、アルバム【TARZAN】+【Double-edged sword】
兄弟姉妹ソングと呼ぶのがいいのか、曲は吉川晃司くんならでは、と言うのが合うのかは、
それぞれにお任せするとして。

歌詞は大黒さん。「強くなりたい」と過去の曲でもずっと歌い続けて来た大黒さんが書いた。
吉川くんからのお題(使うかどうかは自由で、とお伝えしたようですね。)
『仮面ライダー=ハートブレイカーだよね。』
という提案を取り入れてくれたのだそうです。核がハートブレーカー

<PVの感想>
これは、カメラとカメラ・ワークが素晴らしいこともあるし、
大黒さんも吉川くんもライブやパフォーマンスは定評があり、華がある二人のこと。
ブラック&キラキラ・シルバーで高速回転なアクションがサイコー!でした。

吉川くんはお顔が更にシャープになってるし、大黒さんもまなざしがいいわあ~。

ラストのキメ・ポーズ。ここは少し「男女ユニット」を意識した感じになってた。
もしも、男VS男だったら、こうはならないよね?

膝の曲げ方までも、合ってて。
キッチリ詰めたのか、大黒さんは吉川くんのことを「ずっと憧れてた人でしたから」というので
研究し尽くしてるからなのか、「キメ」のところがフィットしてるのには驚きます。

このPVのメイキングが見たくなっちゃったね。

吉川くんは、女性シンガーとのユニットも素敵。
今の吉川くんの年齢も関係あるかもしれないけど、私は気に入ってます。

余談ですが、下記にご紹介する1冊も内容がgoodです。後日入手したいと思います。
仮面ライダーW公式フォトブック 鳴海荘吉×吉川晃司 HARD-BOILED ISSUE (グライドメディアムック)仮面ライダーW公式フォトブック 鳴海荘吉×吉川晃司 HARD-BOILED ISSUE (グライドメディアムック)
(2010/12/17)
東映

商品詳細を見る

男がピカピカのキザでいられた時代よ、もう一度。
吉川晃司くんによって再び・・・。
関連記事

コメント

[title]:Re: DaiKichi~大吉~ HEART∞BREAKER 大黒摩季×吉川晃司

寒中お見舞い申し上げます。
今年も宜しくね!

まず、スノちゃんiTunes購入なんて珍しいんじゃ?ない♪
今、PCそばにCD出して来たので、しばらく待機しとく。
クレジットで具体的に気になるとこあったら言ってね(^^♪


毎回、繊細な部分に気付けるスノちゃんが流石です!
私は細かく音を聴く(聴き分ける)が出来ないので、
吉川さんらしい吉川節調なメロディーだな!とは思いましたが、
Mr.Body&Soulと関わりが。。。とは、
まったく気付きませんでした(笑)


>ラストのキメ・ポーズ。ここは少し「男女ユニット」を意識した感じになってた。
もしも、男VS男だったら、こうはならないよね?
谷村さんと小川知子さんの強烈な衝撃な(笑)色気を思い出し、
男VS男だったら、こうはならないよね?で笑っちゃいました。

歌もPVも摩季さんとの息がピッタリだったよねー♪
吉川さんは見慣れているせいか、いつものキメキメで来たなーっ!
と思いましたが、
摩季さんのキラキラシルバーにドキドキ(笑)、姐さんカッコいいぜよーっ!
セクシーでしたよね、とっても。
観る側からしたら、両者のセクシーさ加減も
男女ユニットを楽しむ時の醍醐味でもあるなーと!


想像ですが、短時間の中でもお互いに歌を創る者同士、
歌詞もサウンドも擦り合わせ集中して挑んだ感じでしょうね♪
観ていて気持ちいいし、カッコいい絵になるお二人でした!


“男がピカピカのキザでいられた時代よ、もう一度。
吉川晃司くんによって再び・・・。”
もう、始まっていますよね。
これからも、気ままに進んで行っていただいて、
あまり多くを語らずとも・・・
時々その様子を、横顔と背中で見せていただきたい!


  1. 2011/01/10(月) 14:13:27
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:ハートブレーカー!!

ムーミンさん

マイナス気温でパリパリとした空気のこの地より
 寒中お見舞い申し上げます

こちらこそ~!今年もどうぞよろしくね☆

おぉ~クレジット!これは配信でもプロデュース、
スタジオ、Mix、楽器演奏者のみなさんのお名前は
分かるようなシステムだったらいいね~。
吉川くんの楽曲は、「光と影」やSEMPOでの曲は
数回購入したことがあったんだけど、シングルはたまーに
配信で買うことがあるのよ。

吉川くんの曲は、メロディとリフが特徴があるからか、
すぐ分かるものが多くて、その点が嬉しいものね。
シングルにする時は、敢えて「吉川印」にしてるのかも。
ひねったものは、アルバムでね~♪
以前もパターンをちょっと変えたりはしてるけど、
歌詞が違う内容で、第2弾みたいな感じなのよ。
きっとこの曲が好きなんだろうなあ、って思いました。

谷村さんと小川さんのその曲!!うわぉ!
思い出してうぷぷっ、と楽しませてもらっちゃったなあ。
そうそう、色っぽいあわわ・・・というシーンが話題に。
大黒さんとは最後にお互いに寄り添った時に、吉川くんの
視線が想像を掻き立てますわねぇ。
男と男だったら、あらま、きゃーっ☆になっちゃうから(笑)
男女ユニットはまた違った色合いがあるものだなあ、と思って
楽しんでます。

大黒さんは、姐御肌という吉川談。
歌もアクションも決まってたよね。
二人の歌声もいい重なり具合。いい組み合わせだったねー。

ハードボイルドは、逆に貴重だものね。
横顔と背中は、吉川くんのよかところですものっ。
次はどんなスタイルで出て来るかな~?
2011年もバリバリ行ってもらいましょーね!



  1. 2011/01/10(月) 22:32:21
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

[title]:参考までに

プロデュース Tatsuya Tadokoto,Yusuke kohno(このお方はRec. Directorもですね。avex)

Rec. Enjineer 坂元達也氏(Deep)

Assistant Enj.Hitomi Joko,Shohei Kotani(Azabu O Stadio),
Nagayama Hisashi(Sunrise Stadio),Eisuke Kumon(Sony Music Stadio Tokyo)

Guiter Tac. 荒木氏

Arranjement 菅原氏

スタジオは?不明

楽器演奏者のみなさん Drums坂ちゃん, All Instruments Performed吉川氏と菅原氏コンビ

ジャケ写 細野氏

という感じです♪

そんじゃ、またね。
  1. 2011/01/11(火) 06:25:58
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:ありがとう!!

ムーミンさん

うわあ~、嬉しかー!
ムーちゃんどうもありがとうね。
クレジット、菅原さんと吉川くんで、というのは、サウンドと曲とリフを
聴くとこの二人でしょう!と思ってたのだけど、
テック荒木さんのお名前が書いてあったようで、嬉しいな♪

坂元さん(さかげんサン)は、元春もお世話になったし、
間接的になんだけど、坂元さんチームのお仕事が大好きなのよ。

クレジットは、シングルだと書いてないケースが多くて。
吉川くんは割とちゃんと書いてくれる方だよね。

ばんちゃんのドラム?!ほほぅ~目玉だね~☆
  1. 2011/01/12(水) 00:11:25
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。