攻めて来ない男に価値はない:吉川晃司 語録21

いきなりキツイなあ~と思った方もいるかもしれませんよね。

攻めて来ない男に 価値はない
ですから・・・。
これは、先日発売された雑誌「anan」から。

草食系男子についてや、自ら「魚食系男子」と笑うところも、吉川くんらしくて好きです。
魚が大好きで常食している吉川くんならでは。和食派でもありますしね。

ユニークだったのが、吉川くんがすることで、女性を含む相手の方への最初の掴みが、
「相手の怒りポイント(ツボ)をわざと刺激した時の、相手の出方」なのだそう。

うわ、いきなりは危険ですよねぇ。。。最初にカウンター・パンチで触れ合う!?
何よ、あなたなんか最低~~っ!って言われかねませんから。

ユーモアで切り返すとか、いい反応が返って来ると、吉川くんとしては「なかなか骨のあるヤツじゃのう。」
という感じなのかもしれないですね。

11月某日。「笑っていいとも!」テレフォン・ショッキングのコーナーにゲスト出演。
大黒摩季さんとのユニット「大吉」(大黒さんの「大」+吉川くんの「吉」=大吉)の話題でも
吉川くんらしいなあ、というコメントがありました。

大黒さんは、放っておけないアネゴ肌らしいのですが、
「僕もそうなんですよね。ついね、トラブルの中に首を突っ込んじゃう。」

吉川くんは、もう褒められたり、持ち上げられたりして喜ぶ時期はとうに過ぎてるのだとか。
人とケースによるのかな、褒められ、認められているのに、嬉しい時がゼロ、ということは無いと思うのですよ。
人には「承認欲求」があるから。

吉川くん:「男がカッコ悪いと、女性は損するんだから、うまく持ち上げてよ。」
ほら、ほら~やっぱりそうじゃないのかしら?なんてね。

さあ、曝け出すバルブを開こうぜ  ~Mr.Body&Soulより引用~

吉川くん:これは、「みなさん、パッションでしょう?」みたいな歌です。
半分やせ我慢もあるし、無茶言っておいて、やらなきゃいけない、しゃあないなってところもありますしね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分のことだけで精一杯の時は、やる気が先行して空回りのファイト。

よく吉川くんが、気付いたときには、誰もいなくなってる。
と、笑いながら話してます。

人から受けた、与えてもらった思いやりに気付いた時、感謝の気持ちをできる限り伝えたいですね。

吉川くんの楽曲を通して、諸刃の剣についても考えます。
それでもやっぱり言いたいな、気付かせてもらった時の気持ちから、ありがとう!って。
関連記事

コメント

[title]:攻める価値

吉川さんらしさ満載の記事だったよね(笑)

推し量るわけでしょ、悪いと思いながらも。
吉川さんは、常に戦いのさなかにあるんだろうか?
なんて思ったり、
草食系男子にこの技は高度すぎて、
若しくはめんどーなこと避けたい・・・
で、使えないんじゃない?なんて・・・(爆)
思ったりして。


>ユーモアで切り返すとか、いい反応が返って来ると、
>もう褒められたり、持ち上げられたりして喜ぶ時期はとうに過ぎてるのだとか。
人とケースによるのかな
これも人それぞれだからね~。確かに相性とケースはあるかもね。
男女の仲はシンプルなのが一番!とは、
なかなかいかない複雑なものなんだろうね。


諸刃の剣はね、私は特にロミオの嘆きを聴くとジュリエットの嘆きもありますよ。
って思っちゃう(笑)。


攻める価値、男性はともかく、武器にするのは愛だけで良いんじゃない、女性は。
「偽りにも真理にも、両方に使える諸刃の剣」という言葉を残した人もいるようだけど、
心・言葉・行為において慎みたいなという部分と、
スノちゃんのように私も素直にありがとうやごめんなさいはいつも言いいたいな。と思う。

  1. 2010/11/15(月) 21:03:55
  2. URL
  3. ムーミン #Y9Ux8gA6
  4. [ 編集 ]

[title]:吉川晃司くんらしいコメントのオンパレード

ムーミンさん

満載モリモリなほど、吉川晃司くんらしいコメントだったね~!!
他にどなたがこのような堂々としたことを話せるんでしょう?というくらいに。(笑)
笑ったり、頷いたり、いや・・・私ならばそれはちょっと(笑)だったりして、
ひとり読みながらウケてたよん。

女子は愛でよかとよ~ねっ!
魂の会話の対戦相手が欲しいというか、必要なのかもしれないよね。
一緒に走ってくれる人を、ここで選んでる気が。。。

草食系男子には難易度高いよね。吉川さんのようには無理だわ、オレ。みたいなねっ。
攻めというか、自ら行動を起こして行くように
なってもらうには、女性の力も必要なんだよなあ、
という風にも聞えましたね。
背中を押されないと、確信がないと当たって砕けようと
思えないのかもなあ、なんて思いました。
先日、「ホンマでっかTV」という番組を観て、初代のゆとり世代以降、怒られたり、拒絶されるのが
苦手だとも話してました。

ジュリエットの嘆き、松井さんにジュリエット・ヴァージョンも書いていただきたいなあ、
なんて思いました。

ムーちゃん、今後も吉川くんを愛で見守って行こうではあ~りませんかっ!!
  1. 2010/11/16(火) 10:47:03
  2. URL
  3. スノードロップ #qJf.7ajc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物