未完成だからこそ、謳い続けられる 吉川晃司:語録20

吉川晃司くんの語録 シリーズ第20回を迎えました。
GENROQ (ゲンロク) 2010年 07月号 [雑誌]GENROQ (ゲンロク) 2010年 07月号 [雑誌]
(2010/05/26)
不明

商品詳細を見る

Koji Kikkawa×ランボルギーニ とのフォトセッション。

撮影は女優の松田美由紀さん。 
吉川くんと、松田美由紀さんとのコラボレーション・フォト・セッションとも言えますね。

吉川くんが女優さんと仕事でご一緒というのは、山ほどあったことでしょう。
フォトセッションで思い出すのは、私は桐島カレンさんと吉川くん。
かなりオトナ度高め(R指定度?)だった記憶が。買うのにものすごくドキドキした記憶までワンセットに
なってるからね。。。

思い出したところで、再びゲンロクさんの記事より。見開きカラー6ページ掲載。
吉川くん。男 45歳。これからの色気はどのように発して行くのでしょう?
私は「声」が楽しみですね。みなさんは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉川晃司:ミュージシャンとして降り立った場所は体制の中だった。居心地は悪かった(笑)。

~(中略)~

マイノリティでいることの方が、自分自身を正常に保てることを思い知ってしまった。
反体制であり続けるところに響いてくれる人もいるんだろうけど、実情はそんなにカッコいいもんじゃ
ないですよ。
でも、普遍性を否定することとは、また別のことなんです。常に少数派の意見を持つ志があること。

「俺はみんなと違う。別に分かってくれなくてもいい」
なんて言ってるヤツが、曲作って皆に買ってもらおうなんて、おかしな話でしょ。

俺の根幹には「謳」しかない。
音に乗せた「歌」だけじゃない。メッセージを伝えるってこと。
全ては、「謳う」ためにやっているんだと思いますよ。

「謳」の完成形はまだ見えない。まだ何も完成してないんだよね。未完成だからこそ、謳い続けられる。
                           ~GENROQ 2010.7月号より引用~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハードボイルドな仮面ライダー「仮面ライダースカル」が再び参戦。
IMGP0367.jpg
吉川晃司くん 情報:12月18日全国劇場にてロードショー。
フライヤーを頂いて来ました。

鳴海荘吉=吉川晃司

なぜ荘吉は仮面ライダースカルになったのか?その謎がハードボイルドに明かされて行くんだそうです。

吉川晃司くん×大黒摩季さんとの主題歌コラボレーションもあるそうですよ。

「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE」の主題歌を担当。
楽曲の作詞は大黒さん、作曲は吉川くんが担当。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物