みんな そこから逃げるんです:語録19

吉川晃司くん:語録19回目は、「みんな そこから逃げるんです」・・・逃げてるって???
Double-edged sword(初回限定盤)Double-edged sword(初回限定盤)
(2009/07/22)
吉川晃司

商品詳細を見る

ギターリフを聴かせるために作った曲と晃司くん自推(ご自慢の、でもあるかな?)のアルバム1曲目
Mr.Body&Soulについて。

アベフトシさんと吉川くんのやりとりも含めてのご紹介。

広島男くん同士、こんな会話があったのですね。。。


Koji:ギターリフを聴かせるために作った曲です。このギターリフが出来た時に、「やった!!」
と思ったんです。

みんなそこから(ギターリフ構成の曲)逃げるんです・・・
アベフトシにも言っていたんですよ。

(吉川くん)「お前、ギターリフを使え」って。そしたら、

(アベさん)「わしゃあ、ギターリフの方じゃなくて、カッティングの方じゃけぇ」

(吉川くん)「カッティングでギターリフを作ればええじゃないか?」と。

(アベさん)「・・・あ、そうですね。じゃあ、次は考えておきます。」
と、言ってたけれど・・・
日本ではギターリフは今一つ市民権を得られてないっていう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

koji:(Mr.Body&Soulについて)
分数コードの進行とギターリフをうまく絡めることができたんですよ。
ワンコード、ツーコードだったらそういうロックは多いけど、僕の場合、曲として成り立たないと思って。

ギターリフがずっと同じまま、コードが下がっていくでしょう?
これがうまくハマった時は万歳しましたよ。ひとりスタジオで「やったーーー!!」って。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アベさんにお前って。。。うぷぷ。怒っちゃやーよ。(笑)吉川くん!
広島弁だとそう言う風に聞こえちゃうんでしょうねぇ。

みなさんも、「Mr.Body&Soul」のギターを聴いて、そのカッコ良さをぜひご堪能くださいませ。

私、ちょっと感動しましたよ。
エマちゃんがこの辺りのお話をロックジェットでお話されてたのですが、
吉川くんの曲は複雑だとか、分数コードがとか、初期の楽曲はギターで再現しにくいとか
それがスキルになる、難しいですよとお話してたことも思い出しました。

ギターリフ=ギターのフレーズがリフレインしてるところです。

それで、私は先程目を閉じて聴いたところ、背景が白で、太い線が2本出て来まして。
曲のテンポに合わせて右にスーッと太い線が2本描かれて行き、途中からグルグル回転して行きました。

このアルバムに関しては、

koji:自分の力だけじゃなくてね、ずっと一緒にやっている相棒の菅原弘明さんが、
やせ細るぐらい自分のアイデアを出してくれたからね。


菅原さんの力、サポートもあってのアルバムですね。いつもありがとうございます。 

                   ~Cast vol.40 吉川晃司インタビューより引用~
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。