心模様を音で伝え、体現する。

SAMURAI ROCKプロモーションで、FMラジオ:坂本美雨ちゃんの「ディアフレンズ」
出演時コメントより「吉川晃司 語録」を抜粋します。

~坂本美雨ちゃんからの「サムライ・ロッカーですね(笑)」の問いに対して~

吉川晃司:サムライ・ロッカー(笑)

新たな幕開け、新たにやり直す、気概を持って行くという意味もあって
敢えて「SAMURAI ROCK」にしたんですよ。

うるさい曲、テンポ♪180超えとかステージで(平気で)ある。
ステージでの動きは、決まった動きではない。
(その場の、その時勢の、そのツアーのパッションという意味)

心模様を音で伝え、体現していく。
自分のパッションを形にしようとすると、ああいう感じになるんです。
なので、みんなと同じ動きはダメでね、できない。
:::::::::::::::::::::::::::::::

★ほかに、晃司くんの語録として面白かった点★

*吉川晃司:「自信銀行」というのを自分の中で作っている。
「自信」を3つ借りたりするんだとか。

・・・晃司くんの言葉からすると、「自信」を貯金したり借りたりするということね。

*晃司:ミック・ジャガーは凄いよね。ブルーズにこの動きはないなあ、という、ね。
デヴィッド・ボウイからは、一番影響を受けています。あの中性的な感じに憧れましたね。

・・・晃司くんも髪が長かったり、メイクしたり、スーツだったり、ヴォーカル、楽曲に
おいても影響多大。

*晃司:ステージでシンバル・キックをして、軟骨がすり減って、身長が2センチ
縮みましたからね(笑)

・・・縮んじゃいました、か・・・。(笑)

~吉川晃司さんにとっての“LOVE”は何ですか?~

晃司:LOVE=ギターですね。
ギターはね、20本ちょっと所有してます。どうしようもなく全部弾きます。
古いもの好き。
いい音が絡んでくれる。
最近、ジャズマスター(Jazz Master)にハマってます。
ジャズマスターっていうと、僕の今までと音の違うギターで、みんな変わったね~って
言いますね。
バンドや周りの皆さんからの反応、身内ウケはいいです。

SAMURAI ROCK、アルバムに関して、渋谷陽一氏は褒めてくれました。
ただね、彼が褒めるとね、売れないんですよ!(笑)


・・・シブやさんが褒めると売れない(爆)これって、定説なんでしょうか?
それとも晃司くん独自のもの?

晃司:サムライの力を借りたい。命には繰り返す力があるんだぜ、と。

↑ここのコメント、とても好きです。
歌の一節にもあるように、“命には繰り返す力がある”

今後は、この辺りを紐解きましょう。すると、吉川晃司像がより鮮明になると思います。
SAMURAI ROCK(通常盤)SAMURAI ROCK(通常盤)
(2013/04/17)
吉川晃司

商品詳細を見る



 

人に気を許した時に、自分の声は高くなる

4月某日。FMラジオ TFM系列 小林克也さんの音楽トーク番組
「SOUND IN MY LIFE」に吉川晃司くんが登場。

小林克也さんは広島県出身。克也さんとお会いしたら、訊きたいことがたくさんあったのだそう。
後の番組ゲストでもこの時の件が語られるほど、いい顔合わせなったように思います。
それを感じたのが晃司くんの声。

私はクルマの中で番組を聴いてたのでだけど、10代女子の同乗者までもが
「吉川さん、いい声だね!」
と、言っていたくらい。話し声の「低音」に反応していると思われる。

最初、晃司くんの声のトーンが低めだったのだけど、徐々にリラックスして解れてくると、
“ある境地に至った時”の、“歌う時の高めのトーン”に変わって来た。


晃司くん「人に気を許した時に、声が高くなるんですよ」

この件、最近出演したテレビ、ラジオ番組でもリラックス度が分かる。
声のテンション、トーンで緊張度が推し量れるのだ。
相手の方に対してや番組構成上、きっちり構えてる時は特に顕著。
これはギターも一緒なんだけどね☆ギターのテンションも声のテンションも同じ。

この日のトークではStonesと、David Bowieの音楽話で
盛り上がった。
The Next DayThe Next Day
(2013/03/12)
David Bowie

商品詳細を見る

晃司くんのアルバムジャケットもトーンを同じくしてるものね。
SAMURAI ROCK(初回限定盤)(CD+DVD+グッズ)SAMURAI ROCK(初回限定盤)(CD+DVD+グッズ)
(2013/04/17)
吉川晃司

商品詳細を見る


番組内の晃司くんのトークで好きだな、って思ったのが・・・

デヴィッド・ボウイはですね、メジャー・コードなのにダークで、
マイナーに聴こえるのがクールだなと思ったんですよ。
アラビア音階とかも使ってるしね。

(マイナー・コード=ダークな印象とういうのが定説)

ホント、おっしゃる通り!!見事に言い得てるなと思った。
メジャー・コードをマイナーに聴かせる、アラビアン・スケールを使って
不穏な感じを誘う感性を、晃司くんは近作で取り入れてるよね。

ヴォーカルからして、ダークに染め上げてる。ちょっと湿らせて。
だけど完全な真っ黒じゃないのですよ。
光が射すようにできているというか、巧いです。
アルバムを聴くと、もうねアッパレで唸っちゃいますね。

この後、ヒット・チャートにサカナクション(私も最近好きでたまに聴いてる)
の曲を晃司くんが聴いて、
「あー、AORの四つ打ちな感じですね。若い人もこういう音楽演ってる人が
いるんだね」
なんて話してた。
・・・晃司くん、サカナクションだけじゃなくていっぱいいますよ(笑)
晃司くんも高校時代のハマチバンドで、AORな感じ、フュージョンも演奏してた
ので何か思い出すところがあったのかな?

晃司くんの言う「四つ打ち」の件。
TRICERATOPS(トライセラトップス)和田唱くん×吉川晃司くん×エマちゃん
中村貴子さんこと貴ちゃんとの音楽トーク番組の件で続きを書きます。次回をお楽しみに。

対談:吉川晃司×小林武史 「大事なのは反応していく力」

意外な組合せで驚いてますけど、まずはご覧になってみてくださいませ。

ご縁は“ap bank FES.”サイドから、晃司くんに出演オファーが来たことから
始まってますね。

吉川晃司×小林武史 「大事なのは反応していく力」

go!URL→→ http://www.eco-reso.jp/feature/2012/20120704_5413.php

後日、こちらに感想等も含め、「吉川晃司 語録」をまとめたいと思ってます。

ちょっと気になったのは、いきなりのジャブ!(笑)

晃司くんのみならず、大澤さんやトライセラのプロデューサーでもある
木崎賢治さんことキーちゃんとのこと。

この件、もう1件記事を書く予定で待機してるものがあるので、後日こちらもUp予定。

人間は年をとるほど、高まっていける。

久々の「吉川晃司 語録」と行きますか!

人間は、年をとるほど、高まっていける。
日本人って、年を重ねていくことによって、徐々に朽ちていく というような感覚を
持っている人が多い気がするんだけど、そこは大反対なんだよね。
経験するほどに深まっていく。

                 ~吉川晃司 FC会報より引用~

ああ、なんていい言葉で、素敵なんだろう。
そうでなければ、お年寄り、年長者がますます敬われなくなるし、
朽ちる、落ちる、なんてだんだん下がっていくようなイメージしかないではないの。

実はこちら、吉川晃司くんがロバート・デ・ニーロの出演作品から
彼は魅力的な役者だと思う、と評している。

ただシブくなるだけじゃなくて、
独特の色気やいやらしさがにじみ出ているところがいいね。


やっぱり、これが無いとアレなんですね。
「いやらしさ」ですかねぇ・・・。(笑)


もう一人、「ラッセル・クロウ」のことも魅力的だと語ってる。

「人間味があって、男気がある。ただ単に内面が強いというだけでなく、
内面の強さや優しさも表現できるところが素敵だね」


晃司くんも、そういう面を持っている。だから人のよい点にすぐ気づく。
こういう男がいい、と思うと本当に理想で素敵な男になって行くんだよね。

仮面ライダー、Rockでしょう。

久々の「吉川晃司 語録」、行きましょう!

9月30日、フジテレビ系列「僕らの音楽」に初出演した吉川晃司くん。
音楽人としてはキャリアが長い吉川くんが、ようやく初出演となった。あのスタジオ・セットは
照明や輝度、小物等、個人的に好きな音楽番組。

COPLEXの再結成。布袋さんとはどうなんですか?の質問がおっ、と思えたこと。
吉川くんが微笑みつつ、
「20数年来会ってなかったってことは、ねぇ(笑)そういうことですよ。
でもよく彼とは偶然会うことがあった。」
という件には、こちらも思わず微笑んでしまったね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
共演の競演、コラボレーショのお相手、ゲストでお招きしたのが、
大澤誉志幸さん、ベーシスト&アレンジャーの後藤次利さん。
対談相手には、フリーアナウンサーとなった羽鳥慎一さんを選んだ。
羽鳥さんの日テレ時代の映像や、番組の様子、吉川くんご出演の「24時間テレビ」の
過去映像が他局で放送されたというのも、異例だったのかな。
最近はあまり局同士の制限、壁が少なくなっているようにも思えた。
羽鳥さんも背が高くて二枚目。物腰の柔らかさからも、好感度の高いお方。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

羽鳥さんからの質問に答える。

吉川晃司:仮面ライダーはね、Rockでしょう!オファーが来て、断る理由が無いでしょう。
ある人から、『役者のキャリアで言うと、子ども向けは決して位として、いいものじゃない』
って言われたんですけどね、いやあ、これが一番でしょ。
悪い奴らを問答無用でやっつける。
その背景には、権力とかお金をいっぱい持ってなきゃ、あんな怪獣は作れないし。(笑)
悪の破壊ですよ。ざまあみろ!ですよ。

~~* ヒーローを演じた責任 *~~

吉川晃司:深い椅子に座って、仮面ライダー、偉人の役(大河ドラマ、時代劇)をやっただけか?
という自分もいたりして、居心地が悪かった。深い椅子に座っていられない感じ。

~これからの日本像 、大震災、被災地でボランティア活動。そして吉川晃司の侍スピリッツ観~

吉川晃司:(日本一心について)どんどん希薄になって行くことがストップできるなら、
これはやらねばならない。
負の遺産を、何の罪もない世代にバトンタッチするのか?
未来の日本人が、教科書を紐解いた時に、この世代(=私たち、原爆を知る僕らの世代)の人たちは、
何もしなかった、ということになる。
俺らは何のために、存在したの?って話になる。それはカッコ悪いよね。悔しいし、腹が立つね。

吉川くんの歯痒さが、言葉になって表れた時、こちらは頷くと同時に、
「何もしなかった世代」になってしまいそうな私たち現世代の課題をしっかりと与えてもらった気がする。

テレビでこういった発言を、吉川晃司くんがするということにも意味があること。
場合によっては、吉川くんがよく言うように、
「賢い人はこういうことは公の場で言わないんだって。だけど俺はそうじゃないからね。」

ずっとあなたについて来ている皆は、そんなあなたが好きなのよ。・・・きっと、そうだと思う。

“仮面ライダーはRock” 鳴海荘吉さんにも会いに行きましょうか。
仮面ライダー×仮面ライダー OOO(オーズ)&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE【DVD】仮面ライダー×仮面ライダー OOO(オーズ)&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE【DVD】
(2011/05/21)
渡部秀、三浦涼介 他

商品詳細を見る

うたも聴いてみましょう。  ♪さあ おまえの罪を数え
Nobody's Perfect (CD+DVD)Nobody's Perfect (CD+DVD)
(2010/06/30)
鳴海荘吉

商品詳細を見る

写真集と深いインタビューも読んでみましょう。おさらいも含めてね。
仮面ライダーW公式フォトブック 鳴海荘吉×吉川晃司 HARD-BOILED ISSUE (グライドメディアムック)仮面ライダーW公式フォトブック 鳴海荘吉×吉川晃司 HARD-BOILED ISSUE (グライドメディアムック)
(2010/12/17)
東映

商品詳細を見る

人情よりも上に来るものって何かあるの?

吉川晃司くん、お誕生日おめでとうございます。  1965.8.18

こうして祝えることも、同じ時代にお互いが生きていてこそですね。
書いてることは、こちらとしての一方的なものかもしれませんが・・・。

震災復興支援の二人の想い。『日本一心』日テレさん関東圏のみで放送された番組を、
後日観てみたのですが、吉川晃司くんの溢れる想いに、かなり「うるる・・・」と
なりました。

~吉川晃司 忘れられない夏 COMPLEX復活への想い~

宮城県の石巻に、一人の男性として現地に入り、名前を出さずにボランティア活動。

被災地の方々の自転車を直したり、運んだり、片づけをしたりして、触れ合いつつ
黙々と作業するその姿。
そしてそれをひとつひとつ振り返るように語る吉川くんの姿に、心を奪われる。

私はコンプレックスのライブ、東京ドーム公演には参加していないけれど、
吉川くんが震災を機に、結婚の意思が固まったことや、布袋さんと組んで
復興支援しようと思ったことも、この番組でたくさん語られて、より理解できた気がしている。

ああ、そういうことだったんだね。

過去のイメージから、吉川くんに抱くイメージはそれぞれあるかと思うけれど、
たくさんの人と出会い、切磋琢磨し、傷ついたり、その度により強度を増しながらも
光って来た原石のような人。

年齢を重ねて来たことで、より良くなっている面がたくさんある。

うたう人として。ヴォーカリストとして。人として。

年をとる毎に、より良くなって行かなければ。人としてよりよくなって
行かなければ、なんだと思う。

吉川くんの名言。語録。
基本的に、困っている人を見ると、放っておけない人だと思う。
私も昨年は長岡(中越地震のその後。復興祈念ライブ)で吉川くんのネイキッドなうたに触れた。

「人情よりも上に来るものって何かあるの?」

人、情、それ以上のものって、何?
それ以上のものが、この世にはあるのか?

私たちはそんな吉川晃司が好きです。これからもね!

音楽を作ることに関して、リミッターはかけない

リミッター 振り切れ 乾いたおまえ

俺のサイズは しけた近道じゃ フィットしない


           ~Black Corvette より引用 作詞・作曲:吉川晃司~
KEEP ON KICKIN’!!!!!~吉川晃司入門ベストアルバム(初回限定盤)(DVD付)KEEP ON KICKIN’!!!!!~吉川晃司入門ベストアルバム(初回限定盤)(DVD付)
(2011/04/13)
吉川晃司

商品詳細を見る

吉川晃司ファン入門ベスト・アルバムにこの曲を入れたこと&入っていることが良かったと思っている。
先日、書店でパラパラと文庫本を眺めていると、この歌詞の1フレーズを歌う男子のコミカルな場面が
たまたま目に入った時、言葉のインパクトが強いなと改めて感じる。

今日紹介したい「吉川晃司 語録」は、最新インタビュー記事掲載:吉川晃司FC会報誌Vol.137より。
震災後、吉川くんが感じたこと、考えていることで、興味深く、関心を強く持っている事柄ばかりだった。

以前から、政治、経済の話を話しだすと止まらないひとではあったのだけど、表立ってはなかなか
言える場所も少ない。
抜粋せざるを得ないのだけど、私のお気に入り「吉川晃司 語録」を箇条書きしてみよう。

*再会を信じてます。

*経済を活性化させ、救援力を産まねば、この国難を乗り越えること容易ならず。

*傷ついていない者が、深く傷ついた人々に対して、「頑張れ」って言うべきではないと気がついた。
傷つかなかった我々の(吉川くんの思う、自分自身を含めての意味)頑張りでなければならない。

「頑張れ言うな」と吉川くんはいつも苦笑いしてる。頑張れという言葉、私も人には言いたくない、
安易に言えない言葉だなと思ってます。私自身も「頑張れ」「頑張って」という言葉自体に反感を
覚えた時期があるから、理解できる。
「頑張れ」は、自分に対して言う、思う、決意する言葉かもしれないね。

もっと大切なことを吉川くんがお話してるのだけど、FMラジオJFN系列「D.N.A.ロックの殿堂 吉川晃司」
5月3日配信ポッドキャストVol.12をお聴きくださいね。
広島出身の吉川晃司くんが語る原子力、原発のこと、これからのこと。貴重な語りです。いつでも聴けますので
どうぞお聴き逃しなく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~吉川晃司が語る次のアルバムの音楽性~

*個人的には、マイナーな曲を聴く方が元気になったりするんだよね。

*マイナーな曲ばかりできている。メジャーな曲も創らなきゃいけないかなって思ってますが、バランスを考えて
今後加えていかなければならない。

マイナーな曲は、感情が出やすいのが特徴。私も実は80パーセント・マイナー好き。
曲調、コード感のバランスのことを話してます。
アルバムはこのバランス感覚がその人となり、音楽的センス。

自分が生きて来て、日々感じていることも反映させながら。
ロックって、攻撃的なエネルギーが主軸になる。それは一切抑えることはしないし、創ることに関して
リミッターをかけちゃいけない。

これから巷には優しい歌が溢れ出て来るでしょうけれど、僕は激しい歌を世に送り出そうと考えてます。
将来に希望を持てるんだってことを示していくことが大切だと痛感してます。

                                 by:吉川晃司

明日に向かって歌おう!

吉川晃司くん提唱、個々の自意識のレベル・アップを目指して行きましょう&生きましょう。

失敗、挫折を経験した人間は強い。吉川晃司 語録

あまりウケてないかもしれませんが、ウケを狙っているわけではないので根気よく続けてみます。

今日、明日。どなたかの胸に、吉川くんの歌心と言葉が鳴り響きますように。

木村祐一さん監督の映画「ワラライフ!!」が私の街でも公開されることになり、
近日中に鑑賞しようと思っています。
この映画はキム兄こと木村さんによる「監督指名」で吉川くんの出演が決まったもの。

1月に行われた『ワラライフ!!』の社会人限定特別試写会にて、吉川くんと木村さんが登場。
質問コーナーで、「面接に、ことごとく落ちている」という人から寄せられたメッセージ。
吉川くんは「それも個性」としながらも、「履歴書に失敗談をつけないのって不思議だよね。」

失敗、挫折を経験した人間の方が強いのに。
俺なら失敗した人間を取る。
(採用する、という意味でしょうね。)

~『ワラライフ!!』無人生を送るために大切なことは?~

自分に飽きないこと。今は冷めた方が生きるのは楽かもしれないけど、
楽しい、哀しい、辛いことがあった方が幅がある。禍福は糾える縄の如し。
悪いことがあっても順番だと思ってます。

KEEP ON KICKIN’!!!!!~吉川晃司入門ベストアルバム(初回限定盤)(DVD付)KEEP ON KICKIN’!!!!!~吉川晃司入門ベストアルバム(初回限定盤)(DVD付)
(2011/04/13)
吉川晃司

商品詳細を見る

このアルバムのUST企画会議に、最初の頃、毎週のように参加していました。
途中から都合で参加できなくなってしまったのだけど、ダイノジさんチームが
ゲスト参加していただいた時から、更に吉川くんへのリスペクト、という心意気が
伝わって来たのだけど、吉川くんの辛かった時期のことをお話してくださってて、
それがまた熱意と愛情に満ちていて、好きだったのです。

他のひとが語る「吉川晃司」というのが、私にとってはすこぶる楽しいし、
興味津々であることは変わらず。

応援する、という気持ちや心持ちはずっと変わらず。

FETさんの特設サイトでのレコメンドはお気に入り。みなさんの中にある「それぞれの吉川晃司」
go!URL→→ http://www.universal-music.co.jp/kk/nyumon_recommend.html

特に私のお気に入りレコメンドは、菅原弘明さんの「声の魅力」にまさるものはない。
というところ。異議なし!

西寺郷太さん、瀧川一郎さんのレコメンドが好きでいてくださってる感がよく出てるなあ、とか
それはもう、それぞれに、ありがたく拝読させていただいた。

行きっぱなしのエンジンで :吉川晃司 語録

久々の「吉川晃司 語録」再開です。
PANDORA(通常)PANDORA(通常)
(2002/08/07)
吉川晃司

商品詳細を見る


このところ、ずっと「マシンガンジョー」が私の心の中で鳴り響いています。
ギター・リフも「ぐるぐる」してますが、歌詞も同時に一緒に「グルグル」と巡ります。

吉川くんの語録も時を数え、回数を重ねていますが、最近の言葉・語録も良いではないの?と
思い立ち、FC会報誌のインタビューより引用させていただくことにしました。


2011年の活動はどんな展開になりそう?

koji:アルバムを出してツアーをしたい。本分である音楽をしっかりして行きたい。

Oh~~何とも頼もしいお言葉。
これには少しオチがありまして、年末の大掃除でレコーディング・システムの機材を勢いよく
掃除機で吸ってしまったようでして。回線が抜けてしまったそうです。

繋ぎ直しても音が鳴らない状態に・・・。断線の可能性ありのトホホな状況で
100本位以上あるシールドをチェックして復活するかどうか?

吉川くん、こんな時はどなたにコールするの?

koji:作りたい曲のイメージはある。ギターリフがカッコイイパワフル系の曲、
ポップな曲、ブライアン・フェリーばりのゆったりテンポの大人の曲も作りたい。
(継続して作り上げて行くことで)認識してもらいたい。


「思うままに作った方がいいのよ」と、大島ミチルさんからアドバイスをいただいたそうで。

koji:クラシック畑の人は、行きっぱなしの曲が多い。

イキッぱなしのエンジンで
吉川くんもそうですよね。うん、うん、と頷く声が方々から聴こえて来そうですね。

日本のロックにおけるギターリフ普及委員会 推進委員会の吉川晃司くん。

そろそろ始動と行きましょうか。みなさんもご一緒しませんか?

技術的にもセンス的にも高度なことに挑んで、自分自身が納得できた曲
ほどなぜかウケが悪い   by:吉川晃司

ウケを狙うよりも、行きっぱなしのエンジンで。そりゃあもう、全開で行きましょうよ。

ステージに立つ時は自分も憧れるような男性像に近づきたい 語録23

ステージに立つ時は、自分も憧れるような男性像に近づきたい。
              IMGP0409_convert_20101206231605.jpg
今でもずっと世の中に対して自分を曲げたくない。特に、主張しなくちゃならない時や、
モノを作る特には絶対に折れない。
「折れた方がいいのかな」って思うこともあるんだけど、それで屈しちゃったら
世の中に負けるんじゃないかと思ってる。
賢明な生き方ではないのかもしれないけど、とんがっていたいし、パンキッシュな生き方でいいと思ってる。
壁にぶつかったり傷ついたりしながら、その傷が治る頃には、より強くなる。
今もどこに辿り着きたいのか、自分は何なのかって分からない。だからもがきながら走り続ける。
そして、ステージに立つ時は自分も憧れるような男性像に近づきたい。


歌い手ってある意味、肉体労働なんですよね。頭で考えても身体が動かなかったら
どうしようもない。
最新のコンピューターを使って音作ったりしているけど、「頭を使う前に身体を動かせ」
みたいなすごくプリミティブな仕事だと思う。
健康に気遣うというよりは、根幹の部分=肉体をきちんとしておきたいなという気持ちは
持っている。
                 ~吉川晃司 Invitation2006.10月号より引用~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歌い手は肉体労働、という発言のところは、吉川くんだけじゃないですね。
今週の読売新聞内でのユーミン対談記事にも松任谷さんが、「歌手は肉体労働です。」と
お話してました。

吉川くんのこの後のコメントがまたよいです。
モノを作る人間って、極端な生き様が、作品から漂う作り手の匂いになったりする。
だから、トコトンな方がいいんだよね。


映画やドラマの撮影時も、脚本に納得がいかないと、電話したりしてこれはちょっと・・・違うんじゃない
かとか、本当はこちらじゃないのかな?と疑問に思ったらそれを伝える努力をしている点。

トコトン!!
これを目指すしかないでしょう。

「吉川晃司 語録」のカテゴリを改めて作りましたので、ご贔屓のほどよろしくお願いしますね。
語録は頭で考えずに指を動かせるので、ラフに続けて行けるといいな。

吉川晃司 語録22 自然に匂い立つ【色】と【生き様】

「吉川晃司 語録」の反応、そんなに悪くないようです。続けてみると纏まったものができると思うので、
吉川くんがオモロイことをインタビューで語ってくれる限りは続く。(と、思います。)
言葉でそそられ、行動に惚れるってこともありますよね。女性のみならず、男性もですね。

自然に匂い立つ【色】と【生き様】

吉川くんから匂い立つ【色】と【生き様】を、ステージから感じ取れた方に質問。

Q.何色でしたか?生き様はどんな色に見えましたか?景色や背景があったら教えてください。
印象に残っている映画もありましたら、自由に書いてくださいね。


ファッションって、その服を着ている人の「素」が見えた方がいいじゃない?
オレは、ステージに立ったり、スクリーンに映ったりする中で、“自己演出”ということを
それなりにやって来ているつもりだけれど、やっぱり“素”は演出してできるもんじゃない。
自然に匂い立つ色【色】と【生き様】みたいなものだと思うんだよね。
 
                         by:吉川晃司 ~Invitation2006.10月号より引用~

この雑誌には4ページ・カラーで掲載されていまして、再発見したところを書いてみました。

「クルマとファッション、音楽・・・・そして吉川晃司。」
というタイトルです。写真から匂い立つ~~仕草に気付けよ♪という感じなのです。

クルマのクライスラーにもたれかかり、葉巻を持っている「カッコつけたいぜ」写真がサイコーです!!

普段は、世間の吉川晃司くんのイメージはこうなのかも?!
脚色してあるけれど、それがまたいいのではないかなあ。雑誌の中の絵・モデルに何を感じるか。

続きはまた追って。おっと、皆さまからの次回記事のリクエストがあればこそ、続きがありますので、

そこんところ、よろしくたのむぜぇ~~~~ 

↑↑↑ by:「ぜぇ~~」に、ビブラートがかかった感じの吉川晃司風でお願いしますっ☆


*語録のシリーズ・カウントミスでした。正しくは22回目でした。過去記事の回数も訂正してお詫びします。

攻めて来ない男に価値はない:吉川晃司 語録21

いきなりキツイなあ~と思った方もいるかもしれませんよね。

攻めて来ない男に 価値はない
ですから・・・。
これは、先日発売された雑誌「anan」から。

草食系男子についてや、自ら「魚食系男子」と笑うところも、吉川くんらしくて好きです。
魚が大好きで常食している吉川くんならでは。和食派でもありますしね。

ユニークだったのが、吉川くんがすることで、女性を含む相手の方への最初の掴みが、
「相手の怒りポイント(ツボ)をわざと刺激した時の、相手の出方」なのだそう。

うわ、いきなりは危険ですよねぇ。。。最初にカウンター・パンチで触れ合う!?
何よ、あなたなんか最低~~っ!って言われかねませんから。

ユーモアで切り返すとか、いい反応が返って来ると、吉川くんとしては「なかなか骨のあるヤツじゃのう。」
という感じなのかもしれないですね。

11月某日。「笑っていいとも!」テレフォン・ショッキングのコーナーにゲスト出演。
大黒摩季さんとのユニット「大吉」(大黒さんの「大」+吉川くんの「吉」=大吉)の話題でも
吉川くんらしいなあ、というコメントがありました。

大黒さんは、放っておけないアネゴ肌らしいのですが、
「僕もそうなんですよね。ついね、トラブルの中に首を突っ込んじゃう。」

吉川くんは、もう褒められたり、持ち上げられたりして喜ぶ時期はとうに過ぎてるのだとか。
人とケースによるのかな、褒められ、認められているのに、嬉しい時がゼロ、ということは無いと思うのですよ。
人には「承認欲求」があるから。

吉川くん:「男がカッコ悪いと、女性は損するんだから、うまく持ち上げてよ。」
ほら、ほら~やっぱりそうじゃないのかしら?なんてね。

さあ、曝け出すバルブを開こうぜ  ~Mr.Body&Soulより引用~

吉川くん:これは、「みなさん、パッションでしょう?」みたいな歌です。
半分やせ我慢もあるし、無茶言っておいて、やらなきゃいけない、しゃあないなってところもありますしね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分のことだけで精一杯の時は、やる気が先行して空回りのファイト。

よく吉川くんが、気付いたときには、誰もいなくなってる。
と、笑いながら話してます。

人から受けた、与えてもらった思いやりに気付いた時、感謝の気持ちをできる限り伝えたいですね。

吉川くんの楽曲を通して、諸刃の剣についても考えます。
それでもやっぱり言いたいな、気付かせてもらった時の気持ちから、ありがとう!って。

未完成だからこそ、謳い続けられる 吉川晃司:語録20

吉川晃司くんの語録 シリーズ第20回を迎えました。
GENROQ (ゲンロク) 2010年 07月号 [雑誌]GENROQ (ゲンロク) 2010年 07月号 [雑誌]
(2010/05/26)
不明

商品詳細を見る

Koji Kikkawa×ランボルギーニ とのフォトセッション。

撮影は女優の松田美由紀さん。 
吉川くんと、松田美由紀さんとのコラボレーション・フォト・セッションとも言えますね。

吉川くんが女優さんと仕事でご一緒というのは、山ほどあったことでしょう。
フォトセッションで思い出すのは、私は桐島カレンさんと吉川くん。
かなりオトナ度高め(R指定度?)だった記憶が。買うのにものすごくドキドキした記憶までワンセットに
なってるからね。。。

思い出したところで、再びゲンロクさんの記事より。見開きカラー6ページ掲載。
吉川くん。男 45歳。これからの色気はどのように発して行くのでしょう?
私は「声」が楽しみですね。みなさんは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉川晃司:ミュージシャンとして降り立った場所は体制の中だった。居心地は悪かった(笑)。

~(中略)~

マイノリティでいることの方が、自分自身を正常に保てることを思い知ってしまった。
反体制であり続けるところに響いてくれる人もいるんだろうけど、実情はそんなにカッコいいもんじゃ
ないですよ。
でも、普遍性を否定することとは、また別のことなんです。常に少数派の意見を持つ志があること。

「俺はみんなと違う。別に分かってくれなくてもいい」
なんて言ってるヤツが、曲作って皆に買ってもらおうなんて、おかしな話でしょ。

俺の根幹には「謳」しかない。
音に乗せた「歌」だけじゃない。メッセージを伝えるってこと。
全ては、「謳う」ためにやっているんだと思いますよ。

「謳」の完成形はまだ見えない。まだ何も完成してないんだよね。未完成だからこそ、謳い続けられる。
                           ~GENROQ 2010.7月号より引用~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハードボイルドな仮面ライダー「仮面ライダースカル」が再び参戦。
IMGP0367.jpg
吉川晃司くん 情報:12月18日全国劇場にてロードショー。
フライヤーを頂いて来ました。

鳴海荘吉=吉川晃司

なぜ荘吉は仮面ライダースカルになったのか?その謎がハードボイルドに明かされて行くんだそうです。

吉川晃司くん×大黒摩季さんとの主題歌コラボレーションもあるそうですよ。

「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE」の主題歌を担当。
楽曲の作詞は大黒さん、作曲は吉川くんが担当。

みんな そこから逃げるんです:語録19

吉川晃司くん:語録19回目は、「みんな そこから逃げるんです」・・・逃げてるって???
Double-edged sword(初回限定盤)Double-edged sword(初回限定盤)
(2009/07/22)
吉川晃司

商品詳細を見る

ギターリフを聴かせるために作った曲と晃司くん自推(ご自慢の、でもあるかな?)のアルバム1曲目
Mr.Body&Soulについて。

アベフトシさんと吉川くんのやりとりも含めてのご紹介。

広島男くん同士、こんな会話があったのですね。。。

続きを読む »

破滅に向かって求めるエクスタシー:吉川晃司 語録18

今日から、「吉川くん」と書きます。違和感があってもすぐ慣れますから!(笑)
本日は久しぶりに、そこそこ好評だった「吉川晃司 語録」シリーズをお送りします。
音楽性の話題もまた後日。
雨の夜にカサもささずにトレンチコートのえりを立ててバラの花を抱えて青春の影を歌いながら「悪かった。やっぱり俺…。」って言ってむかえに来てほしい。雨の夜にカサもささずにトレンチコートのえりを立ててバラの花を抱えて青春の影を歌いながら「悪かった。やっぱり俺…。」って言ってむかえに来てほしい。
(2007/04)
イチハラ ヒロコ

商品詳細を見る

好きな写真家:ハービー・山口さんの本から知った、イチハラさんの著書。
吉川くんとハービーさんと、イチハラさんが対談してる本があるって?

何と、当時に見逃していた情報だったようで、最近慌てて取り寄せ買いをしました。

2007年1月 この対談が行われていますが、当時、吉川くんは以下のことを「予言」のように
話していました。

吉川晃司:アイドルをずっとやっている連中は、実は恐ろしく頭がいいんじゃないかと思うんだよね。
徳川家康みたいなタイプだよね。うまくそこに居られるというか、敵を作らない。

俺はやっぱり織田信長みたいになっちゃうでしょ。
自滅に向かって走らねえと、息ができねーぞ、みたいな。

この部分を読んで、思い出した。
Complexの「DRAGON CRIME」より、以下、引用させていただく。

めざめた欲望に 歯止めはきかない
破滅に向かって求めるエクスタシー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吉川くんのコメントで好きだったところ。

吉川くん:人と一緒になって、たまるかって。(思いました。)

B型気質ちょっと入ってるよね。こういうところも好きなんだよね。

同じでたまるか。というところ。

それに答えるイチハラさん:大学に入った時に、人の真似ばっかりしてたんですよ。
「あ、人の真似じゃいけないんだ」って。
自分自身をだせて、出せるだけじゃなくて、きちんと届くところまでしないと。
相手と共感で結ばれないと、「そうだね」という話にならないので。

ワン・アンド・オンリー。一世代限り。孤高の人。フォロワー不在。etc・・・
孤高の人はまあ、置いといて、吉川晃司という人はこの人だけなんだということですね。

ちなみに、吉川くんは、出したものに
責任はあるんだけど、無責任でいたいけどね。
じゃないと、純粋にものを作れなくなる。


・・・だそうです。(笑)
作品は、とっとと作って、出し逃げ。(笑)

ですよね~。
勝手に膨らましてもらって構わない。という感覚かなと思います。自由であれ!

最近の記事

筆者プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
ご訪問ありがとうございます。
2005年開設。
現在更新は休止中ですが、
無理のない範囲で時々
書けたらいいなと思っています。

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物